「計量計測データバンク」サイトマップ measure and measurement data bank of saite map

標高3000mに集まった人々 人それぞれの人生が垣間見える 執筆 甲斐鐵太郎
(剱岳に朝日があたる お日さまは人に恵みをもたらす)

標高3000mに集まった人々 人それぞれの人生が垣間見える 執筆 甲斐鐵太郎
 旅行家 甲斐鐵太郎

←ホームへ
標高3000mに集まった人々 人それぞれの人生が垣間見える 執筆 甲斐鐵太郎

標高3000mに集まった人々 それぞれの人生が見える

東の空に朝日が昇る お日さまは人に恵みをもたらす

標高3000mに集まった人々 それぞれの人生が見える

東の空に朝日が昇る 鹿島槍ヶ岳がシルエットになる

標高3000mに集まった人々 それぞれの人生が見える

剱岳に朝日があたる お日さまは人に恵みをもたらす

標高3000mに集まった人々 それぞれの人生が見える

山小屋が赤い色に染まる 標高3000m夜明けがきた

(タイトル)
標高3000mに集まった人々 人それぞれの人生が垣間見える 執筆 甲斐鐵太郎

(本文)

 夏休み。標高3000mの山小屋に何日か泊まった。ここは営業しているときもあれば貸し切ってしまって一般の人が使えないことがある。

 山小屋での番をする人は年によって違う。一級建築士をしていた人、ブラジルで暮らしていた人、山を雲のように走る人がいた。

 山を雲のように走る人は立山・黒部の雪渓をまっしぐらに駈け下りることは平気の平左だ。無謀な行動をしているので山岳救助隊からお前が遭難しても助けないと宣言されている。ブラジルで暮らした人は毎日10人以上の人が殺されるので殺人事件はニュースにならないという。一級建築士の人はトランシットを剱岳に焦点を合わせてセットしていて覗いてみろという。視野の狭い像はゆらぎならが剱岳山頂を映していていた。それぞれに事情があったその夏に山小屋の番をしていたのであった。

 小屋には毎年写真を趣味とする人が集まる。とはいっても二人か三人である。下手な写真しかた撮れないのであるが素人の強みで自画自賛はする。はためには滑稽なのだが本人たちは真剣である。病が高ずるとカメラに破格の金を投ずる。デジカメの画面のうんと大きなのを担いできているときがあった。高密度な写真を撮れる。高密度だけれども機動性やレンズの交換などは不便であり、ズームレンズがあったどうか知らないがあればとても高い。こだわる人はズームレンズは使わないから撮影が面倒である。

 朝になると撮影の時間がきたと小屋番の人が起こしにくる。本人もデジカメを持ち出して撮影をする。この場所は北アルプスの山々を撮影するのに好都合なのだ。

 風景への思いなのか写真への思いなのか皆が撮影する。ご苦労さま。こちらは眠いから撮影などどうでもよいのだ。

 遅れてのこのこ出ていくとやはり撮影に良い場所だ。

 剱岳が暗闇から朝日を浴びて浮かび上がる。鹿島槍ヶ岳の向こう側から陽が昇る。昇る朝日はお月さまのように空中に浮遊する。

 同じ場所が時刻によって別な世界になる。お日さまは人に恵みをもたらす、と思える一瞬がある。富士山からのご来光、槍ヶ岳や穂高岳山の頂上からのご来光は、わが身をまともにみることがない。この3000mの人知れぬ山小屋は剱岳や後立山連峰の朝のようすを両手に掴むように眺めることができる。

 写真はそのような朝にカメラを向けたものである。

2018-08-31-2-sunday-brings-blessings-to-people-tetutaro-kai-syokota-essay-measurement-

(写真と文は甲斐鐵太郎)





私と上高地-その5-格好いい山男は女に好かれる 山で英雄になった男の物語 執筆 甲斐鐵太郎

私が好きなスピーカー 大中小その三つ
JBLを超えようとしたパイオニアの意欲作S-X4、CS-616、HPM-100の三製品 執筆 甲斐鐵太郎
小さくて良い音のPioneer S-X4
和製JBL 4312のPioneer CS-616
米国で超人気のPioneer HPM-1
00
背丈385mmの密閉型スピーカーPioneer S-X4を使う

標高3000mに集まった人々 人それぞれの人生が垣間見える 執筆 甲斐鐵太郎

モニターが大きくなると思考と節操のあらがよくみえます 執筆 甲斐鐵太郎

火事場でニュースをどのように書くのか(ニュース報道の文章作成) 執筆 甲斐鐵太郎

メルヘン 森と泉がおりなす世界 青木湖 執筆 甲斐鐵太郎

富士に月はよく似合う 執筆 甲斐鐵太郎

九頭竜ダムと恐竜と大野市 執筆 甲斐鐵太郎

日本平と久能山東照宮 執筆 甲斐鐵太郎

私と上高地-その1-槍ヶ岳と穂高岳のあとの休息地・上高地 執筆 甲斐鐵太郎
上高地バスターミナルの緑が眩しい。別の世界に来た。

私と上高地-その2-登山とロマンチズムそして感傷主義 執筆 甲斐鐵太郎
河童橋そばの売店に一流の山用品が揃えられていた。

私と上高地-その3-上高地帝国ホテルと大正池界隈を歩く 執筆 甲斐鐵太郎
上高地ではモンシロチョウが訳もなく感動を与える。
私と上高地-その4-槍ヶ岳・穂高岳登山と上高地
晴れた日の大正池と穂高連峰の景色。説明のための写真。

私と上高地-その4-槍ヶ岳・穂高岳登山と上高地 執筆 甲斐鐵太郎

私と上高地-その3-上高地帝国ホテルと大正池界隈を歩く 執筆 甲斐鐵太郎

私と上高地-その2-登山とロマンチズムそして感傷主義 執筆 甲斐鐵太郎

私と上高地-その1-槍ヶ岳と穂高岳のあとの休息地・上高地 執筆 甲斐鐵太郎

横浜市山手の丘にでかけると海が見え瀟洒な家並みにはブリキ博物館が紛れ込んでいた

夕暮れどきの高山市古い町並み‎2018‎年‎6‎月‎23‎日、‏‎18:06:44

夏至の日の旅行で郡上八幡市の古い町並みを見物する

6月24日、松本市波田のスイカを買う 温室栽培の大玉スイカです

6月に晴れる 小さなリゾート地相模湖で憩う

白いヒナと黒い3羽のヒナを連れて湖面を移動するコブハクチョウ

夏の訪れを告げる鮎釣り 相模川の6月1日の夕暮れ時

よい景色とよい音楽と美味しい食事 八ヶ岳と北欧レストランとパソコンでユーチューブ

近江の国、多賀大社(たがたいしゃ)の茅の輪くぐり

特別な位置にいる投手としての大谷翔平

「春の日と一人娘はくれそでくれない」ので5月は午後7時まで遊んでいられる

奥飛騨の新芽の背景は北アルプス穂高連峰の山肌であった

松本駅前の昭和横丁でホルモンを食べる 松本山雅FCファンがやかましい店だ

金曜日、思いついて新宿から松本に向かう。塩尻駅で降りた。

東京の桜は散って新緑の季節になりました

武田信玄の北条との決戦地の三増峠近くの枝垂れ桜
(季節は2カ月と半分ほどで夏至になる)

北杜市実相寺の山高神代桜は甲府盆地の桃の花と開花時期が同じです
(関東地方の春分の日は雪が舞い河口湖では28㎝も雪が積もりました)


陽だまりでは梅の花が土手にはスミレが咲く
5月になれば水田に映える常念岳を見に安曇野にでかけよう

埼玉県吉見町の栽培農家で買ったイチゴは甘かった美味かった
富士山の雨を集めた山中湖は忍野をへて津久井湖で道志村に降った雨と合流する
槍ヶ岳 霧ヶ峰からの遠望(高原の秋の始まりのころ)
山みちで老いたキツネにであう 旅行家 甲斐鐵太郎

数学者も物理学者も現在持つ知識は写し取って得たものである
インターネットで拾った文章を繋げて出来上がるニュース報道

数学と物理学者が事実として構想することと実験によって確かめられる事実

数学と物理学者が事実として構想することと実験によって確かめられる事実

数学と物理学者が事実として構想することと実験によって確かめられる事実
(光波干渉測定システムはアインシュタインの理論を事実として確認した)


TOPへ


「計量計測データバンク」サイトマップ
measure and measurement data bank of saite map

計量計測データバンク 目次 サイト
計量計測データバンク 目次 サイト(一括閲覧サイト)
社会の統計と計量計測の統計
一括表示版「社会の統計と計量計測の統計」
「計量計測データバンク」小論、評論、随筆、論文、エッセー、文芸ほか(目次版
計量計測データバンク 目次 サイト(一括閲覧サイト) 

計量計測データバンク「計量計測辞書」 measure and measurement dictionary
「計量計測データバンク」




「計量計測データバンク」サイトマップ
measure and measurement data bank of saite map