「計量計測データバンク」サイトマップ
『計量 計測データバンク』トップページへ
「日本計量新報」今週の話題と重要ニュース(速報版)

日本計量新報」今週の話題と重要ニュース(速報版) 2017年9月29日号

国連で演説する安倍首相(時事通信)
安倍晋三首相は20日午後(日本時間21日未明)、国連総会で「必要なのは対話ではない。圧力だ」と強調した。
仕事をしない仕事人内閣、国会論議せずに総選挙突入。

お知らせ(2017年9月19日)
経済産業省計量行政室の「計量行政」のwebサイトに、2017年9月15日、「計量制度見直し」のページが設けられました。
http://www.meti.go.jp/policy/economy/hyojun/techno_infra/000_keiryou_minaoshi.html
9月15日から、同ページに「関連資料」として、「計量行政審議会答申をふまえた 計量制度の見直しについて
<平成29年度政省令改正の概要> (平成29年9月版)(PDF形式:3,576KB)」が掲載されています。
政省令改正に関する、最新の説明資料です。
http://www.meti.go.jp/policy/economy/hyojun/techno_infra/keiryoho_kaisei/170915_keiryouseidominaoshi.pdf

今週の話題と重要ニュースなど

「日本計量新報」今週の話題と重要ニュース(速報版) 2017年9月29日号

彼岸花
彼岸花を咲かすために人は草刈りをして待ち受けます。


彼岸花の上にはケヤキが葉を広げておりました。緑の木陰。


お知らせ(2017年9月19日)
経済産業省計量行政室の「計量行政」のwebサイトに、2017年9月15日、「計量制度見直し」のページが設けられました。
http://www.meti.go.jp/policy/economy/hyojun/techno_infra/000_keiryou_minaoshi.html
9月15日から、同ページに「関連資料」として、
「計量行政審議会答申をふまえた 計量制度の見直しについて <平成29年度政省令改正の概要> (平成29年9月版)(PDF形式:3,576KB)」
が掲載されています。
政省令改正に関する、最新の説明資料です。
http://www.meti.go.jp/policy/economy/hyojun/techno_infra/keiryoho_kaisei/170915_keiryouseidominaoshi.pdf

日本計量新報3165号目次(2017年9月24日号)
JASIS関西(仮称)を開催、日本計量機器工業連合会レベル計測入門セミナー開催 1面
資料・政省令改正の概要(2017〔平成29〕年9月版)(1) 2,3,4,5面
現場の計測管理座談会(2) 6面
寄稿・渡辺英夫、社説 7面
特集・守隨本店「確かな品質を保証する50t吊秤試験機を開発」、吊秤は群を抜く品揃え 8面


「計量計測データバンク」日替わり情報
2017年9月21日の気になるニュースです。
10月に発表されるノーベル賞の新たな有力候補22人を発表、化学賞候補に日本人。朝日デジタル
「太陽フレア」により、江戸時代に史上最大級の磁気嵐が起きていた。1770(明和7)年9月17~18日には各地でオーロラが見られた。朝日デジタル
「13歳のかわいらしい少女が誘拐され、北朝鮮スパイへの語学教育を強要されている」とトランプ大統領。の横田めぐみさんに言及。産経ニュース
主要100社を対象に朝日新聞が実施した景気アンケートで、国内の景気の現状を「緩やかに拡大している」とみる企業が8割弱にのぼった。朝日デジタル
谷垣氏は二階氏に「後進に道を譲りたい」と連絡、二階氏は慰留したが翻意しなかった。昨年7月、サイクリング中に転倒し、頸髄(けいずい)を損傷していた。朝日デジタル
セブン-イレブン・ジャパンが、おにぎりやサンドイッチ、デザートといった食品を中心に自動販売機型のコンビニ運営。NHKデジタル

2017年9月20日の気になるニュースです。
東芝は20日、半導体子会社「東芝メモリ」の売却先として、アメリカの投資ファンド「ベインキャピタル」と売却契約を結ぶことを決議した。NHKオンライン
航空自衛隊稚内分屯基地にある日本最北端のレーダーサイト5年後に「FPS7」配備る。「新しいレーダーで国民に安心安全を届けたい」出端雅春司令。NHKオンライン
安倍首相の衆院解散の意向を受け、政府・与党は「10月10日公示-10月22日投開票」の日程で衆院選を実施する方針を固めた。産経ニュース

2017年9月19日の気になるニュースです。
首相動静。9月19日(現地時間18日)午後、政府専用機でケネディ国際空港着。国連本部でイベント「万人の健康を通じたSDGsの達成」に出席し、スピーチ。朝日デジタル
シャープは19日、超小型プロジェクターの光源などに使う緑色半導体レーザーの量産を11月中旬から始めると発表した。 産経ニュース
雪舟の作品「倣夏珪(ほうかけい)山水図」が見つかった。明治学院大の山下裕二教授は「雪舟の代表作への道筋を示した重要な作品」と話す。産経ニュース

安倍晋三首相は20日午後(日本時間21日未明)、国連総会で「必要なのは対話ではない。圧力だ」と強調した。仕事をしない仕事人内閣、国会論議せずに総選挙突入。

今週の話題と重要ニュースなど

日本計量新報週報デジタル版フ目次
1、私の履歴書 鍋島綾雄(14)
未熟な経営者としての成功と失敗
1、計量計測データバンク フェイスブックニュース
(ニュースを週ごとに10本ほど掲載しております)
1、計量計測データバンク ツイートニュース(ニュースを週ごとに10本ほど掲載しております)
1、今週の日本計量新報全紙面 webサイトに掲載されている新聞のデジタル版です。全紙面を更新 (6月25日号(3154)を掲載)
新聞購読者は暗証番号を入力して閲覧することができます。


1、「日本計量新報」今週の話題と重要ニュース(速報版)は毎週定期で更新しております。
上をクリックしてお気に入りに登録してすると便利です。またご希望であれば毎週発行にあわせて
子メールで送付しますので、申し付け下さい。電子メールアドレスとお名前をお願いします。
日本計量新報編集部 edit@keiryou-keisoku.co.jp
日本計量新報企画業務部 mail@keiryou-keisoku.co.jp

どちら宛てでも構いません。日本計量新報社 TEL:03-3295-7871FAX:03-3295-7874

http://www.keiryou-keisoku.co.jp/


「日本計量新報」今週の話題と重要ニュース(速報版)
私の履歴書 「陸軍航空士官学校で終戦を迎えハカリ屋になった男の記録」 鍋島綾雄(14) 未熟な経営者としての成功と失敗  目次

目次

私の履歴書 「陸軍航空士官学校で終戦を迎えハカリ屋になった男の記録」 鍋島綾雄(14)未熟な経営者としての成功と失敗  目次
 1959(昭和34)年の暮れに仙台へ移った私は、1960(昭和35)年1月の総会で伊藤さんに最後の花道として社長に就任してもらうよう提案し、私は専務に就任した。そして日東で私が先ず手がけたことは、月に2回しか休みがなかったのを日曜・祭日は休みにしたこと、中卒の新入社員2名を日給150円(時給ではない)で採用したこと、中古の1トントラックを購入して運転手を採用したことであった。

 半年もたたない1960(昭和35)年4月、チリ地震で三陸沿岸は大津波に襲われ甚大な被害を蒙った。塩釜・石巻・気仙沼の魚市場や水産加工場の台秤は海水に浸かって使い物にならなくなった。丁度買ったばかりの中古の1トントラックで浜との間をピストン輸送して修理をするはかりを運んだ。思いがけないこの特需が、若い力で積極経営をやろうとスタートした私に大きなプラスとして作用した。

 そしてこのことがキッカケで修理ハカリの流通経路を変革し、業界でも珍しいスタイルを確立することにつながった。

 通常、ハカリの修理はユーザーが各地のハカリの販売店へ持ち込み、販売店から修理業者に送られ、修理が終わればその逆の経路で返されていった。しかし私は、三陸漁場というハカリの消耗の激しい(半年毎に修理が必要な)市場があるという利点を活かして、トラックで修理を集めて廻るというユーザーダイレクト営業を展開することにした。毎週検定し終わった修理品をトラックに満載して三陸漁場に配達して、帰りには修理をするハカリを満載して帰るという繰り返しであった。

 業界でも珍しいこの修理の営業はつい最近まで日東の収入のベースを構成する重要な部門として業績の向上に貢献してくれた。

 もう一つ取り組んだのは台秤の製造である。全国のメーカーを歩いたお陰で、何処にどういう材料があって何処のメーカーの製造工程が優れているか熟知しているつもりだったので、台秤の製造には自信があると自惚れていた。20数人の規模で相当の台数を造る体制を作り、事実相当な台数を造った。造った台秤の売り先は農協で、秋の米の収穫期になると飛ぶように売れるが、売り逃がすと翌年の秋までストックになる。

 見込み生産というのは材料を仕入れて倉庫で寝かし、製造してからも在庫で寝かし、売れてからも代金の回収まで又時間がかかる。


 修理は預かった時点で売れているのと同じだし、材料費もかからない。製造は材料を仕入れて金になるまで半年も1年もかかり、資金のないものがやるべき仕事ではない。若気の至りで自信満々で取り組んだが、台秤の製造は失敗だった。

 これに懲りて工場は受注した一品料理的な製品の製造に切り替え、見込み生産を止め、受注生産の原則を今日まで守ってきている。

 そしてイシダ・鎌長の東北地区代理店契約をして販売会社としての性格を強めて行くことになる。(つづく)

週報デジタル版 面白話と真面目な話などエッセー


カッコーが八島湿原で啼けば夏です 旅行家 甲斐鐵太郎

写真は高徳芳忠氏

「生産や効率化・省力に生かすことこそが計量士の使命と考えてきた」 高徳芳忠(計量士)

 「一体政治とは何なのか」を議論したくなるが、そんな余地などは全くない。首相を始め、大臣・局長・部長・室長はどんどん変わるばかり、『新計量法』とは、何を反省し、何を粘り強く守っていくために作られたのかが読み取れない。やたらに「規制緩和」や「グローバリズム」に流されているのみである気がする。最近では「自動はかり」と称して「これがはかり?」と思われる代物も現われるようになった。これも40年間放置したままの弊害と思われる。2年前に学んだモンテスキュー先生を再び読み返す気はないが、計量界に在るべき哲学が感じられないのが悲しい。やはり計量法とは、取引はもちろん、日々の生活のなかにしっかりと身に付いていなければならない法律である。特に本稿の後半は辛口の批評に終わったが、私も計量士として50年、今後も良い計量法が良い社会を生みだすように少しでも頑張っていきたいと思っている。(全文は次をクリックしてお読みください。戦後70年の夏 −計量の戦後史を思う−

6月25日、日曜日の高山を訪れる。古い町並みと朝市を見物する旅行家 甲斐鐵太郎

黒須茂のエッセー 「人間万事塞翁が馬」天下り校長の悪行を地元紙で
あばくことで書くことに快感をもつようになった
(くろす・しげる(元国立高等専門学校教授)

夏至の日の旅行。滋賀県の草津駅で「旅は夕暮れに尽きる」と思う 旅行家 甲斐鐵太郎

郡上八幡の6月24日は夏だった 宿の白い暖簾が気持ちいい 旅行家 甲斐鐵太郎

役に立つかもしれない情報

計量法の重要事項  取引又は証明における規制   はかりの定期検査(計量法とはかりの定期検査についてQ&A)

取引又は証明における規制 (経済産業省産業技術環境局 計量行政室のホームページにリンクしてあります)
「この法律において「取引」とは、有償であると無償であるとを問わず、物又は役務の給付を目的とする業務上の行為をいい、「証明」とは、公に又は業務上他人に一定の事実が真実である旨を表明することをいう。」詳しい内容はここをクリックしして閲覧してください

はかりの定期検査(計量法とはかりの定期検査についてQ&A)(長野県計量検定所ホームページにリンクしてあります)


彼岸花
彼岸花を咲かすために人は草刈りをして待ち受けます。

新 野鳥歳時記 アカハラ

「日本計量新報」今週の話題と重要ニュース(速報版) 2017年6月29日号
「日本計量新報」今週の話題と重要ニュース(速報版) 2017年7月7日号
「日本計量新報」今週の話題と重要ニュース(速報版) 2017年7月14日号

「日本計量新報」今週の話題と重要ニュース(速報版)

 以上のニュースと話題のほかに
「計量計測データバンク」facebook掲載データに関連の情報をたくさん積み上げております。左と下欄をクリックしてご覧ください。
 
facebook(http://www.facebook.com/keisoku
 twitter(@keiryoukeisoku

インターネットで閲覧できる『計量計測機器総合カタログ-質量計版-』(電子版はかりカタログ)
ご利用はこちらから→ http://goo.gl/VXH08a

←ホームへ

ページトップへ

『計量 計測データバンク』トップページへ
「日本計量新報」電子速報版は、『日本計量新報』の購読者を中心に、計量計測関連の皆さま(機関、企業、大学、計量士など)に配信しております。
皆様からのニュースの提供、手記の投稿などを歓迎いたします。

インターネットで閲覧できる『計量計測機器総合カタログ-質量計版-』(電子版はかりカタログ)
『日本計量新報』ご購読のお礼と、未購読者への お願い

.『日本計量新報』ご購読のお礼と、未購読者へのお願い

 ご購読されている皆様。ありがとうございます。引続きのご活用をお願いいたします。また、まだご購読ではない皆様には、ご購読を検討していただければ幸いに存じます。『日本計量新報』は週刊、タブロイド8ページ、価格は年間2万5000円(税抜)プラス消費税です。お申し込みは、電話03-3295-7871、FAX03-3295-7874、電子メールmail@keiryou-keisoku.co.jpで、承っております。お問い合わせも、お気軽にこちらまで。<申込先>電子メール宛先は次のとおりでございます。

日本計量新報
mail@keiryou-keisoku.co.jp
下記に、必要事項をお書きいただき、ご返信ください。FAXの場合は、03-3295-7874まで。
(1) 申込み内容(購読もしくは見本紙の請求)
□購読する □見本紙の送付を希望する
(2) 部数 部
(3) 氏名、会社・部署名

(4) 送付先住所

(5) 電話・FAX・メールアドレス
電話
FAX
電子メールアドレス
(6) 請求書の必要の有・無
□必要 □不要
(7) 請求先(新聞の送付先と異なる場合はご記入下さい)
日本計量新報編集部<edit@keiryou-keisoku.co.jp>
日本計量新報企画業務部〈mail@keiryou-keisoku.co.jp
101-0054、東京都千代田区神田錦町3-11-8 武蔵野ビル
 (株)
日本計量新報社
TEL:03-3295-7871FAX:03-3295-7874
http://www.keiryou-keisoku.co.jp/

『計量 計測データバンク』トップページへ
築地の魚河岸で働く人々から愛されながら計量管理は続く 築地市場計量管理担当 計量士 安齋正一

漢詩 無法松の一生 作詞 岡千風 想いを寄せる夫人を前に松五郎は「流れ打ち」「勇駒」「暴れ打ち」と太鼓を響かせたのでした(文章は岡和雄)

「猫額に犬が来た」-猫額通信9-村田浩美(製品評価技術基盤機構 認定センター勤務)

「黙っていてはならない」-理不尽を訴える民主主義を守りたい- 黒須茂(国立工業高等専門学校教授)

ローマ時代の鉄の価格 新井宏(日本計量史学会理事)

アラゴーの円盤とグリニッジ本初子午線 松本栄寿(日本計量史学会理事)

大型はかりの検定検査合理化研究の再開 島田好昭

空気の重さ・密度と航空機の揚力 渡辺英夫

コリオリの力とバスタブの渦 小宮勤一

電気ブレーカーが錘(おもり)が落下する力で切る「私の地震対策」 篠崎 順一郎

牧野富太郎博士の植物画 大井みさほ

韓国で食べた中国料理は横浜や神戸の中華街の料理よりもずっと上等な味がした 旅行家 甲斐鉄太郎

長良川鉄道を旅する 終着駅北濃でくつろぐ。向こうの長良川上流では鮎釣りをしている。ゆるりとした時が過ぎる。 旅行家 甲斐鉄太郎




←ホームへ

「日本計量新報」今週の話題と重要ニュース(速報版)

「計量計測データバンク」サイトマップ
measure and measurement data bank of saite map


『計量 計測データバンク』トップページへ
「日本計量新報」今週の話題と重要ニュース(速報版)
「計量計測データバンク」サイトマップ
measure and measurement data bank of saite map