「計量計測データバンク」サイトマップ
『計量 計測データバンク』トップページへ
「日本計量新報」今週の話題と重要ニュース(速報版)

「日本計量新報」今週の話題と重要ニュース(速報版) 2017年10月26日号「日本計量新報週報デジタル版」
ドラフト会議の目玉は清宮幸太郎日ハムが交渉権獲得。
各チームが指名した選手一覧。サンケイスポーツ。

経済産業省計量行政室の「計量行政」のwebサイトに、2017年9月15日、「計量制度見直し」のページが設けられました。
http://www.meti.go.jp/policy/economy/hyojun/techno_infra/000_keiryou_minaoshi.html
9月15日から、同ページに「関連資料」として、「計量行政審議会答申をふまえた 計量制度の見直しについて
<平成29年度政省令改正の概要> (平成29年9月版)(PDF形式:3,576KB)」が掲載されています。
政省令改正に関する、最新の説明資料です。
http://www.meti.go.jp/policy/economy/hyojun/techno_infra/keiryoho_kaisei/170915_keiryouseidominaoshi.pdf

今週の話題と重要ニュースなど


「日本計量新報」今週の話題と重要ニュース(速報版) 2017年10月26日号「日本計量新報週報デジタル版」

日本計量新報
3169
号目次(2017年10月29日号)

自動はかりの実態調査開始(128日(金)まで)、111日に計量記念日全国大会 1

2017全国の計量記念日行事(都道府県・特定市)(12

特集・とうきょうの計量No.257     457

現場の計測管理座談会(5            6

社説、とうきょうの計量(45面のつづき)7

一般・環境計量特別教習を募集(1117日まで)、関東甲信越地区計量団体連絡協議会開く 8

旧塩山の恵林寺界隈を見物した庭には枯葉が散っている。秋だ。


【17/10/25】「トピックス」を更新しました 。
【17/10/23】「トピックス」を更新しました 。
【17/09/20】「社説(2017年度)」を10月分追加しました。
【17/10/19】「トピックス」を更新しました 。
【17/10/19】『日本計量新報』2017年10月08日号(3167)1面2017年10月22日号(3168)1面を掲載。
【17/10/19】全紙面を更新 (10月22日号(3168)を掲載)
【17/10/06】全紙面を更新 (10月08日号(3167)を掲載)
【17/09/28】『日本計量新報』2017年10月01日号(3166)1面を掲載。
【17/09/28】全紙面を更新 (10月01日号(3166)を掲載)
【17/09/25】「トピックス」を更新しました 。
【17/09/25】『日本計量新報』2017年09月24日号(3165)1面を掲載。

【17/10/25】〈産総研計量標準総合センター(NMIJ)〉2017/10/24|質量の単位「キログラム」の新たな基準となるプランク定数の決定に貢献-世界最高レベルの精度でプランク定数を測定-|goo.gl/qvdEYA
【17/10/23】〈NMIJ計量研修センター〉2017年10月20日|一般計量特別教習、環境計量特別教習|「平成29年度 一般計量特別教習」及び「平成29年度 環境計量特別教習」 受講のご案内を掲載(お申込み期間:11月17日書類必着 ただし定員になり次第終了)|goo.gl/VWwcjx
【17/10/19】〈国立天文台〉月の地下に巨大な空洞を確認|2017年10月19日 |研究成果|goo.gl/SWtdA9
【17/10/19】〈国立天文台〉重力波天体が放つ光を初観測:日本の望遠鏡群が捉えた重元素の誕生の現場 ―重力波を追いかけた天文学者たちは宝物を見つけた―|2017年10月16日 |研究成果|goo.gl/JoSwdC
【17/10/19】〈経済産業省計量行政室〉自動はかり実態調査を開始しました(平成29年10月18日)|goo.gl/rMs1ro
【17/10/19】〈経済産業省計量行政室〉自動はかりにおける 「取引」/「証明」事例集 (平成29年9月版)(PDF形式:1,005KB)|goo.gl/1jzsAu

「計量計測データバンク」日替わり情報
2017年10月26日の気になるニュースです。
26日午後5時行われる。ソフトバンクは王貞治球団会長(77)が早実高の後輩、清宮幸太郎内野手(3年)を1位指名すると宣言。サンケイスポーツ。
マツタケの人工栽培に世界で初めて成功したと、韓国紙の中央日報(電子版)が9月に伝えた。産経新聞。
日産自動車が無資格の従業員に新車の検査をさせていた問題で、国土交通省は、同社の新車検査体制を無期限の「監視対象」とする。朝日新聞。
無所属で当選した岡田克也・民進党元代表らが衆院で新会派「無所属の会」を結成することを決めた。読売新聞。
27社が社説で森友・加計学園、安倍晋三首相に説明をするよう求め、「過去の問題」と片付けないよう主張している。毎日新聞。
藤井聡太四段(15)が高校に進学する。朝日新聞。
「計量計測データバンク」日替わり情報
「森友学園」問題で25日、会計検査院が最大6億円の過剰な値引きだと試算している。検査院は国の撤去費用の算定を疑問視している。産経新聞。
河野太郎外相は25日首相をめざす考えも表明した。日経。
2017年10月25日の気になるニュースです。
小池代表に辞任要求相次ぐ 希望両院懇、本人は続投表明。日経。
政府系の商工組合中央金庫(商工中金)が国の制度融資で不正を繰り返した問題、安達健祐社長(元経済産業事務次官)が引責辞任。朝日新聞。
商工中金ほぼ全店で不正、関与職員も数百人。朝日新聞。
東大・宮台康平投手(4年=湘南)が東大法学部から初のプロ入りを目指す。「どこに指名されるか分からないけど、信じて待ちます。ワクワクしています」日刊スポーツ。
「計量計測データバンク」日替わり情報
2017年10月24日の気になるニュースです。
ドラフト会議が、26日に都内のホテルで開かれる。金本知憲監督(49)が競合した場合のクジ引き役を務めることが決定。スポニチ。
8月末で閉館した大津パルコ(大津市打出浜)の後継となる大型商業施設に、大手スーパー「平和堂」(彦根市)が出店することになった。来春に開業予定。産経新聞。
広陵・中村奨成も広島と中日競合へ「どこでもOK」日刊スポーツ。
ヤクルト小川監督は早実・清宮幸太郎獲得へ自然体で挑む。日刊スポーツ。
「計量計測データバンク」日替わり情報
2017年10月23日の気になるニュースです。
中日は26日午後5時から始まるドラフト会議、1位候補は清宮幸太郎内野手(18)の指名を見送り、広陵・中村奨成捕手(18)を本命に。中日スポーツ。
滋賀県知事を2期務滋賀1区から立候補した嘉田由紀子氏23日未明に落選確実が伝えられると悲痛な声を上げた。産経新聞。
「さわやかな風を感じる。体が軽い」一夜明けて辻元氏 「これまでで一番しんどかった」産経新聞。
岸田氏、地元入りわずか1日も「『ポスト安倍』にふさわしい結果」 広島1区。産経新聞。
「計量計測データバンク」日替わり情報
2017年10月22日の気になるニュースです。
「右足関節有痛性三角骨(足関節後方インピンジメント)除去術」を受けた大谷翔平投手(23)が退院した。サンケイスポーツ。
日本ハムは1位指名を公表せず、ポジションの言及も避けた。「どうしても欲しい選手を取りに行く。サンケイスポーツ。
「西武はJR東日本の田嶋大樹投手を1位指名することで決定した」と明言。サンケイスポーツ。
阪神、ドラフト会議のシミュレーション 早実・清宮の1位指名は不変。サンケイスポーツ。
「計量計測データバンク」日替わり情報
2017年10月21日の気になるニュースです。
張本勲氏(77)がTBS系トーク番組「サワコの朝」日本ハム・大谷翔平投手(23)の話題に触れ、「私も行きたいよ」と本音を語った。サンケイスポーツ。
落合博満氏(63)は大谷のメジャー挑戦に「賛成です。大賛成です」と。サンケイスポーツ。
電子版ってどんな機能があるの、そんな悩みに答えます!【日経電子版広報部】
「計量計測データバンク」日替わり情報
2017年10月20日の気になるニュースです。
工藤監督は初戦に続きソロアーチによる得点だけに終わった打線の奮起を促した。西日本新聞。
イーグルスが七回1死二塁から嶋基宏捕手の適時二塁打で勝ち越した。2番手の宋家豪投手がファーストステージと合わせCS2勝目。河北新報。
元大関若島津の一刻も早い回復を祈る。中日スポーツ。
鳥取1区は自民党前職の石破茂候補(60)が圧倒的な知名度と支持基盤を生かして独走を続けている。共産党新人の塚田成幸候補(53)は苦戦している。日本海新聞。
しまね小通学生新聞コンクール。山陰中央新報。
玉野市長選の期日前投票が前回同期の2.27倍に。山陽新聞。
「勝山喧嘩(けんか)だんじり」が19日夜、真庭市勝山地区で始まった。山陽新聞。

今週の話題と重要ニュースなど

日本計量新報週報デジタル版フ目次
1、私の履歴書 鍋島綾雄(19)
イシダワイド会会長に推薦される 2749号、2750号
1、計量計測データバンク フェイスブックニュース
(ニュースを週ごとに10本ほど掲載しております)
1、計量計測データバンク ツイートニュース(ニュースを週ごとに10本ほど掲載しております)
1、今週の日本計量新報全紙面 webサイトに掲載されている新聞のデジタル版です。全紙面を更新 (6月25日号(3154)を掲載)
新聞購読者は暗証番号を入力して閲覧することができます。


1、「日本計量新報」今週の話題と重要ニュース(速報版)は毎週定期で更新しております。
上をクリックしてお気に入りに登録してすると便利です。またご希望であれば毎週発行にあわせて
子メールで送付しますので、申し付け下さい。電子メールアドレスとお名前をお願いします。
日本計量新報編集部 edit@keiryou-keisoku.co.jp
日本計量新報企画業務部 mail@keiryou-keisoku.co.jp

どちら宛てでも構いません。日本計量新報社 TEL:03-3295-7871FAX:03-3295-7874

http://www.keiryou-keisoku.co.jp/


「日本計量新報」今週の話題と重要ニュース(速報版)

「日本計量新報」今週の話題と重要ニュース(速報版) 2017年10月5日号

私の履歴書 「陸軍航空士官学校で終戦を迎えハカリ屋になった男の記録」 鍋島綾雄(19)イシダワイド会会長に推薦される

目次

私の履歴書 「陸軍航空士官学校で終戦を迎えハカリ屋になった男の記録」(19)イシダワイド会会長に推薦される  目次

私の履歴書 鍋島 綾雄(19)イシダワイド会会長に推薦される

日東イシダ(株)会長、(社)日本計量振興協会顧問、前(社)宮城県計量協会会長

目次

イシダワイド会会長に推薦される 2749号、2750号

 イシダの代理店全国27社の会の名前をワイド会といった。初代会長は神戸衡機の宮坂社長であった。1973(昭和48)年宮坂社長の後任としてワイド会の2代目の会長に指名された。

 その3年前の1970(昭和45)年、未だ海外旅行が憧れだった頃、イシダがワイド会のメンバーを香港・バンコク旅行に招待した。資金繰りの後遺症が残っていた私は辞退したかったが、ツアーの団長をする北吉さん(外販の立ち上げの時世話になった)から是非にと誘われて参加することにした。お恥ずかしいことだが、当時5万円の小遣いを工面するのがやっとだった。他の代理店の社長さん達は50万も60万も懐にしてお土産の買い物に狂奔しているのを見て惨めな思いをしたものだった。家内に指輪を買う柄でもないが、この時初めて小さなヒスイの指輪を100ドルで買ってお土産に持って帰った。家内は100ドルの指輪を素直に喜んで大事にしてくれている。

 それから1983(昭和58)年、心臓の手術をして引退するまでの10年間、イシダワイド会の会長を勤めた。この10年間は丁度電子ハカリが出現し、ハカリ業界が急速に変化発展した時期と重なり、アナログ式のハカリは23万円だったのが電子ハカリになって450万円と一桁上がり、イシダが大発展を遂げた時期であった。

 従ってワイド会の結束も固く、イシダブランドは全国に浸透していった。

 そのワイド会の中で神戸と名古屋と仙台の代理店3社がイシダの御三家と称された時期があった。しかし、その後大阪の代理店が充実し、更に福岡の代理店が業績を伸ばし仙台は今では5位に甘んじている。それにしても全国の代理店の中から会長に選ばれたことは大変光栄なことであった。

 イシダには親会社としていろいろ面倒をみてもらい、日東の今日あるのはそのお陰以外の何ものでもないが、ワイド会のご縁で神戸衡機の宮坂さんにも大変可愛がって頂きお世話になった。

 神戸衡機は代理店としては珍しく販売だけでなく、しっかりした工場を持った代理店であり、鎌長とも関係が深かった。そういう意味では日東もよく似た形態なので親近感を感じていた。しかし内容はあらゆる面で日東より一桁も二桁も上であった。

 私は機会を見ては神戸衡機さんを訪問したが、宮坂社長の経営手腕に度肝を抜かれた。私は宮坂社長の真似は到底出来ないが、日東と似た形態の神戸衡機というお手本の存在に、私は勇気付けられ、しっかりやれば日東も一桁レベルアップすることが夢ではないとの確信を持つことに役立った。

(つづく)


私の履歴書 鍋島 綾雄

日本計量新報2724号(2008年5月18日)より連載

1 はじめに
2 鍋島家のルーツと灯篭売りの思い出
3 早熟な少年の頃
4 あこがれの陸軍幼年学校へ
5 運命の分かれ目
6 再出発
7 分銅とおもりの独占企業
8 長尾虎太氏の思い出
9 出張で11年間毎月東京へ
10 東京の秤屋さん
11 トラックスケールとの出会い
12 マージャンの思い出
13 新天地・仙台へ
14 未熟な経営者としての成功と失敗
15 トラックスケールを東北地区に拡販
16 外販との出会い
17 飛込み営業
18 流通革命とハカリの革命
19 イシダワイド会会長に推薦される
20 宮城県計量協会の理事に
21 副会長時代の思い出
22 紆余曲折を経た代検査事業の立ち上げ
23 会長に就任と先進県視察
24 協会の組織の変遷
25 多彩な事業を展開
26 指定定期検査機関のモデル仙台方式が実現
27 文化団体そして公益法人
28 東北6県北海道計量大会について思うこと
29 東北6県北海道計量協会の会長さん達
30 宮城の協会の顧問さん達
31 社団法人化50周年を祝う
32 日本計量協会理事に
33 登録制存続の攻防
34 日本計量振興協会の誕生
35 皇居に参内した感激
36 心臓手術
37 私の健康法(最終回)

 

週報デジタル版 面白話と真面目な話などエッセー

仙台藩と青葉城

カラスウリが赤くなって秋です


6月25日、日曜日の高山を訪れる。古い町並みと朝市を見物する旅行家 甲斐鐵太郎

黒須茂のエッセー 「人間万事塞翁が馬」天下り校長の悪行を地元紙で
あばくことで書くことに快感をもつようになった
(くろす・しげる(元国立高等専門学校教授)


夏至の日の旅行。滋賀県の草津駅で「旅は夕暮れに尽きる」と思う 旅行家 甲斐鐵太郎

郡上八幡の6月24日は夏だった 宿の白い暖簾が気持ちいい 旅行家 甲斐鐵太郎

役に立つかもしれない情報

計量法の重要事項  取引又は証明における規制   はかりの定期検査(計量法とはかりの定期検査についてQ&A)

取引又は証明における規制 (経済産業省産業技術環境局 計量行政室のホームページにリンクしてあります)
「この法律において「取引」とは、有償であると無償であるとを問わず、物又は役務の給付を目的とする業務上の行為をいい、「証明」とは、公に又は業務上他人に一定の事実が真実である旨を表明することをいう。」詳しい内容はここをクリックしして閲覧してください

はかりの定期検査(計量法とはかりの定期検査についてQ&A)(長野県計量検定所ホームページにリンクしてあります)


彼岸花
彼岸花を咲かすために人は草刈りをして待ち受けます。

新 野鳥歳時記 アカハラ

「日本計量新報」今週の話題と重要ニュース(速報版)

 以上のニュースと話題のほかに
「計量計測データバンク」facebook掲載データに関連の情報をたくさん積み上げております。左と下欄をクリックしてご覧ください。
 
facebook(http://www.facebook.com/keisoku
 twitter(@keiryoukeisoku

インターネットで閲覧できる『計量計測機器総合カタログ-質量計版-』(電子版はかりカタログ)
ご利用はこちらから→ http://goo.gl/VXH08a

←ホームへ

ページトップへ

『計量 計測データバンク』トップページへ
「日本計量新報」電子速報版は、『日本計量新報』の購読者を中心に、計量計測関連の皆さま(機関、企業、大学、計量士など)に配信しております。
皆様からのニュースの提供、手記の投稿などを歓迎いたします。

インターネットで閲覧できる『計量計測機器総合カタログ-質量計版-』(電子版はかりカタログ)
『日本計量新報』ご購読のお礼と、未購読者への お願い

.『日本計量新報』ご購読のお礼と、未購読者へのお願い

 ご購読されている皆様。ありがとうございます。引続きのご活用をお願いいたします。また、まだご購読ではない皆様には、ご購読を検討していただければ幸いに存じます。『日本計量新報』は週刊、タブロイド8ページ、価格は年間2万5000円(税抜)プラス消費税です。お申し込みは、電話03-3295-7871、FAX03-3295-7874、電子メールmail@keiryou-keisoku.co.jpで、承っております。お問い合わせも、お気軽にこちらまで。<申込先>電子メール宛先は次のとおりでございます。

日本計量新報
mail@keiryou-keisoku.co.jp
下記に、必要事項をお書きいただき、ご返信ください。FAXの場合は、03-3295-7874まで。
(1) 申込み内容(購読もしくは見本紙の請求)
□購読する □見本紙の送付を希望する
(2) 部数 部
(3) 氏名、会社・部署名

(4) 送付先住所

(5) 電話・FAX・メールアドレス
電話
FAX
電子メールアドレス
(6) 請求書の必要の有・無
□必要 □不要
(7) 請求先(新聞の送付先と異なる場合はご記入下さい)
日本計量新報編集部<edit@keiryou-keisoku.co.jp>
日本計量新報企画業務部〈mail@keiryou-keisoku.co.jp
101-0054、東京都千代田区神田錦町3-11-8 武蔵野ビル
 (株)
日本計量新報社
TEL:03-3295-7871FAX:03-3295-7874
http://www.keiryou-keisoku.co.jp/


「日本計量新報」今週の話題と重要ニュース(速報版) 2017年9月30日号

『計量 計測データバンク』トップページへ
築地の魚河岸で働く人々から愛されながら計量管理は続く 築地市場計量管理担当 計量士 安齋正一

漢詩 無法松の一生 作詞 岡千風 想いを寄せる夫人を前に松五郎は「流れ打ち」「勇駒」「暴れ打ち」と太鼓を響かせたのでした(文章は岡和雄)

「猫額に犬が来た」-猫額通信9-村田浩美(製品評価技術基盤機構 認定センター勤務)

「黙っていてはならない」-理不尽を訴える民主主義を守りたい- 黒須茂(国立工業高等専門学校教授)

ローマ時代の鉄の価格 新井宏(日本計量史学会理事)

アラゴーの円盤とグリニッジ本初子午線 松本栄寿(日本計量史学会理事)

大型はかりの検定検査合理化研究の再開 島田好昭

空気の重さ・密度と航空機の揚力 渡辺英夫

コリオリの力とバスタブの渦 小宮勤一

電気ブレーカーが錘(おもり)が落下する力で切る「私の地震対策」 篠崎 順一郎

牧野富太郎博士の植物画 大井みさほ

韓国で食べた中国料理は横浜や神戸の中華街の料理よりもずっと上等な味がした 旅行家 甲斐鉄太郎

長良川鉄道を旅する 終着駅北濃でくつろぐ。向こうの長良川上流では鮎釣りをしている。ゆるりとした時が過ぎる。 旅行家 甲斐鉄太郎




←ホームへ

「日本計量新報」今週の話題と重要ニュース(速報版)

「計量計測データバンク」サイトマップ
measure and measurement data bank of saite map


『計量 計測データバンク』トップページへ
「日本計量新報」今週の話題と重要ニュース(速報版)
「計量計測データバンク」サイトマップ
measure and measurement data bank of saite map