「計量計測データバンク」サイトマップ


計量計測トレーサビリティのデータベース
サブタイトル日本の計量計測とトレーサビリティ

 

計量計測トレーサビリティのデータベース (サブタイトル 日本の計量計測とトレーサビリティ)

計量計測トレーサビリティのデータベース(サブタイトル 日本の計量計測とトレーサビリティ)

トレーサビリティ - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/トレーサビリティ

トレーサビリティとは何? Weblio辞書 https://www.weblio.jp/content/トレーサビリティ

トレーサビリティ(とれーさびりてぃ)とは - コトバンク https://kotobank.jp/word/トレーサビリティ-6814(文字をクリックすると内容が表示されます)

JEITA講座 「計量計測トレーサビリティ概論」 https://home.jeita.or.jp/upload_file/20130618162257_xfGtbpaTEH.pdf


計量計測データバンク Databank www.keiryou-keisoku.co.jp/frdbank.htm

新しいトレーサビリティ制度がもたらすもの 計量研究所熱物性部長 小野 晃氏(2000年1月1日号~2月27日号)

計量計測分野における国際組織と国際比較の役割 計量研究所所長 今井秀孝氏(2000/02/07)

トレーサビリティについて 計量研究所

ドイツの小話とトレーサビリティ (97年3月2日号社説)

論考・トレーサビリティの土壌-学術会議提案の実現に向けて- 寄稿・多賀谷宏氏 (98年1月18日号掲載)

計量トレーサビリティとは | 適合性認定 | 製品評価技術基盤機構 https://www.nite.go.jp/iajapan/aboutus/gijutsu/trace.html

独立行政法人 製品評価技術基盤機構(NITE(ナイト))

独立行政法人 製品評価技術基盤機構(NITE(ナイト))

JCSSに登録・認定されている全事業者の一覧です。

全事業者表示

JCSSに登録・認定事業者検索

事業者検索 登録・認定事業者を条件により検索できます。

登録区分から検索
計量器の種類から検索(登録区分から検索からの検索が表示されますが内部でもう一度検索すると表示されます)
フリーワード検索(登録区分から検索からの検索が表示されますが内部でもう一度検索すると表示されます)

事業者検索(下をクリックすると検索することができます。登録区分から検索からの検索が表示されますが内部でもう一度検索すると表示されます))
登録区分から検索

計量器の種類から検索

フリーワード検索





全事業者表示

適合性認定
適合性認定

JCSS登録事業者の事業の廃止について

次の事業所が事業廃止されました。

  【0219】 株式会社櫛田度器製作所 成田事業所 校正センター(質量)

2019年1月7日付で、「登録事業者の事業廃止届」が提出されました。
 内容:同事業者が登録を受けていた「区分:質量」について、2019年1月7日付で事業を廃止。


計量標準FQA(全般)(METI/経済産業省)

計量標準FQA(全般)(METI/経済産業省)
(上をクリックすると下の項目の詳しい回答が掲載されております)

測定に関すること
A-1 全般
Q1. 正しく測定するためには、何が重要ですか。
(1)測定器の校正の重要性
【国家計量標準とのつながりにより正確な計量を確保】
【計量法に基づく校正の流れ】
(2)測定器の正確性の確保
(3)測定方法の適切性の確保
Q2. JCSS制度について、教えてください。
A2. JCSS (Japan Calibration Service System):計量法トレーサビリティ制度は、計量法に基づき、日本の計量計測システムの根幹となる計量標準供給制度と校正事業者登録制度から構成されています。
計量標準供給制度
校正事業者登録制度
A-2 トレーサビリティ 
Q1. 測定におけるトレーサビリティとは何ですか? 
A1. ある測定器が国家計量標準に繋がっていることを確認する校正の連鎖のことを言います。
Q2. 日本の国家計量標準のトレーサビリティ体系について教えてください。
A2.JCSSで提供されるトレーサビリティ体系の概要は、区分ごとには次のようになっています。
測定のトレーサビリティ体系
Q3. お客様からJCSS校正証明書だけでなくトレーサビリティ体系図の添付が求められました。どうしたらよいですか。
A3.JCSS校正証明書は、国家計量標準とのトレーサビリティを確保するものであり、お客様から、例えばISO9001の要求事項として、国家計量標準との関係の確認のために求められるのであれば、校正証明書のみの提出で問題なく、トレーサビリティ体系図の提出は必要ありません。
Q4. QMS審査員にJCSS校正証明書の意味をどのように説明すればいいでしょうか?
A4.認定センターでは審査登録機関や審査員研修機関に向けて、トレーサビリティに関する説明会を適宜開催しており、各機関内での周知をお願いしています。個別のQMS審査員にもこちらの資料を提示して説明してみてください。
マネジメントシステム審査におけるJCSSの活用(2004.7説明版の2005.9修正版)
ISO9000審査員の方へ
A-3 不確かさ 
Q1. 不確かさとは何ですか?
Q2. 不確かさの見積もりについて教えてください。
A-4 校正 
A-4-1 校正全般
Q1.定期的な計測器の確認において、校正・検証・調整の違いがよく分からないのですが。
校正(calibration)
検証(verification)
調整(adjustment)
Q2. ISO/IEC17025の要求事項と校正との関係について教えてください。
A2. ISO/IEC17025は、国際標準化機構(ISO)によって策定された、試験所及び校正機関の能力に関する一般要求事項(General requirements for the competence of testing and calibration laboratories)の国際標準規格です。詳しくはNITEのホームページをご覧ください。
Q3. ISO9001、ISO/TS16949等の要求事項と校正との関係について教えてください。  
測定機器の国家計量標準へのトレーサビリティについて
マネジメントシステム認証におけるJCSSの活用について
A-4-2 計量法に基づく校正事業者登録制度(JCSS) 
計量法に基づく校正事業者登録制度は、国に代わり、独立行政法人製品評価技術基盤機構が審査・登録を行っています。詳しくは、NITEのホームページにおいて、校正事業者に関するFAQがありますので、くわしくはそちらをご覧ください。

計量標準FAQ(全般)(METI/経済産業省)
www.meti.go.jp/policy/economy/hyojun/techno_infra/keiryouFAQ-Z.html


【検索用語】日本の計量計測とトレーサビリティ

  1. 多くの業界で注目されている製造履歴管理/最新事例を自動車業界から学ぶ。

    他の人はこちらも検索



【検索用語】JCSS認定事業者


【検索用語】JCSS登録事業者




日本と他国の産業のGDP 構成比

【以下は日本と他国の産業のGDP 構成比である】

はじめに

 日本の主要産業は自動車、電子機器、工作機械、鉄鋼、非鉄金属、船舶、化学品、繊維製品。GDP構成比でみると一次産業(農林水産) 1.1% 、二次産業(鉱業、電力を含む) 25.6%
三次産業(通信や金融、小売などサービス関連) 73.2% 。このさき第三次産業の比率が少し増える。マカオは賭博場であるからGDP構成比は一次産業(農林水産) 0.0%、二次産業(鉱業、電力を含む) 6.5% 、三次産業(通信や金融、小売などサービス関連) 93.5% である。香港主は三次産業(通信や金融、小売などサービス関連) 93.0% 。マカオ、香港のように日本はならない。

米国の主要産業は石油、鉄鋼、自動車、航空宇宙、通信、化学、エレクトロニクス、食品加工。GDP構成比は一次産業(農林水産) 1.1% 、二次産業(鉱業、電力を含む) 19.5%
三次産業(通信や金融、小売などサービス関連) 79.4% 。中国は主要産業が鉄鋼、アルミニウム、機械製造、繊維、衣料品、輸送機器。GDP構成比は一次産業(農林水産) 10.0%
二次産業(鉱業、電力を含む) 43.9% 、三次産業(通信や金融、小売などサービス関連) 46.1% 。

イギリスの三次産業(通信や金融、小売などサービス関連) 78.9% 。フランスの三次産業(通信や金融、小売などサービス関連) 79.4% 。ドイツの産業のGDP構成比は一次産業(農林水産) 0.8% 、二次産業(鉱業、電力を含む) 30.1% 、三次産業(通信や金融、小売などサービス関連) 69.0% 。スイスはGDP構成比が一次産業(農林水産) 0.7% 、二次産業(鉱業、電力を含む) 26.8% 、三次産業(通信や金融、小売などサービス関連) 72.5%。

他国の産業のGDP 構成比

米国主要産業
石油、鉄鋼、自動車、航空宇宙、通信、化学、エレクトロニクス、食品加工
GDP構成比
一次産業(農林水産) 1.1%
二次産業(鉱業、電力を含む) 19.5%
三次産業(通信や金融、小売などサービス関連) 79.4%

中国主要産業
鉄鋼、アルミニウム、機械製造、繊維、衣料品、輸送機器
GDP構成比
一次産業(農林水産) 10.0%
二次産業(鉱業、電力を含む) 43.9%
三次産業(通信や金融、小売などサービス関連) 46.1%

日本主要産業
自動車、電子機器、工作機械、鉄鋼、非鉄金属、船舶、化学品、繊維製品
GDP構成比
一次産業(農林水産) 1.1%
二次産業(鉱業、電力を含む) 25.6%
三次産業(通信や金融、小売などサービス関連) 73.2%

英国主要産業
工作機械、電力装置、鉄道、造船、航空機、自動車、金属、石油
GDP構成比
一次産業(農林水産) 0.7%
二次産業(鉱業、電力を含む) 20.5%
三次産業(通信や金融、小売などサービス関連) 78.9%

フランス主要産業
機械、化学、自動車、冶金、航空機、エレクトロニクス、繊維、食品加工
GDP構成比
一次産業(農林水産) 1.9%
二次産業(鉱業、電力を含む) 18.7%
三次産業(通信や金融、小売などサービス関連) 79.4%

ドイツ主要産業
鉄鋼、石炭、セメント、化学、機械、自動車、電子機器、食品
GDP構成比
一次産業(農林水産) 0.8%
二次産業(鉱業、電力を含む) 30.1%
三次産業(通信や金融、小売などサービス関連) 69.0%

スイス主要産業
機械、化学品、時計、繊維、精密機器、観光、金融、保険
GDP構成比
一次産業(農林水産) 0.7%
二次産業(鉱業、電力を含む) 26.8%
三次産業(通信や金融、小売などサービス関連) 72.5%

スエーデン主要産業
鉄鋼、精密機器、木材パルプ、紙製品、加工食品、自動車
GDP構成比
一次産業(農林水産) 2.0%
二次産業(鉱業、電力を含む) 31.3%
三次産業(通信や金融、小売などサービス関連) 66.8%

ノルウエー主要産業
石油、天然ガス、食品加工、造船、木材パルプ、紙製品、金属
GDP構成比
一次産業(農林水産) 1.2%
二次産業(鉱業、電力を含む) 42.3%
三次産業(通信や金融、小売などサービス関連) 56.5%

オランダ主要産業
農業、金属、工学製品、電気機械、化学薬品、石油、建設
GDP構成比
一次産業(農林水産) 2.6%
二次産業(鉱業、電力を含む) 25.4%
三次産業(通信や金融、小売などサービス関連) 72.1%

ベルギー主要産業
工学、金属製品、自動車組立て、輸送機器、科学機器、食品加工
GDP構成比
一次産業(農林水産) 0.8%
二次産業(鉱業、電力を含む) 22.6%
三次産業(通信や金融、小売などサービス関連) 76.6%

カナダ主要産業
輸送機器、化学品、鉱物、食品、木材、石油、天然ガス
GDP構成比
一次産業(農林水産) 1.7%
二次産業(鉱業、電力を含む) 28.4%
三次産業(通信や金融、小売などサービス関連) 69.9%

オーストラリア主要産業
鉱業、工業、輸送機器、食品加工、化学、鉄鋼
GDP構成比
一次産業(農林水産) 3.8%
二次産業(鉱業、電力を含む) 27.4%
三次産業(通信や金融、小売などサービス関連) 68.7%

イスラエル主要産業
航空、通信、コンピューター設計、医療、エレクトロニクス
GDP構成比
一次産業(農林水産) 2.4%
二次産業(鉱業、電力を含む) 31.2%
三次産業(通信や金融、小売などサービス関連) 66.4%

マカオ主要産業

GDP構成比
一次産業(農林水産) 0.0%
二次産業(鉱業、電力を含む) 6.5%
三次産業(通信や金融、小売などサービス関連) 93.5%

香港主要産業
繊維、衣料品、観光、金融、輸送、エレクトロニクス
GDP構成比
一次産業(農林水産) 0.0%
二次産業(鉱業、電力を含む) 6.9%
三次産業(通信や金融、小売などサービス関連) 93.0%

モンゴル主要産業
建設資材、石炭、銅、モリブデン、錫、石油、畜産物加工
GDP構成比
一次産業(農林水産) 16.5%
二次産業(鉱業、電力を含む) 32.6%
三次産業(通信や金融、小売などサービス関連) 50.9%

ネパール主要産業
観光、カーペット、繊維、ジュート、砂糖
GDP構成比
一次産業(農林水産) 36.8%
二次産業(鉱業、電力を含む) 14.5%
三次産業(通信や金融、小売などサービス関連) 48.7%



2019-02-05-database-of-measurement-measurement-traceability-measurement-news-


日本の経済とこの先の動き「計量計測データバンク」統計資料。

内需依存型産業社会日本と人口減少社会の在り方

控えめな計量法が適用されて実現する平和な社会
(サブタイトル)キログラムの単位記号はkgでありKGではない。メートルの単位記号はmでありMではない。

日本の経済とこの先の動き


世界経済
日本経済
・・日本の経済社会要約
・・日本の人口
・・日本の経済
・・日本の貿易
・・日本の財政
・・日本の社会
・・日本の環境
・世界の国・地域一覧
ロシアの経済
インドの経済
インドネシアの経済
中国の経済
台湾の経済
香港の経済
韓国の経済
北朝鮮の経済
ベトナムの経済
ラオスの経済
カンボジアの経済
タイの経済
フィリピンの経済
ブータンの経済
マレーシアの経済
シンガポールの経済
ミャンマーの経済
モンゴルの経済
マカオの経済

英国の経済
フランスの経済
ドイツの経済
イタリアの経済
スイスの経済
カナダの経済
米国の経済
オーストラリアの経済

スエーデンの経済
オランダの経済
デンマークの経済
ノルウエーの経済
フィンランドの経済
ルーマニアの経済
ポーランドの経済
スペインの経済
ポルトガルの経済
南アフリカの経済
・の経済
オーストリアの経済
ベルギーの経済
ブラジルの経済
パキスタンの経済
ネパールの経済
サウジアラビアの経済
トルコの経済
キューバの経済
メキシコの経済

イスラエルの経済
イラクの経済
イランの経済
ウクライナの経済
エジプトの経済

日本経済2017-2018-成長力強化に向けた課題と展望-内閣府政策統括官(経済財政分析担当)平成30年1月

2018年上半期 世界経済報告。目次。民間債務の増加がもたらす世界経済のリスクの点検。内閣府政策統括官(経済財政分析担当)平成30年7月

イノベーション政策について - 経済産業省

新たな時代の産業技術政策について - 経済産業省
・その内容は次のとおり。2018/12/06 イノベーションを巡る世界の動向と日本の立ち位置。これからの政策の方向性。米、欧、中等の諸外国が国を挙げて取り組む中、日本は第4次産業革命という世界的な新潮。

主要国の研究開発戦略(2017年) - 科学技術振興機構
・その内容は次のとおり。研究開発の俯瞰報告書 ― 主要国の研究開発戦略(2017年)。エグゼクティブサマリー、日本、米国.、欧州(EU28)、英国、ドイツ、フランス、中国、韓国。第3次科学技術基本計画。

計量の教養こそ身に付けるべき課題だ


日本の経済とこの先の動き
2019-02-02-japan-economy-and-future-movements-

日本計量新報社 編集部 hiroyuki-takamatsu@keiryou-keisoku.co.jp
東京都江東区亀戸7丁目62-16-803
電話番号03-5628-7070 FAX03-5628-7071
日本計量新報あて電子メールmail@keiryou-keisoku.co.jp

計量計測トレーサビリティのデータベース

2019-02-02-gdp-composition-ratio-of-Japan-and-other-countries-industries-measurement-news-

「日本計量新報」今週の話題と重要ニュース(速報版)

日本の経済とこの先の動き「計量計測データバンク」統計資料。

日本と他国の産業のGDP 構成比「計量計測データバンク」統計資料。

計量計測トレーサビリティのデータベース


「計量計測データバンク」サイトマップ