since 15/3/2000  更新日:2018年5月6日

ようこそここは横田俊英のWebサイト(ホームページ)第1トップページです

横田俊英のWebサイト(ホームページ)第2トップページへ(ここをクリックしてください)
横田俊英のWebサイト(ホームページ)第1トップページへ(ここをクリックしてください) 
横田俊英のWebサイト(ホームページ) What's New(ホームページ更新最新情報)
←ホームへ  紀州犬物語   紀州犬の子犬譲ります  紀州犬
サイトの最新情報はこちらをご覧ください。

横田俊英のホームページの内容
■ 計量計測情報 ■ 計量器いいもの通販 ■ web情報総合サイト  ■散文、随筆、随想、小論文
■ 紀州犬 ■ 柴犬 ■ 「豆柴という犬について ■ 日本犬
■ 紀州犬の子犬譲ります ■ 紀州犬の里親探し 柴犬の子犬譲ります 柴犬里親探し
■ 野 鳥 ■ 横田俊英の釣り ■ 相模川の鮎釣果情報 ■ 横田俊英の鮎釣行記録
■エッセ- ■自然 ■ 紀州犬子犬 出産 緊急情報 ■ 紀州犬の子犬出産しました 出産情報
■ 旅行の部屋 ■ カメラ・写真の部屋 ■ 自然の写真最新情報こちら ■ 紀州犬 子犬 通信 販売
■ 登山・ハイキング・山 ■ その他 ■ 計量史学   ■ リンク
■ 紀州犬 子犬 販売  ■ 紀州犬物語 ■ 紀州犬 子犬 産まれました   ■ エッセ- 
■ エッセ- ■エッセー  ■エッセ-(リンク切あり)   
  ■スポーツ サイクル sports cycle  ■二人乗り自転車 tandem bicycle    
 ■一括表示版「社会と計量計測の統計」 ■社会の統計と計量計測の統計 
計量計測データバンク 目次 サイ  計量計測データバンク 目次 サイト(一括閲覧サイト  計量計測データバンク「計量計測辞書  「計量計測データバンク」小論、評論、随筆、論文、エッセー、文芸ほか(目次版) 
 
 
世のため人のためになる一般社団法人

2018年4月25日公開
第2回 集まれ紀州犬(愛犬を自慢する会)のご案内

紀州犬の子犬情報
(下をクリックすると詳細をご覧いただけます)
○紀州犬の子犬、胡麻毛(有色)、オス その1  2018年2月15日生。15万円。
直ぐお渡しできます。問合せ先携帯は横田俊英080-7724-8474。


2018年4月30日に撮影しました。

(下をクリックすると詳細をご覧いただけます)
○紀州犬の子犬、胡麻毛(有色)、オス その2飼い主が決まりました。

(下をクリックすると詳細をご覧いただけます)
○紀州犬の子犬、白、メス 2018年2月5日生。飼い主が決まりました。

撮影条件によって子犬の毛色が黄色く写ることがあります。
 

田中館秀三の業績・生涯と徳川義親の田中館秀三評
田中舘 愛橘
 
 


計れと人を管理したQC運動に対比される品質工学
モノの数量表現と性質表現の仕組みである国際単位系(SI)

6月24日の霧ヶ峰高原道路だ。強清水から車山・肩駐車場に向かって走る
正月の下呂温泉は一夜にして白銀の世界になった
上高地 晩夏

紀州犬物語159 母親は子犬と遊んでいるようにして犬の世界のしきたりを教えている。(横田俊英)
紀州犬物語158 土用の一つ子のタケゾウは何時の間にか2歳になっていた。(横田俊英)
自転車情報サイト
├自転車製作・改造・修理 フレーム製作・改造など
趣味の自転車手づくり工房 細山製作所(相模原市東林間)
 ├細山さんのブログ 自転車道楽
 ├細山製作所のブランド FUTABA QUARK
 ├細山製作所のお仕事 製作した自転車のギャラリー


道志道を走る(その1)山中湖湖畔の平野地区から山伏峠を越えて道志村を走る下り道(快適な自転車旅行 道志道の下りを楽しむ路線の概要)
道志道を走る(その2)山中湖湖畔の平野地区から山伏峠を越えて道志村を走る下り道(道志村を駆け下る 登りなどない ひたすらに下る 楽しい道だ)
道志道を走る(その3)山梨県境の両国屋から相模原市津久井の青山への上り下りの道(下るも良し、登るも良し、樹木につつまれた川沿いの道だ)
道志道を走る-総括版-山中湖湖畔の平野地区から山伏峠を越えて道志村を抜けて相模原市青山に至る(走り下るもったいない自転車旅行)
道志道を走る-温泉編-楽々下る、ときどき温泉、山中湖湖畔から道志村にでて相模原市青山に抜けるゆるーい自転車旅行。(ゆるくて・ぬるーい自転車旅行)
(上のアンダーラインのリンク文字をクリックすると写真が表示されます)

アンタレス・ANTALESランドナー650Aランドナー芯・トップ550mm(芯々535mm)
道志道を走る(その1)山中湖湖畔の平野地区から山伏峠を越えて道志村を走る下り道(快適な自転車旅行 道志道の下りを楽しむ路線の概要)
700cロード クリンチャーのホイール付き シマノ105装備のクロモリフレーム中級グレード車 芯々寸法495mm
カンパニョロRECORDハブ650Aタイヤ付ホール前後セット 後120mm 前100mm 旅行車用です
アンタレス・ANTALESランドナー650Aランドナー芯々535mm
東京・両国いちかわ・リバーワン・デモンタブル・ランドナー650A芯々505mm
シュパーブプロのブレーキレバーと中級グレードパーツを装備した クリンチャーのホイール付き700cロード 芯々寸法475mm
アンタレスの王者 の700cロード クリンチャーのホイール付き サンツアー・スプリントなど中級グレードアッセンブル 芯々寸法470mm
ヴォーグ(VOGUE)の700cロード チューブラーとクリンチャーのホイールセット付(ホイール2セット) 芯々寸法480mm
アルプス(ALPS)の700cスポルティフ 芯々寸法530mm
初代デュラエース装備でオールメッキのビンテージなクロモリ製ロードレーサークロモリ製 芯々535mmモデル
TOEI東叡社製作のオーダーフレームをサイクルスポーツ・アルプスに組立依頼した650Aランドナー
二人乗り自転車 tandem bicycle
スポーツ サイクル sports cycle
TOEI 東叡社 ランドナー 650A サイクルスポーツアルプスに組み立て依頼して完成した旅行車
二人乗り用のタンデムにして分割式のデモンタブルな自転車 アンタレス・プロジェクトの「デモンタン」(5kmテスト走行後室内保管の美車
ZUNOW ロード545mm(芯々530mm) レイノルズ531鋼管を使った長距離走行用ロードレーサー
アップポジションのクロモリ製のファニー風ロングライ・ドロードレーサー 535mmモデル
アルプス(ALPS)の700cフラットバーハンドルの芯々寸法530mmのサンデー・アフタヌーンの概要
アンタレス(ANTALES)の700cフラットバーハンドルの芯々寸法530mmのプロムナード
ホナー(HONOUR)20インチミニベロ450mmサイズ
アマンダ(AMANDA)石渡022クロモリ700cクロカン485mmモデル
カンパニョーロ社コーラスのリアディレーラー1990年モデル
フィクストギア、700cホイール、700cカンティレバー台座フレーム
カンパニョーロ社のヴィクトリー(Campagnolo Victory)リアディレイラー1989年モデル
Campagnolo)社チェーンレストセット( 2つネジ)後部シフトの予備レバー付き
カンパニョーロ(Campagnolo)社 スーパーレコード シフトレバー 1980年代製品 新品
仏製センタープルブレーキ「マファック 2000」シール旧タイプ(1970年代半ばから1970年代後半)
仏製センタープルブレーキ「マファック 2000」シール銘板新タイプ(片側のみです)(1970年代半ばから1970年代後半)
仏製マファック社のセンタープルブレーキ「マファック レーサー」(片側のみです)(1970年代半ばから1970年代後半)
仏製マファック(MAFAC)社のカンチレバーブレーキである「JACYKY」(ジャッキー(1970年代半ばから1970年代後半)
仏製マファック社のセンタープルブレーキ「マファック レーサー」(1970年代半ばから1970年代後半)
伊製 カンパニョロ・ヌーボ・グランスポルト(CAMPAGNOLO NUOVO GRAN SPORT)のリア変速機
ショップオリジナル向けクロモリフレームについて「ショップオリジナル向け700c対応クロモリ前上がりフレーム 白 エンド幅130mm」の事例。
ショップオリジナル向けクロモリフレームについて「ショップオリジナル向け700c対応クロモリ前上がりフレーム 赤 エンド幅130mm」の事例。
シマノ WH-R500 ホイール リア 130mm 9スピード クリンチャー ブラック
クリンチャー式シンクロス(Syncros) RACE27ホイール リアエンド幅130mm
シマノ HB-RS400-Sと新家700C AR-713 32H BLK/CNCクリンチャーリムのホイール


2017-08-14-campagnolo-chain-rest-double-lever-spare-attached-1-cycl-1-
地蔵さんが伏し目しておりました。眉(まゆ)が引かれアイラインがあり紅を差してありました。京都の街角です。

物理学者で日本人初の国際度量衡委員の田中舘愛橘-その1-(執筆 横田俊英)
【田中舘愛橘の写真とその説明】

TOPへ
 
 
 
 
 
 

TOPへ
 

 
 
サイトの最新情報はこちらをご覧ください。
■紀州犬物語
 
横田俊英の第1トップページへ(ここをクリックしてください)
横田俊英の第2トップページへ(ここをクリックしてください) 
 
○霧ヶ峰高原の最高峰、車山山頂と気象レーダードーム (文章と写真は旅行家 甲斐鐵太郎) 
 
 
 
 

TOPへ
 

TOPへ


TOPへ


 

横田一寿(Kazuhisa )の部屋 ■ 横田友子(Tomorrow )の部屋 ■ 横田伸子(Nobuko )の部屋



TOPへ
横田俊英の第1トップページへ(ここをクリックしてください)
横田俊英の第2トップページへ(ここをクリックしてください)
サイトの最新情報はこちらをご覧ください。
■横田俊英のホームページ What's New(ホームページ更新最新情報)

←ホームへ  紀州犬の子犬譲ります(1)  紀州犬の子譲ります(2)  紀州犬(1)  紀州犬(2)


(c)copyright 2000 横田俊英