「計量計測データバンク」サイトマップ
measure and measurement data bank of saite map

滋賀県計量協会の平成32年新春賀詞交歓会 2020年1月24日(金)開かれる

 午後5時30分から草津市の草津エストピアで開かれ38名の会員と7名の来賓が参加した

滋賀県計量協会の平成32年新春賀詞交歓会 2020年1月24日(金)開かれる
滋賀県計量協会の平成32年新春賀詞交歓会 2020年1月24日(金)開かれる

 滋賀県計量協会の平成32年新春賀詞交歓会が1月24日午後5時30分から草津市の草津エストピアで開かれ38名の会員と7名の来賓が参加した。草津市は滋賀県計量検定所の所在地でありまた計量協会も検定所施設のなかで指定定期検査機関としてハカリの定期検査などの業務を行っている。


1月24日に開かれた滋賀県計量協会新春賀詞交歓会。

滋賀県計量協会の平成32年新春賀詞交歓会 2020年1月24日(金)開かれる

挨拶する田中秀康滋賀県計量協会理事長と来賓席。

滋賀県計量協会の平成32年新春賀詞交歓会 2020年1月24日(金)開かれる

挨拶する田中秀康滋賀県計量協会理事長。

滋賀県計量協会理事長田中秀康氏(近江度量衡社長)挨拶は次のとおり。
皆様、明けましておめでとうございます。只今、ご紹介にあずかりました、滋賀県計量協会理事長の田中でございます。高段からでは御座いますが、ひとこと、ごあいさつ申し上げます。本日ここに令和2年度、新春年賀交換会を開催させていただきましたところ、公務ご多忙の中、滋賀県商工観光部モノづくり振興課長天川様、滋賀県県議会議長生田様、草津市長橋川様、滋賀県計量検定所長櫻井様、また京都府計量協会副理事長坪内様、事務局長林様、株式会社日本計量新報社横田社長様におかれましては、遠路ご出席を賜りまして誠にありがたく、厚く御礼申し上げます。また、滋賀県計量協会、役員、各部会の皆様方にも、年始の大変お忙しい中、多数の御出席をいただき、厚く御礼を申し上げます。本年も、どうぞよろしくお願い致します。また昨年滋賀県での近畿計量大会を無事開催する事ができましたのも、行政機関の皆様方のご指導をはじめ、ここにご臨席いただきました皆様方のご理解とご協力の賜物でございまして、この場をおかりしまして、あらためて、厚く御礼申し上げるしだいでございます。暦で見ますと、新年の干支の定義は、新たな飛躍への、第一歩を踏み出す年であり、十干「庚」は「前年からものを、継承しつつ、思い切って更新・進化させる」という意を表し、十二支の「子」は「新しい生命が種子の内部から芽生える状態」を示すと言われています。令和二年、当協会といたしましては、新年度にあたり干支の定義に照らし、進化・発展できることをめざしていきたいと考えます。さて、われわれ計量業界を取り巻く経済情勢は、依然として厳しいものがございます。計量法の改正など新たな環境のもと、好・不況に拘わらず、どのような経済環境のもとでありましても、計量の果たす役割の大きい事を自覚して、適正な計量の実施の確保に努めていかなくてはならないと考えるものであります。また当協会といたしましては、公益法人といたしまして地域経済の発展と県民の安全・安心に寄与し、また公益性、公平で中立という基本理念を重んじた協会運営をおこない、本年も「正しい計量知識の普及と、適正な計量の実施が確保されることにより、経済の発展と文化の向上に寄与し、計量会の進歩発展に貢献する」精神を運営の基本姿勢としてまいりますので、本年も皆様方のより一層のご支援ご協力を賜りますよう、お願い申し上げるしだいでございます。最後になりましたが、本日ご参会いただきました皆様方の、益々のご活躍とご健勝・ご多幸を祈念いたしまして、年頭にあたりましてのごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。令和2年1月24日 滋賀県計量協会理事長田中秀康。

滋賀県計量協会の平成32年新春賀詞交歓会における来賓祝辞は次のとおり。

三日月大造知事代理祝辞は滋賀県ものづくり課長天川隆男氏。
明けましておめでとうございます。一般社団法人滋賀県計量協会の新春年賀交歓会の開催にあたり、一言お祝いを申し上げます。貴協会におかれましては、日頃から適正な計量の実施の確保に向けて、ご尽力を賜り、心から感謝申し上げます。また、本県の指定検査機関としての検査業務の実施など、本県の計量行政の一翼を担っていただいていることに、深く敬意を表します。計量制度は、産業や経済のみならず、健康や安全など、私たちの日々の生活のあらゆる活動の基盤として欠くことのできないものです。県では、県民の皆様の安全で安心な生活を守り、公正な商取引やものづくりなどの経済活動を支えるため、引き続き、貴協会と連携を図りながら適正な計量行政の運営に取り組んでまいります。さて、本年は東京オリンピック、パラリンピック競技大会が開催されます。本県にとりましても、連続テレビ小説『スカーレット』と、1月19日から放送が始まりました大河ドラマ『麒麟がくる』の同時放映や、6月に予定されている全国知事会の開催など、全国から人が集まり、滋賀の取組を発信できる、万載一遇の一年です。大きく動くチェンジの年、滋賀を発信するチャンスの年である本年、滋賀県政はチャレンジの年にしたいと考えています。「健康しが」をもう一段高め、私たちの「幸せ」をつくるとともに、気候変動や水環境など世界的な課題に対しても、さまざまな人々と連携し、滋賀ならではの取組を進めてまいる所存です。この年明けには2050年にCO2排出量の実質ゼロを目指す「“しが国ネットゼロ”ムーブメント」のキックオフを宣言しました。滋賀県計量協会の皆様にも趣旨にご賛同いただき、取組にご参加いただきたいと思います。滋賀の取組が世界につながり、世界を動かす。そんな気概をもって、誰もが幸せを実感できる、持続可能な共生社会を実現するために世界と未来をしつかりと見据え、皆様と一緒に取組を進めてまいりたいと思いますので、今後とも本県への御理解と御協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。結びに、貴協会のますますの発展と、本日ご参集の皆様の御健勝、御多幸をお祈り申し上げ、お祝いの言葉といたします。令和2年1月24日 滋賀県知事三日月大造。

滋賀県議会議長生田邦夫氏の祝辞。(後してオリンピック後の日本経済への所感を述べたがその内容は省略)
新年明けましておめでとうございます。皆様方には、輝かしい新年をご壮健でお迎えのことと心からお慶び申し上げます。本日、一般社団法人滋賀県計量協会の新春年賀交歓会が盛大に開催されるにあたり、滋賀県議会を代表いたしまして、一言ごあいさつを申し上げます。平素、皆様方におかれましては、適正な計量の実施と計量知識の普及啓発を通じて、本県経済の発展に多大なご尽力を賜っておりますことに対し、厚く御礼申し上げます。さて計量制度は、貨幣制度と並んで社会の信用を測る尺度として欠かすことができないものであります。私たちの日常生活においても、水道・ガス・電気の使用量や商品の販売・取引、医療の現場などあらゆる場で正確な計量が必要不可欠であり、経済活動の発展や国民生活の安定を図る礎として大変重要な役割を果たしております。このような中、適正な計量の確保と計量管理技術の向上のための諸事業に積極的に取り組まれている貴協会の果たされる役割は誠に大きいものと存じます。皆様方におかれましては、今後とも業界の健全な発展とともに、本県の経済発展と県民生活の向上のため、一層のご尽力を賜りますようお願いを申し上げるしだいでございます。私ども県議会といたしましても、県民が豊かに安心して暮らせる滋賀を実現するため、精一杯取り組んでまいる所存でございます。結びに、本年が皆様方にとりまして、実り多きすばらしい一年となりますことをお祈り申し上げますとともに、一般社団法人滋賀県計量協会のますますのご発展と、会員皆様のご健勝、ご多幸を心から祈念申し上げまして、新年のごあいさつといたします。令和2年1月24日 滋賀県議会議長生田邦夫。

滋賀県計量協会新春賀詞交歓会出席の来賓。
滋賀県議会議長生田邦夫氏。
滋賀県商工観光労働部モノづくり新興課長天川隆男氏。
草津市長橋川渉氏(代理)。
滋賀県計量検定所所長櫻井淳氏。
京都府計量協会副理事長坪内力氏。
京都府計量協会専務理事兼事務局長林稔氏。
日本計量新報社代表取締役横田俊英氏。

滋賀県計量協会の平成32年新春賀詞交歓会 2020年1月24日(金)開かれる

知事代理祝辞は滋賀県ものづくり課長天川隆男氏。

滋賀県計量協会の平成32年新春賀詞交歓会 2020年1月24日(金)開かれる

祝辞を述べる滋賀県議会議長生田邦夫氏。祝辞と前
後してオリンピック後の日本経済への所感を述べた。


滋賀県計量協会の平成32年新春賀詞交歓会 2020年1月24日(金)開かれる



橋川渉草津市長来賓祝辞。代理による代読。

滋賀県計量協会の平成32年新春賀詞交歓会 2020年1月24日(金)開かれる

祝辞を述べる京都府計量協会副理事長坪内力氏。

滋賀県計量協会の平成32年新春賀詞交歓会 2020年1月24日(金)開かれる

滋賀県計量協会新春賀詞交歓会のもよう。

滋賀県計量協会新年会-そのA-2020年1月24日 (金) 17:30~19:30 YouTube
挨拶する田中秀康滋賀県計量協会理事長。

滋賀県計量協会新年会-その1-日時2020年1月24日 (金) 17:30~19:30 YouTube
挨拶する田中秀康滋賀県計量協会理事長。

知事代理祝辞は滋賀県ものづくり課長天川隆男氏。
祝辞を述べる滋賀県議会議長生田邦夫氏。祝辞と前
後してオリンピック後の日本経済への所感を述べた。


滋賀県計量協会の平成32年新春賀詞交歓会 2020年1月24日(金)開かれる

滋賀県計量協会の平成31年新春賀詞交歓会 2019年1月16日(水)開かれる

2020-01-24-shiga-prefecture-measurement-association-new-year-year-party-measurement-news-1-



滋賀県計量協会の平成32年新春賀詞交歓会 2020年1月24日(金)開かれる

計量計測関係の2019年新年会関係の諸行事。

川崎市計量協会2019年初春懇親会開く1月22日、川崎駅前の煌蘭で
「大変革時代における川崎の産業まちづくり」(講師は前川崎市副市長三浦淳氏)を聴く

川崎市の産業と経済と人の生活を知る(横田俊英)
副題「大変革時代における川崎の産業まちづくり」(講師は川崎市産業振興財団理事長三浦淳氏・前川崎市副市長)講演の内容と聴いた印象。


静岡県計量協会2019年(平成31年)新年情報交換会1月17日(木)開かれる

「計量団体・業界・機関合同賀詞交歓会」が1月9日、東京都千代田区のグランドアーク半蔵門で開く。

滋賀県計量協会の平成31年新春賀詞交歓会 2019年1月16日(水)開かれる

京都府計量協会の平成31年新年交歓会 2019年1月9日(水)開かれる

「計量計測データバンク」サイトマップ
measure and measurement data bank of saite map



「計量計測データバンク」サイトマップ
measure and measurement data bank of saite map