「計量計測データバンク」サイトマップ measure and measurement data bank of saite map

私と上高地-その5-格好いい山男は女に好かれる 山で英雄になった男の物語
執筆 甲斐鐵太郎
(上高地賛歌 八ヶ岳登山で山の自然に魅了される)

私と上高地-その5-格好いい山男は女に好かれる 山で英雄になった男の物語 執筆 甲斐鐵太郎
 旅行家 甲斐鐵太郎

←ホームへ
私と上高地-その5-格好いい山男は女に好かれる 山で英雄になった男の物語 執筆 甲斐鐵太郎

私と上高地-その5-格好いい山男は女に好かれる

穂高連峰に薄雲が湧く。そして流れていく。山の天気だ。


格好いい山男は女に好かれる 山で英雄になった男の物語

上高地と穂高連峰。6月下旬は緑が眩しい。


格好いい山男は女に好かれる 山で英雄になった男の物語

北アルプスの稜線上空に日輪が現れた。


格好いい山男は女に好かれる 山で英雄になった男の物語

6月24日、雪解けが早い夏の河童橋付近の風景である。

格好いい山男は女に好かれる 山で英雄になった男の物語

上高地バスターミナルには観光バスが整列して帰りを待つ。

(タイトル)
私と上高地-その5-格好いい山男は女に好かれる 山で英雄になった男の物語 執筆 甲斐鐵太郎
(上高地賛歌 八ヶ岳登山で山の自然に魅了される)

(本文)

 大学のある学部を終えることが決まった区切りに神田のレコードやでドボルザークの「新世界」を買った。別の学部の3年に入学することになっていたから格別の思いはない。く区切りのための儀式であった。

 レコード屋の学生を終えたばかりの若いい店員が「新世界」ならカラヤンではなく別の指揮のレコードを盛んに薦める。聴いていると涙があるれるほどに素晴らしい演奏なのだという。一つの曲にそのようなことがあることを知って困惑した。どのようなオーディオで聴いていたのか忘れた。

 入学した学部は3年から始まって2年で学部を終える教程である。この学部ではある教科だけに関心があった。それを学べばよかったから、卒業に求められる単位は最低ぎりぎりで申し込んでいた。一つ外すと卒業は先送りになる。結果はすべての教科に合格点が付いてこの学部を終えた。学部のゼミの担当教授はもう一つ別の学部に行くか聞いた。このゼミの教科を学ぶことが目的であった。それより先には進まなかった。

 卒業はどうでもよかった。授業はゼミだけにでてほかは受講生の少ない授業に教員の顔を立てた。受講者が一人であることが珍しくなかった。必修科目に不合格だと卒業させずにもう一年とどまさせる大学であった。その必修科目の授業にも私は出席しなかった。指定された2冊合わせて5千円をる超える教授自著のテキストを買ったのだから単位は自動的に与えられるものと考えた。この科目には試験があった。意味不明の設問に適当な文章を記すと15分を要さなかった。出席確認をする授業であったから皆が合格していると考えていた。私には合格最低点が付いていた。変だなと思った。こんなものかも知れないとも思った。卒業式の日に私は雪の谷川岳で雪洞を掘ってもぐっていた。

 卒業単位ぎりぎりの科目だけを選択していたから何かを外せばもう一年となる。だめなら学校を辞めればいいと考えいた。同級の70名は皆卒業していると思っていた。一年ほどして半数が先の必修科目で不合格にされて卒業を一年延期されていた。

 小利口な人間が幾人も卒業延期になっていた。どのような採点をしたのだろう。私の場合には卒業単位ぎりぎりの受講をしてすべてに合格点が付いていた。安全を見越して大きの単位を取る段取りにしていたものがほとんどである。必修科目の一つを落として半分のものが少なくとも一年延期して卒業した。この科目のためだけに一年を通うのは気の毒であった。1970年初頭のことである。

 谷川岳で雪洞にもぐっていた仲間の一人が70歳にして治らない患いに苦しんでいる。この人はオーダーメイド登山靴で有名な東京の豊島区に店があるゴローの二重靴を履いていた。仲間はいつの間にか登山のクラブをつくるようになっていた。ここに集まってきた女性の何人かがこの男に憧れた。憧れは恋の形になった。思いが一番強かった女をこの男は妻にした。二重靴の男は山では格好よかった。

 二重靴は高い。並の決意ではできない。中学を卒業してづっと文撰工として働いてきた男でありお金をすべて登山のために投入していた。男は女の思いを無視することができなくなった。男と女の結末である。格好良い男にお女がつきやがて結婚した。

 男と女のことである。

 ある男は若いのに超然としていて恋などとは無縁のようすであった。歳のいった男がある男に言った。女が少ない場面ではさまざまなことがおこる。初対面で何の思いもなくその女をみると、まずはこの女に恋心などおこすまい、と思う。しかし危ないぞ気を付けろと自分に言い聞かせているあいだに恋に落ちる。恋に落ちても生活の場面がないところでは良い結末にならない。お前にそのようなことがあるかも知れないが心せよ、と。事実、学園生活をつうじて縁づいた者たちは良い結末にならなかった。

 ある男の大学の同級生は北陸で一番歴史がありにぎやかな街にある大学入学を希望していた。果たせなかった。入学した大学には女子が男子の五分の一ほどいた。同級生の男はある研究会に参加している女に恋をした。恋は必然であった。望まない大学への入学のあとは恋することに夢中になった。恋だけが自分が奮い立つ道であった。

 若いのに超然としている男は同級生がある女に恋していることを知らなかった。女に恋する男も、恋の対象になっていたある女も同じ研究会に参加していた。その研究会の夏の合宿が山梨県の涼しい山のなかで開かれた。夜になって酒を飲み交わすうちに女は恋する男のことを周囲に打ち明けた。相手は研究会の顧問をしているOBである。有名な教授に師事して大学院の博士課程をおえて浪人していた。

 女の恋は捨て身であった。女は自分が働いて生活を支えるという。女に恋していた男はたじろいだ。研究会顧問のOBは生計のためにある研究者への道を断って地方公共団体の知事室に勤務するようになった。

 若いのに超然としている男は葡萄酒を飲み過ぎて早々にひっくり返っていた。いきさつを知らない。

 男は学校にでてこなくなった。男が八ヶ岳に登らないか、と声を掛けてきた。

 私は用具一式を揃えてもらっての八ヶ岳に登った。同級生は学校に行かないで山に登っていた。1970年が過ぎた年であった。腑抜けな男だったが山では逞(たくま)しかった。見掛けに寄らない体力を備えていた。八ヶ岳登山によって私は山という自然に魅了された。

 何年か後に私は同じ大学の別の学部を卒業するときには山のとりこなっていて卒業式のその日には谷川岳の斜面に掘った雪洞にもぐっていた。

 ある男は歳に似合わず超然としている風情であったから何人かの男に、女たちへの恋心を聞かされた。八ヶ岳登山を誘ってきた男は何も話さなかった。私がそのようなことに無関心なのが良かった。何人かの男は女への恋心を私に打ち明けた。話す先は俺ではないだろうと戸惑ったが黙って聞いた。

 たわごとに似た話もあれば生涯を決めるような深刻なのもあった。このような話の場合、男がどのように思おうとも女に気持ちはない。大学生としては格好良いとは言えない男たちであった。実らぬ恋に男たちはもだえた。恋の行き場を失って海外に渡った男がいる。

 その男の恋の対象になった女は東京に職場がある役所に勤めながら名のある資格のための学習をしていた。恋する男がその後、女とどのように交流したか知らない。女と私は普通に話す間柄だった。女は海外に渡った男の受け止めに苦しんでいった。私はその男のことを口の端にださなかった。女も同じであった。

 女は卒業して二年経つと別の学部に残って最終学年になっている私のところにやってきた。何も言わずに二冊の本を手渡した。何年かして女が役所の男と一緒になったことを人伝てに聞いた。

 一年して男は外国から帰って私を訪ねてきた。外国暮らしを少し話しただけであった。男は東京に住んで有名な企業に勤めるようになった。何年かしてその男から子どもが一人いる家族の写真付の年賀状が届いた。郷里に帰っていたのであった。

 片側からだけの思いでいる間は男と女には何の関係もない。女にその男への思いはない。男だけが熱をあげる。この構図は多い。逆もまたある。

 恋を成就させた何組かをみた。二組は男が格好良かった。格好良い役回りにいて見事な振る舞いをしていた。女が男に恋をした。何組かは大して格好よくないもの同士だった。何となく恋に落ちでそのままの流れで結ばれたる。

 女の恋の対象は英雄である。男は格好良いほうがよい。男は良くなくてはならない。女への未練を残して外国にでかけて行った男が格好良くなかった。どこかで格好良く振る舞うことがあったのだろう。

 ある女は生活のすべてを山に賭けた文撰工に激しい恋をした。男は女の恋を受け入れざるを得なかった。適齢期でもあった。労せずして良い結末にで男は静かに喜んだ。谷川岳の雪洞に一緒にもぐり込んだゴローの二重靴を履いた男のことである。格好いい男に女は惹かれる。不細工な男でも何かに打ち込むと輝く。輝いている男を女は仰ぎ見る。ゴローの二重靴を履いた男には絶頂期であった。

(タイトル)
私と上高地-6-上高地賛歌 八ヶ岳登山で山の自然に魅了される 甲斐鐵太郎
(本文)

(本文)

 同級生が声を掛けてきた。八ヶ岳に登らないか、と。私は用具一式を揃えてもらっての八ヶ岳に登った。同級生は授業にでずに山に登っていた。1970年が過ぎた年であった。声を掛けてきたのは恋に破れて腑抜けになった男だ。しかし男はみかけによらず山では逞(たくま)しかった。

 八ヶ岳登山によって私は山の自然に魅了されるようになった。3年ほどして同じ大学の別の学部を卒業するときには山のとりこなっていた。卒業してもしなくてもよい気楽さでいたものだから卒業となった日には谷川岳の斜面に掘った雪洞にもぐっていた。この日が卒業式であった。70人いた卒業年次のものの半分が必修科目に指定された教科で不合格になって卒業が一年遅れたことをあとで知った。

 私を八ヶ岳登山に誘ったのは目立たない男であった。この男が惚れた女はある研究会を指導する大学院を終えて浪人しているOBに熱をあげていた。女はOBの駆け込み女房になって学校に来なくなった。いきさつを私は知らない。男にはそれがよかった。

 山を登る男は逞(たくま)しい。女がそのような男をみていればあるいあは事態は変わった。男はほどなく別の女に恋をした。その女は別の男に強い関心があった。

 緑濃い八ヶ岳山麓と木立が消えて赤い岩肌になる赤岳をつうじて私は日本の山の自然に魅了された。

 何年もしてあることに気付いた。山登りでも何でも物事に夢中でいると格好がいいということだ。多くの女はそのような男に惚れる。谷川岳の雪洞に一緒にもぐり込んだゴローの二重靴を履いた男は山に賭けていた。登山クラブに集まった女の何人かがこの男に恋した。一番激しく思いを寄せた女と一緒になった。

 男の妻は表銀座登山コースで槍ヶ岳に登るのが宿願であった。男が70歳になる前の年に登山クラブの仲間に助けられて夢をかなえた。槍ヶ岳から上高地におりると緑に全身がつつまれるようだった。1年ほどして二重靴の男に重い病がみつかった。

2018-09-25-kamikochi-hymn-part-6-kamikokoku-anthem-end-climbing-yatsugatake-writing-tetutaro-kai-

2018-09-25-kamikochi-hymn-part-5-mountain-climbing-yari-yatugatake-and-kamikochi-writing-tetutaro-kai-

(写真と文は甲斐鐵太郎)

私と上高地-その6-上高地賛歌 八ヶ岳登山で山の自然に魅了される 甲斐鐵太郎

私と上高地-その5-格好いい山男は女に好かれる 山で英雄になった男の物語 執筆 甲斐鐵太郎

私と上高地-その4-槍ヶ岳・穂高岳登山と上高地 執筆 甲斐鐵太郎

私と上高地-その3-上高地帝国ホテルと大正池界隈を歩く 執筆 甲斐鐵太郎

私と上高地-その2-登山とロマンチズムそして感傷主義 執筆 甲斐鐵太郎

私と上高地-その1-槍ヶ岳と穂高岳のあとの休息地・上高地 執筆 甲斐鐵太郎

旅のエッセー集 essay and journey(essay of journey) 旅行家 甲斐鐵太郎
essay and journey(essay of journey) by kai tetutaro

←ホームへ

私と上高地-その1-槍ヶ岳と穂高岳のあとの休息地・上高地 執筆 甲斐鐵太郎

上高地では同じ樹木と湖水であっても人は別に受け止める。

私と上高地-その2-登山とロマンチズムそして感傷主義 執筆 甲斐鐵太郎

河童橋そばの売店に一流の山用品が揃えられていた。


私と上高地-その3-上高地帝国ホテルと大正池界隈を歩く 執筆 甲斐鐵太郎

上高地ではモンシロチョウが訳もなく感動を与える。


私と上高地-その4-槍ヶ岳・穂高岳登山と上高地

晴れた日の大正池と穂高連峰の景色。説明のための写真。

私と上高地-その5-格好いい山男は女に好かれる


上高地と穂高連峰。6月下旬は緑が眩しい。


私と上高地-6-八ヶ岳登山で山の自然に魅了される

八ヶ岳。オーレン小屋から硫黄岳に向かう。
私と上高地-その6-上高地賛歌 八ヶ岳登山で山の自然に魅了される 甲斐鐵太郎



日本平と久能山東照宮 執筆 甲斐鐵太郎


私と上高地-その6-上高地賛歌 八ヶ岳登山で山の自然に魅了される 甲斐鐵太郎

私と上高地-その5-格好いい山男は女に好かれる 山で英雄になった男の物語 執筆 甲斐鐵太郎

私と上高地-その4-槍ヶ岳・穂高岳登山と上高地 執筆 甲斐鐵太郎

私と上高地-その3-上高地帝国ホテルと大正池界隈を歩く 執筆 甲斐鐵太郎

私と上高地-その2-登山とロマンチズムそして感傷主義 執筆 甲斐鐵太郎

私と上高地-その1-槍ヶ岳と穂高岳のあとの休息地・上高地 執筆 甲斐鐵太郎

横浜市山手の丘にでかけると海が見え瀟洒な家並みにはブリキ博物館が紛れ込んでいた

夕暮れどきの高山市古い町並み‎2018‎年‎6‎月‎23‎日、‏‎18:06:44

夏至の日の旅行で郡上八幡市の古い町並みを見物する

6月24日、松本市波田のスイカを買う 温室栽培の大玉スイカです

6月に晴れる 小さなリゾート地相模湖で憩う

白いヒナと黒い3羽のヒナを連れて湖面を移動するコブハクチョウ

夏の訪れを告げる鮎釣り 相模川の6月1日の夕暮れ時

よい景色とよい音楽と美味しい食事 八ヶ岳と北欧レストランとパソコンでユーチューブ

近江の国、多賀大社(たがたいしゃ)の茅の輪くぐり

特別な位置にいる投手としての大谷翔平

「春の日と一人娘はくれそでくれない」ので5月は午後7時まで遊んでいられる

奥飛騨の新芽の背景は北アルプス穂高連峰の山肌であった

松本駅前の昭和横丁でホルモンを食べる 松本山雅FCファンがやかましい店だ

金曜日、思いついて新宿から松本に向かう。塩尻駅で降りた。

東京の桜は散って新緑の季節になりました

武田信玄の北条との決戦地の三増峠近くの枝垂れ桜
(季節は2カ月と半分ほどで夏至になる)

北杜市実相寺の山高神代桜は甲府盆地の桃の花と開花時期が同じです
(関東地方の春分の日は雪が舞い河口湖では28㎝も雪が積もりました)


陽だまりでは梅の花が土手にはスミレが咲く
5月になれば水田に映える常念岳を見に安曇野にでかけよう

埼玉県吉見町の栽培農家で買ったイチゴは甘かった美味かった
富士山の雨を集めた山中湖は忍野をへて津久井湖で道志村に降った雨と合流する
槍ヶ岳 霧ヶ峰からの遠望(高原の秋の始まりのころ)
山みちで老いたキツネにであう 旅行家 甲斐鐵太郎

数学者も物理学者も現在持つ知識は写し取って得たものである
インターネットで拾った文章を繋げて出来上がるニュース報道

数学と物理学者が事実として構想することと実験によって確かめられる事実

数学と物理学者が事実として構想することと実験によって確かめられる事実

数学と物理学者が事実として構想することと実験によって確かめられる事実
(光波干渉測定システムはアインシュタインの理論を事実として確認した)


TOPへ


「計量計測データバンク」サイトマップ
measure and measurement data bank of saite map

計量計測データバンク 目次 サイト
計量計測データバンク 目次 サイト(一括閲覧サイト)
社会の統計と計量計測の統計
一括表示版「社会の統計と計量計測の統計」
「計量計測データバンク」小論、評論、随筆、論文、エッセー、文芸ほか(目次版
計量計測データバンク 目次 サイト(一括閲覧サイト) 

計量計測データバンク「計量計測辞書」 measure and measurement dictionary
「計量計測データバンク」




「計量計測データバンク」サイトマップ
measure and measurement data bank of saite map