計測値で語られる諸因果の受け止め方
計測値で語られる諸因果の受け止め方
計量計測のエッセー 
計測値で語られる諸因果の受け止め方

松本市の街路に咲くベコニアの花。6月2日撮影。

(タイトル)
計測値で語られる諸因果の受け止め方

(本文)

 二酸化炭素の排出量規制をした京都議定書のための会議が京都であった。パリ協定で同じ内容のことが決められている。二酸化炭素排出量の増大が地球気象に大きく影響していることが確定した事実であるように思わせる。アメリカはこの枠組みからはみだしている。中国も同じだ。アメリカと中国の二酸化炭素大量排出と地球気象をどのように理解しているか不明である。

 米大統領に僅差でなり損ねたゴアは不都合な真実ということで地球温暖化の原因が二酸化炭素の大量排出にあることを主張した。日本政府は二酸化炭素排出削減のために公的組織をつくっていて、この組織は地球温暖化は二酸化炭素の大量排出によることを舌足らずな論理で頑迷に主張する。真実がどこにあるのか見えにくい。

 政府組織の地球環境研究センター 副センター長の江守正多氏は「温暖化をテーマにしている科学論文の97%は、人間活動によるCO2増加が温暖化の主な原因であることを前提にしています。CO2の増加が原因ではないという3%の論文」と述べ、ほか幾つかの言葉を添えてこの100年ほどの間の大気温度の上昇を二酸化炭素の大量排出によるものと結論付ける。こうした主張を地方公共団体と連携して国立環境研究所出前教室「地球温暖化とわたしたちの将来」という内容で実施する。地球温暖化二酸化炭素大量排出原因の世論造成だ。

 東京電力はじめ電力会社は地球温暖化二酸化炭素大量排出原因説に立って原子力発電を推進してきた。原子力発電はウランを掘り出し精製して燃やすまでに大量の二酸化炭素を排出する。核廃棄物のお守りは半永久的であるからこのために費やすエネルギー消費はそのまま二酸化炭素の排出となる。原子力発電は国の方針であるから電力会社はどのような詭弁を使ってでも原子力発電をする。ウランを燃やしてプルトニウムを取り出してこれを精製して核爆弾をつくることが公然とした目的である。いつでも核爆弾をつくれるようにしておくことが国の軍事戦略になっているのだ。発電費用は原発が一番高いことも判明している。

 原子炉設計者と施工技術者が言う。原子炉圧力容器には何千本という高圧パイプが張り巡らされていて、それが老朽化している。大きな地震がおこると破断する。破断したときに噴き出す水はコンクリートのようだ。原子炉の運転を単純な原理として考えれば大したことはない。しかし原子炉圧力容器の中に張り巡らされた高圧パイプは高濃度放射線下にあって実質上は管理不能であるという。柏崎刈羽原子力発電所は中越地震で原子炉内の高圧パイプが破断した。

 日本の発電量は原子力発電を必要としない状態を確保している。民間の大規模事業所は自前の発電所を備えている。原発事故以後に再稼働したり新規に設備された発電をまとめると原子力発電所がそっくりそのまま余った状況にある。太陽光発電は畑を電気畑に切り替え、山林を電気山とするに至っている。原発の発電量は要らない。原発による二酸化炭素の排出抑制と発電量の不足を補うという理屈は完全に崩壊した。

 ビールを温めたら二酸化炭素はすぐに抜け出す。海にある二酸化炭素は地球が温まったか大気が温まったかすると抜け出して大気に移る。大気温度が高まるのにつれて二酸化炭素が大気中に増える。原因と結果が逆になる。このことを元京都大学大学原子炉実験所の小出裕章氏が述べる。

 アメリカや中国が二酸化炭素の排出の国際協定を拒否している。日本の人々は地球温暖化二酸化炭素大量排出原因説を信じている。どちらの説に立つにしても日本人は暖房を控え電気を消して小さなエネルギーで生きる生活を選択していくのがよい。小出裕章氏は退職後は仙人になるといって松本市に居住する。原発の専門家として講演に引っ張り出される日々を送るのだから小出氏には本望なのか皮肉なのかわからない。

 大気の0.04%ほどの成分のCO2が大気温度に及ぼす影響はどのようなのか。このことをめぐってCO2増加が温暖化の主な原因説に立って仕立てられる論文が97%だという。この論拠に怪しさがある。

 過去1000年間の地球の平均気温を樹木の年輪などから割り出すと1000年から1900年までは気温はほぼ一定であるが20世紀になって急に気温は上昇しているというマンのホッケー・スティック図は偽装されたことが明るみになっている。IPCC(気候変動に関する政府間パネル、英語:Intergovernmental Panel on Climate Change、略称:IPCC、本部はスイス・ジュネーヴ)は、マンのホッケー・スティック図を受け入れている。IPCCは気候変動問題に関する活動によって2007年にノーベル平和賞を受けている。小出裕章氏らはIPCCは原発推進派に利用されていることを指摘する。

 デンマークの宇宙物理学者ヘンリク・スベンスマルク氏は太陽系が太陽系が属する銀河を運行中に恒星が密集する星雲を通過するときに大量の宇宙線が注ぎ込んで雲を発生させることによって地球の大気温度が変化すると説く。地球温暖化の主因は二酸化炭素でない論拠だ。

 計測がなしえることには限界がある。あれこれの幾つかの計測結果を混ぜ合わせればある種の結論を導くことができる。単純な論理として形が整っていても必要にして十分な条件をそろえているかという観点で検証すると疑問がある結論になる。

 太陽と地球の銀河系の運行にともなう宇宙線の影響、地球の公転軌道の周期的な変動、自転軸の歳差運動がもたらす太陽との角度の変動、地球の火山噴火など活動の影響ほか様々な要因で地球は大気温度が変わる。太陽の黒点の増減に現れる太陽活動の変動とテムズ川の氷結が因果律として確認されている。中世温暖期にはグリーンランドで農耕が行われ、小氷期 にはテムズ川が凍った。身近な事例を取り上げると北アルプス立山連峰における氷河跡の山崎カールがある。茨城県の中域における貝塚は大気温度の高まりの結果としての縄文海進期を示す。

 計測した数値やある種の数字が「ああすればこうなる」という論理構成によって本当らしく語る策術がある。大気温度の上がり下がりと諸因果が計測数値をともなって語られる事柄には慎重であるのがよい。

2019-06-17-causal-causes-described-in-measured-values-article-editorial-

(不適切な表現などについてはご容赦ください)

計測値で語られる諸因果の受け止め方

嘘をつく人、怒鳴る人、嫌なことをユーモアで包む人

【参考資料】

原子力発電と福島第一原発事故がもたらしている被害の現実(遅ればせながらに知る原発と放射線被害

小出裕章氏東京都北区での講演会「3.11から7年 放射能のいま」湯川秀樹氏は原爆開発に従事していた。2018.1.20。2時間23分。
小出裕章氏の上の話は原子力発電と放射線被害の現実を理解するために役立つ。この話を聞けばすべてがわかる。
湯川秀樹氏が原爆開発に従事していたことにも触れる。タービンを回すための蒸気を発生させるために何故原子力を使うのか、愚かしいことだという。原子炉を動かすのは日本が核兵器を余裕することの狙いとワンセットになっている。小出裕章氏は2015年3月京都大学を定年退職後に信州の松本市付近にに住むようになった。
小出裕章氏講演「原発事故後に考える自然といのち」2013/01/30 に公開。2時間14分。
小出裕章氏敦賀市での講演会「未来は創れる、今できることを」(2013.1.13)2時間。
小出裕章氏参考人として証言、参議院・行政監視委員会「原発事故と行政監視システムの在り方」2011年5月23日(月)午後1時開催。15分。
小出裕章氏、原子力発電は核燃料製造過程で二酸化炭素を大量にだす。そして死の灰をだす。2011/04/26 に公開。34分。
小出裕章氏、原子力発電は海水を7度温め、海の生態系を破壊する。2011/04/26 に公開。34分。
小出裕章氏、松本駅前でのインタビュー。ヘリコプターのブレードの損傷検知機にストロンチューム放射線が使われている。2017年1月3日。
東京新聞 こちら特報部 2015年3月23日。小出裕章・京大助教 定年インタビュー。「反原発 私自身のため」
小出 裕章、2015年3月で定年退職。退職後は信州で暮らす予定。ウィキペディア(Wikipedia)

児玉龍彦氏の説く放射線の人体への影響とその害毒のこの話は知っていなければならない。
児玉龍彦氏参考人として証言、衆議院厚生労働委員会「放射線の健康への影響」2011年7月公開。11分。
児玉龍彦氏、内部被曝「低線量被曝でも危険」放射線がどうやてDNAを切断するか。がんができる訳。12分。
児玉龍彦氏、緊急記者会見。放射線による内部被曝でDNAが壊れ癌化する。2011年8月12日。15分。
児玉龍彦氏、日本記者クラブでの記者会見。放射線被害、除染。2011/09/30 に公開。45分の説明とその後の質問。
児玉龍彦氏、テレビ出演。専門家は本当のことを言う。本質論を語れ。それが専門家の責任だ。2011/08/09 公開。3分30秒。
児玉龍彦。ウィキペディア(Wikipedia)

2005年、大橋弘忠氏は佐賀県での公開討論会で原発はフェイルセーフの考え方にたった二重の安全構造であり原子炉は壊れない。水蒸気爆発も水素爆発も起こらない。専門家の間でこのことは一致しているの公言した。大橋弘忠氏は東大を出て東京電力に勤めて、班目春樹元原子力安全委員長は東大を出て東芝に勤めて、ともに後に東大教授になった人である。原子力マフィアと小出裕章氏が呼ぶ世界の人である。下の動画は大橋弘忠氏の出鱈目な言説が露わにされた動画である。
大橋弘忠氏プルトニュームの無害性を説く。小出裕章氏プルトニュームの害毒性を説く。「九州電力プルサーマル公開討論会」2005年。13分。
大橋弘忠氏原子力発電は安全なものであり格納容器が破壊するということはあり得ない。「九州電力プルサーマル公開討論会」2005年。14分。
大橋弘忠氏水蒸気爆発は起こりえない。小出裕章氏原子力発電はそれ自体が危険なもの。「九州電力プルサーマル公開討論会」2005年。15分。
大橋弘忠氏、私は水蒸気爆発の専門家である。格納容器は壊れないし水蒸気爆発は起こらない。「九州電力プルサーマル公開討論会」2005年。15分。
小出裕章氏、確率論的安全評価をしてはならないことを米国は決めた。「九州電力プルサーマル公開討論会」2005年。15分。
大橋弘忠、2018年3月東京大学を定年退職。ウィキペディア(Wikipedia)

広瀬隆氏インタビュー。福島第一原発のお釜はGEの設計。全電源喪失の事態。2011/03/20 に公開。1時間17分。
広瀬隆講演会「原発再稼働と大地震」茨城県土浦市。2017/04/22 に公開。2時間31分。
広瀬隆。ウィキペディア(Wikipedia)

原子力発電と福島第一原発事故がもたらしている被害の現実

2019-04-11-the-reality-of-the-damage-caused-by-nuclear-power-generation-and-the-fukushima-daiichi-nuclear-power-plant-accident-
 
計量計測のエッセー


計量計測のエッセー ( 2018年1月22日から日本計量新報の社説と同じ内容の論説です)

嘘をつく人、怒鳴る人、嫌なことをユーモアで包む人
社会と購買者への信用ある通信としての広告
球速表示160kmは確かか(球速表示160kmは信ずるに値するものなのか)
用途としての放射能と放射線の単位があり震災復旧では物を見る目になる
計測には二つの性質がある(計測には純粋科学と人の欲望の調和という二つの性質がある)
社会と購買者への信用ある通信としての広告
計量法は人の欲望のぶつかり合いを仲介し調整する
トレーサビリティに関するドイツの小話にみる教訓 (1997年3月2日付け日本計量新報社説の再録です)
内需依存型産業社会日本と人口減少社会の在り方
見えないモノを見えるようにする計測技術
計量の教養こそ身に付けるべき課題だ
0.1%の計量器の検定・検査が世のなかに適正計量の実現をもたらす
見えないモノを見えるようにする計測技術
強い欲求をもっているとニーズは自ずと分かるものらしい
すべては丈夫な身体と丈夫な心あってこそ
消費は人口減少の度合いで減りGDPも同様に推移する
キログラムは新定義を満足させたうえ50 µgから10 µgに精度向上
質量と重量の違い及び質量の単位キログラムの定義変更
規則に照らせば不正でも総合性能としては問題ない事柄
バベルの塔とノアの箱舟の伝説と旧カヤバ工業の免震性能偽装
計量と計測は人の間にどのようにかかわるか
自動ハカリの検定実施は日本の計量制度に大きな転換をもたらす
2018年11月16日開催の国際度量衡総会で質量の単位キログラム(kg)を定義変更
日本人の頭骨の変化を計測値が示す副題(鎌倉時代の日本人の頭は前後に長い形をしていた)
優良事業所が適正計量管理事業所の指定を受ける社会的責任
計測の目的と求められる確かを考える
地方計量行政の模範県を躊躇なく真似たい
自動ハカリの指定検定機関制度と行政組織の関わり方
1%の検定で計量の安全を実現している日本の計量制度
自動ハカリの指定定期検査機関の動向を観察する
計測の在り方と計測値の表示をめぐる諸事情
計量協会webサイトから日本の計量行政の未来が見える
光波干渉測定システムはアインシュタインの理論を事実として確認した
収賄で終身刑になる中国要人と首相をかばい罪に問われる日本の官僚

ウィキペディアによる計量の世界の説明は1割ほど
時代の波と計量器産業の浮き沈み
世界でも範たる状態を築いている日本の計量行政
中国では日本以上の人口減少状態が出現している
ハカリの定期検査実施漏れは計量憲法である計量法違反だ
城下町の鍛冶屋が日本の産業の元になった
山口高志投手の球がベース通過時点で一番速かった
福島産の農産物と海産物と放射線測定器
通信と自己診断機能は計量器の法制度を変える
計れと人を管理したQC運動に対比される品質工学
モノの数量表現と性質表現の仕組みである国際単位系(SI)
計量法の実質の内容を変える政省令の理解と解釈
ハンドルで曲がらずブレーキで車は止まらない
計量計測のエッセー

学校は記憶容量とアプリケーションを確認するところ
計量検定所長の仕事は検査機関運営費をたっぷりと確保すること
社会の計量の安全の確保は住民サービスの基礎
神鋼素材は計測器性能に影響がない
田中舘愛橘の志賀潔と中村清二への教え方

自動ハカリの検定実施は日本の計量制度に大きな転換をもたらす
2018年11月16日開催の国際度量衡総会で質量の単位キログラム(kg)を定義変更
事実は小説よりも奇なり 二つの事件
計測システムがわかることが計測における教養だ
世の中は計測でできている
計測の目的と精密さの実現の整合
日本人の頭骨の変化を計測値が示す
副題(鎌倉時代の日本人の頭は前後に長い形をしていた)
優良事業所が適正計量管理事業所の指定を受ける社会的責任
計測の目的と求められる確かを考える
地方計量行政の模範県を躊躇なく真似たい
自動ハカリの指定検定機関制度と行政組織の関わり方
1%の検定で計量の安全を実現している日本の計量制度

学校は記憶容量とアプリケーションを確認するところ
計量検定所長の仕事は検査機関運営費をたっぷりと確保すること
社会の計量の安全の確保は住民サービスの基礎

神鋼素材は計測器性能に影響がない
田中舘愛橘の志賀潔と中村清二への教え方

 
旅のエッセー集 essay and journey(essay of journey) 

滋賀県・草津市の宿で王将の餃子をたべた

京都三条の街は気詰まりで滅入る

神戸は港町だが山の街でもあり大都市だ


神戸は港町だが山の街でもあり大都市だ

霧ヶ峰 雪景色

秩父札所二十四番 光智山法泉寺

6月24日の霧ヶ峰高原道路だ。強清水から車山・肩駐車場に向かって走る

正月の下呂温泉は一夜にして白銀の世界になった

上高地 晩夏

風の子の子供たちですが人は風邪を引いてはなりません

川崎大師平間寺で願い事をする

霧ヶ峰高原の八島湿原の周りに出現する景色(2)
薄く積もった雪道を踏みしめる。クロカン四駆の世界だ。

霧ヶ峰高原の八島湿原の周りに出現する景色

霧ヶ峰高原 晩秋の八島湿原

霧ヶ峰高原 晩秋

和歌山市加太港の浜に立つ

山梨県牧丘村で秋の風景に出会った。今は新しい市になっているがその名は知らない。

ダイヤモンド富士

酉の市(おとりさま)

浅草の浅草寺界隈に足を向けた 外人がいて蜘蛛の巣の鉄塔が見えた

旧塩山の恵林寺界隈を見物した

仙台藩と青葉城

カラスウリが赤くなって秋です

スズランが赤い実を付ける秋の始まりです

 
 
 
旅のエッセー集 essay and journey(essay of journey) 

「計量計測データバンク」日替わり情報と週報デジタル版(過去のデータ)履歴