「計量計測データバンク」サイトマップ measure and measurement data bank of saite map
(下は日本計量機器工業連合会のwebサイトです。同会の最新情報はここで調べることができます)
日本計量機器工業連合会(略称 計工連)JAPAN MEASURING INSTRUMENTS FEDERATION
          ├統計資料生産実績(計工連統計・機械動態調査)出荷実績(工業統計表)輸出入実績


日本計量機器工業連合会総会での中本晃会長の挨拶
(質量計、ガス・水道メータ、ガソリン計量器、流量計等11機種は6.1%の伸び、11機種全てが前年実績を上回る)

日本計量計測機器工業連合会(計工連) 13時30分 ホテルオークラ東京 別館2階 オーチャードルーム。
会長に中本晃氏(島津製作所)を再選。副会長は依田恵夫氏(長野計器社長)(再選)、田中儀一氏(共和電業専務)(新任)、谷本淳氏(オーバル社長)(新任)

←ホームへ

一般社団法人 日本計量機器工業連合会 第7回定時総会議事録
日本計量計測機器工業連合会(計工連)第7回定時総会 5月23日 ホテルオークラ東京別館2階で開催

日本計量機器工業連合会総会での中本晃会長の挨拶(質量計、ガス・水道メータ、ガソリン計量器、流量計等11機種は6.1%の伸び、11機種全てが前年実績を上回る)

写真上は中本晃会長。

日本計量機器工業連合会総会での中本晃会長の挨拶
(質量計、ガス・水道メータ、ガソリン計量器、流量計等11機種は6.1%の伸び、11機種全てが前年実績を上回る)

 会長の中本でございます。第7回定時総会の開会にあたり一言ご挨拶を申し上げます。本日は、ご来賓の皆様にはお忙しいところを本総会にご臨席いただきまして、まことにありがとうございます。また、多くの会員の出席を得まして総会が開催できますことを大変うれしく思う次第であります。

 さて、昨年の我が国経済を顧みますと、世界的な景気拡大を背景に生産活動は拡大基調にあり、雇用・所得環境の改善が続くなか、緩やかな回復傾向にあります。2018年度についても、IoT、ビッグデータの活用、自動車の環境対応や運転支援システムの進化などを背景に、電気機械、輸送機械、素材産業への設備投資の増加が見込まれており、人手不足感の高まりとともに、合理化・省力化投資の推進など、設備投資が一層増加するものと期待する次第です。

 こうしたなか、2017年度の計量計測機器生産高は、分析機器、プロセス用制御機器を含む全体で8,232億円1.1%の伸びでありました。このうち質量計、ガス・水道メータ、ガソリン計量器、流量計等、本会会員と関わりの深い11機種については4,472億円6.1%の伸びとなり、11機種全てが前年実績を上回るなど、リーマンショック以降最も高い実績額となっております。また、生産額に含まれる輸出額は1,810億円7.9%と大幅に伸び、一方、輸入額は1,066億円4.5%の増でありました。

 今日、世界の主要国では、ドイツの「Industrie4.0」、中国の「製造2025」、米国の「IIC(インダストリアル・インターネット・コンソーシアム)」、そして我が国の「Connected Industries」などを政策に掲げ、その実現に向け激しい技術革新の競争を繰り広げております。このような状況に対応するため本会では今年度、技術開発力強化に係る次の二つの事業に取り組むことといたします。

 一つは、Connected Industriesに向けた研究会の設置であります。デジタル革命に向けた製造業の変容を理解し、会員企業がビジネス変革に踏み出し、新たなイノベーション創出に繋げることができるよう、施策の概要、取り組みの方向性、活用事例等の研究を行います。

 二つ目は、新技術導入・活用研究会の開催であります。本会では、新しい技術を取り込むため各界から専門家を招いて研究会を開催してきております。昨年度はAI、自動運転、情報通信等の技術動向について研究を行いましたが、今年度も引き続きAIについて研究を深めるとともに、ロボット、情報セキュリティ等をテーマに研究会を開催し、会員企業の技術開発力向上に努めることといたします。

 さて、2018年度は、本会にとって最大のイベントでありますINTERMEASURE 2018を開催いたします。今回は「HAKARUで新しいトビラをひらこう」をテーマに、9月26日~28日の3日間、東京ビッグサイトで開催します。会員各社が開発した新製品・新技術を一堂に展示・紹介し、最新の計量計測機器情報を発信して、新たな需要開拓を推進することといたします。

 今回の展示会では、来年4月から順次検定が実施されることとなっています自動はかり4機種について企画ゾーンを設置して、これまで計量法とは関わりの少なかった食品、農業、製薬、輸入事業者等々を対象に、規制の内容、対象自動はかりの使用方法等を実機を用いて説明し、需要の拡大に結びつけることとしております。

 さらに、これまでのINTERMEASUREは製品の展示を中心としておりましたが、今回は情報処理やサービス情報等の発信を強化いたします。情報通信技術の発達により、様々なモノと繋がることで新たな付加価値が生まれ、計量計測機器も新しい使われ方をしております。こうした情報をユーザーに広く周知するため、新技術・新製品の発表テーマ、技術講演会のテーマ数を大幅に増やし、情報発信を強化するなど、これまで以上に魅力ある展示会とすべく準備を進めております。

 本会としてはINTERMEASURE 2018により計量計測機器産業の成長、発展に貢献してまいりたいと存じますので、関係各位のご理解ご協力をお願い申しあげ、簡単ではありますが第7回定時総会の開会の挨拶といたします。


日本計量計測機器工業連合会(計工連)第7回定時総会 5月23日 ホテルオークラ東京別館2階で開催
会長に中本晃氏(島津製作所)を再選。副会長は依田恵夫氏(長野計器社長)(再選)、田中儀一氏(共和電業専務)(新任)、谷本淳氏(オーバル社長)(新任)



写真上は計工連総会のもよう。

一般社団法人 日本計量機器工業連合会 第7回定時総会議事録
日本計量計測機器工業連合会(計工連)第7回定時総会 5月23日 ホテルオークラ東京別館2階で開催
日本計量機器工業連合会総会での中本晃会長の挨拶(質量計、ガス・水道メータ、ガソリン計量器、流量計等11機種は6.1%の伸び、11機種全てが前年実績を上回る)

(下は日本計量機器工業連合会のwebサイトです。同会の最新情報はここで調べることができます)
日本計量機器工業連合会(略称 計工連)JAPAN MEASURING INSTRUMENTS FEDERATION
          ├統計資料生産実績(計工連統計・機械動態調査)出荷実績(工業統計表)輸出入実績


日本計量振興協会第7回定時総会 5月24日(木)13時30分 インターコンチネンタル 東京ベイ4階で開催
日本計量振興協会 2017年度(平成30年度)事業計画
日本計量振興協会 2017年度(平成29年度)事業報告
日本計量振興協会 自動はかりの現場見学研修会・実機研修会の実施状況
(日本計量振興協会の最新情報は以下のwebページでお確かめください)
日本計量振興協会(英文名 JAPAN ASSOCIATION FOR METROLOGY PROMOTION。略称「日計振」又は「JAMP」)

←ホームへ

【分類2】日本の計量計測と分析と科学機器などの団体とその業務(生産高などを含む)
(会員企業には変動があります。正確を期す場合には下に記載の団体ホームページで確認してください。)
日本計量機器工業連合会(略称 計工連)JAPAN MEASURING INSTRUMENTS FEDERATION
          ├統計資料生産実績(計工連統計・機械動態調査)
                                   ├出荷実績(工業統計表)
                                   ├輸出入実績
                                  
├(会員企業には変動があります。正確を期す場合には下に記載の団体ホームページで確認してください。)
日本電気計測器工業会Japan Electric Measuring Instruments Manufacturers' Association
            ├統計
                   ├2017年 統計データ 一覧
                   ├2016年 統計データ 一覧
                   ├2015年 統計データ
                   ├2014年 統計データ
                   ├2013年 統計データ
                   ├2012年 統計データ
                   ├2011年 統計データ
                   ├2010年 統計データ
                   ├2009年 統計データ
「計量計測データバンク」
計量計測データバンク 目次 サイトmeasure and measurement dictionary data bank table of contents
計量計測データバンク「計量計測辞書」measure and measurement dictionary

日本圧力計温度計工業会は第20回通常総会を2017年62日に(金)熱海のニューさがみやで開催した
日本圧力計温度計工業会Japan Pressure Gauge and Thermometer Manufacturers' Association
平成27年度圧力計の生産数量
平成27年度金属製温度計の生産数量
日本圧力計温度計工業会の会員名簿

韓国でのセミナー講師を通じて感じた韓国の計量事情-その1-執筆 横田俊英

韓国でのセミナー講師を通じて感じた韓国の計量事情-その2- 「日本の計量器産業論-その1-」序論) 執筆 横田俊英

「日本は貿易立国ではない]輸出依存度は15.2%

日本は第3次産業に移行中。変化する産業・職業構造(総務省統計局が2005年国政調査もとにまとめた資料による)

国土地理が日本の重力値の基準を40年ぶりに更新。国土地理院が2017年3月15日に公表

「重力を知る」 重力とは、重力の単位、地球の重力値、重力の役割

計測自動制御学会2017年第1回力学量計測部会運営委員会6月16日(金)に開かれる

「日本計量新報」今週の話題と重要ニュース(速報版)

滋賀県計量協会の第6回定時総会は関連議事を原案どおり可決・承認、平成2017年6月23日(金)

計測自動制御学会2017年第1回力学量計測部会運営委員会6月16日(金)に開かれる

日本圧力計温度計工業会は第20回通常総会を2017年62日に(金)熱海のニューさがみやで開催した

TOPへ


計量計測データバンク 目次 サイト
計量計測データバンク 目次 サイト(一括閲覧サイト)

社会の統計と計量計測の統計
一括表示版「社会の統計と計量計測の統計」

「計量計測データバンク」小論、評論、随筆、論文、エッセー、文芸ほか(目次版
計量計測データバンク 目次 サイト(一括閲覧サイト)

計量計測データバンク「計量計測辞書」 measure and measurement dictionary

「計量計測データバンク」

計量計測情報雑帳

国土地理が日本の重力値の基準を40年ぶりに更新。国土地理院が2017年3月15日に公表
国土地理が日本の重力値の基準を40年ぶりに更新2017年3月15日に公表 (「日本重力基準網2016(JGSN2016)」)

「重力を知る」 重力とは、重力の単位、地球の重力値、重力の役割

「2016重力値マップ」に計量計測機器はどのような対応をするか

計測自動制御学会2017年第1回力学量計測部会運営委員会

日本圧力計温度計工業会は第20回通常総会を2017年62日に(金)熱海のニューさがみやで開催した



「計量計測データバンク」サイトマップ
measure and measurement data bank of saite map


「計量計測データバンク」サイトマップ
measure and measurement data bank of saite map