紀州犬の雌の子犬を迎え入れる(紀州犬の子犬のこと、など)
紀州犬も柴犬もよい犬です、犬の幸せ、人の仕合わせ、よい犬とは、そして犬の飼い方(執筆 横田俊英)
 
紀州犬も柴犬もよい犬です、犬の幸せ、人の仕合わせ、よい犬とは、そして犬の飼い方(執筆 横田俊英)  

【ホームページの他の欄をご覧ください。リンク先です。】
横田俊英の第1トップページへ(ここをクリックしてください) 
横田俊英の第2トップページへ(ここをクリックしてください) 
横田俊英のホームページ What's New(ホームページ更新最新情報)
サイトの最新情報はこちらをご覧ください。
紀州犬物語
 
(下をクリックすると詳細をご覧いただけます)
飼い主が決まりました。
問合せ先携帯は横田俊英080−7724−8474。



(下をクリックすると詳細をご覧いただけます)生後42日に撮影。
○紀州犬の子犬、白、メス、その1、 2017年9月25日生、飼い主が決まりました。
(下をクリックすると詳細をご覧いただけます)

○紀州犬の子犬、白、オス、その1、 2017年9月30日生、飼い主が決まりました。
(下をクリックすると詳細をご覧いただけます)
○紀州犬の子犬、白、メス、その1、 2017年9月30日、生飼い主が決まりました。
(下をクリックすると詳細をご覧いただけます)
○紀州犬の子犬、白、メス、その2、 2017年9月30日生、飼い主が決まりました。
(下をクリックすると詳細をご覧いただけます)

○紀州犬の子犬、白、オス、その1、 2017年9月20日生、飼い主が決まりました。
(下をクリックすると詳細をご覧いただけます)
○紀州犬の子犬、白、オス、その2、 2017年9月20日生、飼い主が決まりました。
(下をクリックすると詳細をご覧いただけます)
○紀州犬の子犬、白、オス、その3、 2017年9月20日生、飼い主が決まりました。
(下をクリックすると詳細をご覧いただけます)
○紀州犬の子犬、白、メス、その1、 2017年9月20日生、飼い主が決まりました。
(下をクリックすると詳細をご覧いただけます)
○紀州犬の子犬、白、メス、その2、 2017年9月20日生、飼い主が決まりました。

 

生後10日に撮影した子犬です。

  

(下をクリックすると詳細をご覧いただけます)
○紀州犬の子犬、白、オス。2016年10月1日生。

健康であり、性格の良い紀州犬のオス犬です。
飼い主に事情があって飼い主を探しております。
直ぐお渡しできます。

2016年11月15日に撮影した10月1日生まれのオス犬の写真です。
横からの姿です。


2016年11月15日に撮影した10月1日生まれのオス犬の写真です。
飛んで駈けて遊ぶ姿です。


2016年11月15日に撮影した10月1日生まれのオス犬の写真です。
飛んで駈けて遊ぶ姿です。


2016年11月15日に撮影した10月1日生まれのオス犬の写真です。
飛んで駈けて遊びオシッコをします。


2016年11月15日に撮影した10月1日生まれのオス犬の写真です。
飛んで駈けて遊びウンチをします。


2016年11月15日に撮影した10月1日生まれのオス犬の写真です。
横顔を撮影しました。。


2016年11月15日に撮影した10月1日生まれのオス犬の写真です。
遊びの途中で臭いを嗅ぎます。何かあるのでしょう。


電子メールは次にお願いします e-mail:
syokota@peach.ocn.ne.jp


○紀州犬の子犬、白、オス。2017年3月1日生。飼い主が決まりました。京丹後市の方です。

(下をクリックすると詳細をご覧いただけます)
○紀州犬の子犬、白、オス。2017年2月4日生。飼い主が決まりました。

紀州犬物語152 過ぐる日の紀州犬を巡る記憶をについて(横田俊英)

(下をクリックすると詳細をご覧いただけます)
○紀州犬の子犬、白、メス。2016年10月3日生。飼い主が決まりました。

 紀州犬の事を詳しく述べている 紀州犬物語(左の文字をクリックすると開くことができます) を お読みになれば、子犬育てほかに安心です。
 
電子メールは次にお願いします e-mail:
syokota@peach.ocn.ne.jp

|←ホームへ|
横田俊英の第1トップページへ(ここをクリックしてください)
横田俊英の第2トップページへ(ここをクリックしてください)

■横田俊英のホームページ What's New(ホームページ更新最新情報)

サイトの最新情報はこちらをご覧ください。

紀州犬物語

←ホームへ  紀州犬の子犬譲ります(1)  紀州犬の子譲ります(2)  紀州犬(1)  紀州犬(2)

横田俊英のホームページの内容

■ 計量計測情報 ■ 計量器いいもの通販 ■ web情報総合サイト  ■計量なんでもかんでも話
■ 紀州犬 ■ 柴犬 ■ 「豆柴という犬について ■ 日本犬

■ 紀州犬の子犬譲ります

■ 紀州犬の里親探し

柴犬の子犬譲ります

柴犬里親探し

■ 野 鳥

■ 横田俊英の釣り

■ 相模川の鮎釣果情報

■ 横田俊英の鮎釣行記録

■ エッセ−(1)

■自然

■ 紀州犬子犬 出産 緊急情報

■ 紀州犬の子犬出産しました 出産情報

■ 旅行の部屋

■ カメラ・写真の部屋

■ 自然の写真最新情報こちら

■ 紀州犬 子犬 通信 販売

■ 登山・ハイキング・山

■ その他

■ 計量史学  

■ リンク

■ 紀州犬 子犬 販売 

■ 紀州犬物語

■ 紀州犬 子犬 産まれました    ■ エッセー(2) 
       


紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(1) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(2) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(3) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(4) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(5) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(6) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(7) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(8) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(9) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(10) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(11) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(12) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(13) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(14) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(15) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(16) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(17) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(18) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(19) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(20) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(21) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(22) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(23) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(24) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(25) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(26) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(27) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(28) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(29) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(30) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(31) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(32) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(33) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(34) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(35) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(36) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(37) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬を連れて散歩し紀州犬と暮らす日々】(38)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬を連れて散歩し紀州犬と暮らす日々】(39)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬を連れて散歩し紀州犬と暮らす日々】(40)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬を連れて散歩し紀州犬と暮らす日々】(41)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬を連れて散歩し紀州犬と暮らす日々】(42)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬を連れて散歩し紀州犬と暮らす日々】(43)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬を連れて散歩し紀州犬と暮らす日々】(44)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬を連れて散歩し紀州犬と暮らす日々】(45)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロの出産と子育て物語(1)】(46)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロの出産と子育て物語(2)】(47)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロの出産と子育て物語(3)】(48)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロの出産と子育て物語(4)】(49)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロの出産と子育て物語(5)】(50)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬オス ぽち(ポチ)の物語(1)】(51)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬オス ぽち(ポチ)の物語(2)】(52)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬オス ぽち(ポチ)の物語(3)】(53)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロの出産と子育て物語(6)】(54)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬オス ぽち(ポチ)の物語(4)】(55)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【シロの学校とその生徒のポチとミーの物語(1)】(56)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【シロの学校とその生徒のポチとミーの物語(2)】(57)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【シロの学校とその生徒のポチとミーの物語(3)】(58)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【シロの学校とその生徒のポチとミーとブンの物語(4)】(59)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【シロの学校とその生徒のポチとブンの物語(5)】(60)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語(61)【日本在来犬と紀州犬(その1)】(執筆横田俊英)
紀州犬物語(62)【日本在来犬と紀州犬(その2)】(執筆横田俊英)
紀州犬物語(63)【日本在来犬と紀州犬(その3)】(執筆横田俊英)
紀州犬物語(64)【紀州犬と柴犬の飼い方と子犬の育て方(その1)】(執筆横田俊英)
紀州犬物語(65)【紀州犬と柴犬の飼い方と子犬の育て方(その2)】(執筆横田俊英)
紀州犬物語(66) 犬の性質を知る、犬を躾ける。 執筆 横田俊英
紀州犬物語(67) 犬の安らぎ、犬の楽しみ、そして飼い主の幸福。 執筆 横田俊英
紀州犬物語(68) 大事なのは飼い主の心の在り方 執筆 横田俊英
紀州犬物語(69) 人の仕合わせ、犬の仕合わせ 執筆 横田俊英

紀州犬物語(82) 紀州犬の理解のための私なりの説明とその飼い方など。 執筆 横田俊英。


紀州犬物語(82) 紀州犬の理解のための私なりの説明とその飼い方など。 執筆 横田俊英。
(タイトル)
紀州犬の理解のための私なりの説明とその飼い方など。
(紀州犬は犬である、その紀州犬を少しだけ理解する)
第82章 紀州犬の理解のための私なりの説明とその飼い方など。 執筆 横田俊英





紀州犬物語(69) 人の仕合わせ、犬の仕合わせ 執筆 横田俊英
人の仕合わせ、犬の仕合わせ
(犬を飼うことは犬がいて楽しいという精神の状況を楽しむことです。そして犬の楽しみは飼い主とともに散歩をすることです。)
第69章 人の仕合わせ、犬の仕合わせ


紀州犬物語(68) 大事なのは飼い主の心の在り方 執筆 横田俊英
醜い犬をみたら、誠に済まない、自分の努力が足りなくて、そのような姿の犬ができてしまった、と謝らなくてはなりません。
(人に一目されることもなく、褒められもせず、苦にもされないで、生きているその姿は美しいと思います。)
第68章 大事なのは飼い主の心の在り方


紀州犬物語(67) 犬の安らぎ、犬の楽しみ、そして飼い主の幸福。 執筆 横田俊英
(飼い犬もまた飼い主のところで暮らすことに大きな安らぎを覚え、散歩に出れば最高に嬉しいという関係こそ最高の状態です。)
第66章 犬の安らぎ、犬の楽しみ、そして飼い主の幸福。


紀州犬物語(66) 犬の性質を知る、犬を躾ける。 執筆 横田俊英
(犬の心の有り様は人とは違います。人の心の有り様を犬の心の有り様だと思うことが犬を飼うときの間違いの大元になります。)
第66章 犬の性質を知る、犬を躾ける


紀州犬物語(82) 紀州犬の理解のための私なりの説明とその飼い方など。 執筆 横田俊英。


紀州犬物語(82) 紀州犬の理解のための私なりの説明とその飼い方など。 執筆 横田俊英。
(タイトル)
紀州犬の理解のための私なりの説明とその飼い方など。
(紀州犬は犬である、その紀州犬を少しだけ理解する)
第82章 紀州犬の理解のための私なりの説明とその飼い方など。 執筆 横田俊英


 

○紀州犬の子犬、白、メス(その1)2015年3月22日生まれ。








サイトの最新情報はこちらをご覧ください。
柴犬の子犬 赤毛(茶) オス、2015年4月8日生まれ。
○柴犬の子犬 赤毛(茶) オス、2015年4月8日生まれ、(6月22日現在生後85日)。
【子犬の写真は2015年6月21日に撮影しました。】






サイトの最新情報はこちらをご覧ください。
 

(下の子犬は飼い主が決まりました)
○紀州犬の子犬、白、オス、(その1) 2014年7月13日生まれ。飼い主が決まりました。
写真右が、2014年7月13日生まれ。血統書込み10万円。飼い主が決まりました。 の子犬です。
写真左が、2014年6月20日生まれ。血統書込み17万円。 の子犬です。
お渡し価格に差があるのは、繁殖者の思い込みであり、価格差は意味がないものと、
考えていただいて、差し支えありません。(8月28日に撮影。)

 

○紀州犬の子犬、白、オス、(その2) 2014年6月20日生まれ。

○紀州犬の子犬、白、オス、(その3) 2014年6月20日生まれ。

○紀州犬の子犬、白、メス、(その1) 2014年6月20日生まれ。

○紀州犬の子犬、白、メス、(その2) 2014年6月20日生まれ。

○紀州犬の子犬、白、メス、(その3) 2014年6月20日生まれ。

○紀州犬の子犬、白、メス、(その4) 2014年6月20日生まれ。

 
○紀州犬の子犬、白、メス、(その1)。 2014年2月1日生まれ。

紀州犬のことや飼い方を「紀州犬」の項目に「紀州犬物語」として記載しております。
 
 
 
 
 
 
 


この子(上の写真の子犬です。)は、母親とたっぷりと遊んでおり、いろいろの面で申し分ありません。
よい子です。メスで白で、内容抜群です。


 
 

○紀州犬の子犬、白、メス、2013年10月18日生まれ(その1)。

○紀州犬の子犬、有色・ごま毛、オス、(その1)。飼い主が決まりました。
(お問い合わせください。)



○紀州犬の子犬、有色・ごま毛、メス、(その1)。。

○紀州犬の子犬、有色・ごま毛、メス、(その1)。

 

【紀州犬の子犬 里親募集】紀州犬の子犬、白、オス

横田俊英(よこたしゅんえい)
〒252−0175
神奈川県相模原市緑区若柳641-6
携帯電話090−5580−8226
電子メールアドレス 
syokota@peach.ocn.ne.jp
 
 
 

(白柴おります。15万円。問い合わせ連絡先携帯090−5580−8226。横田俊英。)
 

○紀州犬の子犬、白、メス、(その1)。 2013年9月4日生まれ。

紀州犬物語(71) よい犬とは、性格が良いこと、健康であること 執筆 横田俊英
(犬を飼っている人の悩みがすべて私の悩みになるので困ります。ですから犬を飼うにあたってあまり悩まないで欲しいと思います。)
第71章 よい犬とは、性格が良いこと、健康であること


紀州犬物語(70) 日本犬には桜の花が似合う 執筆 横田俊英
(犬を飼っているうちに犬に飼われるようになった私です。)
第70章 日本犬には桜の花が似合う



紀州犬物語(82) 紀州犬の理解のための私なりの説明とその飼い方など。 執筆 横田俊英。


紀州犬物語(82) 紀州犬の理解のための私なりの説明とその飼い方など。 執筆 横田俊英。
(タイトル)
紀州犬の理解のための私なりの説明とその飼い方など。
(紀州犬は犬である、その紀州犬を少しだけ理解する)
第82章 紀州犬の理解のための私なりの説明とその飼い方など。 執筆 横田俊英



○紀州犬の子犬、胡麻毛(有色紀州犬) 2012年11月15日生まれ オス犬 その1。

○紀州犬の子犬、胡麻毛(有色紀州犬) 2013年2月18日生まれ メス犬 その1。

○紀州犬の子犬、白 オス 2013年2月18日生まれ (白 オス犬 その1)。

○紀州犬の子犬、白 メス 2012年11月15日生まれ (白 メス犬 その1)。

紀州犬里親募集。

子犬を希望の方は、電話(携帯090−5580−8226)あるいは電子メール(e-mail: syokota@peach.ocn.ne.jp )でお気軽に問い合わせください。
 
←ホームへ   ホームへ   紀州犬の子譲ります 紀州犬の部屋

小犬の写真館へ

紀州犬も柴犬もよい犬です、犬の幸せ、人の仕合わせ、よい犬とは、そして犬の飼い方(執筆 横田俊英) 


紀州犬物語

←ホームへ  紀州犬の子犬譲ります(1)  紀州犬の子譲ります(2)  紀州犬(1)  紀州犬(2)


←ホームへ   ホームへ   紀州犬の子譲ります  紀州犬の部屋

犬を飼うと人は幸せになる
 −−紀州犬と柴犬を新しく迎えて思うこと−−
<もくじ>


はじめに

 「横田さん雄犬を仕上げるのは大変だよ。管理し切れていないから、誰かいい人がいたら渡した方がいいんではないか」と繁殖者の I さんに言われていた。そして、ある展覧会の会場でKさんから「あの壮犬・雄を僕にあずからせてくれませんか」と声が掛かる。私は「困ったなー」と思う。

紀州の子犬

 Kさんは「横田さんは仕事が忙しすぎて、紀州犬の雄犬を管理しきれないだろうから、私のところで生まれている雌犬にしたらいいんじゃないの」と言って雌の子犬を勧めてきた。


 昨年の夏から縁があれば紀州犬の雌犬を犬舎に迎え入れようと考えていたのであるが、このことを知っている紀州犬保存会役員のSさんが声を掛けてきた。「横田さん、和歌山から生後5ヶ月の雌犬が来ることになっているんだ。向こうでは手元に残しておきたいと言っているほどのいい犬で、差尾なんだ」「ある人に渡すことになっているんだけれど、何かの都合でそれが駄目になったら横田さんところで引き受けてくれるかい」


 電話での唐突な申し入れであった。私の事情を知っているSさんの推奨であればこの上ないことだから、「いいですよ。ありがとうございます」と二つ返事となる。Sさんからの話は成就せず、がっかりするやら、安堵するやら複雑な気持ちであった。
 

 Kさんからの申し入れはSさんからの話の結末がつく前だったので、返事をにごしていた。Sさんの話が駄目になったので、Kさんからの勧めに気持ちが傾いていくことになる。 そこでKさんに電話を入れてみることにする。「子犬、雌を私のところに譲っていただけますか。いろんな方から申し入れがあるとは思いますが」
 

 「横田さんは熱心に展覧会に出しているから、つい見かねてね、声を掛けたんですよ。雌にしなさい。雄だと横田さんは時間がなくて管理しきれないと思います。いいですよ、うちの雌犬をお渡しします」
 

 「そうですか、ありがとうございます。楽しみだなー」と思う私。

紀州の子犬を見に行く

 子犬を譲ってもらうとなると早速にでも顔を見たくなる。


 「横田ですが、これから伺ってもいいですか」と平日にもかかわらずKさんに訪問の打診をすると、「いいですよ」との返事。訪問すると生後36日ではあってが、私からの電話をそのまま持ち帰るものと勘違いして子犬を引き渡す準備をしてくれた。相談した結果、もう少しの間親の元において兄弟犬たちと遊ばせてもらうことにする。


 Kさんから、このときもう一度私のところの紀州犬の壮犬・雄犬を譲り受けたい意向を伝えられる。「私は定年退職して、自由業のような状態になりましたから、犬の管理に時間を十分割けます。雄犬の管理は横田さんの忙しさでは無理ですから私に任せてください」


 私は、「わかりました。繁殖者のIさんに了解をいただいた上で、Kさんにお願いすることにいたします。どうぞよろしく」と返事をする。
 以上のようなことで、紀州の雌の子犬が1匹来ることになり、紀州犬の雄犬・壮犬組が出ていくことになった。

雄1頭が出て、雌2頭が入る

 この話にはもう一つおまけが付いていて、急展開する。Iさんに、紀州の雄犬をKさんに飼ってもらうことの了解を求めたところ、IさんはKさんのところで飼育しているに1歳になる柴犬の雌を私に渡すように話を付けてくれていた。


 Kさんは「横田さん、水くさいよ。柴犬も欲しいならそのように言ってくれればいいのに」と、紀州の子犬をいつ引き取るか相談するために電話したときに I さんの話を伝えてきた。


 私は「そのことはちょっと違うのです。 I さんは私が柴犬を連れて展覧会に出ているのを知っていて、展覧会でいい成績を収めようとするならばKさんのところの柴犬を譲ってもらうのが手っ取り早いと考えて話をしていただいたのだと思います。でもそうしていただけるなら有り難いことです」と話す。


 以上のようなことで、私が飼っている紀州犬雄犬がKさんのところに渡り、代わって紀州犬の雌の子犬と1歳になる柴犬の雌がわが犬舎に入ることになった。

父犬(種犬)になる条件は厳しい

 犬を含めて家畜の世界では雄が自身の直接の子孫を残すため条件は厳しい。ほとんどの雄犬は交配の機会に恵まれない。雌犬はその条件が雄犬ほど厳しくはないが、やはり系統だった血筋を持っていることが求められる。そうでないと子犬の飼い主に巡り会うのに困難が生じることになる。しかし、血筋がしっかりしていて健全な雌犬であれば、大体は子を残せる。


 これが紀州犬となると柴犬ほど気軽に子を摂るわけにはいかない。身体が大きな分だけ紀州犬を飼う条件が厳しくなるからである。とくに雄の紀州犬となると飼い主にはある程度の気構えが求められることになる。


 柴犬に比べれば相対的に需要の少ない紀州犬であるから繁殖も自制しがちになり、その結果が一般の人が本などを見て紀州犬を欲しいと思ってもおいそれと見つからないことにつながる。繁殖が少ないからといって紀州犬の質が悪いということではない。むしろ無造作な繁殖をしないだけに、産まれてくる子犬は良質なことが多い。繁殖に使われる父母犬はとくに吟味されるからである。

子犬を摂ることは楽しい

 雄犬を飼っている場合には、展覧会で成績をあげてその質の良さが公衆のもとで「証明」されていないと種犬として用いられる機会は少なくなる。雌犬の場合は雄に比べて10倍は軽い条件の下で繁殖の機会に恵まれる。


 繁殖における血の組み合わせというものは難しく、どの雄と雌との間にいい子犬が産まれるかは運が作用する要素が大きい。雌犬を私の犬舎に迎え入れるときには、将来の繁殖の方向を見据えてた上でのことということになってくる。


 子犬を産ませることは飼い主にとっては楽しいことである。飼い主はできるだけ子犬を産ませてることが望みである。そう思って繁殖を繰り返してきているのである。そうした思いを込めて繁殖をつづけ、結果を厳粛に受け止め一歩一歩前進しているのだ。試みた繁殖の結果に喜ぶこともあり、その結果が狙いと違って本人は落胆しても、他の人はその方が良いと評価する場合もある。絶対的な自信をもっている繁殖者は多くないと思う。結果は常に反省と隣り合わせであり、喜ぶ回数よりも嘆きの回数が多くなる。紀州犬の繁殖家は常に日本一の犬を育てることを夢見ているからである。しかし世の中はよくしたもので、先に述べたように繁殖家が自分では思い通りの結果でないと考えても、よその人はその犬がいいという場合が少なからずあるのだ。


 私などは犬の繁殖の専門知識はないにので、先輩のアドバイスを受けての試行錯誤となる。子犬の繁殖には経験がいり、生まれた子犬の善し悪しを判別するのにも経験がものをいう。犬を飼っていると人の犬はよく見え、自分の犬の欠点が気に掛かるものである。これが逆の人もいるのであることは展覧会の審査会場で目にする。順番のつく審査とは多くの人に悔しさを与え、一人の人にだけ喜びをもたらすものである。勝負は時の運でもあるから、一人の人だけが何時でも喜びにひたれるのは稀なのである。

犬と展覧会

 紀州犬や柴犬を飼うの楽しみは人それぞれで異なる。訓練して鍛え上げて万全の状態で展覧会に出ていい成績を上げることを無上の喜びとする人がいる。展覧会の成績がいいから、繁殖でも好成績を残せるといった保証はないが、展覧会で成績を収めない雄犬の多くは繁殖から遠ざけられる。


 展覧会でいい成績をとったもの同士を掛け合わせて、子犬を摂るというのは非常によく行われることではある。可愛い犬の展覧会での成績が良くなくとも、その犬の本質の良さを見抜き指摘してくれるベテランがおり、その犬を繁殖に用いて、2代、3代後にいい犬がつくられることも少なからずある。そうした回り道をしていい犬がつくられることがある。あるいは犬の繁殖とはそういうものかも知れない。


 本質はいい犬である場合でも、展覧会で下位に並びつづけると、飼い主はついつい駄目な犬と決めつけてしまう。犬の繁殖にも年季がいる。年季をいれていない人はゆったりと構えて謙虚に展覧会を楽しむべきである。こんなことを東京三多摩支部のOさんにに話したら「はじめは皆そうなんですが、その初心を忘れないことが大事です」と答えをもらった。大事にしなければならない言葉である。


 私の場合には飼育上の管理が悪いと常に指摘される。言われても直らない。直す術を知らないからである。これは居直りであるけれども、ベテラン・上手は展覧会には犬をきっちりと仕上げて出してくる。その差たるや大きい。こういう世界にも上手下手があることを知らされる。


 そうかと思うと別段の管理をしていなくても展覧会で上席に行く犬がいる。素性のいい犬であるということになるが、それだけでは安定していい成績を収めるというわけにはいかない。犬の体質と個性に合わせた飼育管理というものがあるのだ。


 市川市のK・Kさんからは「横田さんが育てたら全国展で1席に入るべきいい素質をもった犬でも15席に入るのがやっとだよ」と揶揄された。しかしこれはその通りに受け止めるべき言葉であると思っている。


 やけのやんぱちでときどき言うのは「黙っていてもきっちり育つ素質のいい犬を繁殖してくれよ」ということである。私はこういう居直りをするのであるが、これは展覧会を対象にした場合には無理な注文であるようだ。

犬を飼う目的

 ある犬の繁殖家は、「犬を数多く見なければ犬が分かってこない。子犬も数多く見なければ分かってこないし、そのためには子犬を数多く摂らなくては分かってこない」と私に話してくれた。そうだろう。確かにそうである。しかし、一般の犬を飼う人々は心身の健全な質の良い犬と楽しく過ごせるのが一番であり、散歩をしなければならない犬であるならば犬が要求するほどの散歩をさせて、自分も犬に健康をもらうような関係が築ければ、それこそが犬を飼う目的でもある。

 私が飼っている犬の何頭かは誰もいない広い野原で離すと喜々として駆け回る。1時間や2時間は追い駆けっこをして、組んずほぐれつして遊んでいる。犬が元気に走り回る姿を見ると嬉しくなる。飼い犬の生命の躍動を見て感動するのである。こういう場面の中にも犬を飼う楽しみがあるのだ。人が犬と無邪気に戯れることの楽しみというものがあることを知って欲しい。

犬を使った狩猟をオリンピック種目に

 犬の先祖は人と出逢うことによって犬になった。人は犬に出逢って、犬との共生のもと狩猟生活を確立することができた。狩猟生活からほとんどの人々が離れてしまい、狩猟はスポーツとなり、一部の犬がスポーツの範疇で猟芸を発揮している。犬を使っての狩猟は伝統文化の保存の意味もある。また犬を使った猟がスポーツハンティングであるとすれば、犬はスポーツをするための供をであり、スポーツをする一翼であり、重要な位置にある。犬を使った狩猟がスポーツであればオリンピックや国体の種目に加えられてもいいであろう。オリンピック種目に犬を使ったスポーツハンチングを設けてもちっともおかしくはない。不思議でもない。犬を使っての猟は人類が最初にした、あるいは最初のころにした喜びをもたらす身体運動であったかも知れない。そうするとそれはスポーツの原始である。


 犬を飼う人々のほとんどは犬をコンパニオンにしているのであるから、現代の犬のほとんどはコンパニオンドッグである。紀州犬も柴犬も飼われる目的がコンパニオンドッグであるという現実を否定できない。ここに紀州犬や柴犬が持ちつづけてきた狩猟能力との矛盾を内在する。これは統一されるべきものだという声だけは聞こえてくるが明解な解決の答えは出しにくい。

猟能を求めての繁殖もある

 他方では、特に紀州犬には猟能を期待し、それを追い求めての繁殖の方向もとられている。コンパニオンドッグが求められているなかで、柴犬も含めて猟能と両立していくものあろうか。私もこの目で現実に、猟能に優れた紀州犬で家庭犬を現実に見ている。すべての紀州犬あるいは柴犬が猟に関する訓練を積むことはできない。というより、ほとんどの犬が猟の訓練とは無縁で過ごしている状況であるから日本犬の猟との関係の捉え方は混迷することになる。猟をしたり、猟の訓練をしている人々に大いに敬意を抱く。


 柴犬に猟能があることは現代での実見される。柴犬の猟能を追求している人々が現実におり、紀州犬とは違った猟能を発揮している。

犬に幸せをもらう

 犬は人に飼われると幸せなのであるが、幸せな飼われ方というものがある。犬にとって幸せな飼われ方は、人と素直に接する機会が多いことであろう。


 日本犬好きの作家の近藤啓太郎は「犬の幸せは1にも2にも散歩」と言い切っている。繋いでおくだけの犬、檻に入れられているだけの日本犬は幸せではないのである。他の犬種だって同じであろう。


 犬の幸せが飼い主との散歩であるならば、飼い主はお金がなくても犬に散歩の機会を与えれば、犬に幸せを与えることができる。人間も散歩ができることは幸せなことであり、殊に犬を散歩のお供にさせることが出来ればなお一層である。人は犬に幸せを与え、犬に幸せをもらうのである。これこそが人と犬との関係である。

 横田俊英(ある日の手記、記憶を留めておくために)


←ホームへ   ホームへ   紀州犬の子譲ります  紀州犬の部屋 


紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(1) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(2) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(3) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(4) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(5) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(6) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(7) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(8) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(9) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(10) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(11) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(12) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(13) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(14) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(15) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(16) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(17) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(18) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(19) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(20) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(21) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(22) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(23) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(24) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(25) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(26) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(27) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(28) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(29) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(30) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(31) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(32) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(33) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(34) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(35) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(36) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(37) (執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬を連れて散歩し紀州犬と暮らす日々】(38)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬を連れて散歩し紀州犬と暮らす日々】(39)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬を連れて散歩し紀州犬と暮らす日々】(40)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬を連れて散歩し紀州犬と暮らす日々】(41)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬を連れて散歩し紀州犬と暮らす日々】(42)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬を連れて散歩し紀州犬と暮らす日々】(43)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬を連れて散歩し紀州犬と暮らす日々】(44)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬を連れて散歩し紀州犬と暮らす日々】(45)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロの出産と子育て物語(1)】(46)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロの出産と子育て物語(2)】(47)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロの出産と子育て物語(3)】(48)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロの出産と子育て物語(4)】(49)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロの出産と子育て物語(5)】(50)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬オス ぽち(ポチ)の物語(1)】(51)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬オス ぽち(ポチ)の物語(2)】(52)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬オス ぽち(ポチ)の物語(3)】(53)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬メス犬シロの出産と子育て物語(6)】(54)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【紀州犬オス ぽち(ポチ)の物語(4)】(55)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【シロの学校とその生徒のポチとミーの物語(1)】(56)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【シロの学校とその生徒のポチとミーの物語(2)】(57)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【シロの学校とその生徒のポチとミーの物語(3)】(58)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【シロの学校とその生徒のポチとミーとブンの物語(4)】(59)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語【シロの学校とその生徒のポチとブンの物語(5)】(60)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語(61)【日本在来犬と紀州犬(その1)】(執筆横田俊英)
紀州犬物語(62)【日本在来犬と紀州犬(その2)】(執筆横田俊英)
紀州犬物語(63)【日本在来犬と紀州犬(その3)】(執筆横田俊英)

紀州犬物語(82) 紀州犬の理解のための私なりの説明とその飼い方など。 執筆 横田俊英。


紀州犬物語(82) 紀州犬の理解のための私なりの説明とその飼い方など。 執筆 横田俊英。
(タイトル)
紀州犬の理解のための私なりの説明とその飼い方など。
(紀州犬は犬である、その紀州犬を少しだけ理解する)
第82章 紀州犬の理解のための私なりの説明とその飼い方など。 執筆 横田俊英



紀州犬物語(63)【日本在来犬と紀州犬(その3)】(執筆横田俊英)
日本列島に古くからいた犬たちと縄文遺跡の犬骨
(純粋日本犬という言い方をする犬たちのこと)
(縄文期は犬は人の友だち、だった)


紀州犬物語(62)【日本在来犬と紀州犬(その2)】(執筆横田俊英)
縄文遺跡から犬の骨は出ており、旧石器時代の遺跡から犬の骨は出ていない
野尻湖で犬は人と伴にナウマン象を追ったか
(野尻湖のナウマン象の発掘調査では犬の骨は出ていない)


紀州犬物語(61)【日本在来犬と紀州犬(その1)】(執筆横田俊英)
遺跡からでてきた犬の骨とそのもっとも古い年代
(人と犬は利用し利用される共存関係にあった)


紀州犬物語【シロの学校とその生徒のポチとブンの物語(5)】(60)(執筆 横田俊英)
第60章 紀州犬メスシロの学校とその生徒のポチとブンの物語(5)
(紀州犬の大人のメス犬のシロの学校で、生後5カ月の紀州犬のオス犬のポチと生後6カ月の紀州犬のオス犬のブンが教育を受け、訓練を積んでいるのです。ポチもブンも散歩を楽しみにしていて、綺麗な姿態と歩様で散歩ができるのです。)


紀州犬物語【シロの学校とその生徒のポチとミーとブンの物語(4)】(59)(執筆 横田俊英)
第59章 紀州犬メス シロの学校とその生徒のポチとミーとブンの物語(4)
(詫びや寂などまだ先のことですから、対象外です。しかしブンより一月遅く産まれている紀州犬オス犬の「ポチ」のほうにそれを感じることがあります。三つ子の魂百まで、ということが言えるのでしょうか。)


紀州犬物語【シロの学校とその生徒のポチとミーの物語(3)】(58)(執筆 横田俊英)
第58章 紀州犬メス シロの学校とその生徒のポチとミーの物語(3)
(私は紀州犬のメス犬のシロの学校と題してお伽の国のような話しをしております。書いていることはすべて事実ですが、すべての紀州犬がこのようにできる訳ではありません。たまたま性質のよいシロというメス犬の大人がいて、たまたま、或いはこの時期に限って喧嘩をしない2匹の子犬がいて、それにもう1頭加わったということであります。子犬同士の折り合いがあって、幼児組と小学生組の2クラスに分けての学校運営になりました。)


紀州犬物語【シロの学校とその生徒のポチとミーの物語(2)】(57)(執筆 横田俊英)
第57章 紀州犬メス シロの学校とその生徒のポチとミーの物語(2)
(今で飼い主が寛いでいるときに、また夜にテレビを見ながらビールを飲んでいるときにポチとミーはその気配を全身で受けとめていて、声を掛けると犬舎の格子に顔を挟んで応えます。)


紀州犬物語【シロの学校とその生徒のポチとミーの物語(1)】(56)(執筆 横田俊英)
第56章 紀州犬メス シロの学校とその生徒のポチとミーの物語(1)
(子育てを終えたシロ(白)には生後3カ月ほどのオスとメスの子犬の学校の先生の新しい役目が与えられ、シロはこの仕事を喜んでしております。シロが先生を勤める学校の生徒はオスの子犬が「ポチ」で、メスの子犬が「ミー」です。シロとポチとミーの3頭は喧嘩とも見えるレスリング風の遊技を嬉々として演じております。)


紀州犬物語【紀州犬オス ぽち(ポチ)の物語(4)】(55)(執筆 横田俊英)
第55章 紀州犬オス ぽち(ポチ)の物語(4)
(ポチは生後76日に子育てを終えた白を母親代わりに暮らすことになりました。白は不思議なことにポチを自分の子犬と同じように遊技をしてやります。ポチもまた実の母親と思っているようです。あるいはただの犬の仲間と思っているのかも知れません。)


紀州犬物語【紀州犬メス犬シロの出産と子育て物語(6)】(54)(執筆 横田俊英)
第54章 紀州犬メス犬シロの出産と子育て物語(6)
(子犬は母親に徹底的に遊んでもらって、身体をうんと使い、手も足も腰も胴も身体を鍛えることになるのです。その遊びたるや人間の子どもが身体を動かすのを厭わないのと同じです。)


紀州犬物語【紀州犬オス ぽち(ポチ)の物語(3)】(53)(執筆 横田俊英)
第53章 紀州犬オス ぽち(ポチ)の物語(3)
(生後70日ころのポチは乗車訓練に取り組み、またリードをつけて60メートルほどの散歩の練習もします。家の向こうの畑で遊ぶポチはモンシロチョウやツバメを眼で追いかけて外界の様子を知っていくのです。)


紀州犬物語【紀州犬オス ぽち(ポチ)の物語(2)】(52)(執筆 横田俊英)
第52章 紀州犬オス ぽち(ポチ)の物語(2)
(子犬の喉につかえないことを前提に生後70日の頃にはパピーのほかに、ラン・ミールも少しだけ与えます。生後5カ月、6カ月、7カ月、8カ月になるに従ってラン・ミールの割合を増やして、生後8カ月過ぎにはラン・ミールを中心にします。一家の主人が紀州犬に惚れていないのなら紀州犬を飼ってはなりません。一家の主人と思いを同じにする家族のもとで飼われる紀州犬は仕合わせであり、その一家も仕合わせであることになります。)


紀州犬物語【紀州犬オス ぽち(ポチ)の物語(1)】(51)(執筆 横田俊英)
第51章 紀州犬オス ぽち(ポチ)の物語(1)
(チビの子どもの白と黒は母親と別れ、母親と別れてきた紀州犬オス犬のポチはこの家でずっと過ごしてきたように振る舞います。)


紀州犬物語【紀州犬メス犬シロの出産と子育て物語(5)】(50)(執筆 横田俊英)
第50章 紀州犬メス犬シロの出産と子育て物語(5)
(生後30日ころから母親は子犬が乳を吸いにくるとグワーと吠えて拒絶することがしばしばです。夜中にもこの声が聞こえます。犬の親と子の自然がここにあるのです。)


紀州犬物語【紀州犬メス犬シロの出産と子育て物語(4)】(49)(執筆 横田俊英)
第49章 紀州犬メス犬シロの出産と子育て物語(4)
(駐車場横の畑では菜の花が黄色い色を見事に周囲に放っております。この先一週間して春が進むと新緑の美しい季節になります。もう雑草むしりを余儀なくされました。)

紀州犬物語【紀州犬メス犬シロの出産と子育て物語(3)】(48)(執筆 横田俊英)
第48章 紀州犬メス犬シロの出産と子育て物語(3)
(子犬たちが生後三週間を迎えたこの日、遅れていた春が進んで、この地は梅の花とサクラの花と水仙とツツジに似た花が一斉に咲きました。)

紀州犬物語【紀州犬メス犬シロの出産と子育て物語(2)】(47)(執筆 横田俊英)
第47章 紀州犬メス犬シロの出産と子育て物語(2)
(子犬を身体をまるめて抱いて、お尻をなめて排泄を促してそれをなめてやってと健気な子育てがつづきます。)

紀州犬物語【紀州犬メス犬シロの出産と子育て物語(1)】(46)(執筆 横田俊英)
第46章 紀州犬メス犬シロの出産と子育て物語(1)
(シロが2匹の子犬を産んだその夜、空には金星が燦然と輝いておりました。)






紀州犬物語【紀州犬を連れて散歩し紀州犬と暮らす】(39)(執筆 横田俊英)
第39章 子犬のさまざまな行動への対応(紀州犬の躾け(シツケ)に関する考察)

(子犬は飼い主が思うようにはしつからない)


紀州犬物語【紀州犬を連れて散歩し紀州犬と暮らす】(40)(執筆 横田俊英)
第40章 安岡章太郎さんは紀州犬の気性の美しさを物語にした
(近藤啓太郎さんは飼い犬の健康美あるいは紀州犬特有の美しさに魅せられた)

紀州犬物語【紀州犬を連れて散歩し紀州犬と暮らす】(41)(執筆 横田俊英)
第41章 紀州犬が内に秘めている特性
(紀州犬の正しい理解のために近藤啓太郎さんと安岡章太郎の小説を読むことをお奨めします)

紀州犬物語【紀州犬を連れて散歩し紀州犬と暮らす】(42)(執筆 横田俊英)
第42章 泣かない騒がいのが紀州犬が美徳

(安岡章太郎さんのコンタは家に来た夜に、「ウォー」と一声あげただけでした)

紀州犬物語【紀州犬を連れて散歩し紀州犬と暮らす】(43)(執筆 横田俊英)
第43章 犬を飼うときに人の側の力量は何時でも不測しております

(紀州犬は歩く速度があるいはリズムが波長が人の散歩に調和しております)

紀州犬物語【紀州犬を連れて散歩し紀州犬と暮らす】(44)(執筆 横田俊英)
第44章 素直な、素朴な、賢い、格好いい紀州犬に育てたい
(藤井聡さんの『シツケの仕方で犬がどんどん賢くなる』を読めば人も犬も賢くなる)

紀州犬物語【紀州犬を連れて散歩し紀州犬と暮らす】(45)(執筆 横田俊英)
第45章 子犬を怪我させないことが一番大事
(子犬は親から離されるとしばらく夜泣きを含めてなくものだと考えていたらよいでしょう)


紀州犬物語【紀州犬メス犬シロ(白)の物語】(37) (執筆 横田俊英)

紀州犬物語【紀州犬を連れて散歩し紀州犬と暮らす日々】(38)(執筆 横田俊英)
紀州犬物語 第38章 紀州犬に主従関係を教える、そして犬の性質を知る
(その問題は子犬の問題ではなく飼い主がつくっている問題なのです)


お申し込みの方法  電子メールは次にお願いします e-mail: syokota@peach.ocn.ne.jp
子犬を希望の方は、電話あるいは電子メールでお申し込み下さい。その際、お名前、住所、電話番号をお知らせ下さい。その他、紀州犬、柴犬などに関しましてご質問やご相談等がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。 電子メールは次にお願いします e-mail: syokota@peach.ocn.ne.jp
氏名 横田俊英
携帯 090−5580−8226
電話は携帯にお願いします
自宅 090−5580−8226
自宅は勤務と犬の世話で留守がちです
住所
252-0175 神奈川県相模原市緑区若柳641−6
e-mail: syokota@peach.ocn.ne.jp
 
 
 

←ホームへ

小犬の写真館へ

←ホームへ   ホームへ   紀州犬の子譲ります  紀州犬の部屋