「計量計測データバンク」サイトマップ measure and measurement data bank of saite map

日本海の幸を寺泊で味わう 執筆 甲斐鐵太郎

日本海の幸を寺泊で味わう-その2- 執筆 甲斐鐵太郎
旅行家

日本海の幸を寺泊で味わう-その2-執筆 旅行家 甲斐鐵太郞

日本海の幸を寺泊で味わう-その2-執筆 旅行家 甲斐鐵太郞

寺泊の海辺に一群をなす海産物屋


日本海の幸を寺泊で味わう-その2-執筆 旅行家 甲斐鐵太郞

赤い魚にはキンキンの名がつけられていた。

日本海の幸を寺泊で味わう-その2-執筆 旅行家 甲斐鐵太郞

お座敷食堂には椅子席と畳席がある。

日本海の幸を寺泊で味わう-その2-執筆 旅行家 甲斐鐵太郞

寺泊の海産物屋で昼食アジのタタキ定食。


日本海の幸を寺泊で味わう-その2-執筆 旅行家 甲斐鐵太郞

舟盛り定食は2160円だ。ウニとブリが美味かった。

日本海の幸を寺泊で味わう-その2-執筆 旅行家 甲斐鐵太郞

アジのタタキ定食は1180円だ。ネギが味を引き立てる。

日本海の幸を寺泊で味わう-その2-執筆 旅行家 甲斐鐵太郞

刺身定食にはあら汁が付いている。器は立派だ。

日本海の幸を寺泊で味わう-その2-執筆 旅行家 甲斐鐵太郞

広い駐車場の前には「魚のアメ横」こと寺泊の海産物屋。

日本海の幸を寺泊で味わう-その2-執筆 旅行家 甲斐鐵太郞

大河津分水工事によって寺泊の海岸線が大きく後退。

(タイトル)
日本海の幸を寺泊で味わう-その2-執筆 旅行家 甲斐鐵太郞
(寺泊の海辺に一群をなす海産物屋は東京近郷に店をだして客を集めている)

(本文)

 日本海側にはトマリという地名が多い。泊りと書かせている。船泊の意味なのか。
船つき場や港を意味することが多い。そのようなことで寺泊なのだ。日本海には押し寄せる波を防ぐ港が少ない。長い砂浜が多く、ときに断崖がそそり立つ。湾がないと船は砂浜に引き上げられ、押し出して使う。不便なものだ。

 信濃川を分けて寺泊の海辺に流した。これが寺泊港近くにある大河津分水路だ。規模は大きい。大河津分水路は信濃川なのだ。大河津分水路をみてさまざまなことを考える。

 美味しいモノを安く食いたい。美味い魚を低料金で食べたい。食べ物は素材がよければどのような食べ方をしても美味い。生で、焼いて、煮て、蒸して食う。マグロの食べ方は単純ではない。獲れたてのマグロの身には旨味がない。市場で買って宿で身をもいで食べてみる。何の味もない。二泊ほどの旅行をして家に持ち帰って食べる。保冷してのことだ。甘くなっている。

 イカは新鮮なほど美味い。カツオ(鰹)はどうか。五月の季節をまえにするとい初鰹だ。よだれがでる。ブリやマグロの食べ時はどうなのだろう。同じ鰹や鮪(マグロ)であっても脂ののり具合で味が違う。名前を聞くとカツオを思い、ブリを思い、マグロを思い、イカを思って食べるがスーパー・マーケットの魚には裏切られる。

 寺泊の魚はどうか。寺泊の魚はブランドになっている。北海道や和歌山から取り寄せた魚であっても味はよい。舟盛りの刺身もアジのタタキも美味しかった。近くまででかけたら寄りたい。前日に泊まった三条駅前の大衆酒場で投じた代金で寺泊では倍の味と量の魚が食べられた。

 寺泊は佐渡に一番近い場所である。旅客は新潟市からが多いので寺泊は佐渡にわたる基地ではなくなった。その寺泊は長岡市に組み込まれた。栃尾市、寺泊町、与板町、和島村が長岡市になった。2006年1月1日のことだ。寺泊町の人口は11,636人、世帯数は3,244世帯(2005年12月1日)である。

 弥彦神社から長岡市に組み入れられた寺泊の漁港に向かった。寺泊に信濃川があった。新潟市にそそぐ信濃川が寺泊の海に流れ出ているのは大河津分水路による。信濃川を半分か何分の一かを分水して寺泊の日本海に流している。この分水(大河津分水工事)によって寺泊の海岸線が大きく後退したのであった。後退の物理作用がどのようなのか、想像するとよい。分水工事によって新潟港に注ぐ信濃川の川幅が細った。これによって橋の架け替えを要したというがその関係をにわかには推察できない。

 私にとっての興味は大河津分水であり、その姿をみていろいろと考える。信濃川は私が私が好きででかける上高地、槍ヶ岳につながる扇沢、安曇野、松本、長野、八ヶ岳の降る水の半分ほどを集めているのである。軽井沢の水も湯沢の水も集めてしまう日本有数の大河である。

 富山湾のホタルイカは有名だ。寺泊には湾がない。日本海面した海岸線である。寺泊にどのようなその海産物があがるのか。富山湾には劣る。名高い寺泊の海辺に一群をなす海産物屋の品は日本中から集められたモノなのである。

 話が飛ぶが魚津にでかけて寿司屋で食べるものは時のモノに限定している。マグロやウニはどこからかきたモノである。魚津でマグロを食べなくてもよい。寺泊で何を食べるかだ。地のモノに限る。その地のモノを探すのが難儀なのだ。産地表示が義務づけられているためか律儀にそれをしている。ブリは和歌山産であった。

 名高い寺泊の海辺に一群をなす海産物屋は東京近郷に店をだして客を集めている。来る客を待つよりも、客のところにでかけていって売るということで、この商売が繁盛している。いまの物流は短時間に大量のモノを運ぶことができる。

 寺泊の海産物屋のお座敷食堂にはいって昼飯を食べた。刺身定食である。いくつかの具をみまわしたところ地物は甘エビだけのようだった。ザルに50尾ほど盛られた生の甘エビの値段は500円ほどであった。この日の宿の信州上田の別所温泉に持って行くわけにもいかないので買わなかった。

 実情を探っていくと殺風景なことになる。寺泊の海辺に一群をなす海産物屋を傍目に見ると次のようなことだ。

 広い駐車場の前には看板が色鮮やかな「魚のアメ横」こと寺泊の海産物屋が列をなしている。駐車場は無料だ。横断歩道を渡る。売り子の声が響く。「いらっしゃい美味しいよ」

 立ち並ぶ店の棚には魚、カニ、イカ、タコ、カイ、海藻が盛られている。甘エビは安い、ボタンエビも安かった。ボタンエビはお北海道だけではなかったのだ。甘エビとボタンエビを山盛りにしたエビ丼にして食べるとよい。小さなお釜をもって旅して宿で食べたい。

 彩りのよい魚を見ていると楽しい。佐渡沖でとれた紅ズワイ蟹が並んでいるがよいモノは高い。1万円の値がついている。ズワイガニは食べたいが値段が高い。足がもげたのやらは安い。そのようなズワイガニならよいだろう。城之崎の宿で食べたカニづくしには旅館料理の最高の思い出になる美味さだった。

寺泊の海産物市場通り
新潟県長岡市寺泊下荒町
営業時間8:30から17:00、定休日なし

2019-03-18-a2-enjoy-seafood-sea-of-japan-teradomari-writing-tetutaro-kai-

旅のエッセー集 essay and journey(essay of journey) 旅行家 甲斐鐵太郎
essay and journey(essay of journey) by kai tetutaro

←ホームへ

出雲崎町「良寛記念館」を訪ねる 執筆 旅行家 甲斐鐵太郞

日本海の幸を寺泊で味わう-その2-執筆 旅行家 甲斐鐵太郞

日本海の幸を寺泊で味わう 執筆 旅行家 甲斐鐵太郞

土曜日、ガストで新調したパソコンの動作を確かめる。快調だと朝定食を食べて喜ぶ。執筆 甲斐鐵太郎


キャノン7とキャノンP 執筆 甲斐鐵太郎

中央道下り諏訪から北アルプスがみえる 執筆 甲斐鐵太郎
中央道下り諏訪から穂高岳、槍ヶ岳、常念岳がみえる

富士市の富士山展望の宿に泊まった 執筆 甲斐鐵太郎

国道158号線 松本市に向かう冬の旅である 執筆 甲斐鐵太郎

霧ヶ峰高原 八島湿原 八ヶ岳の雪と青い空 執筆 甲斐鐵太郎

石老山(標高702 m)2月1日、雪の朝 執筆 甲斐鐵太郎

真鶴と湯河原をぶらりとする 執筆 甲斐鐵太郎

熱海桜は河津桜よりも確実に早く咲く 執筆 甲斐鐵太郎
真鶴と湯河原をぶらりとする 執筆 甲斐鐵太郎

真鶴と湯河原をぶらりとする 執筆 甲斐鐵太郎

富士山を見るために二週連続で富士宮駅前のホテルがでかけた 執筆 甲斐鐵太郎
(ダイヤモンド富士が出現する暦、年中ダイヤモンド富士が見られます 執筆 甲斐鐵太郎)

1月10日、京都えびす神社の「えべっさん」 執筆 甲斐鐵太郎

富士山に陽が昇る 執筆 甲斐鐵太郎

富士山が見えている夕方に「吉田のうどん」を食べる 執筆 甲斐鐵太郎
(副題)本を読むこと、文章を書くこと、とwebが一体になった


山中湖から富士山を仰ぎ見るのを楽しみにしている。執筆 甲斐鐵太郎

太陽が平原の林に沈んだ。月が輝きだした。高原の冬である。執筆 甲斐鐵太郎

大王わさび農場を冬至の日に訪れる 執筆 甲斐鐵太郎

上高地夏至のころ 執筆 甲斐鐵太郎

江戸の人々の山岳信仰の山だった大山(標高1,252m) 執筆 甲斐鐵太郎

林の向こうに青空が見えると嬉しくなります 執筆 甲斐鐵太郎

山手のレストランとBOSEのスピーカー 旅行家 甲斐鐵太郎

三浦岬をぐるりと巡って葉山マリーナにでた 執筆 甲斐鐵太郎

浅草の場外馬券売り場前の飲み屋で一杯 執筆 甲斐鐵太郎

お酉さま 執筆 甲斐鐵太郎

晩秋の霧ヶ峰高原 霧に包まれたカラ松の高原道路を走る 執筆 甲斐鐵太郎

カラマツは黄色と赤の中間色に燃えていた。カラマツ林の裾に民家があった。茅野市である。執筆 甲斐鐵太郎

10月の下旬に新潟市の界隈をうろついた 執筆 甲斐鐵太郎

11月の旅 壊れているフィルムカメラを旅の途中で買った これが酒の肴にはいい 執筆 甲斐鐵太郎

10月12日、川上村のレタス畑は最後の収穫をしていた 執筆 甲斐鐵太郎

信州の秋をめぐる 諏訪から佐久にでる 千曲川沿いを走る 執筆 甲斐鐵太郎

信州松本市郊外で秋のめぐみに出会う 執筆 甲斐鐵太郎

金曜日の夜は紅葉と夕日と星空の八ヶ岳、霧ケ峰そして美ケ原を走っていた 執筆 甲斐鐵太郎

日本平と久能山東照宮 執筆 甲斐鐵太郎

私と上高地-その6-上高地賛歌 八ヶ岳登山で山の自然に魅了される 甲斐鐵太郎

私と上高地-その5-格好いい山男は女に好かれる 山で英雄になった男の物語 執筆 甲斐鐵太郎

私と上高地-その4-槍ヶ岳・穂高岳登山と上高地 執筆 甲斐鐵太郎

私と上高地-その3-上高地帝国ホテルと大正池界隈を歩く 執筆 甲斐鐵太郎

私と上高地-その2-登山とロマンチズムそして感傷主義 執筆 甲斐鐵太郎

私と上高地-その1-槍ヶ岳と穂高岳のあとの休息地・上高地 執筆 甲斐鐵太郎

横浜市山手の丘にでかけると海が見え瀟洒な家並みにはブリキ博物館が紛れ込んでいた

夕暮れどきの高山市古い町並み‎2018‎年‎6‎月‎23‎日、‏‎18:06:44

夏至の日の旅行で郡上八幡市の古い町並みを見物する

6月24日、松本市波田のスイカを買う 温室栽培の大玉スイカです

6月に晴れる 小さなリゾート地相模湖で憩う

白いヒナと黒い3羽のヒナを連れて湖面を移動するコブハクチョウ

夏の訪れを告げる鮎釣り 相模川の6月1日の夕暮れ時

よい景色とよい音楽と美味しい食事 八ヶ岳と北欧レストランとパソコンでユーチューブ

近江の国、多賀大社(たがたいしゃ)の茅の輪くぐり

特別な位置にいる投手としての大谷翔平

「春の日と一人娘はくれそでくれない」ので5月は午後7時まで遊んでいられる

奥飛騨の新芽の背景は北アルプス穂高連峰の山肌であった

松本駅前の昭和横丁でホルモンを食べる 松本山雅FCファンがやかましい店だ

金曜日、思いついて新宿から松本に向かう。塩尻駅で降りた。

東京の桜は散って新緑の季節になりました

武田信玄の北条との決戦地の三増峠近くの枝垂れ桜
(季節は2カ月と半分ほどで夏至になる)

北杜市実相寺の山高神代桜は甲府盆地の桃の花と開花時期が同じです
(関東地方の春分の日は雪が舞い河口湖では28㎝も雪が積もりました)


陽だまりでは梅の花が土手にはスミレが咲く
5月になれば水田に映える常念岳を見に安曇野にでかけよう

埼玉県吉見町の栽培農家で買ったイチゴは甘かった美味かった
富士山の雨を集めた山中湖は忍野をへて津久井湖で道志村に降った雨と合流する
槍ヶ岳 霧ヶ峰からの遠望(高原の秋の始まりのころ)
山みちで老いたキツネにであう 旅行家 甲斐鐵太郎

数学者も物理学者も現在持つ知識は写し取って得たものである
インターネットで拾った文章を繋げて出来上がるニュース報道

数学と物理学者が事実として構想することと実験によって確かめられる事実

数学と物理学者が事実として構想することと実験によって確かめられる事実

数学と物理学者が事実として構想することと実験によって確かめられる事実
(光波干渉測定システムはアインシュタインの理論を事実として確認した)


TOPへ


「計量計測データバンク」サイトマップ
measure and measurement data bank of saite map

計量計測データバンク 目次 サイト
計量計測データバンク 目次 サイト(一括閲覧サイト)
社会の統計と計量計測の統計
一括表示版「社会の統計と計量計測の統計」
「計量計測データバンク」小論、評論、随筆、論文、エッセー、文芸ほか(目次版
計量計測データバンク 目次 サイト(一括閲覧サイト) 

計量計測データバンク「計量計測辞書」 measure and measurement dictionary
「計量計測データバンク」




「計量計測データバンク」サイトマップ
measure and measurement data bank of saite map