紀州犬の子犬情報(クリックすると詳細をご覧いただけます)


紀州犬の子犬のお申し込み方法の詳細は次のとおりです。

電子メールは次にお願いします e-mail:
syokota@peach.ocn.ne.jp


紀州犬の子犬のお申し込み方法の詳細は次のとおりです。

紀州犬の子犬をお譲りします。ご予約と申し込み要領は次のとおりです。
ご面倒な場合にはお電話でお問い合わせください。
高尾山麓荘 横田俊英 携帯070−7490−9944。

(申し込み方法の詳細は上の文章をクリックすると表記されます)

電子メール(e-mail: syokota@peach.ocn.ne.jp

子犬ほかの譲渡価格は個々に表記されておりますのでお確かめください。不明の場合にはお問い合わせください。
子犬のお値段ならびにお引き渡し方法などの細かのことは打ち合わせの上お決めいたします。

【お申し込み方法】
お申し込みに当っては次のことをお知らせ下さい。
1、お名前(姓名)
1、お電話番号
1、ご住所

【代金をお振り込みでいただく場合の振込先は次のとおりです。】
(お代金は「ゆうちょ銀行」にお振り込みください。)
1、ゆうちょ銀行口座のあいだのお取引の場合。
 横田俊英(よこたしゅんえい)
 記号 10190
 番号 52610361
2、ゆうちょ銀行以外の金融機関からお振り込みいただく場合。
 横田俊英(よこたしゅんえい)
 店名 〇一八(ゼロイチハチ)
 店番 018
 口座番号 5261036

高尾山麓莊は神奈川県相模原市保健所より動物取扱業登録証の交付を受けております。生衛 第200−00059。
事業所の所在地は神奈川県相模原市緑区若柳641−6、動物取り扱い責任者の氏名は横田俊英。

子犬を希望の方は電話(070-7490-9944)あるいは電子メール(e-mail: syokota@peach.ocn.ne.jp )でお気軽に問い合わせください。


←ホームへ
■横田俊英のホームページ What's New(ホームページ更新最新情報)
紀州犬物語
横田俊英の第1トップページへ(ここをクリックしてください) 
【ご参考】紀州犬の子犬の住まい。大きくなったときの紀州犬の住まい。

【子犬の住まい】
〇子犬は小さな時には次の二つのうちのどちらかで家の中で飼うことができます。
〇二つを使って普段はプラスチックケージにいれておき、オシッコのときに金属ケースに入れるという方法もあります。
〇折りたたみケージ中型犬用 OKE-750よりワンサイズかツウサイズ大きなケージを用意して雨よけを施し、雨の跳ね返し対策として台を置いて家の外に犬舎としてしつらえることもお薦めの方法です。穴の開いた犬小屋の横に羽根などをチェーンでつないで置くというのはしてはならない飼い方です。

アイリスオーヤマ 折りたたみケージ中型犬用 OKE-750

ケージは前扉・後扉をたたんでから、上下方向に折りたたむことができます。
トレーはケージ下部の引き出し部分からとりだせます。
掃除がしやすい構造です。
●商品サイズ(約):幅54.5×奥行き77×高さ60.5cm(取っ手含む)
●折りたたみ時サイズ(約):幅54.4×奥行き75.5×高さ11.5cm
●入口サイズ(約):幅45×高さ42.5cm
●適応犬種:コーギー、柴犬、ミニチュアシュナウザー等の中型犬
●主要材質
線材:スチール(亜鉛メッキ)
ロックパーツ・取っ手・トレー:ABS樹脂

アイリスオーヤマ ATC-670 オフホワイト/ネイビー [エアトラベルキャリー 中型犬用]

アイリスオーヤマ ATC-670 オフホワイト/ネイビー [エアトラベルキャリー 中型犬用]
〇価格7,490円
〇商品サイズ(cm):ATC-670:幅約47×奥行約67×高さ約51
〇商品内寸(cm):ATC-670:幅約35×奥行約56×高さ約49
〇入口サイズ(cm)フェンス取り付け時/フェンス取り外し時:ATC-670: 幅約25×高さ約41.5/幅約29×高さ約41.5
〇重量:ATC-670:約5.2kg
〇適合犬サイズ(目安)/耐荷重:ATC-670: コーギー、ビーグル、柴等、20kg未満の中型犬等
〇材質:本体・ハンドル・食器:ポリプロピレン、ノブ・ハンドルカバー:ABS樹脂、扉・軸:スチール(エポキシ粉体塗装)
〇価格7,490円
〇商品サイズ(cm):ATC-670:幅約47×奥行約67×高さ約51
〇商品内寸(cm):ATC-670:幅約35×奥行約56×高さ約49
〇入口サイズ(cm)フェンス取り付け時/フェンス取り外し時:ATC-670: 幅約25×高さ約41.5/幅約29×高さ約41.5
〇重量:ATC-670:約5.2kg
〇適合犬サイズ(目安)/耐荷重:ATC-670: コーギー、ビーグル、柴等、20kg未満の中型犬等
〇材質:本体・ハンドル・食器:ポリプロピレン、ノブ・ハンドルカバー:ABS樹脂、扉・軸:スチール(エポキシ粉体塗装)

【説明】
次は胡麻毛の紀州犬の由来などを確かめる手掛かりになる文章です。
紀州犬物語(125)「沈着怜悧にして大人しくあって猪猟では勇猛果敢」な紀州犬。(横田俊英)
(タイトル)「沈着怜悧にして大人しくあって猪猟では勇猛果敢」な紀州犬。
和歌山県日高郡旧美山村村長の有色紀州犬復活のための取り組み。


 紀州犬の事を詳しく述べている 紀州犬物語(左の文字をクリックすると開くことができます)をご参考にしてください。
 飼い主になられる方とお打ち合わせの上、お渡しする日取りを決めます。

紀州犬の子犬情報
(下をクリックすると詳細をご覧いただけます)

(下をクリックすると詳細をご覧いただけます)
紀州犬物語(82) 紀州犬の理解のための私なりの説明とその飼い方など。 執筆 横田俊英。

紀州犬と人とがよい関係で暮らすことを願ってこんな犬舎をつくりました。

これまでの紀州犬の犬舎をつくってきた集大成です。
横幅1,500mm、奥行き900mm(共に内寸、室内高さは1,100mmほど。)で、
屋根の上までの高さは1,200mmほどです。追加寸法として足部は300mmほどです。
屋根は2.3mm厚さの鉄板です。
錆止め塗装を手塗りで行います。こってりと手塗りします。耐久性は抜群です。

周囲をパネル板で囲います。上部も同様です。
夏にはこれをすべて取り外すことができます。

犬も仕合わせ、飼い主も仕合わせ、ともに仕合わせになる魔法の犬舎です。

上の写真はパネルで前面の半分を覆っております。扉の部分も覆うことができます。
完全に覆うこともできます。勝手気ままのやりたい放題に加工をしております。
屋根と天板の隙間は物置にもなります。これを外せば夏場の風通しは良くなります。
その左にあるのは足場にする台です。我がまま放題の犬舎です。参考にして犬舎をつくってください。


上の写真は市販の材料を利用してつくった犬舎です。
土木と建築の心得のある人が工夫してつくりました。


上の写真は市販の材料を利用してつくった犬舎です。
雨の日や冬場のために囲いをつけた状態です。
土木と建築の心得のある人が工夫してつくりました。

横田俊英(よこたしゅんえい)
〒252−0175
神奈川県相模原市緑区若柳641-6
携帯電話070-7490-9944
電子メールアドレス syokota@peach.ocn.ne.jp
 

紀州犬の子犬情報(クリックすると詳細をご覧いただけます)
←ホームへ