新型コロナウイルス感染症を知る
新型インフルエンザ薬タミフル誤計量と天秤の改善措置
(休校の背後にあるのは政治の不作為による感染症対応の不整備による医療崩壊への危惧)
Know the new coronavirus infection
新型インフルエンザ薬タミフル誤計量と天秤の改善措置
計量計測のエッセー 
新型コロナウイルス感染症を知る
休校の背後にあるのは政治の不作為による感染症対応の不整備による医療崩壊への危惧
新型インフルエンザ薬タミフル誤計量と天秤の改善措置
新型インフルエンザ薬タミフル誤計量と天秤の改善措置

新型コロナウイルス。電子顕微鏡撮影の写真
【資料】新型コロナウイルス、現在の感染者・死者数(18日午前2時時点)AFP 2020年3月18日 5:23発信地:パリ。

(タイトル)
新型インフルエンザ薬タミフル誤計量と天秤の改善措置

(本文)

 ある企業の水戸市の事業所では外国から帰った従業員に新型コロナウイルスに感染していたことがわかると1,000人いる従業員を休業させた。1年は365日、12カ月である。1カ月差し引くと11カ月である。このような事態が日本におこっている。

世界は妙な動きをしている。表面的にはコンプライアンスの遵守の様相で動く。大事なところでは計測データの改ざん、決算内容の改ざん、総理大臣に危害が及ばないように公文書を改ざんする。公文書改ざんで慚愧の念に堪えがたい人は死を選ぶ。新型コロナウイルス対応に妙な形のコンプライアンスの遵守がかさなってみえる。

 小中高の学校を閉鎖することと満員電車通勤が平行していることは妙である。コロナウイルスはビールの酵母菌を除去する珪藻土の器を軽々と通り抜ける。布か紙でできたマスクは素通しといってよい。くしゃみをしたときの飛沫に少し役立つがくしゃみはマスク越しに唾液を飛散させる。マスクをしている息苦しさは心肺機能に災いして抵抗力を低下させるようでならない。

 1年を11カ月に短縮した状態の経済はどのようになるか。買い控えの1カ月が期間空けに一気に戻るという考えは成り立ちにくい。動かなかった工場が1カ月の空白を取り戻すように動くのであればめでたい。部品の海外調達のほ度合いが大きいから2020年は失われた1カ月を足かせにした経済になる。

 福岡伸一氏はコロナウイルスは蝙蝠(こうもり)が媒介するので日本には既に入ってきていて何時どこででてくるかわからないし、でてきてもおかしくはない、と述べる。新型コロナウイルスは人が媒介をするがそれ以前にコウモリなどを通じて日本はもとより世界に散らばっている。ある条件で活動が活発になって人が感染して発熱と肺炎の症状が現れる。このようなことだから世界中で新型コロナウイルス感染症が生じている。命令一下行動する北朝鮮では将軍さまと話しをするときには唾が飛ばないように手をマスク代わりにかざしていた。感染情報を示すようにある時点から将軍さまの周りの兵士は黒マスクをつけるようになった。

 日本での首相の「命令一下」小中高の学校休校の措置の是非が問われる。前述のように満員電車による通勤はそのままだからだ。新型コロナウイルス感染症はインフルエンザの一形態と考えてよい。日本では1918/2019年シーズンにインフルエンザで3,000人ほどの死者がでている。2019年1月だけで1,700人が死んだ。このようなインフルエンザ疾患の実情を踏まえていなかったのではないか。あるいは政治の人気取りを動機とした命令発動であったのではないか。

 菅直人内閣はTPP(環太平洋パートナーシップ協定)推進に突如舵を切った。TPPを第三の開国だというのだ。第二は1945年の敗戦、第一は日米修好通商条約である。日米修好通商条約は関税を決める権限が日本にはない隷属の条約だ。1945年の敗戦はGHQによる日本支配である。TPPは環太平洋といいながら中国抜きの日本への輸出協定である。日本の農業は日本の農業風土が山岳地ならびに小規模農業でありこのことによって日本の風土が成立していることを無視し投げ捨てようとする。菅直人首相が福島原発事故視察にヘリコプターででかけるときにカメラの前で身構えたのは極度に低迷していて人気回復のためであった。

 3,000人ほどの死者がでていのがインフルエンザだ。新型コロナウイルス感染症をこれに対比して考えるとよい。いつかの新型インフルエンザの治療薬タミフルの処方における質量の誤計量があった。デジタル式の調剤天秤の誤った操作選択によるものであった。川崎市ではタミフルの大量投与の影響らしい精神混乱によって学校生との転落事故があった。新型コロナウイルス感染症の特効薬は見つかっていない。となると重症患者への医療体制への配慮がいる。デジタル式の調剤天秤の誤操作対応が課題になって処置がなされた。

 福岡伸一氏は新型コロナウイルスもやがて普通のインフルエンザと同じようになるという。タミフル事故のあった新型インフルエンザのときにも同じことを述べている。福岡伸一氏は「新型コロナウイルス感染が拡大を続けている。重症化するケースもあるので油断はできないが、軽挙妄動するのは注意したい」「免疫システムが弱っていたり、その調整がうまくいかなかったりすると、重症化する危険性がある。もともと何らかの疾患があったり、高齢者にリスクがある」と述べる。新型コロナウイルスによって高齢者に死者がでている。インフルエンザも同じようなことだ。

 島根大学医学部附属病院の教授でヘルス・リテラシーに詳しい大野智氏の新型コロナウイルスへの所見を以下に紹介する。

 一般的な風邪の1.5~2割程度はコロナウイルスが原因だし(4種類)、過去のSARSとMERSもそれぞれ別のコロナウイルスによるものだった。現在猛威を奮っているコロナウイルス(COVID-19)が、人類にとっては7つ目のコロナウイルスになる。今回のコロナウイルスは感染力としては既存の季節性インフルエンザ並かそれ以下であり、致死性ではSARSやMERSを遙かに下回る。熱が出たり具合が悪い人は仕事や学校に行かずに家で安静すべきだ。インフルエンザが流行っている時期はあまり人混みには行かない。コロナであろうが季節性インフルであろうが、あるいは通常風邪であろうがこういう常識的なことをやっていれば蔓延は防げる。かぜの2割前後はコロナウイルスが原因だ。

 政治や政府には別の心配事がある。今回PCR検査が進まないことで、日本が感染症に対する備えを怠ってきた実態が露呈してしまった。大量感染が起こり、感染者、とりわけ重篤な症状を呈する患者が現在の日本の医療のキャパシティを超えてしまえば、いわゆる医療崩壊が起きる。その「崩壊レベル」が思った以上に低ければ、医療体制の整備を怠ってきた政治の不作為が露呈することになり、その責任が問われることになる。

 そこで政府は大量感染を起こさない、あるいは起きたとしても、発現のタイミングをできるだけ遅らせることで、医療体制の拡充を進め、「崩壊レベル」をあげることに時間を稼ぐ必要が出てきた。


2020-03-18-new-influenza-drug-tamiflu-erroneous-measurement-and-balance-improvement- measures-

【資料】

COVID-19におびえて洞窟に3カ月避難した日本

新型コロナ対応で経済を止める愚挙

下気道感染症で300万人、下痢性疾患で140万人、結核130 万人、これと新型ウイルスを比較する

新型コロナウイルスと肺炎疾患を考える

新型コロナウイルス、現在の感染者・死者数(18日午前2時時点)AFP 2020年3月18日 5:23発信地:パリ

新型コロナウイルス感染症で体温計が市場から消えた

新型コロナウイルスへの国と東京都の対応の是非

(不適切な表現などについては意に反するものですのでご容赦ください)
020-04-02-pros-and-cons-of-national-and-tokyo-response-to-the-new-coronavirus-
 
計量計測のエッセー

COVID-19におびえて洞窟に3カ月避難した日本

新型コロナ対応で経済を止める愚挙

下気道感染症で300万人、下痢性疾患で140万人、結核130 万人、これと新型ウイルスを比較する

新型コロナウイルスへの国と東京都の対応の是非

新型コロナウイルス感染症で体温計が市場から消えた

新型インフルエンザ薬タミフル誤計量と天秤の改善措置

【資料】新型コロナウイルスと肺炎疾患を考える
【資料】新型コロナウイルス、現在の感染者・死者数(18日午前2時時点)AFP 2020年3月18日 5:23発信地:パリ

計測と計量管理の教養こそ計測技術者が身につけるべきこと

計測がねじ曲げられると白が黒になる(白いものを黒くしてしまう社会の掟の怖さ)

いつでも使える計量辞書としての国際単位系ページの利用

田中館愛橘の物理普及講演と寺田寅彦の物理学を元にした随筆

適正な計量の実施は国家と地方公共団体が共同して実現すべきもの

富士山より高かった八ヶ岳が崩壊すると泥流は甲府盆地の向こうまで流れた執筆 甲斐鐵太郞
韮崎と須玉に連なる丘の七里岩は八ヶ岳崩壊による岩屑(がんせつ)なだれの跡だ


計量計測のエッセー ( 2018年1月22日から日本計量新報の社説と同じ内容の論説です)

素直でない人は嘘をつく 素直とは正直者のことだ

法人とその構成員の意欲と能力を映し出しているwebサイト

数値や言葉を翻訳変換して診断する

大手情報媒体が低俗化しフェイク情報が充満する

人は他の人を映し鏡として生きる意義を成立されている

カメラの撮影枚数にみる技術開発とリチウムイオン電池


地が裂け山が崩れ洪水が人を襲う日本の自然(ハザードマップは人が住んではならない場所を示す地図だ

球速表示160kmは確かか(球速表示160kmは信ずるに値するものなのか)

内需依存型産業社会日本と人口減少社会の在り方

(タイトル)
控えめな計量法が適用されて実現する平和な社会
(サブタイトル)キログラムの単位記号はkgでありKGではない。メートルの単位記号はmでありMではない。

計量の教養こそ身に付けるべき課題だ

0.1%の計量器の検定・検査が世のなかに適正計量を実現をもたらす

地が裂け山が崩れ洪水が人を襲う日本の自然(ハザードマップは人が住んではならない場所を示す地図だ
見えないモノを見えるようにする計測技術
強い欲求をもっているとニーズは自ずと分かるものらしい
すべては丈夫な身体と丈夫な心あってこそ
消費は人口減少の度合いで減りGDPも同様に推移する
キログラムは新定義を満足させたうえ50 µgから10 µgに精度向上
質量と重量の違い及び質量の単位キログラムの定義変更
規則に照らせば不正でも総合性能としては問題ない事柄
バベルの塔とノアの箱舟の伝説と旧カヤバ工業の免震性能偽装
計量と計測は人の間にどのようにかかわるか
自動ハカリの検定実施は日本の計量制度に大きな転換をもたらす
2018年11月16日開催の国際度量衡総会で質量の単位キログラム(kg)を定義変更
日本人の頭骨の変化を計測値が示す副題(鎌倉時代の日本人の頭は前後に長い形をしていた)
優良事業所が適正計量管理事業所の指定を受ける社会的責任
計測の目的と求められる確かを考える
地方計量行政の模範県を躊躇なく真似たい
自動ハカリの指定検定機関制度と行政組織の関わり方
1%の検定で計量の安全を実現している日本の計量制度
自動ハカリの指定定期検査機関の動向を観察する
計測の在り方と計測値の表示をめぐる諸事情
計量協会webサイトから日本の計量行政の未来が見える
光波干渉測定システムはアインシュタインの理論を事実として確認した
収賄で終身刑になる中国要人と首相をかばい罪に問われる日本の官僚

ウィキペディアによる計量の世界の説明は1割ほど
時代の波と計量器産業の浮き沈み
世界でも範たる状態を築いている日本の計量行政
中国では日本以上の人口減少状態が出現している
ハカリの定期検査実施漏れは計量憲法である計量法違反だ
城下町の鍛冶屋が日本の産業の元になった
山口高志投手の球がベース通過時点で一番速かった
福島産の農産物と海産物と放射線測定器
通信と自己診断機能は計量器の法制度を変える
計れと人を管理したQC運動に対比される品質工学
モノの数量表現と性質表現の仕組みである国際単位系(SI)
計量法の実質の内容を変える政省令の理解と解釈
ハンドルで曲がらずブレーキで車は止まらない
計量計測のエッセー

学校は記憶容量とアプリケーションを確認するところ
計量検定所長の仕事は検査機関運営費をたっぷりと確保すること
社会の計量の安全の確保は住民サービスの基礎
神鋼素材は計測器性能に影響がない
田中舘愛橘の志賀潔と中村清二への教え方

自動ハカリの検定実施は日本の計量制度に大きな転換をもたらす
2018年11月16日開催の国際度量衡総会で質量の単位キログラム(kg)を定義変更
事実は小説よりも奇なり 二つの事件
計測システムがわかることが計測における教養だ
世の中は計測でできている
計測の目的と精密さの実現の整合
日本人の頭骨の変化を計測値が示す副題(鎌倉時代の日本人の頭は前後に長い形をしていた)
優良事業所が適正計量管理事業所の指定を受ける社会的責任
計測の目的と求められる確かを考える
地方計量行政の模範県を躊躇なく真似たい
自動ハカリの指定検定機関制度と行政組織の関わり方
1%の検定で計量の安全を実現している日本の計量制度

学校は記憶容量とアプリケーションを確認するところ
計量検定所長の仕事は検査機関運営費をたっぷりと確保すること
社会の計量の安全の確保は住民サービスの基礎
神鋼素材は計測器性能に影響がない
田中舘愛橘の志賀潔と中村清二への教え方

 
旅のエッセー集 essay and journey(essay of journey) 

滋賀県・草津市の宿で王将の餃子をたべた

京都三条の街は気詰まりで滅入る

神戸は港町だが山の街でもあり大都市だ


神戸は港町だが山の街でもあり大都市だ

霧ヶ峰 雪景色

秩父札所二十四番 光智山法泉寺

6月24日の霧ヶ峰高原道路だ。強清水から車山・肩駐車場に向かって走る

正月の下呂温泉は一夜にして白銀の世界になった

上高地 晩夏

風の子の子供たちですが人は風邪を引いてはなりません

川崎大師平間寺で願い事をする

霧ヶ峰高原の八島湿原の周りに出現する景色(2)
薄く積もった雪道を踏みしめる。クロカン四駆の世界だ。

霧ヶ峰高原の八島湿原の周りに出現する景色

霧ヶ峰高原 晩秋の八島湿原

霧ヶ峰高原 晩秋

和歌山市加太港の浜に立つ

山梨県牧丘村で秋の風景に出会った。今は新しい市になっているがその名は知らない。

ダイヤモンド富士

酉の市(おとりさま)

浅草の浅草寺界隈に足を向けた 外人がいて蜘蛛の巣の鉄塔が見えた

旧塩山の恵林寺界隈を見物した

仙台藩と青葉城

カラスウリが赤くなって秋です

スズランが赤い実を付ける秋の始まりです
 
 
 
旅のエッセー集 essay and journey(essay of journey) 

「計量計測データバンク」日替わり情報と週報デジタル版(過去のデータ)履歴