「計量計測データバンク」サイトマップ
measure and measurement data bank of saite map


気になる計量の言葉づかい「足せるものと足せないものがある」

世間が重さと言っているもののほとんどが実は質量だ。
重さは場所によって変わる。その人には不変な固有の量がある。それが質量なのである

←ホームへ

気になる計量の言葉づかい「足せるものと足せないものがある

写真は高田彰氏


 世の中には、気になることばづかいがある。深刻なものから、どうでもよいと言えるかもしれないものまで、いろいろであるが、幾つかあげてみたい。

  できるだけ気軽に書きたいのであるが、そういくかどうか。

 第一話の一 世間が重さと言っているもののほとんどが実は質量なのである

 「重さ」と「質量」との混乱である。世間が重さと言っているもののほとんどが実は質量なのである。重さは場所によって変わる。例えば、月へ行くと6分の1になってしまうし、途中の宇宙船の中では0である。しかし、その人には不変な固有の量がある。それが質量なのである。テレビでも「重さが20kg」などと言っているが、これは正しくない。kgは重さの単位ではなくて、質量の単位なのである。「体重が60kg」というのは正しい。「体重」は質量概念だからである。このようなことだけでも詳しく書くと本一冊くらいになりそうだ。

 第一話の二 接頭語だけしか言わないのはいけない

 「kg(キログラム)」も「km(キロメートル)」も「キロ」になってしまうが、グラムとメートルに接頭語「キロ」がついたのがキログラムやキロメートルなのであって、接頭語だけしか言わないのはいけない、と計量・計量史関係の人が言う。

 第一話の三 「接頭辞」と言うのが正しい

 言語学の専門家は「接頭語」といわないで、「接頭辞」と言うのが正しいという。なるほど「キロ」などは単語ではなくて単語の一部分なのだから、「語」とは言わないのだろう。

 第二話の一 2時も3時も時刻であるから合わせて5時にはならない

 「時間」と「時刻」の問題である。2時も3時も時刻であるから、合わせて5時にはならない。2時から3時間たって5時になるのだから、2時と合わせて5時になるのは「3時間」である。「3時間」は「時刻」ではなくて「時間」である。

 第二話の二 時刻は英語でオクロック、時間はアワア

 駅のホームの時刻表では、一番上に左から右に向かって0から60まで刻んである。これは「分」を表す。一番左には、上から順に、5時くらいから24時くらいまでが書いてある。これは時刻ではない。時刻ならば英語でオクロックのはずだが、そこにはアワアと書いてある。例えば9は「9時」を表すのではなくて、9時から9時59分までの「時間帯」を表すのだ。だからアワアなのである。これは、「時刻」でも「時間」でもない。

 第二話の三 「速い」と「早い」が混同されている。どちらも「はやい」と読むことから来る日本語独特の混乱である。

 私が二十才くらいの頃、親戚のおばあさんが言っていた。何人かでおいしいものを食べているとき仲間がふえたら、「馬に乗って来たね」と言い、食べてしまったとき来た人には「牛に乗ってきたね」と言うと。ここでは「速い」と「早い」が混同されている。どちらも「はやい」と読むことから来る日本語独特の混乱ではないだろうか。それぞれの反意語はどちらも「遅い」であるから、話はややこしい。

  出発に早いと遅いの2つがあり、歩くのに速いと遅いの2つがあって、ぜんぶで 2×2=4 となるのである。

  そこで、仮に、早く出発して速く歩けば間に合うし、遅く出発して遅く歩けば間に合わないということにしてみよう。そうすると、早く出発して遅く歩けばどうなるのか、遅く出発して速く歩けばどうなるのか、という問題が残る。
  「速い」と「早い」の混同は、笑い話ではある。

 以上の五つを振り返ってみよう。

 第二話の三の牛と馬は笑い話のようでもあるが、第二話の一第二話の二の時刻・時間・時間帯は深刻な算数の課題である。私の専門の観点から言えば大きな問題である。

 第一話の三の接頭語と接頭辞のお話は言語の課題であるが、私はかやの外のようだ。

 最初の二つが大切な課題である。

  特に第一話の一の質量と重さの課題では、gやkgは質量の単位だと国際的に決められているのであるから、小学校でgやkgを「重さ」の単位として教えていることに大きな問題がある。文部科学省は国際法違反をしている、と言うとおおげさだろうか。

気になる計量の言葉づかい「足せるものと足せないものがある(執筆者 高田彰 専門は数学、元大学教員、日本計量史学会会員)

(本稿は2006年に日本計量新報「計量計測データバンク」に寄稿されたものです)


質量と重さ(重量)を混用してはならない(執筆 岩田重雄 元日本計量士学会会長)

質量(しつりょう)と重さ(重量)(おもさ、じゅうりょう)を混用してはならない。

気になる計量の言葉づかい「足せるものと足せないものがある(執筆者 高田彰 専門は数学、元大学教員、日本計量史学会会員)


日本の重力値の新基準とハカリによる質量測定(2017年7月4日記載)



←ホームへ

TOPへ

計量計測データバンク 目次 サイト
計量計測データバンク 目次 サイト(一括閲覧サイト)

社会の統計と計量計測の統計
一括表示版「社会の統計と計量計測の統計」

「計量計測データバンク」小論、評論、随筆、論文、エッセー、文芸ほか(目次版
計量計測データバンク 目次 サイト(一括閲覧サイト)

計量計測データバンク「計量計測辞書」 measure and measurement dictionary

「計量計測データバンク」

計量計測情報雑帳

国土地理が日本の重力値の基準を40年ぶりに更新。国土地理院が2017年3月15日に公表
国土地理が日本の重力値の基準を40年ぶりに更新2017年3月15日に公表 (「日本重力基準網2016(JGSN2016)」)

「重力を知る」 重力とは、重力の単位、地球の重力値、重力の役割

「2016重力値マップ」に計量計測機器はどのような対応をするか

計測自動制御学会2017年第1回力学量計測部会運営委員会

質量(しつりょう)と重さ(重量)(おもさ、じゅうりょう)を混用してはならない。

質量と重さ(重量)を混用してはならない

気になる計量の言葉づかい「足せるものと足せないものがある



質量と重さ(重量)を混用してはならない

質量(しつりょう)と重さ(重量)(おもさ、じゅうりょう)を混用してはならない。

「計量計測データバンク」サイトマップ
measure and measurement data bank of saite map


「計量計測データバンク」サイトマップ
measure and measurement data bank of saite map