「計量計測データバンク」サイトマップ
『計量 計測データバンク』トップページへ
「日本計量新報」今週の話題と重要ニュース(速報版)

日本計量新報」今週の話題と重要ニュース(速報版) 2017年9月8日号
宮内庁の発表

眞子内親王殿下のご婚約内定について(平成29年9月3日)
文仁親王同妃両殿下御感想(平成29年9月3日)
宮内庁長官発言要旨(平成29年9月3日)
眞子内親王殿下のご紹介(平成29年9月3日)

今週の話題と重要ニュースなど

「日本計量新報」今週の話題と重要ニュース(速報版) 2017年9月8日号

アサギマダラ 漂うように翔んでいる蝶 (9月に神馬高原で撮影)


日本計量新報 3163号目次(2017年9月10日号)
1面
第68回計量士国家試験実施要項
TEST2017、計測測定展2017年9月13日から開催
2面
計量団体が政省令改正の説明会を開催
2017年度第1回国際計量研究連絡会(国計連)開く
特定計量器検定検査規則を一部改正
3面
計量計測関連企業決算 2017年3月第1四半期(3)

4面、5面
第67回計量士国家試験問題(13)
6面
寄稿「小野威」
7面
社説、寄稿「横須賀健治」
8面
新製品「A&D」「佐藤計量器製作所」
企業情報「東日製作所」「浜松ホトニクス」
経産省計量行政室作成「よくある質問と回答」(4)

今週の話題と重要ニュースなど
「計量計測データバンク」2017年6月19日から9月7日までの日替わり情報です。
2017年9月7日の気になるニュースです。
ロシアを訪れている安倍総理大臣は7日にプーチン大統領や韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領との首脳会談。NHKオンライン
中国高官「次は東京上空」 日本に強い言葉で抑制対応要請か。東京新聞
加藤一二三九段、私は対局の前に『負ける』と思ったことは一回もなかった」 読売新聞
「新本格ミステリ」30年 人気作家が魅力語る、綾辻さんと京極夏彦さん、辻村深月さんの人気作家3人がトークショー。NHKオンライン
2017年9月6日の気になるニュースです。
秋篠宮ご夫妻の長男の悠仁さまは、6日、11歳の誕生日。NHKオンライン
ロシアのプーチン大統領は6回目の核実験を行った北朝鮮への対応について「感情的になって北朝鮮を追い詰めてはならない」と述べる。NHKオンライン
ロシア極東のウラジオストクを訪れている安倍総理大臣は、日本時間の6日午後5時、モンゴルのバトトルガ大統領と初めて会談しました。NHKオンライン
小泉元総理大臣は「すべて自然エネルギーで経済発展できる体制を作ることは、それほど困難ではない」原発ゼロを目指すべきだ。NHKオンライン
神戸市議辞職の橋本氏、政務活動費の不正請求認める。朝日デジタル
若者を中心とするビール離れによって、市場が12年連続で縮小するビール業界。NHKオンライン
2017年9月5日の気になるニュースです。
国内事業の伸び悩む。「世界第一」 日本最大のアパレルブランド「ユニクロ」を一代で築き上げた柳井正社長。NHKオンライン
北朝鮮が6回目の核実験を強行したことを受けて5日、長崎市の平和公園で被爆者団体などが抗議の座り込。NHKオンライン
北のミサイル・核「有事」なぜ円高に「他より安全」買い戻し。NHKオンライン
2017年9月4日の気になるニュースです。
原子力規制庁は北朝鮮が3日、核実験を行ったことを受け、全国300か所余りで放射線量を監視する。NHKオンライン
2017年9月3日の気になるニュースです。
秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さま「本日、天皇陛下のお許しをいただき、婚約が内定いたしましたことを誠にうれしく思っています」 NHKオンライン
韓国軍は3日昼ごろ、北朝鮮北東部で人工的な揺れを観測し、6回目の核実験と推定されると発表。NHKオンライン
2017年9月2日の気になるニュースです。
前原誠司元外相(55)が枝野幸男前幹事長(53)を破り、新代表に選出された。毎日新聞
内閣府が十四日発表した四~六月期の実質国内総生産(GDP)は、年率換算で前期比4・0%増。東京新聞
2017年9月1日の気になるニュースです。
富士通が携帯電話の開発・製造事業を売却する方針。東京新聞
日本兵が住民を米軍のスパイとみなし、乳児を含む計20人を殺害。朝日デジタル
正当な目的、存在しない 首都大学東京教授・木村草太氏(36) 毎日新聞

日本計量新報週報デジタル版 目次
1、私の履歴書 鍋島綾雄
(11) トラックスケールとの出会い 目次
1、週報デジタル版 面白話と真面目な話などエッセー。
1、計量計測データバンク フェイスブックニュース(ニュースを週ごとに10本ほど掲載しております)
1、計量計測データバンク ツイートニュース(ニュースを週ごとに10本ほど掲載しております)
1、今週の日本計量新報全紙面 webサイトに掲載されている新聞のデジタル版です。全紙面を更新 (6月25日号(3154)を掲載)
新聞購読者は暗証番号を入力して閲覧することができます。


1、「日本計量新報」今週の話題と重要ニュース(速報版)は毎週定期で更新しております。
上をクリックしてお気に入りに登録してすると便利です。またご希望であれば毎週発行にあわせて
子メールで送付しますので、申し付け下さい。電子メールアドレスとお名前をお願いします。
日本計量新報編集部 edit@keiryou-keisoku.co.jp
日本計量新報企画業務部 mail@keiryou-keisoku.co.jp

どちら宛てでも構いません。日本計量新報社 TEL:03-3295-7871FAX:03-3295-7874

http://www.keiryou-keisoku.co.jp/


「日本計量新報」今週の話題と重要ニュース(速報版)
私の履歴書 「陸軍航空士官学校で終戦を迎えハカリ屋になった男の記録」 鍋島綾雄(11) トラックスケールとの出会い 目次

目次

私の履歴書 「陸軍航空士官学校で終戦を迎えハカリ屋になった男の記録」 鍋島綾雄(11) トラックスケールとの出会い  目次

 1951(昭和26)年、度量衡法が改正され民主的な計量法が施行された。民間企業の末端にいた者にとってはその過程も分からないし、関心も低かった。ただ当時の計量課長高田忠氏が役所の代表、大和製衡(株)の専務小野竜造氏が民間代表で、この二人のコンビで骨格が出来たというもっぱらの噂だった。その中で私の印象に残っていることが一つある。

 戦前の物資の輸送は殆ど貨車輸送だった。戦後になって自動車産業の発達、そして道路整備が進むにつれてトラック輸送に変わりつつあった。新しい計量法の中でトラックスケールの検定を工場検定にするか、現地検定にすべきか問題になった。

 従来、貨車スケールは線路に埋め込んでの現地検定であったが、トラックスケールも現地に据え付けた状態で検定をすることになると、全国に販路を持つ大和製衡にとっては大変不利になるので小野竜造氏が強引に工場検定を主張して押し切ったという。大メーカーのエゴと言えなくもないが今日のトラックスケールの普及に役立った判断といえよう。

 貨車スケールは全国主要駅に数十台あれば間に合うが、トラックスケールは今日、年間数千台も造られている。

 私はふとした縁でトラックスケールと出会うことになった。東京にT社という社長以下56名の会社があって当時としては珍しくトラックスケールを造っていた。そこへ20キロ分銅500個、すなわち10トンの売り込みに成功した。価格は当時の価格で90万円だから27才の私にとってはかなり大型の商談であった。現金で払うのは大変だというので20トンのトラックスケールを2台バーター取引で引き取ることにした。そこまでは良かったのだがスケベー根性を出してお互いに30万円の手形を3枚づつ相手に払うことしたのが<RUBY CHAR="不味","まず">かった。1枚目・22目は何とか落ちたが最後の3枚目が不渡りになってしまった。

 催促に行くともう少し待ってくれとか、何日には都合できるからとか、終には私が行く日には逃げてしまって帰って来ない。そこでこちらも座り込み戦術で帰るまで待たせて貰う。工場の一隅に社長の自宅があり、奥さんが気立ての良い方で「どうぞお上がり下さい」といって夕食をご馳走してくれる。

 そこに永田さんという年配の設計屋さんが居候のような形で同居していた。永田さんは夜もトラックスケールの設計をしていた。私も手持ち無沙汰だから、社長の帰りを待つ間、永田さんと話をするようになった。そして永田さんは高松の出身でお互い同郷だと分かって益々親近感を持つようになったが、永田さんはそのころ画期的な桿元印字方式を考案して図面化の最中だったから私を捕まえて熱心に説明してくれた。

 この出会いが私にトラックスケールを深く勉強させることになり、これが後々役に立って生涯トラックスケールと関わり合うことになった。

 私が立て替えた不渡りの金は結局回収出来なかった。永田さんと親しくなったことから、永田さんを鎌長(この頃私は鎌長の営業も兼務していた)にスカウトすることに成功した。

 永田さんという優秀な(戦前は三菱の技術者)設計者を迎えたことがトラックスケールの製造に乗り出すきっかけとなり、その後鎌長はトラックスケールのトップメーカーに駆け上がることになる(つづく)

週報デジタル版 面白話と真面目な話などエッセー


「自動はかりは取引用のみに非ず」 高徳芳忠(計量士)
写真は高徳芳忠氏


 ホッパースケールやコンベヤースケールは取引にも使われますが、それを遥かに上回る数量が工場での生産性(生産原単位)の把握や品質管理のために用いられています。したがってここでの精度・安定性の向上は、工場経営の根幹を揺るがすものとなっているのが実状です。先にも述べたように資源なしの貿易立国日本であってみれば、プラント輸出にはこれらの自動はかりは、必須のように付いて廻り、手足となって働いているのです。これら自動はかりがOIMLやJISに基づいて設計・製作されるのならば、国の計量法もこれを認めまた推奨していただくことになり、各メーカーはそのことを表記するだけで客先に安心してもらえましょう。これは大きなメリットです。しかしさらに大きな効果は、それらをベースにして改善・改良を加えた場合に、それをハッキリ明記することができることです。ここに技術の進歩が起こり、わが国の技術が他国を凌ぎ優れていることも実証できるのも、OIMLの実使用の効果といえましょう。工業立国の面目が躍如として輝く日も遠くはありません。改善のアイデアを出すメーカーとそれをフィールドで実証するユーザーの共同開発も起こり得るというものです。(全文は次をクリックしてお読みください。高徳芳忠

6月25日、日曜日の高山を訪れる。古い町並みと朝市を見物する旅行家 甲斐鐵太郎

黒須茂のエッセー 「人間万事塞翁が馬」天下り校長の悪行を地元紙で
あばくことで書くことに快感をもつようになった
(くろす・しげる(元国立高等専門学校教授)

夏至の日の旅行。滋賀県の草津駅で「旅は夕暮れに尽きる」と思う 旅行家 甲斐鐵太郎

郡上八幡の6月24日は夏だった 宿の白い暖簾が気持ちいい 旅行家 甲斐鐵太郎

役に立つかもしれない情報

計量法の重要事項  取引又は証明における規制   はかりの定期検査(計量法とはかりの定期検査についてQ&A)

取引又は証明における規制 (経済産業省産業技術環境局 計量行政室のホームページにリンクしてあります)
「この法律において「取引」とは、有償であると無償であるとを問わず、物又は役務の給付を目的とする業務上の行為をいい、「証明」とは、公に又は業務上他人に一定の事実が真実である旨を表明することをいう。」詳しい内容はここをクリックしして閲覧してください

はかりの定期検査(計量法とはかりの定期検査についてQ&A)(長野県計量検定所ホームページにリンクしてあります)

「計量法施行令及び計量法関係手数料令の一部を改正する政令」を閣議決定

「計量法施行令及び計量法関係手数料令の一部を改正する政令」を閣議決定
2017年6月21日(水)公布、施行は10月1日(日)(一部条文は公布の日から)
「計量法施行令及び計量法関係手数料令の一部を改正する政令」を閣議決定。2017年6月21日(水)公布、施行は10月1日(日)(一部条文は公布の日から)

「計量法施行令及び計量法関係手数料令の一部を改正する政令」を閣議決定
2017年6月21日(水)公布、施行は10月1日(日)(一部条文は公布の日から)
特定計量器に「自動はかり」を追加、指定検定機関の区分追加、型式承認手数料見直し、特殊容器拡大ほか

6月16日、計量法施行令及び計量法関係手数料令の一部を改正する政令が閣議決定された。
政令は、2017年6月21日(水)公布される。施行は10月1日(日)から。ただし、一部条文(特殊容器関連など)は公布の日から施行する。
この改正は、2016(平成28)年11月に計量行政審議会で取りまとめられた答申「今後の計量行政の在り方-次なる10年に向けて-」を踏まえて、計量法施行令(平成5年政令第329号)および計量法関係手数料令(平成5年政令第340号)について必要な措置をするもの。
主な改正点は次のとおり。
特定計量器である質量計に「自動はかり」を追加し、検定証印等の有効期間(2年。ただし適正計量管理事業所が使用する自動はかりは6年)、検定の実施機関等(区分の追加)を追加で規定する。
追加される「自動はかり」は、「ホッパースケール」「充塡用自動はかり」「コンベヤスケール」「自動捕捉式はかり」の4器種。
対象となる製造・修理事業者及び使用者に対する影響を考慮し、指定検定機関の整備等を進めるために、特定計量器の使用や製造・修理事業者の届出に関する所要の経過措置、検定の開始時期等を定めている。
発泡酒をはじめとする酒税法の酒類全般について特殊容器の使用ができるよう、適用範囲を拡大し、発泡酒などの酒類が新たに使用可能になった。
産業技術総合研究所が実施する型式承認に関して改正した。
①技術基準に関して、外部機関の試験成績書が添付された場合に手数料を減額する。
②特定計量器ごとに一律であった手数料の額について、試験項目に応じた弾力的な手数料の額に改定した。
その他、1993(平成5)年の計量法施行令制定時における非自動はかり等の定期検査の免除期間特例措置を廃止するなど必要な改正をした。
【17/06/19】〈経済産業省計量行政室〉計量法施行令及び計量法関係手数料令の一部を改正する政令が閣議決定されました(6月16日)|goo.gl/gVoL11
【17/06/19】〈経済産業省計量行政室〉2017年6月16日|計量法施行令及び計量法関係手数料令の一部を改正する政令|改正のポイント|www.meti.go.jp/press/2017/06/2017..
【17/06/19】〈経済産業省計量行政室〉2017年6月16日|計量法施行令及び計量法関係手数料令の一部を改正する政令|政令案www.meti.go.jp/press/2017/06/2017..
【17/06/19】〈経済産業省計量行政室〉2017年6月16日|計量法施行令及び計量法関係手数料令の一部を改正する政令|理由
www.meti.go.jp/press/2017/06/2017..
【17/06/19】〈経済産業省計量行政室〉2017年6月16日|計量法施行令及び計量法関係手数料令の一部を改正する政令|要綱
www.meti.go.jp/press/2017/06/2017..
【17/06/19】〈経済産業省計量行政室〉2017年6月16日|計量法施行令及び計量法関係手数料令の一部を改正する政令|新旧対照条文
www.meti.go.jp/press/2017/06/2017..
【17/06/19】〈経済産業省計量行政室〉2017年6月16日|計量法施行令及び計量法関係手数料令の一部を改正する政令|参照条文
www.meti.go.jp/press/2017/06/2017..


パブリックコメント:意見募集〉結果|2017年06月20日|「計量法施行令及び計量法関係手数料令の一部を改正する政令案」に対する意見募集の結果について|提出意見数12件|意見を踏まえた修正:無 |(2017年6月20日goo.gl/mMpuZB


新 野鳥歳時記 アカハラ

「日本計量新報」今週の話題と重要ニュース(速報版) 2017年6月29日号
「日本計量新報」今週の話題と重要ニュース(速報版) 2017年7月7日号
「日本計量新報」今週の話題と重要ニュース(速報版) 2017年7月14日号

「日本計量新報」今週の話題と重要ニュース(速報版)

 以上のニュースと話題のほかに
「計量計測データバンク」facebook掲載データに関連の情報をたくさん積み上げております。左と下欄をクリックしてご覧ください。
 
facebook(http://www.facebook.com/keisoku
 twitter(@keiryoukeisoku

インターネットで閲覧できる『計量計測機器総合カタログ-質量計版-』(電子版はかりカタログ)
ご利用はこちらから→ http://goo.gl/VXH08a

←ホームへ

ページトップへ

『計量 計測データバンク』トップページへ
「日本計量新報」電子速報版は、『日本計量新報』の購読者を中心に、計量計測関連の皆さま(機関、企業、大学、計量士など)に配信しております。
皆様からのニュースの提供、手記の投稿などを歓迎いたします。

インターネットで閲覧できる『計量計測機器総合カタログ-質量計版-』(電子版はかりカタログ)
『日本計量新報』ご購読のお礼と、未購読者への お願い

.『日本計量新報』ご購読のお礼と、未購読者へのお願い

 ご購読されている皆様。ありがとうございます。引続きのご活用をお願いいたします。また、まだご購読ではない皆様には、ご購読を検討していただければ幸いに存じます。『日本計量新報』は週刊、タブロイド8ページ、価格は年間2万5000円(税抜)プラス消費税です。お申し込みは、電話03-3295-7871、FAX03-3295-7874、電子メールmail@keiryou-keisoku.co.jpで、承っております。お問い合わせも、お気軽にこちらまで。<申込先>電子メール宛先は次のとおりでございます。

日本計量新報
mail@keiryou-keisoku.co.jp
下記に、必要事項をお書きいただき、ご返信ください。FAXの場合は、03-3295-7874まで。
(1) 申込み内容(購読もしくは見本紙の請求)
□購読する □見本紙の送付を希望する
(2) 部数 部
(3) 氏名、会社・部署名

(4) 送付先住所

(5) 電話・FAX・メールアドレス
電話
FAX
電子メールアドレス
(6) 請求書の必要の有・無
□必要 □不要
(7) 請求先(新聞の送付先と異なる場合はご記入下さい)
日本計量新報編集部<edit@keiryou-keisoku.co.jp>
日本計量新報企画業務部〈mail@keiryou-keisoku.co.jp
101-0054、東京都千代田区神田錦町3-11-8 武蔵野ビル
 (株)
日本計量新報社
TEL:03-3295-7871FAX:03-3295-7874
http://www.keiryou-keisoku.co.jp/

『計量 計測データバンク』トップページへ
築地の魚河岸で働く人々から愛されながら計量管理は続く 築地市場計量管理担当 計量士 安齋正一

漢詩 無法松の一生 作詞 岡千風 想いを寄せる夫人を前に松五郎は「流れ打ち」「勇駒」「暴れ打ち」と太鼓を響かせたのでした(文章は岡和雄)

「猫額に犬が来た」-猫額通信9-村田浩美(製品評価技術基盤機構 認定センター勤務)

「黙っていてはならない」-理不尽を訴える民主主義を守りたい- 黒須茂(国立工業高等専門学校教授)

ローマ時代の鉄の価格 新井宏(日本計量史学会理事)

アラゴーの円盤とグリニッジ本初子午線 松本栄寿(日本計量史学会理事)

大型はかりの検定検査合理化研究の再開 島田好昭

空気の重さ・密度と航空機の揚力 渡辺英夫

コリオリの力とバスタブの渦 小宮勤一

電気ブレーカーが錘(おもり)が落下する力で切る「私の地震対策」 篠崎 順一郎

牧野富太郎博士の植物画 大井みさほ

韓国で食べた中国料理は横浜や神戸の中華街の料理よりもずっと上等な味がした 旅行家 甲斐鉄太郎

長良川鉄道を旅する 終着駅北濃でくつろぐ。向こうの長良川上流では鮎釣りをしている。ゆるりとした時が過ぎる。 旅行家 甲斐鉄太郎


←ホームへ

「日本計量新報」今週の話題と重要ニュース(速報版)

「計量計測データバンク」サイトマップ
measure and measurement data bank of saite map


『計量 計測データバンク』トップページへ
「日本計量新報」今週の話題と重要ニュース(速報版)
「計量計測データバンク」サイトマップ
measure and measurement data bank of saite map