「計量計測データバンク」サイトマップ
measure and measurement data bank of saite map

築地市場か豊洲市場か 築地市場計量管理担当 計量士 安齋正一
魚河岸で働く人々から愛されながら計量管理は続く

築地市場は昭和四十二年二月一日に計量器使用事業場(現在の適正計量管理事業所)
に指定されてから本年は五十年という節目の年を迎えております。

←ホームへ

築地の魚河岸で働く人々から愛されながら計量管理は続く 築地市場計量管理担当 計量士 安齋正一

築地の魚河岸で働く人々から愛されながら計量管理は続く 築地市場計量管理担当 計量士 安齋正一

写真は築地市場のようす


 築地市場は適正計量管理事業所)に指定されて五十年という節目の年

 築地市場は昭和四十二年二月一日に計量器使用事業場(現在の適正計量管理事業所)に指定されてから本年は五十年という節目の年を迎えております。

 歴代計量士について築地市場の前職場と氏名を紹介します。

 担当計量士は国鉄 安田一氏、 計量研究所 小川亨氏、東京都計量検定所 長野暢夫氏、寺岡精工 安齋正一の順でつないできた

 初代 国鉄 安田一氏、二代目 計量研究所 小川亨氏、三代目 東京都計量検定所 長野暢夫氏そして四代目 株式会社寺岡精工 安齋正一(平成十五年四月一日から現在に至る)。

 本来なら築地市場は引っ越しして平成二十八年十一月七日に豊洲新市場開場という歴史的な近代的市場への変遷を迎える筈だったのですが、就任間もない小池百合子東京都新知事の裁量により「築地市場の豊洲への引っ越しは延期すること」になったのです。

 築地市場で働く人々14,000人は「市場移転賛成派と反対派に二分」され激しい闘争へと進んでしまった

 筆者が築地市場四代目の計量士として就任した平成十五年四月当時は、適正計量管理事業所数約一、一〇〇軒 使用計量器数約二、三〇〇個であった。しかし、昭和十年二月十日に開場した築地市場は老朽化が進み十年程前に当時の石原慎太郎都知事による豊洲への市場引っ越し事案が出現し、当事者である築地市場で働く人々約一四、〇〇〇人は「市場移転賛成派と反対派に二分」され激しい闘争へと進んでしまったのです。

 平成29年夏適正計量管理事業所数800軒 使用計量器数1,700個。この14年の間に事業所が数300軒 使用計量器数が600個も減った

 そして平成二十九年夏の現在は適正計量管理事業所数約八○○軒 使用計量器数約一、七〇〇個であります。何故この十四年の間に事業所数約三〇〇軒 使用計量器数約六〇〇個減少してしまったのか、その理由は一概には言えませんが、築地市場の魚仲卸店などを閉店し去っていった人々が数多くいるのです。

 丈夫な身体に生んでくれた両親に感謝をしながら仕事を続けている

 筆者は生れつきの健康に恵まれ、小学生のころ「頭や歯が痛い」と言えば越中富山の常備薬の「ケロリン」を腹が痛いと言えば「海人(かいにん)草(そう)」か「熊の胆」を母(満百歳で既に他界)が処方して飲ませてくれたのを有難く今でも憶えております。

 中学生ころから現在までの約六十五年間、頭が痛いとか腹が痛いと言って医者にかかったことがありません。このことは、自分でも不思議なことと「日々丈夫な身体に生んでくれた両親に感謝を続けているところです」

 20kg分銅を両手に持って台ハカリに積んで検査をしている

 築地市場の日常業務でもマグロ計量用電気式ハカリひょう量三〇〇㎏に実用基準分銅を載せるときには、筆者もアルバイトの早大生に手伝わせて二十㎏を両手に持ってハカリ台に積み上げることがあります。

 テレビも無いアパートに住む夜学生の生活はオリンピックは他人事でした

 昭和三十九年(一九六四年)十月十日快晴の国立競技場で日本で初めてのオリンピックの開会式が挙行されたのです。

 この当時筆者は、その春に定時制高校を卒業し四月から大学一年生(夜間部)であったため忙しい毎日で、テレビも無いアパートの一室ではオリンピックは他人事のようで、何一つ実物の競技や選手を見たことがありませんでした。

 2020年東京オリンピックは計量の仕事を続けながら本物の競技や選手をこの目で見てみたい

 そのため、二〇二〇年東京オリンピックは計量の仕事を続けながらこの目で本物の競技や選手を見てみたいと想うばかりです。

 この九月初旬まで築地市場魚仲卸店の平成二十九年度計量器定期検査巡回中ですが、魚仲卸店の社長が「築地市場全般を計量管理している安齋計量士は築地でも豊洲でも居てくれよな」と言われます。

 巡回検査をしていると築地市場の計量管理は魚河岸で働く人々から愛されているんだなと楽しくなる

 何んと有難い言葉と感謝していると、別の魚仲卸店の五十歳ぐらいの社長は「俺も勉強して計量士の国家試験を受けようかな」と冗談を飛ばされます。

 築地市場の計量管理は半世紀五十年続けてきましたが、魚河岸で働く人々から愛されているんだなと楽しく巡回検査を続けております。

(一般社団法人 東京都計量協会 築地市場計量管理担当 計量士 安齋正一 2017年7月執筆)

築地の魚河岸で働く人々から愛されながら計量管理は続く 築地市場計量管理担当 計量士 安齋正一

旅のエッセー集 essay and journey(essay of journey) 旅行家 甲斐鐵太郎
essay and journey(essay of journey) by kai tetutaro

←ホームへ



大型はかりの検定検査合理化研究の再開 島田好昭

空気の重さ・密度と航空機の揚力 渡辺英夫

コリオリの力とバスタブの渦 小宮勤一

電気ブレーカーが錘(おもり)が落下する力で切る「私の地震対策」 篠崎 順一郎

牧野富太郎博士の植物画 大井みさほ


韓国でのセミナー講師を通じて感じた韓国の計量事情-その1-執筆 横田俊英

韓国でのセミナー講師を通じて感じた韓国の計量事情-その2- 「日本の計量器産業論-その1-」序論) 執筆 横田俊英

「日本は貿易立国ではない]輸出依存度は15.2%

日本は第3次産業に移行中。変化する産業・職業構造(総務省統計局が2005年国政調査もとにまとめた資料による)

国土地理が日本の重力値の基準を40年ぶりに更新。国土地理院が2017年3月15日に公表

「重力を知る」 重力とは、重力の単位、地球の重力値、重力の役割

計測自動制御学会2017年第1回力学量計測部会運営委員会6月16日(金)に開かれる

5月下旬の韓国ソウル市中心街で過ごした一日(日本と韓国を考えるために役だった滞在だった)

中村進の社会時評 「角界の野球賭博と警察の物差しの狂い方」今回の野球賭博で相撲界だけを問題にすることには疑問

黒須茂のエッセー 「人間万事塞翁が馬」天下り校長の悪行を地元紙であばくことで書くことに快感をもつようになった

夏至の日の旅行。滋賀県の草津駅で「旅は夕暮れに尽きる」と思う 旅行家 甲斐鐵太郎

郡上八幡の6月24日は夏だった 宿の白い暖簾が気持ちいい 旅行家 甲斐鐵太郎

6月25日、日曜日の高山を訪れる。古い町並みと朝市を見物する。旅行家 甲斐鐵太郎

カッコーが八島湿原で啼けば夏です 旅行家 甲斐鐵太郎

山みちで老いたキツネにであう 旅行家 甲斐鐵太郎

長良川上流を旅する ゲンジボタルが郡上市白鳥の宿の裏の小川の宙を舞う2017年7月7日であった 旅行家 甲斐鐵太郎

郡上八幡の盆踊りの始まりに合わせて長良川を旅しました 旅行家 甲斐鐵太郎

長良川上流を旅する 郡上おどりが始まった2017年7月8日に郡上市を訪ねる 旅行家 甲斐鐵太郎

長良川上流を旅する 長良川鉄道終着の北濃駅の食堂「花まんま」で蕎麦と鮎ご飯を食べ2017年7月8日 旅行家 甲斐鐵太郎

築地の魚河岸で働く人々から愛されながら計量管理は続く 築地市場計量管理担当 計量士 安齋正一

漢詩 無法松の一生 作詞 岡千風 想いを寄せる夫人を前に松五郎は「流れ打ち」「勇駒」「暴れ打ち」と太鼓を響かせたのでした(文章は岡和雄)
写真は小倉祇園太鼓(こくらぎおんだいこ)

小倉祇園太鼓(こくらぎおんだいこ)は福岡県北九州市の中心部である小倉で400年近く続いている「国選択無形民俗文化財」に指定された祇園祭である。小倉城を築城した細川忠興公が、城下の無病息災と城下町繁栄を願い、元和3年(1617年)に京都の祇園祭を模して始めたとされる。写真と説明は小倉祇園太鼓保存振興会による。

「猫額に犬が来た」-猫額通信9-村田浩美(製品評価技術基盤機構 認定センター勤務)

「黙っていてはならない」-理不尽を訴える民主主義を守りたい- 黒須茂(国立工業高等専門学校教授)

ローマ時代の鉄の価格 新井宏(日本計量史学会理事)

アラゴーの円盤とグリニッジ本初子午線 松本栄寿(日本計量史学会理事)

韓国で食べた中国料理は横浜や神戸の中華街の料理よりもずっと上等な味がした 旅行家 甲斐鉄太郎

長良川鉄道を旅する 終着駅北濃でくつろぐ。向こうの長良川上流では鮎釣りをしている。ゆるりとした時が過ぎる。 旅行家 甲斐鉄太郎

TOPへ


「計量計測データバンク」サイトマップ
measure and measurement data bank of saite map

計量計測データバンク 目次 サイト
計量計測データバンク 目次 サイト(一括閲覧サイト)
社会の統計と計量計測の統計
一括表示版「社会の統計と計量計測の統計」
「計量計測データバンク」小論、評論、随筆、論文、エッセー、文芸ほか(目次版
計量計測データバンク 目次 サイト(一括閲覧サイト) 

計量計測データバンク「計量計測辞書」 measure and measurement dictionary
「計量計測データバンク」




「計量計測データバンク」サイトマップ
measure and measurement data bank of saite map