「計量計測データバンク」サイトマップ
measure and measurement data bank of saite map

空気の重さ・密度と航空機の揚力 渡辺 英夫

「空気薄く揚力足りず」「燃料や人数に制限も」 新聞に「温暖化…航空機ダイエット?」という記事が載りました


空気の重さ・密度と航空機の揚力 渡辺英夫

空気の重さ・密度と航空機の揚力 渡辺英夫
写真は渡辺英夫氏


写真は熱した電車の屋根を水で冷やすさま。
   (本文とは関係ありません)



 梅雨明け宣言前にも関わらず暑い日が続いた中、某新聞に「温暖化…航空機ダイエット?」という記事が載りました。「空気薄く揚力足りず」「燃料や人数に制限も」という見出しも目を引きました。いよいよ温暖化が経済活動に影を落としたか?

 その一週間前、たまたま軽井沢に用があり行った際、暑いにも関わらす風が心地よく流石、高地と感じてきたところでした。その日の軽井沢の午後の気温は31.6℃、湿度44%、気圧907・3hPa。

 東京駅新幹線ホームでは昼時、28.7℃、湿度65%、気圧1009hPaでした。測定に使用した計器の不確かさは、さておき空気の密度や如何に…。

 計算してみると軽井沢では1.03mg/cm3、東京駅では1.15mg/cm3と、11%ほどの密度の変化を体感したことになりました。爽やかに感じたのは多分に湿度のせいでしょうが、計算過程で温暖化で気温が上昇し飽和水蒸気量も増えると益々、空気の密度が薄くなり某記事の危惧も納得した次第です。

 ご参考までに空気の重さ、密度は神奈川県計量協会ホームページの計量まめ知識のコーナーで計算できます。

 ちなみに、時折り気球の大会が報じられることがありますが、気球の体積を2000立方mとすると中の空気を仮に80℃に温め、周囲の気温25℃、気圧1013hPaとすれば、差し引き532kgの浮力のあることが確認できます。

(渡辺英夫 大手電機メーカーに勤務 計量士 2017年7月記)

空気の重さ・密度と航空機の揚力 渡辺英夫



空気の重さ・密度と航空機の揚力 渡辺英夫

コリオリの力とバスタブの渦 小宮勤一

電気ブレーカーが錘(おもり)が落下する力で切る「私の地震対策」 篠崎 順一郎

牧野富太郎博士の植物画 大井みさほ

新 野鳥歳時記 ライチョウ(雷鳥)(その1)

新 野鳥歳時記 イワヒバリ

新 野鳥歳時記 アカハラ


旅のエッセー集 essay and journey(essay of journey) 旅行家 甲斐鐵太郎
essay and journey(essay of journey) by kai tetutaro

←ホームへ

韓国でのセミナー講師を通じて感じた韓国の計量事情-その1-執筆 横田俊英

韓国でのセミナー講師を通じて感じた韓国の計量事情-その2- 「日本の計量器産業論-その1-」序論) 執筆 横田俊英

「日本は貿易立国ではない]輸出依存度は15.2%

日本は第3次産業に移行中。変化する産業・職業構造(総務省統計局が2005年国政調査もとにまとめた資料による)

国土地理が日本の重力値の基準を40年ぶりに更新。国土地理院が2017年3月15日に公表

「重力を知る」 重力とは、重力の単位、地球の重力値、重力の役割

計測自動制御学会2017年第1回力学量計測部会運営委員会6月16日(金)に開かれる

5月下旬の韓国ソウル市中心街で過ごした一日(日本と韓国を考えるために役だった滞在だった)

中村進の社会時評 「角界の野球賭博と警察の物差しの狂い方」今回の野球賭博で相撲界だけを問題にすることには疑問

黒須茂のエッセー 「人間万事塞翁が馬」天下り校長の悪行を地元紙であばくことで書くことに快感をもつようになった

5月下旬の韓国ソウル市中心街で過ごした一日
(日本と韓国を考えるために役だった滞在だった)


牧野富太郎博士の植物画 大井みさほ

TOPへ


「計量計測データバンク」サイトマップ
measure and measurement data bank of saite map

計量計測データバンク 目次 サイト
計量計測データバンク 目次 サイト(一括閲覧サイト)
社会の統計と計量計測の統計
一括表示版「社会の統計と計量計測の統計」
「計量計測データバンク」小論、評論、随筆、論文、エッセー、文芸ほか(目次版
計量計測データバンク 目次 サイト(一括閲覧サイト) 

計量計測データバンク「計量計測辞書」 measure and measurement dictionary
「計量計測データバンク」




「計量計測データバンク」サイトマップ
measure and measurement data bank of saite map