「計量計測データバンク」サイトマップ
measure and measurement data bank of saite map

アラゴーの円盤とグリニッジ本初子午線 松本栄寿(日本計量史学会理事)
ルーブル美術館には、フランスが本初子午線をめぐってイギリスと争った証しが残されている。
それは中庭に残る径12センチのアラゴーの円盤である。

アラゴーの円盤とグリニッジ本初子午線 松本栄寿(日本計量史学会理事)

アラゴーの円盤とグリニッジ本初子午線 松本栄寿(日本計量史学会理事)

 ルーブル美術館には、フランスが本初子午線をめぐってイギリスと争った証しが残されている。それは中庭に残る径12センチのアラゴーの円盤である。

 パリ市は1995年に135枚の円盤をアラゴーの生誕200年を記念して市内に埋めた。フランスがメートル法の制定のため測量した足跡である。

 地球を対象にした大規模な科学的な測量はまずフランスからはじまった。天文学者カッシーニの一族の測量から、フランス革命時にはメートル法制定のための測量が行われた。
 
図1:ルーブルとアラゴーの円盤(著者)


1、.メートル法をめぐる国際会議

 フランスではダンケルクからスペインのバルセロナ1100キロを測量し、それをもとに長さの基準(メートル法)の制定をめざした。1792年から6年もかかった測量だった。この測定値をもとに確定メートル原器が造られた。また、革命中の測量の正しさを確認しようとフランソワ・アラゴー(1786-1853)は1806年に再測量をおこなって測量の差は2ミリメートルに過ぎないことを実証した。

 これらをもとに、1870年代にはメートル法の国際会議がしばしば開かれた。1872年には国際原器と国際局の設立、1875年の外交官会議でメートル法条約が決定された。参加国24ヵ国、賛成16、反対2、保留4である。このとき反対はイギリス、オランダであった。

2、.本初子午線をめぐる国際会議

 1884年、ワシントンで国際子午線会議が開催された。子午線をめぐっては、イギリス、フランス、スペイン、デンマークなどがそれぞれ本初子午線を主張していた。各国の天文台を東経・西経の基線にする案である。

図2:本初子午線をめぐる各国


イギリス、フランス、デンマーク、オランダなどが主張
 
 参加24カ国、アメリカからグリニッジ案が提案され、結果は、賛成21、反対1、棄権2である。フランスは棄権している。

 イギリス代表団からは政府が発行する海図と航海暦がフランス、アメリカ、ドイツを含む各国が大量に購入している事実が報告された。イギリスの代表団にはケルビン卿が参考人として出席していたが、大西洋横断ケーブルの敷設の経験からグリニッジ子午線が役立つと発言した。

 メートル法との差を探ってみよう。メートル法測定時代と本初子午線決定時との間には大きな技術革新があった。

(1) ハリソンのクロノメータの普及:1764年にH-4型が完成したが、普及は遅れ1821年以降に「航海暦」とともに使われるようになった。

(2) 正確なグリニッジ時間の伝達:電信によって、1852年からイギリス王立天文台からグリニッジ時の外部への伝達が可能になった。

(3) 大西洋横断ケーブルの敷設とウイリアム・トムソン(後のケルビン卿1824-1907):大西洋横断ケーブルは1857年と1858年に敷設が始められた。何度も失敗するが

 30代の若者ケルビン卿は、最初の敷設から最後の成功まで敷設船に同乗していた。まず、彼は1858年時の難問、受信信号がくずれ判読に長時間かかる問題を解決していた。ケーブルを太くし、外被との電気容量を小さくする方法である。

(4) アメリカの南北戦争とケーブル:南北戦争で中断、1865年に再開されたが、途中でケーブルを船から落としてしまう。再度1866年に成功したが、その際に1865年に失敗したケーブルを引き上げて再使用できるようになった。

 1866年の敷設作業のさいに、敷設船船長の提案で敷設中のケーブルを介して、グリニッジから時報を受信していた。これから正確な経度が分かり、ケーブルの引き上げに成功した。巨額の投資が戻った。

図3:大西洋横断ケーブルの敷設
Harper’s Weekly (1858/11/4)



3、グリニッジ時報の電信伝達

 電信の伝達が、自分が地球のどこにいるかを知ることを可能にした。これが、メートル法測量に基本を置こうとしたフランスの主張を退け、グリニッジが本初子午線に決定した大きな理由である。

 しかし、アラゴーは測量家であり、物理学者であり、電磁誘導を発見した。政治家でもあったが、最後はパリ天文台台長を務めている。パリの天文台を南北に貫く135枚のアラゴーの円盤には、メートル法、測量、電力測定、それぞれの意味合いがこめられている。

図4:アラゴーの円盤(パリ市内に135枚)


文献:
1)計量新報2005年5月22号
2)小泉袈裟勝著「度量衡の歴史」中央計量検定所編(1961)
3)Protocols of the Proceedings; ”INTERNATIONAL CONFERENCE HELD AT WASHINGTON, for the purpose of fixing A PRIME MERIDIAN and A UNIVERSAL DAY”, (October,1884)
4)デレク・ハウス(訳:橋爪若子)「グリニッジ・タイム」東洋書林(2007)

 (執筆 松本栄寿 日本計量史学会理事 2017年7月)

アラゴーの円盤とグリニッジ本初子午線 松本栄寿(日本計量史学会理事)

旅のエッセー集 essay and journey(essay of journey) 旅行家 甲斐鐵太郎
essay and journey(essay of journey) by kai tetutaro

←ホームへ




大型はかりの検定検査合理化研究の再開 島田好昭

空気の重さ・密度と航空機の揚力 渡辺英夫

コリオリの力とバスタブの渦 小宮勤一

電気ブレーカーが錘(おもり)が落下する力で切る「私の地震対策」 篠崎 順一郎

牧野富太郎博士の植物画 大井みさほ


韓国でのセミナー講師を通じて感じた韓国の計量事情-その1-執筆 横田俊英

韓国でのセミナー講師を通じて感じた韓国の計量事情-その2- 「日本の計量器産業論-その1-」序論) 執筆 横田俊英

「日本は貿易立国ではない]輸出依存度は15.2%

日本は第3次産業に移行中。変化する産業・職業構造(総務省統計局が2005年国政調査もとにまとめた資料による)

国土地理が日本の重力値の基準を40年ぶりに更新。国土地理院が2017年3月15日に公表

「重力を知る」 重力とは、重力の単位、地球の重力値、重力の役割

計測自動制御学会2017年第1回力学量計測部会運営委員会6月16日(金)に開かれる

5月下旬の韓国ソウル市中心街で過ごした一日(日本と韓国を考えるために役だった滞在だった)

中村進の社会時評 「角界の野球賭博と警察の物差しの狂い方」今回の野球賭博で相撲界だけを問題にすることには疑問

黒須茂のエッセー 「人間万事塞翁が馬」天下り校長の悪行を地元紙であばくことで書くことに快感をもつようになった

夏至の日の旅行。滋賀県の草津駅で「旅は夕暮れに尽きる」と思う 旅行家 甲斐鐵太郎

郡上八幡の6月24日は夏だった 宿の白い暖簾が気持ちいい 旅行家 甲斐鐵太郎

6月25日、日曜日の高山を訪れる。古い町並みと朝市を見物する。旅行家 甲斐鐵太郎

カッコーが八島湿原で啼けば夏です 旅行家 甲斐鐵太郎

山みちで老いたキツネにであう 旅行家 甲斐鐵太郎

長良川上流を旅する ゲンジボタルが郡上市白鳥の宿の裏の小川の宙を舞う2017年7月7日であった 旅行家 甲斐鐵太郎

郡上八幡の盆踊りの始まりに合わせて長良川を旅しました 旅行家 甲斐鐵太郎

長良川上流を旅する 郡上おどりが始まった2017年7月8日に郡上市を訪ねる 旅行家 甲斐鐵太郎

長良川上流を旅する 長良川鉄道終着の北濃駅の食堂「花まんま」で蕎麦と鮎ご飯を食べ2017年7月8日 旅行家 甲斐鐵太郎

築地の魚河岸で働く人々から愛されながら計量管理は続く 築地市場計量管理担当 計量士 安齋正一

漢詩 無法松の一生 作詞 岡千風 想いを寄せる夫人を前に松五郎は「流れ打ち」「勇駒」「暴れ打ち」と太鼓を響かせたのでした(文章は岡和雄)

「猫額に犬が来た」-猫額通信9-村田浩美(製品評価技術基盤機構 認定センター勤務)

「黙っていてはならない」-理不尽を訴える民主主義を守りたい- 黒須茂(国立工業高等専門学校教授)

ローマ時代の鉄の価格 新井宏(日本計量史学会理事)

アラゴーの円盤とグリニッジ本初子午線 松本栄寿(日本計量史学会理事)

韓国で食べた中国料理は横浜や神戸の中華街の料理よりもずっと上等な味がした 旅行家 甲斐鉄太郎

長良川鉄道を旅する 終着駅北濃でくつろぐ。向こうの長良川上流では鮎釣りをしている。ゆるりとした時が過ぎる。 旅行家 甲斐鉄太郎

TOPへ


「計量計測データバンク」サイトマップ
measure and measurement data bank of saite map

計量計測データバンク 目次 サイト
計量計測データバンク 目次 サイト(一括閲覧サイト)
社会の統計と計量計測の統計
一括表示版「社会の統計と計量計測の統計」
「計量計測データバンク」小論、評論、随筆、論文、エッセー、文芸ほか(目次版
計量計測データバンク 目次 サイト(一括閲覧サイト) 

計量計測データバンク「計量計測辞書」 measure and measurement dictionary
「計量計測データバンク」




「計量計測データバンク」サイトマップ
measure and measurement data bank of saite map