「計量計測データバンク」サイトマップ measure and measurement data bank of saite map

日本平と久能山東照宮 執筆 甲斐鐵太郎
(みれば下っていくためのロープウエイ駅があった何なんだろうと乗車する下っていくのである)

日本平と久能山東照宮 執筆 甲斐鐵太郎
 旅行家 甲斐鐵太郎

←ホームへ
日本平と久能山東照宮 執筆 甲斐鐵太郎

日本平と久能山東照宮 執筆 甲斐鐵太郎

7月‎6‎日、西日本は洪水被害。日本平ロープウェイのようす。

日本平と久能山東照宮 執筆 甲斐鐵太郎

家康の時代には尾根続きであった場所をロープウェイで渡る。


日本平と久能山東照宮 執筆 甲斐鐵太郎

久能山東照宮の眼下は海で岸にはイチゴ畑が広がっている。

日本平と久能山東照宮 執筆 甲斐鐵太郎

ロープウエー駅から国宝が陳列される東照宮博物館に行く。

日本平と久能山東照宮 執筆 甲斐鐵太郎

久能山東照宮では信長と秀吉は家康の両脇に祀られる。


日本平と久能山東照宮 執筆 甲斐鐵太郎

一富士二鷹三茄子。境内の茄子は円い実をしていた。

日本平と久能山東照宮 執筆 甲斐鐵太郎

海に面した山の上にある久能山東照宮では海風が霧になる。


日本平と久能山東照宮 執筆 甲斐鐵太郎

徳川家康は天下泰平を祈願して久能山東照宮を建てた。

日本平と久能山東照宮 執筆 甲斐鐵太郎

湿度100%であった。社殿も湿気除けに銅板が張られていた。

日本平と久能山東照宮 執筆 甲斐鐵太郎

7月6日昼頃。海からの風が霧になって降っている。

日本平と久能山東照宮 執筆 甲斐鐵太郎

(本文)

 ロープウェイというから上に向かって登っていくのだと決めていた。日本平に到着して上を見上げてもそれらしいのがない。土産物売り場に行って聞くとあっちだという。あっちへ行ってもそれらしのがないから戸惑う。みれば下っていくためのロープウエイ駅があった。何なんだろうと乗車する。下っていくのである。

 なぜロープウエイなのか。山が崩れて900メートルもの谷ができた。久能山東照宮への道が消えたのでロープウエイを架設した。どんどん下っていく。料金は往復で千百円だ。到着駅の下には海が見えていた。海に面した山に久能山東照宮があった。

 権現様は山が崩れることなど想像しなかった。2018年7月6日のこの旅行の中国地方では山が崩れて200人を超える死者をだした。とにかく下って行くロープウエイに驚いた。

 晴れたら日本平からは富士山がよく見える。三保の松原の景色もよいはずだ。この日はときどき霧雨が落ちる天気であった。久能山東照宮の社殿には海からの風が山を越えると霧になって降り注いでいた。湿度100%の蒸し暑い階段上りに顎をだした。

 久能山東照宮の博物館には家康の置時計が展示してあった。高さ20センチメートルもないない小ぶりさに写真からのイメージを覆した。何代かの将軍の甲冑と刀などあって思いを複雑にめぐらした。武具としては蟷螂の斧(とうろうのおの)と同じである。大阪城に大砲を打ち込み城郭の無意味さをみせしめた将軍徳川家にしてこれである。江戸の武芸は仇討ちものによって語りつくされる。忠臣蔵の討ち入りも札が辻もそうだ。

 武器の大型化と大量保持を禁じて世を治めたのであるがその一方で秀吉の子分であり裏切りをした福島正則らには理不尽な扱いをした。小布施で客人として滞在した葛飾北斎が龍の天井画を書いた寺に幽閉されて最後を遂げた福島正則のことを思うと徳川将軍家の治世の陰湿さが知れる。悪知恵もあそこまで行くと芸術であるが政治とはそのようなものなのだろう。

 日本平から東に下ると、ちびまる子ちゃんの清水市であった。マグロの町清水市で、はごろもフーズの建物をみた。ここのツナ缶は間違いなく美味い。土産にもらったマグロの佃煮もまた美味かった。旅行にでかける前に日本マグロを安く手に入れたので佃煮にしたところ脂身が多過ぎたためか失敗料理になった。

2018-07-29-nihondaira-and-kunozan-toshogu-bhrine-tetutaro-kai-syokota-essay-measurement-

(写真と文は甲斐鐵太郎)

日本平と久能山東照宮 執筆 甲斐鐵太郎
九頭竜ダムと恐竜と大野市 執筆 甲斐鐵太郎
私と上高地-その1-槍ヶ岳と穂高岳のあとの休息地・上高地 執筆 甲斐鐵太郎
私と上高地-その2-登山とロマンチズムそして感傷主義 執筆 甲斐鐵太郎
私と上高地-その3-上高地帝国ホテルと大正池界隈を歩く 執筆 甲斐鐵太郎
私と上高地-その4-槍ヶ岳・穂高岳登山と上高地 執筆 甲斐鐵太郎

旅のエッセー集 essay and journey(essay of journey) 旅行家 甲斐鐵太郎
essay and journey(essay of journey) by kai tetutaro

←ホームへ



私と上高地-その5-格好いい山男は女に好かれる 山で英雄になった男の物語 執筆 甲斐鐵太郎

九頭竜ダムと恐竜と大野市 執筆 甲斐鐵太郎

日本平と久能山東照宮 執筆 甲斐鐵太郎

私と上高地-その1-槍ヶ岳と穂高岳のあとの休息地・上高地 執筆 甲斐鐵太郎
上高地バスターミナルの緑が眩しい。別の世界に来た。

私と上高地-その2-登山とロマンチズムそして感傷主義 執筆 甲斐鐵太郎
河童橋そばの売店に一流の山用品が揃えられていた。

私と上高地-その3-上高地帝国ホテルと大正池界隈を歩く 執筆 甲斐鐵太郎
上高地ではモンシロチョウが訳もなく感動を与える。

私と上高地-その4-槍ヶ岳・穂高岳登山と上高地

晴れた日の大正池と穂高連峰の景色。説明のための写真。

私と上高地-その4-槍ヶ岳・穂高岳登山と上高地 執筆 甲斐鐵太郎

私と上高地-その3-上高地帝国ホテルと大正池界隈を歩く 執筆 甲斐鐵太郎

私と上高地-その2-登山とロマンチズムそして感傷主義 執筆 甲斐鐵太郎

私と上高地-その1-槍ヶ岳と穂高岳のあとの休息地・上高地 執筆 甲斐鐵太郎

横浜市山手の丘にでかけると海が見え瀟洒な家並みにはブリキ博物館が紛れ込んでいた

夕暮れどきの高山市古い町並み‎2018‎年‎6‎月‎23‎日、‏‎18:06:44

夏至の日の旅行で郡上八幡市の古い町並みを見物する

6月24日、松本市波田のスイカを買う 温室栽培の大玉スイカです

6月に晴れる 小さなリゾート地相模湖で憩う

白いヒナと黒い3羽のヒナを連れて湖面を移動するコブハクチョウ

夏の訪れを告げる鮎釣り 相模川の6月1日の夕暮れ時

よい景色とよい音楽と美味しい食事 八ヶ岳と北欧レストランとパソコンでユーチューブ

近江の国、多賀大社(たがたいしゃ)の茅の輪くぐり

特別な位置にいる投手としての大谷翔平

「春の日と一人娘はくれそでくれない」ので5月は午後7時まで遊んでいられる

奥飛騨の新芽の背景は北アルプス穂高連峰の山肌であった

松本駅前の昭和横丁でホルモンを食べる 松本山雅FCファンがやかましい店だ

金曜日、思いついて新宿から松本に向かう。塩尻駅で降りた。

東京の桜は散って新緑の季節になりました

武田信玄の北条との決戦地の三増峠近くの枝垂れ桜
(季節は2カ月と半分ほどで夏至になる)

北杜市実相寺の山高神代桜は甲府盆地の桃の花と開花時期が同じです
(関東地方の春分の日は雪が舞い河口湖では28㎝も雪が積もりました)


陽だまりでは梅の花が土手にはスミレが咲く
5月になれば水田に映える常念岳を見に安曇野にでかけよう

埼玉県吉見町の栽培農家で買ったイチゴは甘かった美味かった
富士山の雨を集めた山中湖は忍野をへて津久井湖で道志村に降った雨と合流する
槍ヶ岳 霧ヶ峰からの遠望(高原の秋の始まりのころ)
山みちで老いたキツネにであう 旅行家 甲斐鐵太郎

数学者も物理学者も現在持つ知識は写し取って得たものである
インターネットで拾った文章を繋げて出来上がるニュース報道

数学と物理学者が事実として構想することと実験によって確かめられる事実

数学と物理学者が事実として構想することと実験によって確かめられる事実

数学と物理学者が事実として構想することと実験によって確かめられる事実
(光波干渉測定システムはアインシュタインの理論を事実として確認した)


TOPへ


「計量計測データバンク」サイトマップ
measure and measurement data bank of saite map

計量計測データバンク 目次 サイト
計量計測データバンク 目次 サイト(一括閲覧サイト)
社会の統計と計量計測の統計
一括表示版「社会の統計と計量計測の統計」
「計量計測データバンク」小論、評論、随筆、論文、エッセー、文芸ほか(目次版
計量計測データバンク 目次 サイト(一括閲覧サイト) 

計量計測データバンク「計量計測辞書」 measure and measurement dictionary
「計量計測データバンク」




「計量計測データバンク」サイトマップ
measure and measurement data bank of saite map