「計量計測データバンク」サイトマップ
measure and measurement data bank of saite map

「黙っていてはならない」 黒須茂(国立工業高等専門学校元教授)
倫理道徳は習った覚えはないが最近の政治家に必要であるようだ

「黙っていてはならない」 理不尽を訴える民主主義を守りたい 黒須茂(国立工業高等専門学校教授)

「黙っていてはならない」 理不尽を訴える民主主義を守りたい 黒須茂(国立工業高等専門学校教授)

写真は夏雲が涌く7月の霧ヶ峰高原。
(写真と本文は関係しません)



 筆者は埼京線の十条という貧乏人の多い北区という所に生まれ育った。

 物心がついてから東京の周りをウロウロ転々として、栃木県は小山市にある専門学校に職を求め、30年間にわたる教員生活を終えた。

 筆者と縁のあった不運な学生に対して、期待をこめて「別に偉くならなくてもよいから、世の中の理不尽なこと、不条理なことには敢然と意見のいえる大人になってほしい」といってきました。

 毎年、秋に筆者の担任していたクラスの旅行が定例となり、今では20名近い卒業生が参加している。宴会が始まると、卒業生による自分の現状の近況報告が行われる。その近況報告の中から2つの話題を紹介しよう。

 ある卒業生が数年間勤めた会社を退職して、千葉に住んでいる彼女に惹かれて、千葉にあるガスの供給会社に新聞広告を見て応募し、勤めることになりました。そのガス会社の叩き上げの社長、従業員の前で訓辞するのが人一倍好きで、毎日朝礼の後10~20分の訓辞をするそうであった。

 あるとき、社長が仕事で茨城方面にドライブにでかけたとき、ある集落の家屋が3階建てのお城のような建物の群れをなしているのに遭遇して、その集落の裕福さにびっくり、他人が羨むほどの家を建てることが「男の甲斐性」といった偏った哲学を胸に秘めて戻ってきたそうだ。

 早速、朝礼において、従業員の前でその感激を伝えました。それでやめておけば、何も問題はなかったのですが、よせばよいのに従業員に感想を求めました。事務所の女の子たちは

 「どんな収入の人が、そういう家を建てられのかを知りたい」
 「どんな社会的地位の人がそういう御殿のような家に住めるのか」
 「私も一日も早くそのような御殿に住んでみたい」

といった内容で、社長をよいしょしたからたまらない。

 すっかり有頂天になった社長が、よせばよいのに筆者の教え子に白羽の矢を当ててしまった。

 「おっそうだ!この間、工業高等専門学校を出た者が入社してきたな。そうだ。お前だ。お前はどう思う?」

 そこで、教え子はしどろもどろやっていれば、嵐も通り過ぎてしまったのであるが、あまりに周りの者がバカバカしいことを言うので、ついに本音を喋ってしまった。

 「家というのは、夫婦と子供たちが楽しく暮らせるだけのスペースがあればよい。御殿のような家を建てて、やがて子供たちも出て、夫婦だけが残されれば、掃除だけでも大変なことになる。私は御殿のような家を間違っても建てようとは思わない」と言い放ってしまった。

 さあー、怒り出したのはガス会社の社長である。面目を丸つぶれにされたその社長は「お前のような人間をサラリーマンの負け犬というのだ。一生、マッチ箱のような家を建ててローンで追われた生活をおくればよい。人間はもっと素直になって、お城を見たら、俺もあんなお城を持ちたいなと思うのが人情というものだ。てめえのような貧乏神が、この会社にいると、どうしても士気に影響する。さっさと辞めてくれ」といってのけた。

 その話を聴いた筆者は、次の会社を紹介したが、心の中でこういう卒業生が一人でも出てきたことにうれしくなった。まさに教師冥利に尽きる。
 
 さらに、ある卒業生が自分の息子の父兄授業参観に参加したときのことだ。

 その授業は倫理道徳だった。ある事例を与えて、それに対する生徒の対応をみんなで討議するという全員参加の授業内容のようである。

 その事例というのが「放課後、グランドで子供たちがサッカーの練習をしていた。生徒の一人がゴールに向かってキックしたところ、的を外して教室のガラスを割ってしまった。さあ、生徒たちはこの問題をどう処置すればよいのか」への対応を生徒たちに聞くというのが主旨である。

 どうせ教育委員会の馬鹿な親父らが考えた未熟な問題であるが、その正しい対応というのが、教え子によると、「教員室の担任にその事実を報告し、その指示に従う」ということであったようです。

 しかし、私の教え子は父兄懇談の際に、ほかの父兄の前で「グランドで生徒たちがサッカーの練習をしていたら、教室のガラスを割ってしまった。生徒たちは日常当たり前のことをやっていただけで、何も問題になるようなことをしていたわけではない。教室にガラスの破片が散らばっているのは、翌日の授業に支障をきたすので、掃除は生徒たちが行うのは当然として、後はそのままでよいのではないか。見回りに来た警備員のおじさんもガラスの破損に気がつくし、後は学校側がその報告をもとに修繕すれば何も問題はないはずである」

 生徒たちの担任を通しての学校側の主張は「自分の不始末は教員に報告して、その指示に従う。たとえ教員に黙っていても、教員はすべて(密告者の協力で、)お見通しなのである」という上からの目線による解決案を提示した。これでは子供たちの自主的な行動が育つわけがない。

 確かに意見の選択肢の中に「その事実を黙っていて教員には一切報告しない」という意見もあって、それに賛成した女子学生が三人もいたそうです。

 その担任の先生もさる者、授業中にその奇特な生徒たち三人を当てて意見を求めるというようなことはしなかったそうだ。

 倫理道徳なんていう学問は習ったことはないが、最近の政治家、学校の教師の不始末を見るにつけ、大人に必要な学問のように思える。

 権力者に向って理不尽を訴える民主主義をいつまでも守りたいものだ。皆さんもお孫さんとお話しすることもあるであろう。あまりよい教育環境で勉強している訳ではないことを知っていただきたいだけです。

(執筆 黒須茂 元国立高等専門学校教授 日本計量史学会会員 2017年7月)

「黙っていてはならない」-理不尽を訴える民主主義を守りたい- 黒須茂(国立工業高等専門学校教授)

旅のエッセー集 essay and journey(essay of journey) 旅行家 甲斐鐵太郎
essay and journey(essay of journey) by kai tetutaro

←ホームへ




大型はかりの検定検査合理化研究の再開 島田好昭

空気の重さ・密度と航空機の揚力 渡辺英夫

コリオリの力とバスタブの渦 小宮勤一

電気ブレーカーが錘(おもり)が落下する力で切る「私の地震対策」 篠崎 順一郎

牧野富太郎博士の植物画 大井みさほ


韓国でのセミナー講師を通じて感じた韓国の計量事情-その1-執筆 横田俊英

韓国でのセミナー講師を通じて感じた韓国の計量事情-その2- 「日本の計量器産業論-その1-」序論) 執筆 横田俊英

「日本は貿易立国ではない]輸出依存度は15.2%

日本は第3次産業に移行中。変化する産業・職業構造(総務省統計局が2005年国政調査もとにまとめた資料による)

国土地理が日本の重力値の基準を40年ぶりに更新。国土地理院が2017年3月15日に公表

「重力を知る」 重力とは、重力の単位、地球の重力値、重力の役割

計測自動制御学会2017年第1回力学量計測部会運営委員会6月16日(金)に開かれる

5月下旬の韓国ソウル市中心街で過ごした一日(日本と韓国を考えるために役だった滞在だった)

中村進の社会時評 「角界の野球賭博と警察の物差しの狂い方」今回の野球賭博で相撲界だけを問題にすることには疑問

黒須茂のエッセー 「人間万事塞翁が馬」天下り校長の悪行を地元紙であばくことで書くことに快感をもつようになった

夏至の日の旅行。滋賀県の草津駅で「旅は夕暮れに尽きる」と思う 旅行家 甲斐鐵太郎

郡上八幡の6月24日は夏だった 宿の白い暖簾が気持ちいい 旅行家 甲斐鐵太郎

6月25日、日曜日の高山を訪れる。古い町並みと朝市を見物する。旅行家 甲斐鐵太郎

カッコーが八島湿原で啼けば夏です 旅行家 甲斐鐵太郎

山みちで老いたキツネにであう 旅行家 甲斐鐵太郎

長良川上流を旅する ゲンジボタルが郡上市白鳥の宿の裏の小川の宙を舞う2017年7月7日であった 旅行家 甲斐鐵太郎

郡上八幡の盆踊りの始まりに合わせて長良川を旅しました 旅行家 甲斐鐵太郎

長良川上流を旅する 郡上おどりが始まった2017年7月8日に郡上市を訪ねる 旅行家 甲斐鐵太郎

長良川上流を旅する 長良川鉄道終着の北濃駅の食堂「花まんま」で蕎麦と鮎ご飯を食べ2017年7月8日 旅行家 甲斐鐵太郎

築地の魚河岸で働く人々から愛されながら計量管理は続く 築地市場計量管理担当 計量士 安齋正一

漢詩 無法松の一生 作詞 岡千風 想いを寄せる夫人を前に松五郎は「流れ打ち」「勇駒」「暴れ打ち」と太鼓を響かせたのでした(文章は岡和雄)

「猫額に犬が来た」-猫額通信9-村田浩美(製品評価技術基盤機構 認定センター勤務)

「黙っていてはならない」-理不尽を訴える民主主義を守りたい- 黒須茂(国立工業高等専門学校教授)

ローマ時代の鉄の価格 新井宏(日本計量史学会理事)

アラゴーの円盤とグリニッジ本初子午線 松本栄寿(日本計量史学会理事)

韓国で食べた中国料理は横浜や神戸の中華街の料理よりもずっと上等な味がした 旅行家 甲斐鉄太郎

長良川鉄道を旅する 終着駅北濃でくつろぐ。向こうの長良川上流では鮎釣りをしている。ゆるりとした時が過ぎる。 旅行家 甲斐鉄太郎

TOPへ


「計量計測データバンク」サイトマップ
measure and measurement data bank of saite map

計量計測データバンク 目次 サイト
計量計測データバンク 目次 サイト(一括閲覧サイト)
社会の統計と計量計測の統計
一括表示版「社会の統計と計量計測の統計」
「計量計測データバンク」小論、評論、随筆、論文、エッセー、文芸ほか(目次版
計量計測データバンク 目次 サイト(一括閲覧サイト) 

計量計測データバンク「計量計測辞書」 measure and measurement dictionary
「計量計測データバンク」




「計量計測データバンク」サイトマップ
measure and measurement data bank of saite map