田中館愛橘とその時代−その11−(田中館愛橘と高野瀬宗則)
物理学校の度量衡科を卒業した明治7年(1874年)生まれの長州人、関菊治(大阪府権度課長)
  田中館愛橘とその時代−その11−(田中館愛橘と高野瀬宗則)
物理学校の度量衡科を卒業した明治7年(1874年)生まれの長州人、関菊治(大阪府権度課長)
田中館愛橘とその時代−その11−(田中館愛橘と高野瀬宗則)
物理学校の度量衡科を卒業した明治7年(1874年)生まれの長州人、関菊治(大阪府権度課長)

日本の物理学を背負う人々を育てた田中舘愛橘

 田中館愛橘は盛岡藩の藩校作人館で学んだ。原敬、新渡戸稲造など盛岡藩士族のの子弟は作人館で和漢ほかを教わった。そのご作人館は盛岡中学に変わる。盛岡中学からは陸軍士官学校、海軍兵学校に進むものが多く、板垣征四郎陸相、米内光政海相がそうであった。在京の同中学同窓のものが盛岡中学時代の恩師である冨田小一郎を招いて新橋で謝恩会を開いたおりには田中舘愛橘も招かれた。作人館と盛岡中学は同じと考えてのことか盛岡藩出身者だから招かれたのかは定かでないが、高名な物理学者であり愛される人柄であることによることは確かである。昭和14年6月の撮影である。盛岡市に縁のある偉人を語る写真としてよく用いられている。

 田中舘愛橘(たなかだて あいきつ)は、安政3年9月18日(1856年10月16日)の生れで、没年は1952年(昭和27年)5月21日)。南部藩の藩校で学んだ後に、一家が東京へ移住。慶應義塾、官立東京開成学校予科を経て、1878年(明治11年)に前年に発足したばかりの東京大学理学部(のち帝国大学理科大学)に入学。卒業と同時に準助教授、翌年に教授、のち英国グラスゴー大学に留学してケルビン教授に師事したのち、帰国して東京大学教授に任命される。教授就任の翌月に理学博士。日本の物理学草創期に人を育てた功績は大きい。

田中館愛橘とその時代−その11−(田中館愛橘と高野瀬宗則)
物理学校の度量衡科を卒業した明治7年(1874年)生まれの長州人、関菊治(大阪府権度課長)

(本文)

第44話。
物理学校の度量衡科を卒業した明治7年(1874年)生まれの長州人、関菊治(大阪府権度課長)

物理学校の度量衡科を卒業した明治7年(1874年)生まれの長州人、関菊治(大阪府権度課長)
2、関菊治

1874年 明治7年 5月12日 山口県阿武名郡那須佐村194番地で、宮内善平、チセの次男として生まれる。那須佐村は萩市の隣に位置する。

家は農業を営む傍ら、醤油、石油、たばこ、の販売をし、二から三人の職人を雇っての農機具の製造販売をしていた。

7歳のころ母を失い、継母のウメを迎えた。

生家のある長州の萩市あたりは文武の盛んな土地柄だけあって、関菊治(旧姓宮内菊治)は幼少時代は、相当厳格な躾のもとに育てられたようである。几帳面で礼儀正しく、そして負けず嫌いの性格は、その幼年時代からの厳しい躾に負うところが大きいと思われる。

郡那須佐村の育英小学校と呼ばれた高等科を卒業する。私塾に通いながら、育英小学校の分校へ代用教員として勤務した。この時の年齢は10歳をわずかに出たばかりであった。誠に可愛い先生であったことから、生徒からは「こんまい先生」の愛称で呼ばれていた。

関菊治(旧姓宮内菊治)の実弟である加藤亀松は次のように菊治のことを語る。
「私たち兄妹は、男5人、女3人で、菊治兄と私以外は早死にしました。(注・いずれも70歳以上で他界したことを指しての表現である)。なにぶん80年も前のことで」と。

つづけて
「私たち弟妹には、大変優しい兄で、よく面倒を見てくれたものです。当時の育英小学校ちいうのは、尋常科4年、高等科2年でで、生徒数も120人程度いたようでした。兄は成績がよい方で、ず−と一番で通していたようです。当時この小学校が新築され、その完成披露に県知事原安太郎氏が見え、兄が生徒代表で答辞を読んだのを覚えております。毎年、村の天満宮のお祭りに、習字の展覧会行われていましたが、これにも兄はいつも最優秀に選ばれていたようです。代用教員は四、五年やっていたいたでしょうか。毎日分校まで一里余の道を、袴にぞうりを履き、弁当を小脇にかかえて通っていました。そのうち教員を辞めて、丁度東京に叔父が居るのを幸いにこれを頼って上京してゆきました」と。

関菊治(旧姓宮内菊治)は1893年明治26年2月19日、東京物理学校度量衡科を卒業した。
当時のエピソードが残されてる。
卒業の直前、学校幹部須藤某氏から、卒業する全員に「就職斡旋の必要上履歴書を提出するように」との申し渡しがあった。ところが関菊治(旧姓宮内菊治)だけは「学校は、物を教えていただくところで、そこに就職のお世話までかけるのはもっての外、私は卒業の栄冠だけで結構です。私自身でなんとかします」と就職の斡旋を断り、履歴書を提出しなかった。

関菊治(旧姓宮内菊治)は数府県庁に向けて、自ら作成した「就職申込書」なるものを送り、自信満々好機到来を待ったが、これへの返事は、大阪府、島根県の「本書受理すべき限りに非ず」の付箋付き返送と、他には反応なしという無惨な結果に終わった。

この後、大阪の米屋さんに奉公などして生活の糧を得ながら就職運動に体当たりした甲斐あってか、明治26年1893年12月10日兵庫県雇として採用され、兵庫県内務部第二課で、当時の度量衡主任松尾磯四郎氏の元に勤めることになった。


関菊治(旧姓宮内菊治)は明治31年7月12日、神戸市において、上司の世話で関勲と結婚する。関勲は明治11年石川県に生まれ、京都府立高等女学校卒業の才媛である。関勲の父、勝重は先祖代々前田家に使える武家で禄100石であった。維新後は北海道に渡って漁業をするも台風に遭って明治13年6月漁船転覆して帰らず。34歳であった。関勲はこのとき3歳。関勝重夫人は京都にでて関勲を養育する。宮内菊治は関勲との婚姻を機会に関菊治を名のる。

関菊治の官界生活は次のような経歴である。
明治26年、兵庫県雇として計量界への第一歩を踏み出す。翌明治27年2月には大阪府に転じ、ついで明治28年9月には早くも富山県度量衡主任技手に抜擢されている。
明治29年4月6日、富山県からふたたび兵庫県に移り、度量衡主任技手に任命される。
この年から中央度量衡器検定所大阪支所長を兼務する。兼務期間は兵庫県から大阪府に転ずるまでの11年間、さらに大阪府の初代権度課長時代に就任して大正13年に退官するまでの18年間つづく。官界生活は通算30余年になる。

関菊治(旧姓宮内菊治)

1、物理学校度量衡科のこと。
当時の物理学校の修業年数は5学期2年半であり、1891(明治24)年以前は2年であった。

 明治時代の中期から後期にかけて日本では度量衡制度が本格的に推進される。東京帝国大学仏語物理学科をでて駒場農学校で教鞭をとっていた高野瀬宗典は、1886(明治19年)に農商務省の権度課課長に任命される。高野瀬宗典は1889(明治22)年に陸奥宗光が農商務相に就任し、斎藤修一郎が次官になった機会をとらえて度量衡法を制定させる。
 高野瀬宗典は権度課課長のかたわら、夜には「物理学校」で熱学を教えていた。度量衡法の制定にともない権度行政の施行体制の整備は緊急の課題であり、そのためには人材の育成をしなければならない。高野瀬宗典は東京帝国大学仏語物理学科の1年先輩で、当時物理学校の校長をしていた寺尾寿に修業年限1年2学期の度量衡科の新設を依頼してこれを実現する。1891(明治24)年のことである。度量衡科は数学、物理などの基礎科目にくわえて各国の度量衡制度、測度器論、度量衡論などを学んだ。
 寺尾寿は高野瀬宗典を物理学普及にかかる同志と呼んでいた。度量衡科の設置も国にまかせていたら何時になるかわからない、物理学校だからこそ臨機応変に対応できるし、また即戦力になる人材の養成もできる、また学校経営上も損はないと考え、度量衡官吏の養成はのちに国の機関に移されることになるが、物理学校度量衡科修了の大阪府権度課長の立場から度量衡行政に手腕をふるった関菊治氏などを排出した。度量衡科設置にあたり高野瀬宗典は寺尾寿に「度量衡制度はできたがわが国には度量衡機器の検定をしたり、製作するさいの知識を有する者が決定的に不足しているので、物理学校に度量衡科を設けてその人材を養成してほしい」と強く要請したのである。当時の日本は度量衡器をはじめ各種の計測器や科学機器の製造の手ほどきを役所が行うという状況であった。



当時の物理学校の修業年数は5学期2年半であり、1891(明治24)年以前は2年であった。
 明治時代の中期から後期にかけて日本では度量衡制度が本格的に推進される。東京帝国大学仏語物理学科をでて駒場農学校で教鞭をとっていた高野瀬宗典は、1886(明治19年)に農商務省の権度課課長に任命される。高野瀬宗典は1889(明治22)年に陸奥宗光が農商務相に就任し、斎藤修一郎が次官になった機会をとらえて度量衡法を制定させる。
 高野瀬宗典は権度課課長のかたわら、夜には「物理学校」で熱学を教えていた。度量衡法の制定にともない権度行政の施行体制の整備は緊急の課題であり、そのためには人材の育成をしなければならない。高野瀬宗典は東京帝国大学仏語物理学科の1年先輩で、当時物理学校の校長をしていた寺尾寿に修業年限1年2学期の度量衡科の新設を依頼してこれを実現する。1891(明治24)年のことである。度量衡科は数学、物理などの基礎科目にくわえて各国の度量衡制度、測度器論、度量衡論などを学んだ。
 寺尾寿は高野瀬宗典を物理学普及にかかる同志と呼んでいた。度量衡科の設置も国にまかせていたら何時になるかわからない、物理学校だからこそ臨機応変に対応できるし、また即戦力になる人材の養成もできる、また学校経営上も損はないと考え、度量衡官吏の養成はのちに国の機関に移されることになるが、物理学校度量衡科修了の大阪府権度課長の立場から度量衡行政に手腕をふるった関菊治氏などを排出した。度量衡科設置にあたり高野瀬宗典は寺尾寿に「度量衡制度はできたがわが国には度量衡機器の検定をしたり、製作するさいの知識を有する者が決定的に不足しているので、物理学校に度量衡科を設けてその人材を養成してほしい」と強く要請したのである。当時の日本は度量衡器をはじめ各種の計測器や科学機器の製造の手ほどきを役所が行うという状況であった。第二次大戦後しばらくたってもこのような状況にあったが、いまでは計量機器の製造の実は計量機器メーカーに属する。寺尾寿は東京帝国大学仏語物理学科を卒業しフランスに留学中に日本で最初の理学士の称号を得、フランス留学から帰ると28歳で東京帝国大学理科大学教授兼東京天文台台長の職に就いた。
 「物理学校」は東京帝国大学の物理教員や卒業生が集まってつくった学校であるといってよい。当時の東京帝国大学総長の浜尾新は「寺尾の物理学校」だからということで特例で実験機器の貸し出しをしたり卒業式に出席して祝辞を述べることをならわしにしていた。物理学校は1881(明治14)年9月11日に東京物理学講習所として開校している。それから13年を少し経た1894(明治28)年2月17日の卒業式には物理学校創設者およびその関係者が大学や役所の要職に就くようになっていたから豪勢なものであった。東京帝国大学総長浜尾新はこの日の祝辞で「東京帝国大学理学部を初めて卒業した20余名の本邦初の理学士たちが物理学校を設置し」と述べている。卒業式には教育界の大物が多数出席していたため懇親会はこの上ない社交場となった。ここには東京帝国大学理科大学学長の菊池大麓(東京帝国大学第5代総長)、同教授山川健次郎、田中館愛橘の姿があった。
 山川健次郎は1901(明治34)年 48歳で東京帝国大学総長となった物理学者(1888〔明治21〕)年東京帝国大学初の理学博士号を授与された白虎隊の生き残り)。菊池大麓は度量衡行政に研究・検定業務の責任者として一時関与。田中館愛橘は日本人初の国際度量衡委員であり国際舞台で活躍し、ローマ字論者でもあった。
 田中館愛橘は重力や地磁気の測定のため日本各地を歩き回った人でもある。「寺尾の物理学校」の寺尾寿と山川健次郎、田中館愛橘はローマ字普及運動の仲間で寺尾寿を委員会の委員長として「日本式ローマ字」を提唱したがヘボン式にそれを譲ることになり、1885(明治18)年6月に『ローマ字雑誌』をだしてヘボン式を日本に広めた。田中館愛橘はこの2年前、長女出産時に妻を亡くしておりその後終生独り身をとおし長女が奥さんの役割をする。
 その田中館愛橘に寺尾寿は「おい、元気でやっているか」と慰めの言葉をかける。田中館愛橘は国際度量衡委員、寺尾寿は度量衡官吏養成のための物理学校度量衡科設立の要人、菊池大麓は東京帝国大学第5代総長になったほか一時は度量衡器検定所の所長でもあった。明治時代の中期から後期、そして大正時代、昭和の中期までは度量衡が東京帝国大学や物理学校など


日本人で最初に国際度量衡委員になった田中館愛橘は、武家としての仕事がなくなったため、陸奥の国、二戸郡福岡町から親子して1872(明治5)年に上京した。
 慶應義塾で英語を数カ月学び、その後に外国語学校の一部の英語学校に入学する。1876(明治9)年には、NHKドラマ「坂の上の雲」に登場した秋山真之、正岡子規、夏目漱石が籍をおいた東京開成学校の予科3級に編入、1878(明治11)年9月に東京大学理学部に入学した。物理学をメンデンホール(米国)と山川健次郎から、機械工学をユーイング(英国)から、また数学を菊池大麓から学んだ。1882(明治15)年7月に卒業して準助教授に、1883(明治16)年には助教授になった。留学を経て、1891(明治24)年に東京帝国大学理科大学教授に就任した。
 1878(明治11)年に東京大学理学部に入学したのは4名で、入学後に藤澤利喜太郎が数学、隈本有尚が天文学、田中館愛橘と田中正平が物理学に傾いていった。
 彼らは国家に役立つために、武士がお家のために命を捧げるのと同じ思想によって、欧米の圧倒的に進んだ学問を習得しようと懸命に学んだ。この4名はメンデンホールの指導の下で1880(明治13)年に東京の重力を測定、1881(明治14)年に富士山頂の重力測定をしている。後に、物理学者となり大きな業績を残した長岡半太郎も、田中館愛橘の手伝いをして重力測定をしている。田中館愛橘は、重力測定のほか地磁気の測定や物理学が求める基礎的な仕事に従事した。
 時代が下って1922(大正11)年に東京帝国大学を卒業した芝亀吉は、物理定数の測定と確定の仕事に従事し、米田麟吉は、電流など電気量の絶対測定をし、それと連動する質量測定の精密さを向上させる仕事にも従事することになる。
 山川健次郎、菊池大麓、藤澤利喜太郎、隈本有尚、田中館愛橘、田中正平そして長岡半太郎、さらに芝亀吉、米田麟吉は大きな業績を残した。


当時の物理学校の修業年数は5学期2年半であり、1891(明治24)年以前は2年であった。


 明治14年に開学した物理学校の度量衡科設置当時の生徒数。

明治21年、2月、217人、12月小川町校舎を購入
       9月、303人、7月職工学校受験科設置
明治24年、2月、352人、7月職工学校受験科廃止
       9月、413人、9月度量衡科設置
明治26年、2月、314人、7月度量衡科廃止

  東京物理学校50年小史によると「明治24年9月、農商務省権度課長の内議に応じて本校に度量衡科を置く」あるが、明治26年7月廃止になるまでの2年間に68名の卒業生を出している。

1891年 学則を改正し修業年限2年半の5学期制とする
1891年、9月 修業年限1年の度量衡科を新設。新「度量衡法」の講習

明治36年、東京工業大学の前身東京職工学校(23年に東京工業学校と改称している)は専門学校令によって東京高等工業学校になっている。36年の専門学校令で理工科系で専門学校になったのは、東京高等工業のほか大阪高等工業の2校だけでいずれも官立であり私立では皆無だった。ちなみに早稲田大学に理工学部が開設されたのは明治42年のことで、東京物理学校が理数系の専門学校として発足したのは大正6年だった。


 高野瀬宗則の経歴をウッキペディア(2018年12月3日現在)では次のように記している。これは東京理科大学関係者の視点によっているものであるが他の資料と概ね一致している。

1852年(嘉永5年)  近江国彦根に生まれる。
1871年(明治4年)  貢進生となり、大阪南校(後の開成学校、東京大学)に入学する。
貢進生制度廃止後、私費で開成学校に入学。
1879年(明治12年)7月  東京大学仏語物理学科第2期卒業。
卒業後は、駒場農学校で教鞭をとる。
1881年(明治14年)  東京物理学講習所の創立者の一人となる。
1883年(明治16年)  東京物理学講習所所長を辞する。
1885年(明治18年)  東京物理学校維持同盟員となる。
1886年(明治19年)  農商務省工務局権度課長となる。
1891年(明治24年)  度量衡法を制定する。
1894年(明治27年)3月  大日本度量衡協会(後に、日本度量衡協会、日本計量協会、現在の日本計量振興協会)設立に伴い、副会長となる。
1907年(明治40年) 退官し大日本度量衡株式会社を設立。


1877年、東京開成学校は東京医学校と合併して東京大学と改称し、法学部、文学部、理学部、医学部の4学部を置いて発足した。派遣していた留学生の相次ぐ帰国により、教授となるものが増え「日本語・日本大学院」へ転換するきっかけとなった。東京物理学校の創設者全員が東京大学理学部・仏語物理学科へ進学した。1879年7月、山川健次郎は日本人として初めて物理学講座の教授に就任した。
東京物理学校の創設者たちは夢を語りながら、順次東京大学理学部・仏語物理学科を卒業していった。


若き21名の理学士が、1881年(明治14年)東京の九段坂下に東京物理学講習所を興した。その105年前の1776年はアメリカ独立宣言の年で、同じ年、日本では平賀源内がエレキテルを完成させている。

  その後、世界の覇権は大きく変わり、1799年オランダの東インド会社解散、ナポレオンの皇帝即位、アヘン戦争、ペリー来航、1858年の英国によるインド統治と続き、次いで日本では1860年の桜田門外の変、6年後の薩長同盟、1868年の明治維新、会津落城にいたる。
  明治維新の3年後、1871年(明治4年)にはフランスが普仏戦争で敗れ、日本の軍事、法律、理学に対するフランスの影響は薄れ、日本の文明開化は英、米、独に強く傾斜していく。

  江戸幕府の最高学府、昌平校の開校は東京物理学講習所開設の84年前の1797年である。以後、1855年の洋学所、1861年の西洋医学所、1863年の開成校と続き、1869年(明治2年)には明治政府の大学本校(昌平校)、大学南校(開成校)、大学東校(医学校)となった。しかし最も古い大学本校(昌平校)は明治3年に閉鎖された。
  明治3年、広く人材を求める貢進生制度が創られ、各藩から選ばれた秀才300人ほどが大学南校に入学したが、明治4年、廃藩置県と同時に貢進制度は廃止され、南校に残ったのは130人ほどであった。
  開成校と医学校は1877年(明治10年)東京大学となったが、東京物理学講習所を設立した若き21名は開成校または東京大学卒の理学士であり、そのうち7名は貢進生であったし、16人は明治11年、12年、13年の東京大学の仏語物理学科の卒業生である。そして明治13年、仏語物理学科は廃止された。


昭和4年東京工業大学が設置されると、ここは物理学校の卒業生を受け入れてくれるとあって、かなりの数が受験、それなりの入学生を見た。しかしこの問題について他所から苦情が出ることになった。「高等学校の卒業生を押しのけて入ってきては困る」に対して昭和16年10月14日、文部省は通牒で物理学校の卒業生のうち大学に学部に入学志望できる人数を54名以内にするという制限を設けてきた。


専門学校の第1回入学生は269名、3年後無事に卒業したのは15名
 
  大正6年4月、同窓会は東京物理学校を専門学校に組織替えして財団法人東京物理学校校長に中村精男、主事に桜井房記を選んだ。この年新たに発足した専門学校には本科、高等師範あわせて269名が入学した。入学資格は中学校卒業程度とし入学試験は行わなかった。
 専門学校は従来の3年6学期制を3学年制に改め、大正9年3月専門学校として始めて第1回の卒業生を出す。記録によると高等師範科の卒業生は15名だったことからも進級は相変わらず難しかった。

臨席した有名著名人の来賓の数は卒業生より多かった

  3月28日に行はれた第67回(専門学校第1回)の卒業式に出席した来賓は次の通りであった。菊池大麓(理化学研究所初代所長)、辻新次(日本教育学会初代会長)、浜尾新(帝大総長)、桜井錠ニ(東京帝国大学理科大学長)、久原躬弦(学士院会員)、中川元、山川健太郎(東大総長)、藤沢利喜太郎(学士院会員)、渡辺洪基(帝大総長)、高松豊吉(稿本化学訳語集の編者)、杉浦重剛(東宮御学問所御用係)、田中館愛橘(学士院会員)、村岡範為馳(算術教科書著作者)、木下広次、長岡半太郎、大森房吉(地震大森公式の発見者)、平山信(小惑星の研究者)、田中正平(邦楽の5線譜化)、高山保綱、隈本有尚、池田菊苗、鶴田賢次の諸氏が列席した。[役職名は卒業式時点とは必ずしも合致しない]

  とくに前回明治39年、創立25周年を兼ね神楽坂新校舎落成の記念式の来賓(前回記載)と、第67回卒業式の来賓名を列記したのは、母校を現在に見る総合理工科系の大学の基礎を作ったと言うべき第4代校長大河内正敏を迎える人脈があったと考えられるからである。これについてはあとで詳しく触れる。
 卒業式に列席した学校職員と来賓の数を加えれば卒業生の数をはるかに上回った。この年を境に昭和4年まで卒業式を中断する。理由は明らかでないが大正8年から銀時計下賜と卒業式を廃止した東京帝国大学に習ったのではないかと言われている。
  この間の,本科、高等師範科他入学した生徒、在学生の数は次の通り


戦局の悪化を理由に昭和19年文部省の指示で無試験入学制度を廃止
 
  母校の特色、無試験入学と徴兵延期の制度は、満州事変から太平洋戦争までわが国が軍事色を強める情勢の中でも続けられた。軍需産業の台頭で理数科の人気と徴兵を避ける志願者で入学願書受付けの朝、校門の前には長い行列が出来る有様で生徒増に益々拍車がかかった。
 この加熱ぶりに戦局の悪化を理由に、昭和19年文部省の指示で無試験入学の制度が廃止され入学定員を1部400名、2部250名と定め入学試験を実施した。開学以来の無試入学験制度はここで終了することになった。


 東京物理学校年度別卒業者数
          卒業生数             卒業生数
    大正2年   31名       昭和2年   74名
      3年   44名         3年  110名
      4年   45名         4年   99名
      5年   32名         5年  123名
      6年   31名         6年  135名
      7年   35名         7年  166名
      8年   27名         8年  140名
      9年   31名(専門学校第1回卒業式)
     10年   51名         9年  216名
     11年   37名        10年  175名
     12年   48名        11年  203名
     13年   53名
     14年   45名
     15年   71名(1部,2部卒業生)


神楽坂校舎の開校

  明治39年9月29日午後2時より、神楽坂校舎で新築落成式をかね本校創立25周年の記念式典を行った。同年11月3日発行の東京物理学校雑誌(180号)には東京物理学校創立満25年、新築落成記念号に当日の模様が詳しく記載されている。
  式は午後2時にはじまり、冒頭中村精男校長より新校舎落成並びに創立25年を迎える祝辞と校舎建設の募金に協力した卒業生に対する感謝の言葉が述べられた。次いで同窓会と卒業生を代表して山下安太郎の挨拶があった。来賓挨拶には加藤弘之男爵(明治10. 東京大学法理文綜理)、田中舘愛橘博士(大正14.第1回貴族院帝国学士院会員議員)は祝辞に代えてラジウムの実験を公開して式が終了した。
  当日の来賓は上記2人のほか菊池大麓男爵(理化学研究所初代所長)浜尾新東大学長、沢柳政太郎文部次官、藤沢利喜太郎、長岡半太郎、本多光太郎、田丸卓郎、桜井、高松、平山、池田等の諸博士、学士など理学に関係ある名士、同窓会員と卒業生をあわせて500名余が参集したとある。桜井は桜井錠ニ、池田は池田菊苗のことだと思う。
  桜井錠ニは維持員桜井房記の弟で東大在学中英国に留学、有機化学者A.W.ウィリアムソンの指導を受け、帰国した翌明治15年東大の教授となり退職するまで多くの優れた科学者を育てた。早くから理論化学の重要性を指摘した。研究として有名なのは門弟味の素の発明で知られている池田菊苗と共に溶液の沸点上昇の測定ベックマン法の改良で知られている。菊苗は漱石が英国に留学中、同じ下宿に同宿、親しい間柄であった。
  錠ニは菊池大麓らと理化学研究所の創立に尽力し、大正6年開設後は副所長に就任している。大正15年帝国学士院長、後に学術研究会議長、日本学術振興会理事長を兼任しながら昭和14年死に至るまで国際的にも活躍している。東京物理学校職員録を見ると明治40年、寺田寅彦の名があるが漱石と桜井房記の関係かと思われる。明治30年前後に吉田茂が学習院に入学前に在籍するなど物理学校の人脈を調べるのも一興である。


東京職工学校の開設と教員検定試験の施行
               受験準備に予備校として受験生が集まる

 この状態から母校が脱出できたのは明治14年5月26日、文部省が東京職工学校を蔵前に設立したことによることが大きい。授業を開始したのは翌15年11月だが、職工学校の受験生が予備校として入学するものが年とともに増加した。ちなみに母校は明治14年9月11日に開校している。加えて明治18年から中等教員免許状の文部省教員検定試験が始まりその受験準備のために入学生の増加を見ることになった。つまり、物理学校の理想「理学の普及」はどうであれ周囲の要望で職工学校と中等教員検定の予備校的な役割もはたすことになり、それが学校経営の財源にもなった。

  明治36年「専門学校令」(勅令61号)が公布されているが、母校が専門学校になり中等教員無試験検定の資格を得たのは、それからずつと後の大正9年のことであった。それまでの間、多くの理数科の教員を全国に輩出した母校はつまり中等教員検定試験の予備校、各種学校にすぎなかったのである。寺尾寿、三輪桓一郎、千本福隆らはその学力試験委員を勤めていた。特に寺尾は第1回からに二十回以上にわたって毎年学力検定試験に尽力している。
 当時、中等教員になるためには高等師範学校を卒業しなければならなかった。明治33年の「教員免許令」(勅令134号)によると「特定ノ規定アル場合ヲ除クノ外本令ニ依リ免許状ヲ有スル者ニ非サレバ教員タルコトヲ得ス但シ文部大臣ノ定ムル所ニ依リ免許状ヲ有セサル者ヲ以テ教員ニ充テルコトヲ得」とある。事実、明治末期の全国の公私立中学校では3分の1以上が高等師範を卒業しない、いわゆる無免許の教師が中等教育を支えていたのである。
 物理学校を卒業して無免許で教職に就き、何年か経験を積む傍ら勉強に励み、中等教員の検定試験に合格して正規の教員になるといったケースが多かった。実力があると定評のあった物理学校の卒業生は正規の免許状無くても漱石の「坊っちゃん」のように物理学校を卒業して8日目に四国の中学校からお呼びがかかったのである。
  明治末期には「坊っちゃん」が無免許で教員になれたのは、世間で母校が信用を博していたからで、数学と物理・化学の教員は物理学校出身ということが常識と言われるまでになっていたからである。常識は日本中の中学だけに止まらず、遠く朝鮮、台湾、中国までに及んでいたのである。

 明治20年から37年までの間、卒業生369名(死者23名、行方不明者17名を除くと329名)の内中学校長、教諭及び教員168名、教員助手等53名、師範学校教諭、教員17名、計238名(72.34%)が中等教員として教鞭を振るっていた。教員検定試験に合格した者の中には、母校卒、在籍者、中途退学者が多かったことを見ても、いかに母校が中等教育界に多数の教員を送り出していたことか分かる。
 日本の有識者の大多数が中学時代、物理学校出身の教師の世話になったと言える。また、母校の存在感があった。しかし一方、技術官27名、実業家20名と少なかった。この方面での母校の卒業生の活躍は理科大になってから目覚しい。


 当時、大学といえば東京大学があるだけで、それも全生徒合わせて3000人、あとは私学で、慶応義塾、東京法学校(法政大学)、明治法律学校(明治大学)、英吉利法律学校(中央大学)、専修学校(専修大学)、東京専門学校(早稲田大学)の外は、おびただしい私塾であり、それが神田界隈に集まり大学進学塾つまり予備校をかねていた。
  その頃、東京の新しい人種といえば「書生」と「人力車夫」だった。明治15年の東京の人力車の数は2万5千台というから2,3万の車夫がいたことになる。車夫と書生が同数いたというから少なくても2,3万の書生が神田界隈に集まっていた。「書生々々と軽蔑するな 明日は太政官のお役人」(明治14年流行)と書生節に歌われたように全国から集まった書生は皆といってよいほど官吏になり出世することを夢見ていた。


明治16年9月には、東京物理学講習所を東京物理学校と改称、フランス留学から帰朝して東京大学理学部講師となったばかりの寺尾寿を初代校長に決めた。新校舎も完成、新しい学校の出発であった。


進文学舎・成立学舎は
               東京大学予備門の予備校だった     

  明治10年、東京開成学校と東京医学校が合併、東京大学と改称すると共に大学に付属させる予科予備門を創設した。このことによって、小学校から大学までの学制がひかれ当時唯一の最高学府東京大学を目指す若者が続々と上京してきた。それに応えるかのように東京大学の周囲には予備門を受験する学生の塾と称する予備校が乱立することになった。漱石、子規、鴎外などみな予備門に入る前に世話になっている。この慣習は現在まで続いている。
  当時、中学校で英語を学んで卒業したものは殆ど無試験で予備門に入れたようだ。しかし漱石や子規のように英語の学力の無い者は入学が難しく、そのため大抵の者は入学試験準備のために英語の塾舎に通った。
  母校が開学当時わずかな期間だが間借りした進文学舎、成立学舎ともに予備門進学のための予備校で明治の著名な文学者が在籍したのでその名は文学辞典にまで記載されているが、間借りしていた物理学校の名前は出てこない。進文学舎、成立学舎、共立学舎などが有名で、東京大学の学生の学費稼ぎの教師が多かったようだ。


学舎に関係して英語を教え、若い学生の面倒をみている。逍遥は16年9月高田半峰(早苗)の勧めで早稲田と因縁を持つことになるが、母校が進文学舎に間借りしていた当時昼間、坪内逍遥は同所で英語を教授していたことになる。
  また、森鴎外は明治5年10歳から2年間同所でドイツ語を学び、2年後東京医学校予科(東京大学医学部の前身)に入学、14年東京大学医学部を20歳で卒業している。    
 正岡子規は16年6月松山から上京、一時須田学舎に入るが後共立学舎(開成中学の前身)移る。そして翌17年東京大学予備門に入学するが、子規は進文学舎で坪内の英語の夏期講習を受けたというが、16年の夏ということになる。
  子規が進文学舎に在学した時は母校が転出した後ということになる。校舎は畳敷きで机などもなく、先生を真ん中に車座に坐って暗いランプの下で講義を聴いた様子が想像される。


漱石は「私の経過した学生時代」の中で成立学舎の様子を次のように書いている。
 
 「・・・・その頃、私の知っている塾舎には、共立学舎、成立学舎などというのがあった。これ等の塾舎は随分汚いものであったが、授くるところの数学、歴史、地理などいうものは、皆原書を用いていた位であるから、なかなか素養のない者には、非常に骨が折れたものである。私は正則の方を廃してから、暫く、約1年許りも麹町の二松学舎に通って、漢学許り専門に習っていたが、英語の必要――英語を修めなければ静止していられぬという必要が、日一日と迫って来た。そこで前記の成立学舎に入ることにした。
 この成立学舎と云うのは、駿河台の今の曽我祐準さんの隣に在ったもので、校舎と云うのは、それは随分不潔な、殺風景極まるものであった。窓には戸がないから、冬の日などは寒い風がヒュウヒュウと吹き曝し、教場へは下駄を履いたまま上がるという風で、教師などは大抵大学生が学費を得るために、内職として勤めているのが多かった。・・・・」
 漱石自身大学に通う傍ら江東義塾の教師、東京専門学校の講師を勤めている。


物理学校の卒業生としての「坊っちゃん」が約3カ月の間に教師から街鉄の技手に変わった状況について考察してみたい。

 東京に戻った坊っちゃんは街鉄(東京市街鉄道)の「技手」となり清と一緒に四国の時代とはうって変わって静かに暮らすことになる。給料は松山時代の教師の月給40円がから25円に下がる。数字は当時の収入から見たら妥当な額だがその時代の中学教師の給与水準が高かった。
 「坊っちゃん」が書かれた明治38年は、卒業しても何の資格も無い物理学校だが卒業生の能力は実力共に高く評価され全国に知れ渡っていた。無鉄砲に入学した物理学校だったが、彼の行き先には高い知識を要求される教師の社会と、街鉄という当時花形の技術畑が待っていた。だからこそ当時としたらかなりの高給で処遇されたのである。


  坊っちゃんが教員になったとされる明治38年には、全国の公私立中学校の統計でも無資格教員は36.5%に及んでいる。明治の中等教育の伸張の陰にはこういった無免許教員にかかることが多かったといっても過言ではない。そういう意味でも物理学校の存在は重要だったのである。物理学校卒業生の多くは無免許で教職につき何年かのうちに中等教員の検定試験を受け正式な教員となるコースをたどった者が多く、教員検定試験の予備校的役割を果たしていたといってよいだろう。
  しかし、文部省の教員検定試験は難しく毎年全教科合わせて合格者は受験者の10パーセント前後にしか過ぎず、特に数学については34年と36年にそれぞれ1名の合格者が出たに過ぎず、坊っちゃんが卒業したとされる38年には合格者0という有様だった。この数字で見る以上母校を出たばかり卒業生の大部分が無免許のまま教員として全国へ散らばっていったと推測される。


昭和の初期なっても、東京で理工科系の専門学校以上の学校は私学では殆ど見られず、わずかに大学では早稲田大学理工学部、日本大学工学部、専門学校では東京物理学校が1校あるのみであった。


当時、母校は2月と7月の2回卒業生を出していた。


当時の母校の就学年限は明治25年から従来の2ヵ年を3ヵ年に延長し、1学年を2学期制として、3年を6学期編成にしていた。そして1年に2回、2月と9月に入学させ、2月と7月を卒業月としていた。32年2月の学校規則改正で中学校、師範学校を卒業したものは無試験で第2学期から入学することが出来た


50年小史の維持会員「高野瀬宗則」の略伝の中で
「明治19年農商務省権度課長ニ挙ゲラル。爾後専心本邦度量衡改正ニ盡瘁セラレ当時大臣次官局長ノ更迭頻数ニシテ容易ニ目的ヲ達する事能ハサリシモ、先生ノ意益々顰シ。明治22年陸奥宗光氏大臣ニ、斉藤修一郎氏次官トナルニ當リ先生又度量衡改正問題ヲ提ゲテ其己ムヲ得サルヲ痛論スルコト数回、遂ニ其賛成ヲ得テ第一帝国議会(明治23年)ニ提出セラレ、直ニ協賛ヲ得ニ至レリ・・・・・爾来其実施ニ付テ引続キ心血ヲ注ガレ計図畫策皆宜キヲ得、明治32年ニ至リ予テ難事業ト思惟セラレタル第1回定期検査モ無事終了スルコトを得タリ」と書かれている。


50年史「寺尾寿」在職満25年祝賀会に於ける藤沢教授の演説の中に寺尾寿がわが国のメートル原器をフランスから持ち帰った話しがある。
 
「明治22年ニハ測地学ノ本邦代表ノ委員トシテ巴里ノ万国会議ニ御列席ニナッテ居リマス、一寸ソノ巴里ニ御出張ニナリマシタコトニ就テ此席ニテ胸ニ浮ビマシタノハ私ノ記憶ノ誤リカモ知レマセヌガ御帰リノ時分ニ現ニ本邦デ用ヰテ居リマス現今商務省ニ保管サレテ居ル我国ノ基本尺及ビ基本分銅ハ寺尾君ガ巴里カラ責任ヲ以テ御携帯ニナッタ様ニ記憶致シマス」とある。(記録によるとわが国がメートル原器を受け取ったのは明治23年(1890年と記載されている)


物理学校でお世話になった上原覚先生(大正13年理化学科卒)から次のような話をよく聞かされた。「メートル原器の材質、白金イリジュウムの値段が高く、はじめ製作したものは個数も限られていた。本来、世界のメートル原器はすべて同じ釜で同時に溶かされた金属で作られていなければならない。しかし、日本の原器は2度目に鋳造されたもので厳密に言うと、はじめに作られたものと材質が異なるものだ」「キログラム原器をフランネルでこすると、何回で何グラム減るか」など質問も受けた。
  上原先生は化学の教師であり別にメートル原器に興味を持っていたともおもわれず、恐らく学生時代原器について相当詳しく話しを聞かされたのだ


東京物理学校50年小史によると「明治24年9月、農商務省権度課長の内議に応じて本校に度量衡科を置く」あるが、26年7月廃止になるまでの2年間に68名の卒業生を出している。明治の初め政府は司法官僚を法務省法律学校で、大蔵官僚を大蔵省簿記講習所などで速成した。恐らく政府は国内で混乱していた度量衡をメートル法導入を機会にまとめる必要があり、技術者の養成を物理学校に依頼したものだろう。だが一方職工学校の入学希望者の入学試験準備の受け入れや、度量衡科の設置は直接学校の貴重な収入源につながったことも事実であった。
  この時代の農商務省権度課長は維持会員の高野瀬宗則であった。高野瀬は退官後の明治40年、大日本度量衡株式会社を設立している。


在のスーパーマーケットか百貨店のような店)があるほど町は賑っていた。市電が開通すると、神保町、須田町は市電最大の乗り換え場所になり、さらに市内で指折りの繁華街として成長していった。

  明治33年、神田錦町3丁目、貸席・錦輝館では東京で始めて映画が上映され連日満員の盛況だった。庶民の町としての一方学生の町としても栄えた。東京大学の開設で周辺に予備門受験準備のための塾舎(予備校)が乱立し学生(書生)で溢れていた。交通の無い時代早朝から始まる塾舎にあわせるため学生は皆小川町周辺に下宿を余儀なくされたのであろう。さらに多くの私学の誕生はこの現象に拍車をかけることになったのである。官員を目指し立身出世を願う若者が殺到したのだった。古本屋の町としても栄え、一時は300軒を数えた。


  民法施行をめぐってフランス法学派とイギリス法学派が論争をまきおこしていた時代である。この論争は私学間で激しくどちらが選ばれるかは学校の将来の問題だとして死活をかけての対立だった。フランス派には、明治法律学校と東京法学校、イギリス派には英吉利法律学校があった。
  母校は時代的にも場所的にもそんな事件に囲まれながら理学の道1本に進んでいた。

  結局、対立は政府がドイツ・イギリス法にならったことでフランス学派は敗退することになったが、フランス物理学の系譜を担い、東京大学フランス物理学科最後の卒業生としてこの事実をどう見ていたのだろうか。


1年生は学科の区別なく一まとめにして教育され
    2年にならなければ、世間でも物理学校の生徒と認められなかった   
          元をたどれば明治20年の規則改定

  明治19年11月、小川町1番地の仏文会に間借りした東京物理学校は学校体制を整え、翌20年7月から、終業年限2ヶ年を4学期に分け半年毎に進級させることにし、教科課程を次のように改正した。
       
   第1学期 算術、代数学、幾何学                      
   第2学期 算術、代数学、幾何学、物理学、(化学)
   第3学期 幾何学、三角法、代数学、物理学、化学
   第4学期 代数幾何学、重学、測量、物理学、化学

  同年12月、さらに規則を改正、2学期に化学を加え、2〜4学期において物理学・化学2科を総称して理化学科とし、その他の諸科を総称して数学科とした。 つまり、1学期は(21年の規則改定で入学期日を年に2回、学期はじめとした)全員同じ教科課程で学習し2〜3学期において物理学・化学の2科を選択すると理化学撰科、その他の学科を選択することを数学撰科とした。全ての教科を学ぶことを全科と呼んだ。理化は物理学、化学を意味するもの


数学科、理化学科、昭和10年応用理化学科として開設された、応用物理学科、応用科学科、戦後昭和22年開設された農業理科学科であれ学科の区別なく1年生はすべて数学を中心にした同一の教科課程で教育され、2年生に進級するとき相当数の生徒が振るわれて、ようやく専門の学科に進級できたのである。つまり2年生に進級することが、実質的な入学試験に変わるものだった。


よい年で50パーセント、悪い年で30パーセントの生徒が1年から2年に進級できた。無試験で入学できても、だいたい半数以上が2年に進級するとき落第したのである。


昭和18年10月21日、徴兵延期停止により、出陣する学徒壮行大会が神宮競技場で挙行され、東京近在77校の学徒数万人が雨の中で劇的な分列行進を行った。このニュースは現在でも時折テレビで目にするが、この時を限りに理工科系統及び教員養成諸学校学生を除くその他は徴兵猶予を停止された。(10月12日の閣議で決定)
 この差し迫った状況の中で、物理学校の徴兵猶予の特典と無試験入学の制度に目をつけた徴兵を逃れようとする学生の腰掛入学が増えはじめた。物理学校の学生になれば25歳まで徴兵が猶予されたのである。浪人すればただちに徴兵そんな時代、文科志望の学生までシェルターとして無試験入学の物理学校に願書を提出したのである。入学願書提出日、旧1号館の中庭はおろか、校舎を取り囲むように濠端に行列が出来た


昭和19年度からは文部省の要望で学則が大幅に改正され、一般の学校のように入学定員が決められ、初めて入学試験が行われることになった。
  それでも、入学生の中には、第一高等学校をしくじったいわゆる「一高くずれ」に始まり、文科志望の生徒はもちろん、もともとは美術学校、音楽学校に進学する希望の生徒までそれまでの物理学校としては異色の生徒が入学した。彼等は別に卒業という意思もなく満員の教室で熱心に学ぶ物理学校の生徒を尻目に神楽坂に神田に自由を謳歌していたという。


大正6年、専門学校になってからの東京物理学校規則、第9・生徒処分、第26条に「続キ3回落第シタル者ハ除名ス」と決められた。開学以来、物理学校と落第は付き物で、明治20年の規則にも「引続キ2回落第スル者ハ退学セシム」と明記されているが、それから見れば大正6年の規則は、いささか緩和されたようにみえるが、この規則に該当して処分された話しはきかない。
 「1学年で3回落第しても卒業まで9年在学できる」とよく冗談が飛び出したものだが、何回か落第を繰り返しているうちに、自分から卒業は無理だと悟り、自主退学の道を選ぶものがほとんどだったらしい。早稲田文学部中退は小説家の勲章のように輝いているが、これだけ多くの落第生を出しながら、物理学校中退の話しは聞かない。


徴兵逃れで、当時物理学校に席を置いた人は、私の知っている範囲でも、理科系より文科系に多かったようだ。特に戦時中、徴兵逃れで籍を置いた者は語りたがらない。
 この状況を軍部が見逃すはずはなかった。しかし、徴兵延期の制度は最後まで崩れなかった。「政府高官の師弟が沢山入学していたから」と陰のうわさでささやかれたが定かではない。


太平洋戦争も末期、毎年恒例の進級者の発表会場に異変がおきていた。以前なら進級者の発表のみに止まり、それ以外、名簿からもれたものは落第と決まっていたが、新たに落第者の氏名が発表されることになった。
 18年の入学者は内申書と身体検査票が考慮されたようだが3150名(前年度からの落第生を含む)の生徒が一応無試験で入学した。1年生はA〜G まで7クラスで編成され1クラスの定員450名、教室の定員が240名だから当然教室には収容し切れるものではなかった。授業も午前と午後の2部授業で当座をしのいだと言う。混雑の程は想像に任せる。
 1年生は同じカリキュラムで一斉に授業がなされ、2年に進級すると明治からの伝統で、初めて各学科に分かれることになっていた。18年の入学者が19年の2年に進級する際、550名が進級、350名が落第、残りの2250名が退学(放校)と発表された。    
 19年度から開校以来始めて入学試験が行われ450名が合格、落第生と併せて800名で新1年生が編成された。
 進級者と落第者からもれたものは退学、つまり放校されることを意味していた。学校規則、第9生徒処分、第21条、5に「学力劣等ニシテ成業ノ見込ナシト認メタル者」適用したのか落第生以下のものは放校、つまり学籍を失い、当時の状況としては退学即徴兵を意味していた。
  たしか、進級者の発表は旧1号館の講堂脇に張り出され、落第者の氏名は1階化学実験室前の廊下だったと思うが、どちらにも自分の名前ガ無かった放校組みは、「元気でお国のために働いてくれ!」と友達から励ましともならぬ言葉に送られて静かに校門から消えていった。
 中庭で落第者の中から"万歳“の歓声が起こり胴上げが起きる。戦時中不見識な話しだが、落第者は進級組よりも余計に長くシャバにいられるということだったのだろう。


することとす。」と書かれている。つまり、18年に学校の財政的危機を救うべく発足した維持会の懸念は2年足らずで払拭できたと言ってよいだろう。
  明治18年、維持会が結成された頃の授業は、算術・三角法(櫻井)、代数(信谷)、幾何・重学(三守)、代数補充・代数幾何(三輪)、測量・天文学(寺尾)、物理学大意(鮫島)、物理学(高野瀬)、化学大意・化学(中村恭平)が受け持っていた。だが、20年、中村恭平は福島へ、谷田部は山口高等中学校の教諭兼教頭から翌21年にはマニラ領事に任じ、同年、難波は仙台に第2高等学校が出来ると教諭兼教頭に、さらに玉名も鹿児島へ、23年になると櫻井も熊本に赴任している。


明治22年の各学期の在籍数を見ると1学期309名、2学期193名、3学期60名4学期22名、計584名となっている。(当時は終業年限2年、半年毎に1学級進級、4学級終えると卒業) 


22年2月の学校の授業料収入を計算すると:
以下の通りとなる。               
         
     1  学期在籍数     309名×50銭=154.5円、
     2  学期在籍数     193名×70銭=135.1円、
     3,4学期在籍数      82名× 1円= 82円
            計              371.6円、


 明治18年〜25年7月までの卒業生の数(数字は50年小史による)
18年      1名
19年      1名
20年7月    6名
21年7月    4名
22年2月    9名            22年7月   11名
23年2月    9名            23年7月    8名
24年2月   10名            24年7月   19名
25年2月   10名            25年7月   22名


22年2月、9月それぞれの第1学期在籍者が一度も落第せずに順調に進級したとして2年後、第4学期を終了ストレートに卒業した数は次の通りである。(各学期の生徒数は、落第した生徒数を含むから下から進級した生徒数はさらに少なかった筈である)

22年2月1学期309名        22年9月2学期49名
23年2月3学期30名         23年9月4学期14名        
24年2月に卒業したものは10名、22年2月に入学、24年2月にストレートで卒業した生徒は3.2パーセントに過ぎない。
                                        
22年9月1学期311名        23年2月2学期67名
23年9月3学期31名         24年2月4学期21名
  
  24年7月に卒業したものは19名、22年9月に入学、ストレートに24年7月に卒業した者は6パーセンに過ぎない。
 卒業生の中には何回か落第を繰り返し卒業した者もいると考えられるから、上の数からもストレートで卒業できる者など物理学校では何人も存在しなかったと言ってよいだろう。
  明治20年12月、規則改正に際し落第について「引続キ2回落第スル者ハ退学セシム」と39年6月には「引続キ3回落第シタル者ハ除名ス」と明記された。しかし、実際には大分、事情が考慮されていたようである。しかし、物理学校を卒業した者の数より、その数をはるかに勝る数の生徒が学校を離れてった。この者たちの実態については分から


明治初めの物理学校を卒業する難しさは並大抵のものでなく、卒業生の社会的評価は計り知れないものがあった。23年卒業生4名が高等師範の卒業生に伍して月俸35円〜30円で中学校、師範学校へ招聘されていることでも理解できる。時代は下るが明治33年〜37年頃の公務員と銀行員の初任給は、東京市内の小学校の教員、警視庁の巡査で10〜13円、帝国大学卒の銀行員で35円であったから35円と言えば破格の待遇であった。
  ちなみに、「坊ちゃん」は当時法的に言えばただの各種学校にすぎなかった物理学校を卒業しただけの無資格教員でありながら月給40円で松山へ赴任している。しかし、どうであれ「物理学校卒」は世間で堂々と通用したのである。


東京物理学校校長中村精男の創立25周年記念式の挨拶からも、明治20年より37年春までの卒業生369名中、中学校長、教諭、教員、186名、師範学校教諭、教員17名と中学教員が半数以上を占めている。


寺尾は、明治22年(1889)、測地学のわが国代表としてパリーの万国会議に列席した際、日本にメートル原器を持ち帰ったとされている。わが国は明治18年(1885)にメートル条約に加盟、22年にメートル及びキログラム原器各3個の公布を受けている。国際度量衡総会は6年ごとに開かれ、1889年に開催されているからこの総会に寺尾は出席したものと思われる。現在、メートルの定義は改められているが、原器の歴史的な意義は大きい。


物理学校の卒業生に中学校無試験検定の資格が与えられるようになったのはそれからしばらくして、明治39年、物理学校が現在の所在地、神楽坂に移り、大正6年専門学校として認可された後のことである。


生徒増の大きな原因は、先に触れたように東京職工学校(東京工業大学の前身)の受験生が多く学ぶという事態が起きたことによる。学校でもこれに対処すべく明治21年から24年まで東京職工学校の依頼で、終業1ヵ年の特別科を設置している。さらに、文部省の教員検定試験の受験希望者が増えること、初めて学校経営がすべて授業料で賄えるようになり、それまで学校の諸経費を援助してきた維持同盟員の醵金に頼らなくてもよいことになった。


明治3年まで大学南校の生徒は貢進生として政府の命令で各藩から推薦された人材である。つまり各藩のエリート集団であった。貢進生制度は現在の奨学生制度以上に優遇され全て国費でまかなわれ、明治3年この制度が決められた時、16歳以上という制約があった。年貢進生は安政2〜4年か、それ以前に生まれた者が選ばれた。この制度は1年ほどで廃止された。
  明治4年大学が文部省の所管になると、文部省は貢進生に大学南校から退去を命じ、学校を一時閉鎖、南校と改称して改めて開校した。退去を命じられた大学南校の生徒は4年以降、南校に再度入学したものであろう。
  彼らは、南校でフランス語を学んでいたが、明治6年、開成学校から外国語学校が分離、新たにフランス語による諸芸学科が開設されると、それにともなって外国語学校か諸芸学科のどちらかに移動したものと思われる。諸芸学科は洋学を基にした天文、地学、数学など西洋近代科学を総合するような内容をもっていた。
  東京物理学講習所の設立にかかわった21名の卒業生は、明治2年から13年までの間、それぞれ複雑に改変した東京大学で新しい学問に取り組んでいた。(年度により校名が改称されていることがあるので、要注意)


・櫻井 房記
明治2年開成学校に入学、3年貢進生に選ばれ、同11年12月24日物理学科を卒業。

・高野瀬宗則
明治4年19歳で貢進生として大学南校に入学、貢進生の制度が廃止された後、私費で再度(6年?)開成学校に入っている。明治12年物理学科を卒業。

・千本 福隆
貢進生として南校に入学、明治11年12月24日物理学科を卒業。

・中村 精男
明治4年16歳で松下村塾から東京へ遊学、同12年7月物理学科を卒業。

・寺尾  寿
明治6年19歳で外国語学校・開成学校を経て明治11年物理学科を卒業。

・保田 棟太
明治3年、大阪開成所に入る。同7年東京開成学校に入学、天文学・諸芸を修め,同13年7月物理学科を卒業。

・桐山篤三郎
明治13年7月10日物理学科を卒業。

・信谷 定爾
明治2年開成所に入りフランス語を学ぶ。3年、大学南校の貢進生に選ばれ、普通学と諸芸学を履修する。7年天文学科に移るが、廃止になり再び諸芸に戻る。8年諸芸学科の廃止により物理学科に入り、11年12月卒業。三守と同じコースをたどっている。(後で記載する)

・谷田部梅吉
13歳で貢進生に選ばれて大学南校に入学、明治12年7月物理学科を卒業。

・三守  守
明治5年第一大学区第一中学に入学、天文学、諸芸から同年13年7月物理学科を卒業。

・難波  正
明治6年、開成学校に入学し、12年7月物理学科を卒業。

・和田 雄治
明治12年7月物理学科を卒業。

・沢野 忠基
外国語学校でフランス語を学び、物理学科に入学、明治13年に卒業。

・三輪桓一郎
外務省でフランス人などから仏語を履修、東京開成学校の仏語の学生を経て物理学科に編入、明治13年7月物理学科を卒業。


明治11年の卒業生を見ると、櫻井、信谷、千本、寺尾、中村(恭)は順調に卒業したものと考えても間違いはあるまい。13年の卒業生で三守と保田は、8年物理学科開設と共に入学している。この点においては11年卒の信谷と同じである。
 8年から13年まで5年間にわたるフランス物理学科の生徒移動の詳しい経過は分から


かなり長期にわたり食った同じ釜の飯が団結精神を強くした
彼らは、開成学校、外国語学校、天文学科、諸芸学科と各自いろいろなコースをたどるが明治8年物理学科が新設されると、みなここに集まることになる。在学中、学科にはいろいろ変遷はあったがフランス語ひとすじに歩いた仲間たちであった。明治3年から13年まで10年ほどの間に、少しの先輩、後輩の年齢差があったとしても同じ釜の飯を食い、同じ年に卒業した仲間なのである。それにフランス物理学科最後の卒業生となれば同窓生としての結束も固くても不思議は無い。東京物理学校が今にある原点は設立者21名のフランス物理学を軸にした仲間の団結と言わねばならない。
 この仲間の団結が明治18年の創立者による[東京物理学校維持同盟]の結成になり、この精神を受け継いだ卒業生が明治22年[東京物理学校同窓会]が発足させるのである。22年を含めて卒業生32名、8名を除き同窓会員になっている。


明治初年、開成校時代の貢進生は幕府の昌平坂学問所時代からの伝統的な思想を持ち続けていた。彼らは諸費用を全て国が負担、各藩(国)から選ばれた人材であり、諸藩(国)の先進的指導者になることを自負すると共に期待されていた。東京大学と変わっても当時の学生はみな其の気風がみなぎり、学生時代から自分を社会に役立させることが責務と考えていた。
 明治11年から13年にわたり理学部物理学科を卒業した20数名余の学生は、在学時代からわが国の理学の遅れを憂い、これを広く世間に普及し国の発展に役立てることを申し合わせていた。その手段として当時ブームになっていた街頭演説を行い理学思想を普及しようと計画していた。しかし、其の計画が思わぬ障碍に突き当たることになるのである。


明治の初め日本では物理学を学問としての認識はなかった

  日本で物理学が自然科学の1分野として確立したのは20世紀になってからのことある。それまでのわが国では物理学が学問として全く認識されていなかったといってよいだろう。明治5年(1872)片山純吉が「物理階梯・文部省刊」(東京理科大学近代科学資料館所蔵)をはじめてあらわすまでは日本には物理の教科書らしいものはなかった。最も普及したと言われるこの本ですら物理学というよりむしろ、一般の科学教科書の域を出ないものであった。当時は物理という言葉さえ耳新しく、世間では易学か妖術ぐらいに思われていた。
  大学でも長い間、物理学は数学、天文学、測量学などと一緒にされ諸芸学科として扱われていた。学者仲間からも[芸者]と呼ばれる洋学を学んだ技術者ぐらいにしか評価されていなかった。
 
  当時の様子を明治28年東京物理学校卒業式での帝国大学総長・浜尾 新の演説から探ってみよう。

「今ヨリ二,三十年前ニ於ケル理科学術ノ状況ヲ観マスレバ未開ノ有様デアリ,例ヘバ物理学ノ如キハ訳述書ニテハ気海観測格物入門ノヤウナモノ・・・物理学ノ理論実験ヲ明ラカニシタルモノ殆ンド無キヤウノコトデアリ、尤モ数学ノ如キハ物理学ノ如キ比ニアラズシテ和算ハ古来開クルモ洋算ハ当時未ダ十分ニ開ケズシテ高等数学ニ明カナルモノノハ尚ホ多カラズ,況シテ物理ト数理ト相待チテ考究スルモノニ至リテハ極メテ少キヤウノコトデアリマシタ、所デ開成学校ヨリ大学ニ及ビ段々専門学科ヲ設置シ物理学等卒業の専門学士ヲ出ダスニ至リ高等物理学高等数学等ヲ講究スルモノ増加スルニ至リ追々世間ニ幡及シ大ニ面目ヲ一変スルニ至リタル次第デアリマス、」

             明治2年(1869年)開成校、昌平校、医学所をあわせて大学に      

  あとで東京物理学講習所を発足させる東京大学・物理学科の卒業生の履歴を考察するうえで明治初期、彼らの学んだ東京大学が開成学校と言われた時代の歴史が大切となるのでまず初め、ここから話を進める。

  安政2年(1855)、幕府は洋学所を開設、翌3年、これを蕃書調所(ばんしょしらべじょ)と改めた。文久2年(1862)に洋学書調所とし、3年になると開成校と改称した。
  明治元年(1868)開成校は明治政府に接収されて名称を開成学校と改め、翌2年1月に開校した。
  同年6月、政府は開成学校と旧幕府の高等教育機関、昌平校(儒学・国学)、と医学所(西洋医学)と合併して7月には官制の大学校の基礎を作った。そして、昌平学校を大学本校に、開成、医学の両校を分校とし、3校をあわせ学校としての形をととのえ大学とした。
 一ツ橋にあった開成学校が、御茶ノ水の昌平学校、つまり本校の南にあったことから大学南校と呼び、御徒町の医学校が東にあることから大学東校と呼ぶことにした。

 3年(1870)、南校は普通、専門(法科、理科、文科)の2科に分けたが、実際には普通科の開講のみに止まった。学力は高等学校程度であったようだ。政府は各藩に対してその石高に応じ一定数の人材を選抜し、16歳以上、1000名を大学南校に入学させることを命じた。貢進生制度である。結果300名が入学することになった。
  しかし、まえまえから大学内部の国漢学派と洋学派が、学校のありかたをめぐっての対立し、紛争になったのを機会に、古い学問は新しい時代の潮流にそぐわないと、何の対策も無いまま南校と東校を残して大学本校を閉鎖してしまった。このことは洋学派が国漢派を抑え学校の主導権を握ることを意味していた。

          明治8年(1875)大学南校(もとの開成校)に物理学科が始めて開設される

 4年、文部省の設置にともない大学は文部省の所管に移り大学南校を南校と改称、貢進生を退学させて大学を一時閉鎖、学制を改革を行い新入生を募集し大学を再び開校した。 また、新しく外国人教師(明治10年、創立当時の東京大学4学部の教授数39名のうち27名が外人教授であった。)を雇い入れ西洋的学問の高等機関に成長していくことになった。当時は講義で日本語を使用することが許されず外国語で行っていた。当初は英、仏、独語が使われていた。だが、物理学をひとつの学科として取り上げるにはさらに時間を要した。
 この年、政府は岩倉具視を全権大使として総数48名の使節団を欧米に派遣している。目的は条約改正の予備交渉であったが、他に日本の将来に向けてのビジョンをつかむことでもあった。欧米の旅から彼らが確信を得たことはわが国の文化に英米の仕組みを即急に導入することだった。
 5年、南校は第一大学区第一番中学と改称、さらに6年には元の開成学校に戻り、7年には東京開成学校と名前を変えている。
 6年(1873)、外国語を英語に限定して法理工の3科と、諸芸(佛語)鉱山(独語)の暫定学科をつくり、開成学校から外国語学校を分離独立させた。7年にはさらに外国語学校から英語科を切り離し東京英語学校を開設している。8年になると諸芸、鉱山の2学科が廃止され、ようやく数学・物理の重要性が認識されるようになり物理学科(仏語)が新設された。

「・・・・20年前デアリマスルガ東京開成学校ニ於イテ学科ヲ改正シ専門学科ヲ設置スルノ時二当リマシテ当局者ノ思ハレマスルニ理科ハ至重至要ニシテ一般ノ教育ヲ充実ナラシムル為メニモ百工技芸ノ応用学術ヲ拡充セシムル為メニモ之ガ基礎タル物理学数学等ノ純正学術ヲ振興シ上進セシムルニアラザレバ教育ヲ整備シ学術ノ進歩ヲ図カルコトハ能ハザルベケレバ特ニ物理学等ノ専門学科ノ設置ヲ急務トセラレタル次第デ、当時教科ノ改正ニ際シ物理学ヲ一科専門トシテ設置コトトナリ遠ク海外ヨリ物理学及数学専門ノ教師ヲ招傭シ仏語ヲ以テ予科ヲ履修セル学生ヲシテ就キテ専修セシメラレタル次第デアリマス、夫レヨリ数年ナラズシテ始メテ二十餘名ノ物理学卒業ノ学士ヲ出ダスニ至リマシテ尋デ当物理学校ヲ設立セラレタル者ハ即チ此等物理学専修ノ人々デアリマス・・・・」
明治28年2月17日,帝国大学総長 浜尾 新の東京物理学校卒業式に於いての演説(東京物理学校雑誌)

             明治10年(1877)医学校と開成校が合併、東京大学に

 10年(1877)には東京医学校と東京開成学校は合併して東京大学と改称、法理文の3学部と医学部計4学部を置いた。文学部は史学・哲学および政治学科と和漢文学科の2学科、理学部は化学科、数学・物理学・星学科、生物学科、工学科、地質学・採鉱学科の5学科で構成され、物理学は数学と星学と一緒にされてしまった。と同時に東京英語学校は東京大学予備門と改称して法理文3学部の予科になることになった。第一高等学校の前身である。以上が明治元年から13年まで開成校が東京大学に到る大まかな経過である。

  理学部で数学、物理学、星学科がそれぞれ3科に分かれたのは、フランス物理学科が廃止になった13年7月の翌年、14年のことであった。  
 ここに学んだ卒業生が後に東京物理学講習所の創立にからんでくるのである。この歴史の中で東京物理学講習所を起こした東京大学理学部物理学科の明治11年より13年までの卒業生21名の履歴を物理学校雑誌の中から拾ってみよう。

(つづく)

(調べの十分でない事柄や誤字、表現の不適切さなどについてはご寛容のうえ解釈してお読み下さい。横田俊英)

2018-12-04-tanakadate-aikitsu-11-physics-school-and-metrology-department-seki-kikuji-measurement-data-bank-web-a-


田中館愛橘とその時代−その11−(田中館愛橘と高野瀬宗則)
物理学校の度量衡科を卒業した明治7年(1874年)生まれの長州人、関菊治(大阪府権度課長)

田中館愛橘とその時代−その10−(田中館愛橘と高野瀬宗則)
高野瀬宗則の権度課長着任と度量衡法制定(メートル条約締結と連動する日本の動き)

田中館愛橘とその時代−その9−(田中館愛橘と高野瀬宗則)
高野瀬秀隆と肥田城の水攻め(高野瀬宗則とその先祖の高野瀬秀隆)

田中館愛橘とその時代−その8−(田中館愛橘と高野瀬宗則)
彦根藩主の井伊直弼(大老)による安政の大獄

田中館愛橘とその時代−その7−(田中館愛橘と高野瀬宗則)
井伊直弼の死を国元へ伝える使者の高野瀬喜介、子息は高野瀬宗則

田中館愛橘とその時代−その6−(田中館愛橘と高野瀬宗則)
日本の近代度量衡制度を築き上げるために農商務省の権度課長に指名された高野瀬宗則

田中館愛橘とその時代−その5−(東京大学の始まりのころと現代の高等教育の実情)
日本物理学の草創期に物理学を背負う人々を育てた田中舘愛橘をさぐる-その5-

日本物理学の草創期にその後日本の物理学を背負う多くの偉人を育てた日本物理学の祖である田中舘愛橘(たなかだて あいきつ)をさぐる。−その1−田中舘愛橘が育った江戸から明治にかけての日本の状況(執筆 横田俊英)

日本物理学の草創期に物理学を背負う人々を育てた田中舘愛橘をさぐる-その2-

日本物理学の草創期に物理学を背負う人々を育てた田中舘愛橘をさぐる-その3-

日本物理学の草創期に物理学を背負う人々を育てた田中舘愛橘をさぐる-その4-

 
 
 


田中館愛橘とその時代−その10−(田中館愛橘と高野瀬宗則)
高野瀬宗則の権度課長着任と度量衡法制定(メートル条約締結と連動する日本の動き)

田中館愛橘とその時代−その9−(田中館愛橘と高野瀬宗則)
高野瀬秀隆と肥田城の水攻め(高野瀬宗則とその先祖の高野瀬秀隆)

田中館愛橘とその時代−その8−(田中館愛橘と高野瀬宗則)
彦根藩主の井伊直弼(大老)による安政の大獄

田中館愛橘とその時代−その7−(田中館愛橘と高野瀬宗則)
井伊直弼の死を国元へ伝える使者の高野瀬喜介、子息は高野瀬宗則

田中館愛橘とその時代−その6−(田中館愛橘と高野瀬宗則)
日本の近代度量衡制度を築き上げるために農商務省の権度課長に指名された高野瀬宗則

田中館愛橘とその時代(東京大学の始まりのころと現代の高等教育の実情)
日本物理学の草創期に物理学を背負う人々を育てた田中舘愛橘をさぐる-その5-

日本物理学の草創期に物理学を背負う人々を育てた田中舘愛橘をさぐる-その4-

日本物理学の草創期に物理学を背負う人々を育てた田中舘愛橘をさぐる-その3-

日本物理学の草創期に物理学を背負う人々を育てた田中舘愛橘をさぐる-その2-

日本物理学の草創期にその後日本の物理学を背負う多くの偉人を育てた日本物理学の祖である田中舘愛橘(たなかだて あいきつ)をさぐる。−その1−(執筆 横田俊英)

初版 物理学者で日本人初の国際度量衡委員の田中舘愛橘−その1−(執筆 横田俊英)




冬の山中湖と富士山

滋賀県・草津市の宿で王将の餃子をたべた

京都三条の街は気詰まりで滅入る

神戸は港町だが山の街でもあり大都市だ


6月24日の霧ヶ峰高原道路だ。強清水から車山・肩駐車場に向かって走る

正月の下呂温泉は一夜にして白銀の世界になった

上高地 晩夏

風の子の子供たちですが人は風邪を引いてはなりません

川崎大師平間寺で願い事をする

霧ヶ峰高原の八島湿原の周りに出現する景色(2)
薄く積もった雪道を踏みしめる。クロカン四駆の世界だ。

霧ヶ峰高原の八島湿原の周りに出現する景色

霧ヶ峰高原 晩秋の八島湿原

霧ヶ峰高原 晩秋

和歌山市加太港の浜に立つ

山梨県牧丘村で秋の風景に出会った。今は新しい市になっているがその名は知らない。

ダイヤモンド富士

酉の市(おとりさま)

浅草の浅草寺界隈に足を向けた 外人がいて蜘蛛の巣の鉄塔が見えた

旧塩山の恵林寺界隈を見物した

仙台藩と青葉城

カラスウリが赤くなって秋です

スズランが赤い実を付ける秋の始まりです
 

日本物理学の草創期に物理学を背負う人々を育てた田中舘愛橘をさぐる-その2-