田中館愛橘とその時代−その6−(田中館愛橘と高野瀬宗則)
日本の近代度量衡制度を築き上げるために農商務省の権度課長に指名された高野瀬宗則
    田中館愛橘とその時代−その6−(田中館愛橘と高野瀬宗則)
田中館愛橘とその時代−その6−(田中館愛橘と高野瀬宗則)
日本の近代度量衡制度を築き上げるために農商務省の権度課長に指名された高野瀬宗則


桜田門外の変、堀の内側から見た絵図。青い衣服が井伊家の人々。

日本の物理学を背負う人々を育てた田中舘愛橘

 田中館愛橘は盛岡藩の藩校作人館で学んだ。原敬、新渡戸稲造など盛岡藩士族のの子弟は作人館で和漢ほかを教わった。そのご作人館は盛岡中学に変わる。盛岡中学からは陸軍士官学校、海軍兵学校に進むものが多く、板垣征四郎陸相、米内光政海相がそうであった。在京の同中学同窓のものが盛岡中学時代の恩師である冨田小一郎を招いて新橋で謝恩会を開いたおりには田中舘愛橘も招かれた。作人館と盛岡中学は同じと考えてのことか盛岡藩出身者だから招かれたのかは定かでないが、高名な物理学者であり愛される人柄であることによることは確かである。昭和14年6月の撮影である。盛岡市に縁のある偉人を語る写真としてよく用いられている。

 田中舘愛橘(たなかだて あいきつ)は、安政3年9月18日(1856年10月16日)の生れで、没年は1952年(昭和27年)5月21日)。南部藩の藩校で学んだ後に、一家が東京へ移住。慶應義塾、官立東京開成学校予科を経て、1878年(明治11年)に前年に発足したばかりの東京大学理学部(のち帝国大学理科大学)に入学。卒業と同時に準助教授、翌年に教授、のち英国グラスゴー大学に留学してケルビン教授に師事したのち、帰国して東京大学教授に任命される。教授就任の翌月に理学博士。日本の物理学草創期に人を育てた功績は大きい。

田中館愛橘とその時代−その6−(田中館愛橘と高野瀬宗則)
日本の近代度量衡制度を築き上げるために農商務省の権度課長に指名された高野瀬宗則

(本文)

第39話。
井伊大老の襲撃を国元の彦根藩に急報する使者となった高野瀬宗則の父、高野瀬喜介


 明治政府は日本の近代度量衡制度を築き上げることを急務としていた。西洋および米国に伍する度量衡制度の構築は日本の近代化に欠かせない。殖産興業の下地となるのが近代度量衡制度であった。

 幕末の動乱は日本が欧米の植民地になることを忌避するための戦いであった。英国、仏国、露国、米国などの経済行動は軍事行動と一体となった帝国主義による植民地支配と分割である。富国と連動する強兵は日本が独立を保持する道であった。日清戦争、日露戦争、第一次世界大戦、第二次世界大戦は中国に侵攻することで始まった日中戦争を含み15年戦争である。大戦の敗北は経済戦争の敗北、植民地争奪戦争の敗北そして帝国主義戦争の敗北であった。

 日本の近代度量衡制度の創設、日本の近代度量衡行政の敷設のために、指名されたのが東京大学仏語物理学科を明治13年に卒業して駒場農学校(駒場農学校は後に東京大学農科大学となる。現在の東京大学教養学部の所在地)で教鞭をとっていた江州彦根藩士の子、高野瀬宗則(たかのせ・むねのり)であった。

 このころの東京大学の学制はこみいっている。高野瀬宗則は嘉永5年(1852)年9月生まれ。田中館愛橘は安政3年(1856年)9月の生れである。高野瀬宗則は田中館愛橘の4歳年長である。この二人は物理学と度量衡の分野で交差する。そして佐幕と開国、尊王攘夷といった幕末の武家に生まれた者の運命をひきずっていた。

 安政7年3月3日(1860年3月24日)に大老井伊直弼は桜田門で水戸藩からの脱藩者17名と薩摩藩士1名によって襲撃を受ける。井伊直弼の死は極秘にされ、国元へは高野瀬宗則の父である高野瀬喜介が急報の使者となる。高野瀬喜はその日に早駕籠にのって3月7日夜半に彦根に着いた。高野瀬喜介は彦根藩士で禄高150石の記録が確認でき、高野瀬宗則の文書では彦根藩目付役となっている。

 脱藩の浪士に急襲されて首をはねられるこた事態が大失態である。知れれば井伊家はお家お取り潰しとなる。窮状を脱すべく彦根藩は策を打つ。登城のときに賊を退治するときに負傷したと幕閣を誤魔化す。幕閣はいい江戸屋敷に二度の見舞いをする。井伊直弼は老中を辞し、次男が井伊家の家督を継ぐ。節句の祝いに登城する大名の行列を町民と武士が見物するなかでおきた事件であった。辻には屋台がでて酒や餅、団子も売られる行事になっていた。井伊直弼の首がはねられたことは隠しようがなかった。公儀の処置ははうえのようなことである。

 幕末の動乱のなか、田中館愛橘の祖父の姉が嫁いだのが相馬大作であった。相馬大作とは江戸での名前であり実名は下斗米秀之進将真(まさざね)である。相馬大作は弘前藩主津軽寧親を襲撃する計画を実行に移す。襲撃は察知されて未遂となる。南部騒動 (檜山騒動)あるいは相馬大作事件である。相馬大作は捕縛されて小塚原で打ち首になる。相馬大作は蝦夷地の警備が手薄な状態ではロシアの侵攻を許してしまうことを憂い、自らもその警護に当たるべく南部藩福岡に私塾かつ道場をつくっていた。ここには200人ほどが集まっていた。松下村塾より20年も前のことである。南部藩福岡の松下村塾と考えてよい。

 相馬大作の弘前藩主津軽寧親襲撃は南部藩と津軽藩の因縁めいた過去のこともあるが、津軽藩主が蝦夷地警護に消極的で手を抜いていることをたしなめ、世に知らしむるための行動であった。吉田松陰は北辺の視察を兼ねて襲撃現場訪ねており、現地の人の話を聞くなどした結果「武術を学ぶ一方で世界情勢にも精通した人物。単なる忠義立てではなく、真意は国防が急であることから、両家の和親について自覚を促すことにあった」と述べている。これは吉川弘文館『国史大辞典』に記載のもの。

 吉田松陰は相馬大作の行動に自分の思いを重ねてその行動を是とする。吉田松陰は朝廷に開国の勅許を求めて上洛する使節を攻撃する計画を立てた。松陰は思いを世に知らせ津ためにかこのことを獄にあって話す。これによて処刑される。

 越前藩士の橋本佐内も吉田松陰とほぼ同時期に安政の大獄で処刑される。安政の大獄で越前藩主の松平春嶽は「隠居」の処分をされ藩主の座を追われる。明治政府になった明治元年(1868年)3月に度量衡制度を確立すべきことを建議したのが松平春嶽であった。春嶽は雅号であり松平慶永が正式な名である。松平慶永は徳川慶喜と縁のある徳川家の人である。その松平慶永は西洋事情に通じていた。

 このままでは日本が欧米列強の植民地になってしまう、というのが幕末の英明な人々に共通した思考であった。徳川慶喜しかり、吉田松陰、相馬大作も同じである。井伊直弼もまたこのことがわかっていた。反幕府いや反幕閣勢力を手段を用いずに抑え込んで列強の開港に応じ、順次手立てを打っていく積もりであった。先々のことは計画されたものではなく場当たりであった。将軍になっても一度も江戸城に足を踏み入れなかった徳川慶喜にしてなしたことは井伊直弼と大して変わらなかった。場当たりといってよい行動であった。薩長土肥などの反幕府勢力と徳川慶喜の徳川幕府の間には曲折があって緊張もしていた。尊王攘夷の建前と開国の現実の間に揺れ動く。鳥羽伏見の武力衝突の折に、錦の御旗を打ち立てたことは尊王の水戸学を学んできた慶喜には衝撃であった。戦えば武力で勝るのに大阪城に引き上げて、ついでにさっさと江戸に戻る。これで全てが終わった。

 会津藩家老の子で白虎隊士であった後の東京大学理学部長後に総長となる山川健次郎は米国のエール大学で学んでいるときに日本の遅れは理工学分野での開明度の低さにあると考えて物理学を専攻するようになった。田中館愛橘はエール大学を卒業した山川健次郎の教えを受ける。高野瀬宗則は田中館愛橘の4歳年長にして東京大学フランス語物理学科を卒業している。である。田中館愛橘の東京大学在学中の数学、物理、星学をひとまとめにした分野には4名が進む。藤澤利喜太郎が数学、隅本有尚が数学、田中館愛橘と田中正平が物理学に傾いていった。高野瀬宗則が学んだ物理学はフランス語によるフランス式の物理学である。東京大学フランス語物理学学部は数年で廃止される。田中館愛橘が学んだのは米国人のメンデンホール、英国人のユーイングによる物理学と数学であった。教授陣には菊池大麓、山川健次郎がいた。

 外国人を招聘は破顎の報酬によってなされていた。田中館愛橘は東京大学理学部を卒業すると準助教授となり続いて助教授に任官。
英国のグラスゴー大学でケルビン教授の助手を務める。ドイツに渡り、三年の留学ののち明治24年(1891年)7月に帰国して教授に任ぜられる。翌年8月に理学博士の学位を授与される。ユーイングと入れ換えに明治16年9月に同じ英国人のノットが物理学教師として来日する。ノットは田中舘愛橘が帰国する前月に解任、帰庫する。米国人のメンデンホール、英国人のユーイング、英国人のノットともに優秀な人であった。米国人のメンデンホールは帰米後に米国のメートル法を推進する。グラスゴー大学のケルビン博士もメートル法論者であった。田中舘愛橘はこのような教師と山川健太郎などのメートル法推進者と交流することを通じて志操堅固なメートル論者になる。

 田中館愛橘は「平素先輩から、人間の目的は己をおさめ天下を治むるにある、もし世に用いられないときには書いたものを後世に残せ、そのために文を修めよ、と聞かされていたからそれまでは国家を治める道を学ぼうと思った。しかし今まで見たところでは国を治める道については西洋の修身治国を説いたものが在来の孔孟の教えに優るちは思えない。これに反して理科方面は大いに学びたいものがある。それで理科の根本たる物理学を修めて大いにわが国家の欠を補いたいと感じ、父に許しをこうて了解された」と述べている。この時代の東京大学理学部の同一学年の在学者数は10名ほどであった。

(つづく)

(調べの十分でない事柄や誤字、表現の不適切さなどについてはご寛容のうえ解釈してお読み下さい。横田俊英)

2018-11-30-tanakadate-aikitsu-and-takanose-munenori-to-build-modern-metrology-system-measurement-data-bank-web-a-


田中館愛橘とその時代−その11−(田中館愛橘と高野瀬宗則)
物理学校の度量衡科を卒業した明治7年(1874年)生まれの長州人、関菊治(大阪府権度課長)

田中館愛橘とその時代−その10−(田中館愛橘と高野瀬宗則)
高野瀬宗則の権度課長着任と度量衡法制定(メートル条約締結と連動する日本の動き)

田中館愛橘とその時代−その9−(田中館愛橘と高野瀬宗則)
高野瀬秀隆と肥田城の水攻め(高野瀬宗則とその先祖の高野瀬秀隆)

田中館愛橘とその時代−その8−(田中館愛橘と高野瀬宗則)
彦根藩主の井伊直弼(大老)による安政の大獄

田中館愛橘とその時代−その7−(田中館愛橘と高野瀬宗則)
井伊直弼の死を国元へ伝える使者の高野瀬喜介、子息は高野瀬宗則

田中館愛橘とその時代−その6−(田中館愛橘と高野瀬宗則)
日本の近代度量衡制度を築き上げるために農商務省の権度課長に指名された高野瀬宗則

田中館愛橘とその時代−その5−(東京大学の始まりのころと現代の高等教育の実情)
日本物理学の草創期に物理学を背負う人々を育てた田中舘愛橘をさぐる-その5-

日本物理学の草創期にその後日本の物理学を背負う多くの偉人を育てた日本物理学の祖である田中舘愛橘(たなかだて あいきつ)をさぐる。−その1−田中舘愛橘が育った江戸から明治にかけての日本の状況(執筆 横田俊英)

日本物理学の草創期に物理学を背負う人々を育てた田中舘愛橘をさぐる-その2-

日本物理学の草創期に物理学を背負う人々を育てた田中舘愛橘をさぐる-その3-

日本物理学の草創期に物理学を背負う人々を育てた田中舘愛橘をさぐる-その4-

 
 
 

田中館愛橘とその時代−その10−(田中館愛橘と高野瀬宗則)
高野瀬宗則の権度課長着任と度量衡法制定(メートル条約締結と連動する日本の動き)

田中館愛橘とその時代−その9−(田中館愛橘と高野瀬宗則)
高野瀬秀隆と肥田城の水攻め(高野瀬宗則とその先祖の高野瀬秀隆)

田中館愛橘とその時代−その8−(田中館愛橘と高野瀬宗則)
彦根藩主の井伊直弼(大老)による安政の大獄

田中館愛橘とその時代−その7−(田中館愛橘と高野瀬宗則)
井伊直弼の死を国元へ伝える使者の高野瀬喜介、子息は高野瀬宗則

田中館愛橘とその時代−その6−(田中館愛橘と高野瀬宗則)
日本の近代度量衡制度を築き上げるために農商務省の権度課長に指名された高野瀬宗則

田中館愛橘とその時代(東京大学の始まりのころと現代の高等教育の実情)
日本物理学の草創期に物理学を背負う人々を育てた田中舘愛橘をさぐる-その5-

日本物理学の草創期に物理学を背負う人々を育てた田中舘愛橘をさぐる-その4-

日本物理学の草創期に物理学を背負う人々を育てた田中舘愛橘をさぐる-その3-

日本物理学の草創期に物理学を背負う人々を育てた田中舘愛橘をさぐる-その2-

日本物理学の草創期にその後日本の物理学を背負う多くの偉人を育てた日本物理学の祖である田中舘愛橘(たなかだて あいきつ)をさぐる。−その1−(執筆 横田俊英)

初版 物理学者で日本人初の国際度量衡委員の田中舘愛橘−その1−(執筆 横田俊英)




冬の山中湖と富士山

滋賀県・草津市の宿で王将の餃子をたべた

京都三条の街は気詰まりで滅入る

神戸は港町だが山の街でもあり大都市だ


6月24日の霧ヶ峰高原道路だ。強清水から車山・肩駐車場に向かって走る

正月の下呂温泉は一夜にして白銀の世界になった

上高地 晩夏

風の子の子供たちですが人は風邪を引いてはなりません

川崎大師平間寺で願い事をする

霧ヶ峰高原の八島湿原の周りに出現する景色(2)
薄く積もった雪道を踏みしめる。クロカン四駆の世界だ。

霧ヶ峰高原の八島湿原の周りに出現する景色

霧ヶ峰高原 晩秋の八島湿原

霧ヶ峰高原 晩秋

和歌山市加太港の浜に立つ

山梨県牧丘村で秋の風景に出会った。今は新しい市になっているがその名は知らない。

ダイヤモンド富士

酉の市(おとりさま)

浅草の浅草寺界隈に足を向けた 外人がいて蜘蛛の巣の鉄塔が見えた

旧塩山の恵林寺界隈を見物した

仙台藩と青葉城

カラスウリが赤くなって秋です

スズランが赤い実を付ける秋の始まりです
 

日本物理学の草創期に物理学を背負う人々を育てた田中舘愛橘をさぐる-その2-