スポーツ サイクル sports cycle
自転車情報サイト
├自転車製作・改造・修理 フレーム製作・改造など
趣味の自転車手づくり工房 細山製作所(相模原市東林間)
 ├細山さんのブログ 自転車道楽
 ├細山製作所のブランド FUTABA QUARK
 ├細山製作所のお仕事 製作した自転車のギャラリー

  

仏製センタープルブレーキ「マファック 2000」シール旧タイプ
 

仏製センタープルブレーキ「マファック 2000」シール旧タイプ

仏製センタープルブレーキ「マファック 2000」シール旧タイプ(1970年代半ばから1970年代後半)


 フランス製のセンタープルブレーキの最高級器「マファック 2000」シール旧タイプです。ロードレーサーにもランドヌールにも使われていたセンタープルブレーキです。

 MAFAC 2000にはボディーに刻印を入れた旧タイプがあり、その後にシールを貼った旧タイプの本品が製造されるようになりました。片側のブレーキのアーチワイヤーは切られた小さな溝にがっちりと嵌(は)め込まれ、もう一方は切られた溝に引っかけるように差し込む方式がこの二つの旧タイプです。

仏製センタープルブレーキ「マファック 2000」シール旧タイプ


 後に出された新型MAFAC 2000はブレーキアーチの先端に球型の穴が開けられていて、この穴の両端に球型のブレーキアーチワイヤーを入れる構造です。銘板としてシールを使っていて、そのつくりはショートアーチの新型MAFACコンペと同じです。MAFAC 2000はMAFACレーサーの上位機種に相当します。MAFACレーサーよりアーチが長く幅が広いのがMAFACライドです。レーサーと同じグレードのセンタープルブレーキがライドです。

仏製センタープルブレーキ「マファック 2000」シール旧タイプ


MAFAC 2000の刻印を入れた旧タイプ


 MAFACレーサーとMAFACライドにはタイヤを案内するガイドが付いておりませんが、MAFAC 2000と新型のMAFACコンペにはガイドがあります。座金部分を案内板と兼用にしているのです。ガイドだけ借りてレーサーとライドに取り付けることができます。

 レーサー、ライドとMAFAC 2000、MAFACコンペのブレーキアーチは研磨仕上げになっております。そしてアルマイト処理されております。良く磨いてあるからMAFAC 2000、MAFACコンペが高級なのか、より強い材質になっているのかはよくわかりません。材質は同じだと思われます。スプリングがクロムメッキ処理されているのがMAFAC 2000、MAFACコンペです。

仏製センタープルブレーキ「マファック 2000」シール旧タイプ


 AFAC 2000とMAFACレーサーの寸法を調べましたが違いはありませんでした。ブレーキのアーチワイヤーの構造の違いは明確です。深く考えないでつくっていたと思われるMAFACレーサーの片側のボルトによる固定ともう一方を開放型にしてある取付方式が輪行には向いております。この違いもあえて言えばという程度のことです。

 MAFAC 2000とMAFACレーサーとMAFACコンペは直付け台座の取付寸法は同じです。MAFACライドはそれより広くなります。MAFACライドは泥除けを付けて42Bタイヤを履くスタイルのランドヌール(旅行用自転車)をつくるときに用いられておりました。MAFACライドか、同等のブレーキを手に入れてそのような自転車のオーダーをするのは楽しいことです。

MAFACレーサーの分解図(MAFAC 2000とは少し違います)


 MAFAC 2000は、1970年代半ばから1970年代後半あるいは1980年代前半につくられていたフランスのMAFACの製品です。ロードレーサーにも使われていました。

 ブレーキアーチの左右の軸からブレーキシュー取付軸の中心までの距離は43mmです。ここから上下に10mmほどの範囲で使うことができます。

 直付けしない場合の取付支点からブレーキシュー取付軸の中心までの距離は58mmです。これから上下に10mmほどの範囲で使うことができます。リーチカテゴリーというのでしょうか。経験豊かな人々には常識になっているMAFAC 2000のリーチカテゴリーです。自転車をつくる場合には現物合わせが原則ですから、ついつい余分な部品を溜め込んでしまいます。

仏製センタープルブレーキ「マファック 2000」シール旧タイプ


 質量は片方で172gであり、前後で350gほどです。直付けしない場合の取付棒を含む質量です。直付けするために部品を外せば軽くなります。

 ブレーキの効きとブレーキアーチの構造はどのようなことなのかは良くはわかりません。台座を直付けして取り付けたセンタープルブレーキの効きは優れております。ブレーキアーチのたわみが極小なのですから。サイドプルブレーキにおけるダブルピボットと似た原理です。サイドプルブレーキのダブルピボット部分を直付けする構造にしたセンタプルブレーキの剛性の高さは原理の面からは明らかです。カンチレバーブレーキの場合には長いブレーアーチ・ワイヤーが伸びるように作用することもあってダイレクト感はなくなります。

仏製センタープルブレーキ「マファック 2000」シール旧タイプ



 スポーツサイクルアルプスではパスハンターに前ブレーキがカンチレバー式、後ブレーキをセンタープル式の仕様にしておりました。前ブレーキは柔らかく動作し、後はダイレクトに強く効く、という設計です。優れた考えによってオーダー自転車をつくっていたスポーツサイクルアルプスの自転車界への貢献は偉大です。大手自転車メーカーというのはサラリーマンを訓練して自転車を企画していました。企画者はアルプスが創りだす考えを真似ていたということががメーカー車を子細に観察するとはっきりします。

 ランドヌールを一般に旅行用自転車という考えで文章を作成しておりますが、スポルティフという快走用の旅行車があり、泥除けを付けたスポルティフにはセンタープル台座を直付けしてMAFAC 2000やMAFACレーサーを使うのが日本のサイクルリストの間でよくなされておりました。MAFACのうちでも高級なセンタープルブレーキのMAFAC 2000 シールの銘板で旧型は名品であると思います。

【仕様】
1、リーチカテゴリー  ブレーキアーチの左右の軸からブレーキシュー取付軸の中心までの距離は43mmです。ここから上下に10mmほどの範囲で使うことができます。直付けしない場合の取付支点からブレーキシュー取付軸の中心までの距離は58mmです。これから上下に上下に10mmほどの範囲で使うことができます。こちらの表現はリーチカテゴリーというのでしょうか。
1、質量 質量は片方で172gであり、前後で350gほどです。直付けしない場合の取付棒を含む質量です。直付けするために部品を外せば軽くなります。
1、ブレーキ本体は軽合金でアルマイト処理。ボルトとブレーキワイヤーなどは鋼材。
1、ブレーキバネはクロムメッキを施した鋼材。このバネを使って台座に直付けできます。
1、製造年代は1970年代半ばから1970年代後半。

 マファック社のセンタープルブレーキの「MAFAC 2000 シールの銘板で旧型」は美しくもあり機能に優れた名品です。同じことはマファック社のカンチレバーブレーキのクリテリウムなどにもいえます。時代を経ても旅行用自転車にマファック(MAFAC)社のブレーキが付いていないと形にならない。これはカンチレバー式でもセンタープルブ式でも同じです。

(説明文章における誤字などは恐れ入りますが適宜解釈してください)

仏製センタープルブレーキ「マファック 2000」シール旧タイプ(1970年代半ばから1970年代後半)
serial-2017-12-01-0000-12000-00000

トップ(top)へ

二人乗り自転車 tandem bicycle
スポーツ サイクル sports cycle
TOEI 東叡社 ランドナー 650A サイクルスポーツアルプスに組み立て依頼して完成した旅行車
二人乗り用のタンデムにして分割式のデモンタブルな自転車 アンタレス・プロジェクトの「デモンタン」(5kmテスト走行後室内保管の美車
ZUNOW ロード545mm(芯々530mm) レイノルズ531鋼管を使った長距離走行用ロードレーサー
アップポジションのクロモリ製のファニー風ロングライ・ドロードレーサー 535mmモデル
アルプス(ALPS)の700cフラットバーハンドルの芯々寸法530mmのサンデー・アフタヌーンの概要
アンタレス(ANTALES)の700cフラットバーハンドルの芯々寸法530mmのプロムナード
ホナー(HONOUR)20インチミニベロ450mmサイズ
アマンダ(AMANDA)石渡022クロモリ700cクロカン485mmモデル
カンパニョーロ社コーラスのリアディレーラー1990年モデル
フィクストギア、700cホイール、700cカンティレバー台座フレーム
カンパニョーロ社のヴィクトリー(Campagnolo Victory)リアディレイラー1989年モデル
Campagnolo)社チェーンレストセット( 2つネジ)後部シフトの予備レバー付き
カンパニョーロ(Campagnolo)社 スーパーレコード シフトレバー 1980年代製品
仏製センタープルブレーキ「マファック 2000」シール旧タイプ(1970年代半ばから1970年代後半)
仏製センタープルブレーキ「マファック 2000」シール銘板新タイプ(片側のみです)(1970年代半ばから1970年代後半)
仏製マファック社のセンタープルブレーキ「マファック レーサー」(片側のみです)(1970年代半ばから1970年代後半)
仏製マファック(MAFAC)社のカンチレバーブレーキである「JACYKY」(ジャッキー(1970年代半ばから1970年代後半)
仏製マファック社のセンタープルブレーキ「マファック レーサー」(1970年代半ばから1970年代後半)
伊製 カンパニョロ・ヌーボ・グランスポルト(CAMPAGNOLO NUOVO GRAN SPORT)のリア変速機
ショップオリジナル向けクロモリフレームについて「ショップオリジナル向け700c対応クロモリ前上がりフレーム 白 エンド幅130mm」の事例。
ショップオリジナル向けクロモリフレームについて「ショップオリジナル向け700c対応クロモリ前上がりフレーム 赤 エンド幅130mm」の事例。
シマノ WH-R500 ホイール リア 130mm 9スピード クリンチャー ブラック
クリンチャー式シンクロス(Syncros) RACE27ホイール リアエンド幅130mm
シマノ HB-RS400-Sと新家700C AR-713 32H BLK/CNCクリンチャーリムのホイール


下はオールカンパで使っていたロードレーサーです。その後、部品は組み替えました。
ZUNOW ロード545mm(芯々530mm) レイノルズ531鋼管を使った長距離走行用ロードレーサー

2017-08-14-campagnolo-chain-rest-double-lever-spare-attached-1-cycl-1-