紀州犬の子犬情報(クリックすると詳細をご覧いただけます)


【紀州犬の子犬販売の情報です
紀州犬の子犬情報
(クリックすると詳細をご覧いただけます)
紀州犬の子犬情報(クリックすると詳細をご覧いただけます)

横田俊英の第2トップページへ(ここをクリックしてください) 
横田俊英の第1トップページへ(ここをクリックしてください) 

サイトの最新情報はこちらをご覧ください。
子犬生まれています。最新情報はこちらをご覧ください
■横田俊英のホームページ What's New(ホームページ更新最新情報)
紀州犬物語
 
 

紀州犬の子犬情報(クリックすると詳細をご覧いただけます)

 白毛の日本犬というと紀州犬ということになりますが、柴犬にも白毛がおります。柴犬は紀州犬よりも二回り小さい日本犬です。メスの柴犬はオスの紀州犬に比べると三回りも四回りも小さい身体です。そのような白毛の柴犬のメスで、なおかつその内でも小さめの「豆柴風」の身体の子犬です。身体が小さいことは扱いやすさに通じます。下欄に紹介するのがな白毛の柴犬の「豆柴風」の身体の大きさの子犬です。

(下をクリックすると詳しい内容をご覧いただけます)
○「豆柴」風の白柴のメスの子犬です。2016年8月5日生。ご参考。

2016年10月27日に撮影しました。この日の体重は1.25kgでした。
ワクチン3度接種済みです。車にもケージに入って平気で乗れます。
お散歩もできます。性質が良くて健康な子犬です。
生後3カ月まで姉弟と遊んできたこの子は最高に良い条件で育ったと言えます。


2016年10月27日に撮影しました。この日の体重は1.25kgでした。
ワクチン3度接種済みです。車にもケージに入って平気で乗れます。
お散歩もできます。性質が良くて健康な子犬です。
生後3カ月まで姉弟と遊んできたこの子は最高に良い条件で育ったと言えます。


2016年10月27日に撮影しました。この日の体重は1.25kgでした。
ワクチン3度接種済みです。車にもケージに入って平気で乗れます。
お散歩もできます。性質が良くて健康な子犬です。
生後3カ月まで姉弟と遊んできたこの子は最高に良い条件で育ったと言えます。


2016年10月27日に撮影しました。この日の体重は1.25kgでした。
ワクチン3度接種済みです。車にもケージに入って平気で乗れます。
お散歩もできます。性質が良くて健康な子犬です。
生後3カ月まで姉弟と遊んできたこの子は最高に良い条件で育ったと言えます。


2016年10月27日に撮影しました。この日の体重は1.25kgでした。
ワクチン3度接種済みです。車にもケージに入って平気で乗れます。
お散歩もできます。性質が良くて健康な子犬です。
生後3カ月まで姉弟と遊んできたこの子は最高に良い条件で育ったと言えます。


2016年10月27日に撮影しました。この日の体重は1.25kgでした。
ワクチン3度接種済みです。車にもケージに入って平気で乗れます。
お散歩もできます。性質が良くて健康な子犬です。
生後3カ月まで姉弟と遊んできたこの子は最高に良い条件で育ったと言えます。


(下をクリックすると詳しい内容をご覧いただけます)
○「豆柴」風の白柴のメスの子犬です。2016年8月5日生。ご参考。

○紀州犬の子犬、胡麻毛(有色)、メス,1歳2カ月。ご参考。


写真下は姉妹犬の4カ月のときです。参考までに。

 
紀州犬の子犬情報(クリックすると詳細をご覧いただけます)

紀州犬と柴犬に次のような子犬がおります。ご覧いただいてお気に召すようでしたらお問い合わせ下さい。携帯090−5580−8226。
紀州犬の胡麻毛のオスとメスです。柴犬の白のメス、柴犬の黒のオスです。横田俊英携帯090−5580−8226。
紀州犬の白毛のオスとメスの子犬は飼い主が決まりました。白をご希望の場合はしばらくお待ち頂くことになります。
どの子犬たちも自信をもって推奨できます。犬を飼うことは散歩することです。そして犬がいれば嬉しいということでもあります。

(下をクリックすると詳しい内容をご覧いただけます)
○紀州犬の子犬、胡麻毛(有色)、オス。2016年9月26日生。ご参考。


○紀州犬の子犬、胡麻毛(有色)、メス,1歳2カ月。ご参考。

写真下は姉妹犬の4カ月のときです。参考までに。

 

○紀州犬の子犬、胡麻毛(有色)、メス。2016年9月26日生。ご参考。





写真は前回出産の子犬です。生後40日ほどです。
胡麻毛の紀州犬をイメージしていただけます。


写真は前回出産の子犬です。生後4カ月ほどです。
胡麻毛の紀州犬をイメージしていただけます。


写真は前回出産の子犬です。生後4カ月ほどです。
胡麻毛の紀州犬をイメージしていただけます。


写真は前回出産の子犬です。生後4カ月ほどです。
胡麻毛の紀州犬をイメージしていただけます。


写真は前回出産の子犬です。生後4カ月ほどです。
胡麻毛の紀州犬をイメージしていただけます。


写真は前回出産の子犬です。生後4カ月ほどです。
胡麻毛の紀州犬をイメージしていただけます。 写真は前回出産の子犬です。生後4カ月ほどです。
胡麻毛の紀州犬をイメージしていただけます。


【上の写真の子犬の説明。前回出産の子犬です。生後4カ月ほどです。
胡麻毛の紀州犬をイメージしていただけます。少しの説明】
1、子犬の口の回りの黒い毛はやがて無くなります。
2、尻尾の毛が黒いですが生まれて間もなくは全身がこのように黒かったのです。
  やがてこの黒が灰色の変わります。こうした毛色を灰胡麻といいます。
  別の言い方では「ヌタ毛」です。水たまり(ヌタ場)でイノシシが身体をこすってそれが乾いたときの色です。
  芥川賞作家で紀州犬愛好家の近藤啓太郎さんがこうした毛色の紀州犬を生み出そうと夢見ておりました。
3、紀州犬の胡麻毛は全体の5パーセントあるかないかです。その胡麻毛のうちでも貴重な灰胡麻(ヌタ毛)になりそうな子犬です。
4、この灰胡麻(ヌタ毛)のメスの子犬に白のオスを交配すると凡そ半々で白と胡麻毛の子犬が生まれます。
5、白でもない黒でもない有色紀州犬の胡麻毛、そして灰胡麻(ヌタ毛)のメス犬は愛好家たちが飼ってみたい犬です。

父親の写真です。胡麻毛の紀州犬のイメージをしていただけます。


母親の顔写真です。
子犬は育てばこのような毛色と姿になります。


○紀州犬の子犬、胡麻毛(有色)、メス。2016年9月26日生。ご参考。

紀州犬の子犬情報(クリックすると詳細をご覧いただけます)
紀州犬の子犬情報(クリックすると詳細をご覧いただけます)

(下をクリックすると詳しい内容をご覧いただけます)
○紀州犬の子犬、胡麻毛(有色)、オス。2016年9月26日生。ご参考。

○紀州犬の子犬、胡麻毛(有色)、メス。2016年9月26日生。ご参考。

紀州犬の胡麻毛のメス犬です。参考写真です。


(2016年1月16日文章を追加。2015年7月28日初掲載。)
紀州犬物語(123) 生後90日で駄目犬と見捨てられた紀州犬を普通の犬に戻して育てる。(横田俊英)
(タイトル)
生後90日で駄目犬と見捨てられた紀州犬を普通の犬に戻して育てる。
(サブタイトル)
犬が駄目になるのは人が犬になめられているからだ。
口吻をにぎり、口を開けさせて歯とベロを見させることを毎日すると犬は賢くなる。
第123章 生後90日で駄目犬と見捨てられた紀州犬を普通の犬に戻して育てる。 執筆 横田俊英



紀州犬物語(126)生後4カ月の胡麻毛の紀州犬のメスの子犬は外にでれば喜んで駈けウンチをしてオシッコをする。(横田俊英)
(タイトル)
生後4カ月の胡麻毛の紀州犬のメスの子犬は外にでれば喜んで駈けウンチをしてオシッコをする。
(サブタイトル)
「昔は有色の紀州犬がたくさんいた。むしろ、有色紀州犬に優秀な犬が多くいた」「紀州犬は白色有色を問わず生きた文化遺産だ」(和歌山県美山村長 池本功氏)
第126章 生後4カ月の胡麻毛の紀州犬のメスの子犬は外にでれば喜んで駈けウンチをしてオシッコをする。 執筆 横田俊英



紀州犬物語(125)「沈着怜悧にして大人しくあって猪猟では勇猛果敢」な紀州犬。(横田俊英)
(タイトル)
「沈着怜悧にして大人しくあって猪猟では勇猛果敢」な紀州犬。
和歌山県日高郡旧美山村村長の有色紀州犬復活のための取り組み。
(サブタイトル)
「姿芸両全」(しげいりょうぜん)の紀州犬を育てるために狩猟を始める。このときに鉄砲を持つようになった。狩猟に出かけるのは犬を鍛錬するためである。
第125章 「沈着怜悧にして大人しくあって猪猟では勇猛果敢」な紀州犬。 執筆 横田俊英

 

ご参考のために書いた文章です。

紀州犬物語129「土用の一つ子」の紀州犬 白のオス犬の生後5カ月。(横田俊英)
(タイトル)
「土用の一つ子」の紀州犬 白のオス犬の生後5カ月。
(サブタイトル)
朝みると子犬は倍の大きさになっていた。
第129章 「土用の一つ子」の紀州犬 白のオス犬の生後5カ月。 執筆 横田俊英



紀州犬物語(126)生後4カ月の胡麻毛の紀州犬のメスの子犬は外にでれば喜んで駈けウンチをしてオシッコをする。(横田俊英)
(タイトル)
生後4カ月の胡麻毛の紀州犬のメスの子犬は外にでれば喜んで駈けウンチをしてオシッコをする。
(サブタイトル)
「昔は有色の紀州犬がたくさんいた。むしろ、有色紀州犬に優秀な犬が多くいた」「紀州犬は白色有色を問わず生きた文化遺産だ」(和歌山県美山村長 池本功氏)
第126章 生後4カ月の胡麻毛の紀州犬のメスの子犬は外にでれば喜んで駈けウンチをしてオシッコをする。 執筆 横田俊英



紀州犬物語(125)「沈着怜悧にして大人しくあって猪猟では勇猛果敢」な紀州犬。(横田俊英)
(タイトル)
「沈着怜悧にして大人しくあって猪猟では勇猛果敢」な紀州犬。
和歌山県日高郡旧美山村村長の有色紀州犬復活のための取り組み。
(サブタイトル)
「姿芸両全」(しげいりょうぜん)の紀州犬を育てるために狩猟を始める。このときに鉄砲を持つようになった。狩猟に出かけるのは犬を鍛錬するためである。
第125章 「沈着怜悧にして大人しくあって猪猟では勇猛果敢」な紀州犬。 執筆 横田俊英


 
 
 
 
 
 


紀州犬のことや飼い方を「紀州犬」の項目に「紀州犬物語」として連載しておりますのでご覧下さい。

お申し込みの方法  電子メールは次にお願いします e-mail: syokota@peach.ocn.ne.jp
子犬を希望の方は、電話あるいは電子メールでお申し込み下さい。その際、お名前、住所、電話番号をお知らせ下さい。その他、紀州犬、柴犬などに関しましてご質問やご相談等がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。 電子メールは次にお願いします e-mail: syokota@peach.ocn.ne.jp
氏名 横田俊英(よこたしゅんえい)
携帯 紀州犬の子犬情報(クリックすると詳細をご覧いただけます)
電話は携帯にお願いします
自宅 紀州犬の子犬情報(クリックすると詳細をご覧いただけます)
自宅は勤務と犬の世話で留守がちです
住所
〒252−0175 神奈川県相模原市緑区若柳641−6
e-mail:
syokota@peach.ocn.ne.jp
紀州犬の子犬情報(クリックすると詳細をご覧いただけます)

 
自然からのメッセージ (自然から感じることの日記 1月から12カ月までの1年分) (執筆 横田俊英)
What's New(ホームページ更新最新情報)
エッセーの部屋
 エッセーの部屋   【7月の歳時記】  ←ホームへ

←ホームへ
紀州犬の子犬情報(クリックすると詳細をご覧いただけます)

 

 


紀州犬の子犬情報(クリックすると詳細をご覧いただけます)

←ホームへ