日本物理学の草創期に物理学を背負う人々を育てた田中舘愛橘をさぐる-その2-
    日本物理学の草創期に物理学を背負う人々を育てた田中舘愛橘をさぐる-その2-

田中館愛橘とその時代−その2−(田中舘愛橘と高野瀬宗典は東京大学で物理学を学び後、人の育成と度量衡行政やメートル法の普及に努めた)
日本物理学の草創期に物理学を背負う人々を育てた田中舘愛橘をさぐる-その2-

日本の物理学を背負う人々を育てた田中舘愛橘

 田中舘愛橘(たなかだて あいきつ)は、安政3年9月18日(1856年10月16日)の生れで、没年は1952年(昭和27年)5月21日)。南部藩の藩校で学んだ後に、一家が東京へ移住。慶應義塾、官立東京開成学校予科を経て、1878年(明治11年)に前年に発足したばかりの東京大学理学部(のち帝国大学理科大学)に入学。卒業と同時に準助教授、翌年に教授、のち英国グラスゴー大学に留学してケルビン教授に師事したのち、帰国して東京大学教授に任命される。教授就任の翌月に理学博士。日本の物理学草創期に人を育てた功績は大きい。

第13話
田中舘愛橘と高野瀬宗典は東京大学で物理学を学び後、人の育成と度量衡行政やメートル法の普及に努めた。

 明治の初めの学制の変更は激しい。東京大学は帝国大学とか東京帝国大学と名称を変える。東京大学に入学するまでの過程もまたさまざまであり、予備門もまた幾つかありこの方面の学制も変化する。開成学校、東京開成学校、外国語学校などがあった。

 田中舘愛橘は慶應義塾で英語を学ぶなど回り道をしているから東京大学理学部に入学するのは遅かった。田中館が学んだ理学部物理学科には米国の物理学教師メンデンホールと英国の機械工学教師のユーイングと山川健次郎がいた。山川健次郎は物理学を菊池大麓は数学を担当する教授であった。

 高野瀬宗則(たかのせ むねのり)は、田中舘愛橘より4歳年長である。1879年(明治12年)7月に 東京大学仏語物理学科第2期卒業。そして駒場農学校で教鞭をとる。フランス物理学であるから高野瀬は東京物理学講習所の創立に中心人物の一人としてかかわり、熱力学を教えた。田中舘愛橘は英国仕込みの物理学である。同じ物理学ではあっても高野瀬宗則と田中館愛橘は好対照のようすがある。物理学校の前身の東京物理学講習所は1881年(明治14年)である。

 明治の物理学は新しい発見をするといったことには無頓着である。西洋の学問としての物理学を取り入れてこの方面の人材を養成することに大きな力が注がれた。田中舘愛橘は山川健次郎、菊池大麓のもとにあって尽力し日本の物理学を担う人々を数多く育て上げた。高野瀬宗則は
当時物理学校の校長をしていた寺尾寿に修業年限1年2学期の度量衡科の新設を依頼してこれを実現する。1891(明治24)年のことである。度量衡科は度量衡行政を実施する官吏を養成することが目的にしていた。高野瀬宗典は、1886(明治19年)に農商務省の権度課課長に任命されていた。高野瀬宗典は1889(明治22)年に陸奥宗光が農商務相に就任し、斎藤修一郎が次官になった機会をとらえて度量衡法の制定までこぎつける。

 田中舘愛橘が東京大学理学部第一期卒業、高野瀬宗典が東京大学仏語物理学科第二期卒業の後、人の育成に努めまた度量衡行政やメートル法の普及に貢献した。この二人の背後には本人同士は知るよしもない明治の初めころだからともいうべき因縁が隠されている。

第14話
高野瀬宗則の経歴と度量衡法制定への働き。

 高野瀬宗則(たかのせ むねのり)の経歴はつぎのようなことである。高野瀬宗則は、1852年11月3日(嘉永5年9月22日)から1915年(大正4年))。彦根藩士の子として生まれた。士族が対象の官立の教育機関である貢進生に1871年(明治4年)であったが、貢進生制度が廃止になったために高野瀬宗則は私費で開成学校に入学する。そして洋学系の大学南校に進む。大学東校は医学系である。大学南校は「開成学校」(のち東京開成学校)、大学東校東校は「東京医学校」と改称され、1877年(明治10年)10月に発足する(旧)東京大学(東京帝国大学の前身)と変わっていく。1879年(明治12年)7月に 東京大学仏語物理学科第二期卒業。そして駒場農学校で教鞭をとる。駒場農学校は後に東京大学農科大学となる。1881年(明治14年)には東京物理学講習所の創立の中心人物の一人であった。1886年(明治19年)に喚ばれて農商務省工務局権度課長となる。1891年(明治24年)の度量衡法制定に最重要人物としてかかわる。

第15話
夏目漱石が描く東京物理学校を出たての旧制中学の数学教師。

 『坊っちゃん』を夏目漱石は1906(明治39)年に「ホトトギス」に載せた。

 主人公の坊ちゃんは東京の物理学校(現・東京理科大学)を卒業し四国・松山の旧制中学校に数学の教師として赴任する。気質で血気盛んで無鉄砲な江戸っ子である。中学校には校長の狸、教頭の赤シャツ、画学教師の野だいこ、英語教師のうらなり、数学主任教師の山嵐らがいる。西洋かぶれの象徴の赤シャツと江戸っ子の坊ちゃんはそりが合わない。腹に一物なく策略もなにもない坊っちゃんはたまりかねて赤シャツらに山嵐とともに拳骨(げんこつ)をくれて松山を退散する。漱石の癇癪がこのに表現されているように思える

 帰郷した坊っちゃんは、「街鉄」(現在の都電)の技手の職に就く。この世で坊ちゃんが一番偉い人だと思っていて親以上にあれこれ世話する婆やの清(きよ)と一緒に暮らす。貴は間もなく清が老衰で亡くなる。遺言どおりに小日向の養源寺に葬る、これで物語は幕を閉じる。

 「東京市街鉄道」は1893(明治26)年に開通したばかりの当時最先端のハイカラな交通機関であった。その技手だから「物理学校」卒業者には不足のない職業である。給料は中学教員時代の40円には及ばない25円ではあるが当時としては十分な額である。ともあれ『坊っちゃん』は漱石の代表作である。善と悪との葛藤、俗な世間に戸惑う江戸っ子の坊ちゃんである。溜飲が下がる思いはするものの、成敗のあとに松山を去ってしまうのでは負けたのは坊ちゃんではないか。

第16話
東京物理学校卒業者が旧制中学の数学と物理教員免許に合格する割合は6割を超える

 『坊っちゃん』が世にでた1906(明治39)年の「物理学校」の卒業者は51人である。入学者1083人に対して卒業者の割合は4.7%であった。同じ年の中学校の数学の教員免許試験の合格者に占める物理学出身者は全合格者82人に対して47人であった。物理学校出身者が合格者の割合は57.3%を占めた。受験者は師範学校と中学校教員検定試験合格者である。物理は6人のうち4人で66.7%、化学は3人のうち1人で33.3%。当時の物理学校の修業年数は5学期2年半であり、1891(明治24)年以前は2年であった。

 『坊っちゃん』を書いたときに漱石は東京帝国大学文学部英文科講師の職にあった。一回り歳がいった東京帝国大学助教授の中村恭平と親交があった。中村恭平は「物理学校」の幹事・主計として実質的に経営と教育の責任者である。後に「物理学校」第三代目の校長になる。中村恭平との親交をつうじて漱石は「物理学校」のことをよく知っていた。漱石は「坊っちゃん」を「物理学校に」気軽に入学させ、何事もなかったかのごとく卒業させている。「席順は下から勘定する方が便利であったが、不思議なもので3年たったらとうとう卒業してしまった」と書く。

 当時帝国大学講師であった漱石は『坊っちゃん』を刊行した翌年に朝日新聞に席を移す。大学教師の仕事に飽きたのか、ほかにやりたいことがあったのか。やりたいこととは小説を書くことだったのか。心に病を抱えていた漱石はそのまま大学にいることはできなかったのだろう。教員の仕事を投げ出すのは漱石も坊っちゃんも一緒である。

第17話
『坊っちゃん』が世にでた当時の東京物理学校。

 明治時代の物理学教育の一幕を東京物理学校を場面にして眺めよう

 明治時代の中期から後期にかけて日本では度量衡制度が本格的に推進される。東京帝国大学仏語物理学科をでて駒場農学校で教鞭をとっていた高野瀬宗典は、1886(明治19年)に農商務省の権度課課長に任命される。高野瀬宗典は1889(明治22)年に陸奥宗光が農商務相に就任し、斎藤修一郎が次官になった機会をとらえて度量衡法を制定に持ち込む。

 高野瀬宗典は権度課課長のかたわら、夜には「物理学校」で熱学を教えていた。度量衡法の制定にともない権度行政の施行体制の整備は緊急の課題であり、そのために人材の育成をしなければならない。高野瀬宗典は東京帝国大学仏語物理学科の1年先輩で、当時物理学校の校長をしていた寺尾寿に修業年限1年2学期の度量衡科の新設を依頼してこれを実現する。1891(明治24)年のことである。度量衡科は数学、物理などの基礎科目にくわえて各国の度量衡制度、測度器論、度量衡論などを学んだ。

 寺尾寿は高野瀬宗典を物理学普及の同志と言っていた。度量衡科の設置も国にまかせていたら何時になるかわからない、物理学校だからこそ臨機応変に対応できる。即戦力になる人材の養成もできる。学校経営上も損はないと考えた。度量衡官吏の養成はのちに国の機関に移される。物理学校度量衡科修了の大阪府権度課長の立場から度量衡行政に手腕をふるった関菊治氏などがいる。

 度量衡科設置にあたり高野瀬宗典は寺尾寿に「度量衡制度はできたがわが国には度量衡機器の検定をしたり、製作するさいの知識を有する者が決定的に不足しているので、物理学校に度量衡科を設けてその人材を養成してほしい」と強く要請した。当時の日本は度量衡器をはじめ各種の計測器や科学機器の製造の手ほどきを役所が行うという状況であった。第二次大戦後しばらくたってもこのような状況にあった。いまでは計量機器の製造の実は計量機器メーカーに移っている。

第17話
寺尾寿は田中舘愛橘の一つ歳上、高野瀬宗則は寺尾寿の三つ歳上であり、田中舘愛橘の四つ歳上

 寺尾寿は東京帝国大学仏語物理学科を卒業しフランスに留学中に日本で最初の理学士の称号を得、フランス留学から帰ると28歳で東京帝国大学理科大学教授兼東京天文台台長の職に就いた。田中舘愛橘が英国に留学しケルビン卿に師事し、さらにドイツで学んで帰国後に助教授から教授になった。寺尾寿は高野瀬宗則の一期前に 東京大学仏語物理学科を卒業しているが高野瀬より年齢は3歳若い。寺尾寿は田中舘愛橘の一つ歳上である。高野瀬宗則は寺尾寿の三つ歳上であり、田中舘愛橘の四つ歳上になる。この時代の大学入学までの経路は複雑である。

 寺尾 寿(てらお ひさし)は、安政2年9月25日(1855年11月4日)の生まれ。 大正12年(1923年)8月6日に没す。福岡県出身の日本の天文学者、数学者。近代日本天文学の基礎を固め尽くした。

 「物理学校」は東京帝国大学の物理教員や卒業生が集まってつくった学校であるといってよい。当時の東京帝国大学総長の浜尾新は「寺尾の物理学校」だからということで特例で実験機器の貸し出しをしたり卒業式に出席して祝辞を述べることをならわしにしていた。

第19話
物理学校卒業式に集まった寺尾寿、高野瀬宗則、菊池大麓、山川健次郎、田中館愛橘

 物理学校は1881(明治14)年9月11日に東京物理学講習所として開校している。それから13年を少し経た1894(明治28)年2月17日の卒業式には物理学校創設者およびその関係者が大学や役所の要職に就くようになっていた。東京帝国大学総長浜尾新はこの日の祝辞で「東京帝国大学理学部を初めて卒業した20余名の本邦初の理学士たちが物理学校を設置し」と述べている。卒業式には教育界の大物が多数出席、東京帝国大学理科大学学長の菊池大麓(東京帝国大学第5代総長)、同教授山川健次郎、田中館愛橘の姿があった。

 山川健次郎は1901(明治34)年 48歳で東京帝国大学総長となった物理学者である。1888〔明治21〕年に東京帝国大学初の理学博士号を授与されている。会津藩家老の子で白虎隊の生き残りであった。菊池大麓は度量衡行政に研究・検定業務の責任者として一時関与。田中館愛橘は日本人初の国際度量衡委員であり国際舞台で活躍し、口語体の普及と重ねたローマ字論者でローマ字普及を主導した。

 田中館愛橘は東大理学部教授として重力や地磁気の測定のため日本各地を歩き回った。「寺尾の物理学校」の寺尾寿と山川健次郎、田中館愛橘はローマ字普及運動の仲間で寺尾寿を委員会の委員長として「日本式ローマ字」を提唱した。その後ヘボン式にそれを譲ることになる。1885(明治18)年6月に『ローマ字雑誌』をだしてヘボン式を日本に広めた。田中館愛橘はこの2年前、長女出産時に妻を亡くしその後独り身であった。長女が家事にまわりなど奥さんの役割をする。その田中館愛橘に寺尾寿は「おい、元気でやっているか」となぐさめの言葉をかける。

 田中館愛橘は国際度量衡委員、寺尾寿は度量衡官吏養成のための物理学校度量衡科設立の要人、菊池大麓は東京帝国大学第5代総長になったほか一時は度量衡器検定所の所長でもあった。明治時代の中期から後期、そして大正時代、昭和の中期までは度量衡が東京帝国大学や物理学校などで大きな位置を占めていて、学校責任者が度量衡行政と深く関わっていたのであった。

第20話。
田中舘愛橘(たなかだて あいきつ)。


 田中舘愛橘(たなかだて あいきつ)は、安政3年9月18日(1856年10月16日)の生れで、没年は1952年(昭和27年)5月21日)。南部藩の藩校で学んだ後に、一家が東京へ移住。慶應義塾、官立東京開成学校予科を経て、1878年(明治11年)に前年に発足したばかりの東京大学理学部(のち帝国大学理科大学)に入学。卒業と同時に準助教授、翌年に教授、のち英国グラスゴー大学に留学してケルビン教授に師事したのち、帰国後に教授。教授就任の翌月に理学博士。日本の物理学草創期に人を育てた功績は大きい。

(つづく)

(調べの十分でない事柄や誤字、表現の不適切さなどについてはご寛容のうえ解釈してお読み下さい。横田俊英)

日本物理学の草創期にその後日本の物理学を背負う多くの偉人を育てた日本物理学の祖である田中舘愛橘(たなかだて あいきつ)をさぐる。−その1−田中舘愛橘が育った江戸から明治にかけての日本の状況(執筆 横田俊英)

日本物理学の草創期に物理学を背負う人々を育てた田中舘愛橘をさぐる-その2-
田中館愛橘とその時代−その2−(田中舘愛橘と高野瀬宗典は東京大学で物理学を学び後、人の育成と度量衡行政やメートル法の普及に努めた)

日本物理学の草創期に物理学を背負う人々を育てた田中舘愛橘をさぐる-その3-

日本物理学の草創期に物理学を背負う人々を育てた田中舘愛橘をさぐる-その4-

田中館愛橘とその時代(東京大学の始まりのころと現代の高等教育の実情)
日本物理学の草創期に物理学を背負う人々を育てた田中舘愛橘をさぐる-その5-

 
 
 
 

田中館愛橘とその時代(東京大学の始まりのころと現代の高等教育の実情)
日本物理学の草創期に物理学を背負う人々を育てた田中舘愛橘をさぐる-その5-

日本物理学の草創期に物理学を背負う人々を育てた田中舘愛橘をさぐる-その3-

日本物理学の草創期に物理学を背負う人々を育てた田中舘愛橘をさぐる-その4-

日本物理学の草創期に物理学を背負う人々を育てた田中舘愛橘をさぐる-その2-
田中館愛橘とその時代−その2−(田中舘愛橘と高野瀬宗典は東京大学で物理学を学び後、人の育成と度量衡行政やメートル法の普及に努めた)

日本物理学の草創期にその後日本の物理学を背負う多くの偉人を育てた日本物理学の祖である田中舘愛橘(たなかだて あいきつ)をさぐる。−その1−(執筆 横田俊英)

初版 物理学者で日本人初の国際度量衡委員の田中舘愛橘−その1−(執筆 横田俊英)

滋賀県・草津市の宿で王将の餃子をたべた

京都三条の街は気詰まりで滅入る

神戸は港町だが山の街でもあり大都市だ


6月24日の霧ヶ峰高原道路だ。強清水から車山・肩駐車場に向かって走る

正月の下呂温泉は一夜にして白銀の世界になった

上高地 晩夏

風の子の子供たちですが人は風邪を引いてはなりません

川崎大師平間寺で願い事をする

霧ヶ峰高原の八島湿原の周りに出現する景色(2)
薄く積もった雪道を踏みしめる。クロカン四駆の世界だ。

霧ヶ峰高原の八島湿原の周りに出現する景色

霧ヶ峰高原 晩秋の八島湿原

霧ヶ峰高原 晩秋

和歌山市加太港の浜に立つ

山梨県牧丘村で秋の風景に出会った。今は新しい市になっているがその名は知らない。

ダイヤモンド富士

酉の市(おとりさま)

浅草の浅草寺界隈に足を向けた 外人がいて蜘蛛の巣の鉄塔が見えた

旧塩山の恵林寺界隈を見物した

仙台藩と青葉城

カラスウリが赤くなって秋です

スズランが赤い実を付ける秋の始まりです