「計量計測データバンク」サイトマップ measure and measurement data bank of saite map

私と上高地-その3-上高地帝国ホテルと大正池界隈を歩く 執筆 甲斐鐵太郎
(上高地帝国ホテル重厚な雰囲気は上高地で一番だ料金は高いが昔ほどには混まない)

私と上高地-その3-上高地帝国ホテルと大正池界隈を歩く 執筆 甲斐鐵太郎
 旅行家 甲斐鐵太郎

←ホームへ
私と上高地-その3-上高地帝国ホテルと大正池界隈を歩く 執筆 甲斐鐵太郎

私と上高地-その3-上高地帝国ホテルと大正池界隈を歩く 執筆 甲斐鐵太郎

バスは釜トンネルを通って上高地に向かう。

私と上高地-その3-上高地帝国ホテルと大正池界隈を歩く

大正池がみえる。枯木立は消えているが池の水は十分だ。

私と上高地-その3-上高地帝国ホテルと大正池界隈を歩く

晴れた日の大正池と穂高連峰の景色。枯木立がなくなっている。

私と上高地-その3-上高地帝国ホテルと大正池界隈を歩く

上高地帝国ホテルの表玄関。昔ほどには混まない。

私と上高地-その3-上高地帝国ホテルと大正池界隈を歩く

梓川に向いた客室。重厚な雰囲気は上高地で一番だ。

私と上高地-その3-上高地帝国ホテルと大正池界隈を歩く

大正池から上高地に向かう散策路は木道になっている。

私と上高地-その3-上高地帝国ホテルと大正池界隈を歩く

梓川は浅い流れ、深い流れ、支流に巻き込んでの淀みなど。

私と上高地-その3-上高地帝国ホテルと大正池界隈を歩く

カラマツ林がときどき現れては抜けてまたカラマツ林になる。

私と上高地-その3-上高地帝国ホテルと大正池界隈を歩く 執筆 甲斐鐵太郎

(本文)

 バスは釜トンネルを通過する。上高地はここから始まる。

 左右から張り出す木立が窓に触れる細い緩やかな勾配の道をすすむ。ここは天然自然そのものの世界である。さまざまな樹木が日を浴びて精一杯に背伸びし他に負けじと励む。バスの窓越の景色は日常のものとは違う。上高地バスターミナルへの道が梓川沿いにたゆたっている。木々のそれは標高1,500mに生える種類である。

 大正池は昔の絵はがきにある景色ではない。焼岳の噴火で堰き止められた梓川によってできたために川沿いの落葉松などの木が枯れて湖面に樹立するその姿ではなくなった。洪水防止のためだろうが大正池の浚渫(しゅんせつ)を始めている。大正池の規模は変わらないから景観は申し分ない。

 大正池でバスは停車する。ここで降りて上流に向かって歩くことができる。上高地帝国ホテルで降りてそこから橋を渡って向こう岸を散策して河童橋にでるのもよい。そしてこっち岸を上高地帝国ホテルまで戻るのもよい。上高地バスターミナルからそのまま進んで小梨平、明神、徳沢、横尾と散策することもできる。時間を要し負担も大きい。

 どの散策路を選んでも梓川はつねに道に沿って流れていている。見上げれば穂高連峰がある。振り返れば焼岳の赤い山肌。右手には標高2,646mの霞沢岳、その先に2,450mの標高六百山がある。ともに上高地バスターミナルから見上げる位置にある緑まぶしい山だ。

 上高地の樹木は標高1,500mの寒冷地に適合した多様性に富むも。信濃の国の語源となったといわれるシナノキ、奇妙な枝振りと幹の色をしたイチイほか枚挙にいとまがない。平地は落葉松が多く落葉松とさまざまな樹木が混成して明るい。「からまつの林を出でて、からまつの林に入りぬ。からまつの林に入りて、また細く道はつづけり」という水墨集「落葉松」北原白秋の世界だ。

 上高地に人が多く入るようになったのは釜トンネルが掘られてバスが通るようになったのは1933年(昭和8年)に乗合バスを大正池まで延長したことと上高地帝国ホテル開業してからだ。1935年(昭和10年)には乗合バスを河童橋まで延長する。旧釜トンネル開通は発電所建設を目的にしていたがこれに便乗する形で帝国ホテルが大正池にホテルを建てた。一つのことが作用してさまざまなことがおこる。

 発電所建設と運営に重要な役割をはたした人の子孫が沢渡で酒屋と宿を経営していて宿泊して一緒に食事をしたことがある。人づてに来歴を聞いて興味深かった。その主人は急な病で人生を閉じた。

 明神池には嘉門次小屋が営業していてここでビールとイワナの串焼きを食べることができる。冷たい水が流れる場所に縁台がつくられている。雰囲気のしつらえであり、和室4室があって宿泊できる。

 イワナと嘉門次小屋であるが、先祖の上条嘉門次は『日本アルプスの登山と探検』を著したウォルター・ウェストンの北アルプス登山の案内をした。嘉門次はウェストンを案内しいるときに夕食のイワナをひょいと1ダースほど釣り上げて焼いて供したことをウエストンは記録している。写真では30㎝を超えるイワナがそろえられていた。北アルプスの谷にはイワナは釣り鈎を落とすとすぐ食いつくた。それほど沢山イワナが生息していた。

 禁漁区になっている大正池より上流の梓川の支流の小さな沢や池ではイワナの姿がみえる。人影を恐れずに泳いでいる。明神池には大きなイワナがいて人がまく餌に飛びつく。釣らなければイワナは減らない。上条嘉門次が簡単に釣り上げたほどに上高地界隈にはイワナ(岩魚)ははいない。

2018-07-24-kamikochi-hymn-part-3-mountaineering-and-romanticism-and-sentimentism-writing-tetutaro-kai-

(写真と文は甲斐鐵太郎)

私と上高地-その6-上高地賛歌 八ヶ岳登山で山の自然に魅了される 甲斐鐵太郎

私と上高地-その5-格好いい山男は女に好かれる 山で英雄になった男の物語 執筆 甲斐鐵太郎

私と上高地-その4-槍ヶ岳・穂高岳登山と上高地 執筆 甲斐鐵太郎

私と上高地-その3-上高地帝国ホテルと大正池界隈を歩く 執筆 甲斐鐵太郎

私と上高地-その2-登山とロマンチズムそして感傷主義 執筆 甲斐鐵太郎

私と上高地-その1-槍ヶ岳と穂高岳のあとの休息地・上高地 執筆 甲斐鐵太郎

旅のエッセー集 essay and journey(essay of journey) 旅行家 甲斐鐵太郎
essay and journey(essay of journey) by kai tetutaro

←ホームへ

私と上高地-その1-槍ヶ岳と穂高岳のあとの休息地・上高地 執筆 甲斐鐵太郎

上高地では同じ樹木と湖水であっても人は別に受け止める。

私と上高地-その2-登山とロマンチズムそして感傷主義 執筆 甲斐鐵太郎

河童橋そばの売店に一流の山用品が揃えられていた。


私と上高地-その3-上高地帝国ホテルと大正池界隈を歩く 執筆 甲斐鐵太郎

上高地ではモンシロチョウが訳もなく感動を与える。


私と上高地-その4-槍ヶ岳・穂高岳登山と上高地

晴れた日の大正池と穂高連峰の景色。説明のための写真。

私と上高地-その5-格好いい山男は女に好かれる

上高地と穂高連峰。6月下旬は緑が眩しい。


私と上高地-6-八ヶ岳登山で山の自然に魅了される

八ヶ岳。オーレン小屋から硫黄岳に向かう。
私と上高地-その6-上高地賛歌 八ヶ岳登山で山の自然に魅了される 甲斐鐵太郎


日本平と久能山東照宮 執筆 甲斐鐵太郎

私と上高地-その6-上高地賛歌 八ヶ岳登山で山の自然に魅了される 甲斐鐵太郎

私と上高地-その5-格好いい山男は女に好かれる 山で英雄になった男の物語 執筆 甲斐鐵太郎

私と上高地-その4-槍ヶ岳・穂高岳登山と上高地 執筆 甲斐鐵太郎

私と上高地-その3-上高地帝国ホテルと大正池界隈を歩く 執筆 甲斐鐵太郎

私と上高地-その2-登山とロマンチズムそして感傷主義 執筆 甲斐鐵太郎

私と上高地-その1-槍ヶ岳と穂高岳のあとの休息地・上高地 執筆 甲斐鐵太郎

横浜市山手の丘にでかけると海が見え瀟洒な家並みにはブリキ博物館が紛れ込んでいた

夕暮れどきの高山市古い町並み‎2018‎年‎6‎月‎23‎日、‏‎18:06:44

夏至の日の旅行で郡上八幡市の古い町並みを見物する

6月24日、松本市波田のスイカを買う 温室栽培の大玉スイカです

6月に晴れる 小さなリゾート地相模湖で憩う

白いヒナと黒い3羽のヒナを連れて湖面を移動するコブハクチョウ

夏の訪れを告げる鮎釣り 相模川の6月1日の夕暮れ時

よい景色とよい音楽と美味しい食事 八ヶ岳と北欧レストランとパソコンでユーチューブ

近江の国、多賀大社(たがたいしゃ)の茅の輪くぐり

特別な位置にいる投手としての大谷翔平

「春の日と一人娘はくれそでくれない」ので5月は午後7時まで遊んでいられる

奥飛騨の新芽の背景は北アルプス穂高連峰の山肌であった

松本駅前の昭和横丁でホルモンを食べる 松本山雅FCファンがやかましい店だ

金曜日、思いついて新宿から松本に向かう。塩尻駅で降りた。

東京の桜は散って新緑の季節になりました

武田信玄の北条との決戦地の三増峠近くの枝垂れ桜
(季節は2カ月と半分ほどで夏至になる)

北杜市実相寺の山高神代桜は甲府盆地の桃の花と開花時期が同じです
(関東地方の春分の日は雪が舞い河口湖では28㎝も雪が積もりました)


陽だまりでは梅の花が土手にはスミレが咲く
5月になれば水田に映える常念岳を見に安曇野にでかけよう

埼玉県吉見町の栽培農家で買ったイチゴは甘かった美味かった
富士山の雨を集めた山中湖は忍野をへて津久井湖で道志村に降った雨と合流する
槍ヶ岳 霧ヶ峰からの遠望(高原の秋の始まりのころ)
山みちで老いたキツネにであう 旅行家 甲斐鐵太郎

数学者も物理学者も現在持つ知識は写し取って得たものである
インターネットで拾った文章を繋げて出来上がるニュース報道

数学と物理学者が事実として構想することと実験によって確かめられる事実

数学と物理学者が事実として構想することと実験によって確かめられる事実

数学と物理学者が事実として構想することと実験によって確かめられる事実
(光波干渉測定システムはアインシュタインの理論を事実として確認した)


TOPへ


「計量計測データバンク」サイトマップ
measure and measurement data bank of saite map

計量計測データバンク 目次 サイト
計量計測データバンク 目次 サイト(一括閲覧サイト)
社会の統計と計量計測の統計
一括表示版「社会の統計と計量計測の統計」
「計量計測データバンク」小論、評論、随筆、論文、エッセー、文芸ほか(目次版
計量計測データバンク 目次 サイト(一括閲覧サイト) 

計量計測データバンク「計量計測辞書」 measure and measurement dictionary
「計量計測データバンク」




「計量計測データバンク」サイトマップ
measure and measurement data bank of saite map